徒然な日々に

その日の個人的出来事や、見たニュース、記事から思った事、感じた事を徒然と…
09月18日(月)

独裁礼賛や日本人虐殺が日本社会で生きる野に必要な知識や考え方だと喚くバカヒの異常性 

15日付けの朝日新聞デジタルの記事から

朝鮮学校訴訟 説得力を欠く追認判決
2017年9月15日05時00分
 「結論ありき」で政権が進めた施策を、「結論ありき」で裁判所も追認した。そう言わざるを得ない判決である。

 高校の授業料無償化をめぐり、朝鮮学校が対象からはずされたことの違法性が争われた裁判で、東京地裁は国側の主張を全面的に認めた。文部科学相がとった措置は「不合理とまではいえない」と述べた。

 「追認」が際立つのは、「この施策は政治的・外交的理由によってなされたものとは認められない」と判断した部分だ。

 朝鮮学校を無償化の対象としないことは、政権交代で第2次安倍内閣が発足した直後に事実上決まった。省内の規定で「意見を聴くものとする」と定められていた学識者による審査会の結論は、まだ出ていなかった。

 当時の下村博文文科相は記者会見で「拉致問題の進展がないこと」を、まず理由にあげた。民主党政権の下で「外交上の配慮などはせず、教育上の観点から客観的に判断する」という政府統一見解が出ていたが、これについても下村氏は「当然廃止する」と明言した。

 だが政治・外交への配慮から対象外にしたとなると、教育の機会均等を図る無償化法の目的に反し、違法の余地が生じる。政府は、大臣発言は国民向けのメッセージであって、本当の理由は「朝鮮学校に支給した金が流用される恐れがあるからだ」と説明するようになった。

 取り繕ったのは明らかだ。しかし東京地裁は、納得できる理由を示さないまま、国側の言い分を認めてしまった。

 行政を監視し、法の支配を実現させるという司法の使命を忘れた判断だ。無償化をめぐる同様の訴訟で「教育とは無関係な外交的、政治的判断があった」と述べ、政府の措置を違法とした7月の大阪地裁判決のほうが事実に即し、説得力に富む。

 改めて確認したい。

 北朝鮮による拉致行為は許し難い犯罪だ。だがそのことと、朝鮮学校の生徒らに同世代の若者に対するのと同じく教育の機会を保障し、成長を手助けすることとは、別の話である。

 朝鮮学校と朝鮮総連の間に一定の関係があるとしても、同校は、一市民として日本社会で生きていくために、必要な知識や考え方を身につける場になっている。通っているのは自分のルーツの民族の言葉や文化を学ぶことを望む生徒で、韓国・朝鮮籍や日本国籍など多様だ。

 誰もが明日の社会の担い手である点に違いはない。この当たり前のことを胸に刻みたい。社会の成熟度が問われている。

 そもそも、高校の無償化なんて民珍が政権を詐取していた時代に人気取りの為やった駄政策の一つなんですがねぇ?

 あのクズどもが強行したせいで、餌に群がってる連中の反対があるため廃止できず、ダラダラと続いている税金の浪費政策に過ぎず、本来即時廃止して然るべき無駄遣いの最たるものです。

 何せ、無償化で学力向上に同寄与した、進学率のアップで給与がどうプラスになったとかってて話、コレだけ何年も経っているのに微塵も出てこない一方、国の借金は無駄に積みあがって、今恩恵を受けていると思っている世代に後々全部利子が付いた負債として還ってくる事が確定しています

 そんな状況で、何で寄生虫が反日思想を覚える為にまで税金を浪費してやら無ければならないなんて話になるんだか?

 拉致に協力しただけでなく、国連決議で何度も制裁が強化されるのも無視して核と弾道ミサイルの開発と実験や発射を繰り返し、他国を攻撃すると恫喝する祖国の独裁政権を絶賛する洗脳教育をするようなテロリスト養成所に税金を投じてやれとか、本当にバカヒって売国犯罪集団ですよね。

 例えば、国語の教科書では子供が日本人の警官が川を渡る手助けをするフリをして川に沈め銃を奪って撃ち付け水死させるとか、算数なら10人いた日本人を5人殺したら残りは何人だとか、そんな教育を初等レベルからしているわけです。

 しかも、民族学校であって日本の教育法に準じた学校ではないから日本の教育免許も要らないし、法令で定めた教育をしていなくても問題すらない。

 これで大学進学を認めている事自体、おかしいでしょ。

 それにも関わらず、「北朝鮮による拉致行為は許し難い犯罪だ」といい、「朝鮮学校と朝鮮総連の間に一定の関係があるとしても」と犯罪組織と繋がりがあり、その出先機関としての洗脳教育をしている事を把握しながらも、「朝鮮学校の生徒らに同世代の若者に対するのと同じく教育の機会を保障し、成長を手助けすることとは、別の話である」と言えるのですから、バカヒが売国でなければ何が売国だというのか?

 この理屈が通るなら、それこそヤクザが専門学校を造り、ヤクザ自らが教師役をし、そこで子息にヤクザになるための教育を施すための補助金を寄越せと喚いて資金集めを画策しても子供の未来の為なんて戯言一つで罷り通ることになりますよね?

 バカヒの主張って実に馬鹿げた話だと思いませんか?

 大体、「一市民として日本社会で生きていくために、必要な知識や考え方を身につける場」であるなら、独裁者の肖像画を飾り、日本人を虐殺する話を教科書の例に盛り込むのって実におかしな話ですよね?

 一市民として日本社会で生きていくための何処に、民主主義の日本とは絶対に相容れない独裁政治を礼賛する思想を刷り込み、しかも日本人を虐殺する事が正しい事だと刷り込む必要があるのでしょう?

 むしろ不要どころか日本社会でマトモに共存する気が無い何よりの証拠でしかないと思うのですが、日本人でありながら日本と日本人を敵視するバカヒにとっては独裁礼賛や日本人虐殺は日本社会で一市民として生きていくのに必要な知識や考え方なようですね。

 いやはや、人間ここまで精神を歪めることが出来るのか、異常者なのに正常を装えるのかと、本当に吐き気がしてなりませんし、こんなテロリスト思想に賛同するバカヒはやはり、生かしておいてはロクなことにならないと思うんですよねぇ?
09月12日(火)

ブサヨレイシストであることを公言した新潟県知事 

11日付けの産経ニュースの記事から

新潟・米山隆一知事が石平氏投稿に「吐き気を催すほど醜悪」とツイート「差別発言」の批判相次ぐ
2017.9.11 12:31
 かつて中国の民主化運動に身を投じた評論家の石平氏がツイッターに投稿した、東京新聞の望月衣塑子記者への批判に対して新潟県の米山隆一知事が「吐き気を催すほど醜悪」などと批判し、物議を醸している。

 問題となった発言は、菅義偉官房長官の定例記者会見で連続質問を仕掛けている望月記者を「何のリスクもない民主主義国家で意地悪質問で政府の記者会見を妨害するだけだ」などとした石平氏の投稿に対するもの。

 米山知事は9日、「適不適の判断はさておき、いずれにせよ望月記者は自国の政府に対し直接対峙している。一方石平氏は今や、祖国を離れ、独裁政権と批判する中国政府と直接対峙することなく日本人向けに中国政府批判を展開しているに過ぎない。闘う望月記者の歌を闘わない石平氏が笑う事は吐き気を催すほど醜悪だと思う。」と投稿した。

 石平氏は即座に発言を引用して「彼(米山知事)は意図的に、人権侵害を平気で行う中国の独裁政権と、民主主義の手続きで選ばれた日本政府と混同している。この本質の差を無視して一方的に私を攻撃するとは、公人としては不見識であり、卑劣でさえある。」と発言。さらに「帰化人の私にとっても日本政府は自国の政府だ。しかし米山氏は望月記者に関してだけ『自国の政府』の表現を使うが、私を中国政府と結びつける。それは明らかに、帰化人を日本人と認めない排外主義的態度だ!」と反論した。

 米山知事のツイートには一般ユーザーからも「ヘイト的だ」「差別発言」などといったコメントが相次いだ。

 米山知事は「要するに私の申し上げているのは、どこかの独裁国家ならいざ知らず、石平氏の母国である民主主義国家の日本では、『権力と戦う』のに何のリスクも無い状況で言論によって対峙するのは当たり前なのであって、(中略)氏の指摘は全く当たらないという事です。」などと返したが、「見苦しい」「謝れないのか」といった厳しい声が続いている。

 発端となった石平氏の投稿は7日。望月記者に対して「『それでも私は権力と戦う』という東京新聞望月記者の台詞を鼻で笑った。私は今まで、本物の独裁政権と戦った勇士を数多く見たが、彼女のやっていることは、何のリスクもない民主主義国家で意地悪質問で政府の記者会見を妨害するだけだ。そんなのを『権力と戦う』とは、吐き気を催すほどの自惚れだ!」と批判し、百田尚樹氏らが反応して話題となっていた。(WEB編集チーム)

 本物の言論を扱うプロ相手に、政治信条すら持たぬ欲望の走狗風情が歯向かえば返り討ちにあうなんて、当たり前ですよねぇ?

 米山って間抜け、元々は分不相応にも国会議員になろうと自民から立候補していたんですけど、あの北京ダック、田中真紀子にまったく歯が立たず惨敗を繰り返し、その後は日本維新に鞍替えしてもダメ

 その後前任の新潟知事が逃げ出した選挙に今度は民珍や社民を後ろ盾にして出馬し、何を間違ったのか当選しちゃった、と。

 本来当選するような知能も価値も無いゴミクズ以下の分際でその地位についてしまった結果、帰化日本人に対して「吐き気を催すほど醜悪」なんて悪罵を臆面も無く吐き、本人からはぐうの音も出ない反論をされ、他の人間からも逆に面罵される始末。

 下手をするとこの脳無しバカ、石平氏が帰化した経緯どころかしている事自体、知らなかったんじゃないでしょうか?

 第一、NHKですら遮断され、当人は拉致されて長期間拘束されたり殺されたりするのが中国の報道の自由であり、かつては朝日以外報道関係者が中国に滞在する事さえ認められなかった時期があるのも、この脳無しバカじゃ知らないんでしょうね…

 そも、頭狂の望月某って間抜けは、権力と呼ぶ自分の嫌いな政党・政治家と闘っている自分という単なる思い込みにただ酔いしれているだけの気色の悪いナルシストで、こいつの話って新聞記者の身でありながら証拠もない憶測や妄想、よくて週刊誌の報道頼りによって罵詈雑言を並べ立てているだけですので、自分の中の誇大妄想に悪罵を並べかけて自己陶酔に浸るだけに過ぎず、闘っているとかほざかれてもちゃんちゃらおかしいですよね?

 実際、最近の言動だって北朝鮮の手先として奴らの主張を単に録音再生しただけでしかありません。

 独裁国家の脅迫に屈しろと民主主義国家の政府へ迫る事が権力との戦いだなんて、臍で茶が沸くってものです。

 例えるなら、今にも殴りかかろうとしているヤクザの味方をして、襲われている善良な一般名市民に対し、「何で詫びを入れて有り金差し出さないんだ!」と喚きながら、そんな風に被害者を面罵する己の姿に自己陶酔しているわけで、そんなもの他人から見たら単なる卑劣なヤクザの腰巾着でしかありませんよね?

 何よりも本当に権力との対峙なんてものを掲げているなら、せめて言論の自由に寛容な自民党政権ではなく、不寛容且つ恫喝や脅迫が当たり前であったミンス政権時代に戦いとやらをやっていなければおかしな話です。

 普天間を巡るルーピーの言動の二転三転に始まり、やらないと言っていた大幅な国債発行と強行採決の連発、空き缶による国有資産の南朝鮮への勝手な譲渡や尖閣での漁船体当たり事件における情報の隠蔽や犯人の不法な解放と一公務員への脅迫と職責剥奪、震災及び原発事故に関する暴走と情報の隠蔽、自衛隊法の濫用による民間人への言論弾圧、野豚による勝手な尖閣国有化とソレに伴う中国でのテロ誘発騒動、これまたやらないと言っていた増税への道標作り等々、総理大臣関連だけでもミンス時代には幾らでも闘うべき機会はありました。

 また、直接的にマスゴミを脅迫し、オフレコを垂れ流したら会社を潰すと恫喝したのがバレて辞任した大臣なんてのもいましたし、地方選でミンスの候補者を選ばなければ相応の目に合わせてやると地元民を恫喝した幹部議員なんてのもミンスにはいましたよねぇ?

 でも、それら数々のミンスによる権力濫用の暴走事件において望月なんて記者の名前は一度も聞いた事が無いどころか、頭狂が積極的に、大々的にミンスを批判したなんて話、一度も聞いた事がありませんので、連中のは反権力の正体は単に自分達の好き嫌いで友好か敵対かを決めているだけであり、信条や信念ですらありません

 大体、民主主義というように、国家の主体は民であって、メディアの役割は事実を正しく民に伝える事です。

 罷り間違っても己が主役だ等と錯覚し、事実を伝えようとするものの取材を戯言を延々垂れ流して妨害したり、都合の悪い事実を隠蔽して偏った情報を流し国民を洗脳・扇動しようと画策する事ではありません。

 しかも脳無しバカはその後、石平氏が日本政府と対峙するならどうだの、日本では何のリスクも無い状況で言論によって対峙するのは当たり前だの、丸っきり的外れなバカ丸出しの言い訳をして、より一層ツイートを批判一色に染めている始末…

 おまけに批判に対してブロックをしまくっているようで、県民の声を聞かない権力者だ、辞めろと輪をかけて批判が増しているんですから、ホント、バカ発見器とはよく言ったものですよね。

 というか、望月某って「権力と闘う」って宣言しているんですから、本来はこの間抜けも一方的且つ理不尽な宣戦布告をされた側であるはずなんですけど、愚劣過ぎてそれすら分らないんですかねぇ…
プロフィール

folke

Author:folke
怠惰な社会人。
画像はウチのトイプードル(ウサ耳Ver)

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム


folkelowさんのランキング集計結果