徒然な日々に

その日の個人的出来事や、見たニュース、記事から思った事、感じた事を徒然と…
07月22日(土)

バカヒの語る虚飾にまみれた共生のお寒い事 

17日付けの朝日新聞デジタルの記事から

憲法70年 多様な人々の共生社会を
2017年7月17日05時00分
 観光地で、飲食店で、そして学校や職場でも。海外からやってきた人びとの姿は今や、日常に溶け込む光景になった。

 日本に暮らす外国人は昨年末の時点で238万人と過去最多となった。登録された国籍・地域は196にのぼる。

 欧米の国々と同様、日本も多様な社会への道を確実に歩み始めている。

 では日本国憲法は、外国人の権利を守っているのだろうか。答えはイエスだ。70年前に施行された憲法は、外国人の基本的人権の尊重も求めている。

 ■外国人の人権等しく

 すべて国民は法の下に平等で、人種、信条、性別、社会的身分などで差別されない--。憲法14条はそう定めている。

 「国民」とは誰か。最高裁は1978年の判決で「権利の性質上、日本国民のみが対象と解されるものを除けば、基本的人権の保障は外国人にも等しく及ぶ」との見解を示した。

 むろん「入国の自由」などの権利は原則、外国人には及ばない。また、この判決は人権保障の対象を、日本政府が在留を認めた外国人に限っている。

 そうした留保はあっても、原則として人間の平等をめざす趣旨は忘れてはなるまい。

 外国人の人権を保障しているのは、憲法だけではない。79年の国際人権規約批准、95年の人種差別撤廃条約加入によって、日本も「人種や民族による差別は認めない」との普遍的な規範を国際社会と共有してきた。

 憲法が、条約や国際法規の順守を求めていることも留意しておくべきだろう。

 ただ、実際に外国人は平等な生活を営んでいるだろうか。

 法務省が昨年、日本に長期滞在する18歳以上に尋ねたところ、差別が日常化している実態が浮かんだ。

 外国人であることを理由に入居を断られた--。過去5年間に家を探した人のうち39%がそんな体験をしていた。「『外国人お断り』と書かれた物件を見てあきらめた」人も27%いた。

 就職や職場でも、壁がある。 就職を断られた(25%)▽同じ仕事なのに日本人より賃金が低かった(20%)▽昇進できない不利益を受けた(17%)。

 ■生かされぬ理念

 人種や民族、国籍の違いが理由で、当然の権利が阻まれているとすれば、外国人と共に暮らす社会は成り立たない。

 なぜ憲法や条約の理念が生かされないのか。外国人が置かれてきた状況を振り返る。

 戦後しばらく、外国人は明確に「管理」の対象とされた。

 憲法が施行される前日の47年5月2日、日本国籍を持つ朝鮮や台湾の旧植民地出身者を「外国人」とする勅令が出された。52年に日本が主権を回復すると、この人たちは日本国籍を失い、外国人登録法で登録時の指紋押捺(おうなつ)が義務づけられた。

 あたかも犯罪の容疑者のように指紋押捺を強いる制度は人権侵害とする批判が80年代に高まり、在日コリアンら特別永住者について93年に廃止された。

 その後も日本の入国管理政策は厳しさで知られたが、それでも経済成長により就労や留学で来日する人が増えた。日本人との国際結婚も珍しくなくなった。外国人は今では日本社会の不動の一員といえる。

 だが、その現実に意識や制度が追いついていない。

 確かに、外国人の入居や入店を断る行為を、違法とする司法判断は積み上がっている。

 だが、今回の調査は、裁判に至るのは一握りで、被害者の大半が「泣き寝入り」していると見るべきことを示している。

 人種や民族を標的にした差別的言動については1年前、ヘイトスピーチ対策法が成立した。一歩前進ではあったが、差別をなくすにはさらなる方策を考える必要がある。

 国内法の不備を再三、問題視した国連の人種差別撤廃委員会に対して、日本政府は「立法が必要とされる人種差別行為はない」と苦しい反論をしてきた。

 政府も国会も現実を直視し、事態の改善へ向けた真剣な論議を始めるべきである。

 ■心の垣根なくす試み

 「外国人お断り」などの露骨な排斥や、低賃金・長時間労働といった人権侵害は当然、なくしていかねばならない。

 一方、「マナーが悪い」「言葉が通じないから面倒」といった誤解や偏見から外国人の入居を断る事例も後を絶たない。

 日本の賃貸制度や居住マナーを外国語で説明した冊子を配ったり、外国人と日本人双方の相談に乗る窓口を設けたりして、差別を防ぐこともできる。

 日本人と外国人をつなぐ試みは、日本語の学びの場の開設や防犯活動など、各地に広がっている。自治体や市民団体の努力をもっと支援していきたい。

 心の垣根を取り払い、外国人に「この社会の一員」との自覚をもってもらえる方策こそ、憲法を生かし、日本の繁栄と安定をもたらす道だろう。

 いやはや、呆れ果てる言い掛かりでまた日本人を貶していますね、流石は反日のバカヒ。

 「ヘイトダー」「ジンケンガー」「シャベチュガー」と人権屋気取りで本当の人権や共存と言うものを汚し続けてきた自分達の存在こそ、一番の害悪でしかないって理解出来ないこの低脳っぷりは本当に、流石はバカヒとしか言えませんよ。

 何せ、「「マナーが悪い」「言葉が通じないから面倒」といった誤解や偏見から外国人の入居を断る事例も後を絶たない」とか平然とほざいていますからね。

 だったらいっそ国から不正に格安で売って貰った無駄にだだっ広い朝日本社の敷地に外国人専用マンションでも建てて好きなだけ住まわせ、実態を自分達の身で味わってみてから本当に誤解や偏見なのか確認してほざけっての。

 例えば、サーチナに、欧州で日本人は差別されないのに、中国人はされるというような中国のメディア報道を元にした記事が掲載され、フランスやドイツ、イタリアに宿泊し、ホテルで食事をした際に、中国人だけ別室へ案内される上、料理も簡素なものだけだという話がありました。

 ですが、バカヒと違ってその原因についても「中国人は食べきれないのにブッフェで大量に料理を取り、他の人に料理を残そうとしないなど、他の人のことなどお構いなしの行動を取ってきたため、止むを得ず中国人だけ別の部屋になったという経緯があった」事を現地ガイドの話として伝え、だから同じ東洋系でもマナーの良い日本人は差別されない事や「なぜこのような対応をされることになったのか、中国人は反省しなければならない」として、差別する必要性という本当の問題点をキチンと報じていたそうです。

 中国人以外にしてみれば無駄に食べ物を盛り付けるため場所を延々占拠し続け、挙句どいた後には食べ物が残っていない上、持っていった中国人はろくに食べずそのまま残飯にして廃棄となるわけですから、ハッキリ言って他の客にしてみれば気分が悪いどころではありませんし、料理が無駄になり、おまけに廃棄の手間と費用も嵩むホテルも大打撃ですし、その上中国人客が増えれば一層悪化して他国の客は離れていってしまう事になるわけですから、もはや営業妨害レベルの話になるわけで、別室隔離は当然の処置だと思いません?

 実際、中国でサラダバイキングが食べもしないのにケーキのように飾る形で山盛りにして遊ぶ輩が続出し、大赤字で廃止になったのは有名ですし、タイでもエビばかり食べ散らかし、大量に残して問題となりましたし、日本でも制限時間を守らなかった上に時間切れだと注文に応じなかった店員に暴行を働いて逮捕されるなど、自国内も含めた世界各地でやらかしています。

 結果、日本でも関西などでは席の隔離やメニューの制限を中国人ツアー客に行っているという話がありますし、欧米のクルーズ船でも欧米や日本の観光客から中国人のマナーの悪さに対するクレームが後を絶たないため、中国人専用ともいえる中華レストランを作るなどの隔離対応をしているケースもあるそうです。

 同じように、レストランに入って自家製のキムチを持ち出す南朝鮮のケダモノどもにしても、やっている事は営業妨害レベルですから、ただでさえ騒がしいのにそんな真似までされれば入店禁止って店が欧州で増えるのも当然ですよね?

 でも、差別だ人権だと騒げばこれがひっくり返る世の中になったらどうでしょう?

 待っているのはホテルやレストランの倒産だけです。


 そしてそれは、ホテルやレストランのような数日や数時間で住まない住居の話ならより深刻かつ慎重な話になるのも当然です。

 実際、アメリカではコリアタウンというものが常識欠落・法令違反の代名詞ともいえる状況で、悪臭や売春、騒音など様々なトラブルを起こす厄介者の集落と認知され、問題になっている事を朝鮮日報も過去に取り上げていますが、その本質は自民族の良識の無さであることも記していました。

 何より、日本でも特アである中国、朝鮮系は南米系、東南アジア系以上に問題を起こすので嫌われ者です。

 まず何よりも、犯罪発生率が高すぎる

 来日外国人としては現在中国が逮捕者数を伸ばし続けて1位の座を不動のものとしていますが、在日外国人としても2位の座にありますので、オーナーや不動産会社が知らない内に賃貸先が犯罪者の巣窟となっている危険性があります。

 これは在日外国人検挙数1位の朝鮮系にしても同じ事で、総数が減っている分検挙も減っているとはいえ、それでも未だに中国に対してダブルビハインドの3000超え、約100分の1の確率ですから、貸す側だったらそんな高確率な博打なんて打ちたくないと思っても当然です。

 また、マナーの点にしても、アパートやマンションといった集合住宅で上記のキムチや干物などを作って悪臭を撒き散らす、夜中でも平然と騒音を撒き散らす、家族や友人などを契約内容を無視して大勢住まわせる、痰や小便を平然とそこらでする、共有部分の敷地を占拠する、etc…

 そういったトラブルで隣室が埋まらないとか、隣室と喧嘩になるなんて話、幾らでもありますので、わざわざリスクを取ってまで部屋を埋める必要性があるかという話にもなりますし、外国人の場合は連帯保証人という問題もありますし、契約書を読めないのに、サインしちゃう方がよっぽど問題ではないんですかね?

 私自身、かつてアパートに住んでいた時に隣の部屋に越してきたフィリピン系の一家の常識、良識の無さや騒音に悩まされ、大家に苦情を幾度も述べたけど、外国人なので「ジンケンガー」と騒ぐクズどもと揉めるのを恐れた大家に何も対応してもらえませんでした

 ま、最近では外国人や留学生専用なんて貸し出しの仕方をしている賃貸物件やそういったものを纏めて扱う不動産もありますので、わざわざ社説でこんな寝言を書かなくても、そちらを使うよう案内すればいいだけの話なんですけどねぇ?

 特に多民族国家でさえ他の民族と馴染めず、群れを形成して法秩序を乱す朝鮮のケダモノなんて、そもそも共存の意思自体持っていないわけですし、加えて日本にとって見れば南も北も侵略や拉致をして日本人に害を為すだけの敵性国家でしかないのですからそんな連中と共存とかできるわけが無いし、そもそも自分と異なる思想・信条を認めず、捏造や歪曲してまで相手に罵声を浴びせるバカヒがほざいたって寝言にすらなりませんよ。

 因みに、戦争に負けるまではそもそも朝鮮も台湾も日本の領土であったのですから、そこに住んでいるのは当然、日本人となります。

 だから日本の法律が適用されて国籍は日本となり、選挙権や被選挙権も法に従って与えられたし、地方公務員どころか中将になれたり、知事や議員にだってなれたし、日本人としてオリンピックに出場してメダルを取る事だって出来た

 でも、戦後それらの領土は放棄させられたわけですから、日本の領土でない以上、そこの出身者も出身地の国籍が優先される事になるし、だから帰国の為の支援事業もやっていて、最終的に残った終戦前からの在日朝鮮系は200ちょっとにまでなった。

 52年に指紋押捺が必要となった正確な理由までは分りませんが、ハッキリしているのはその時期、南北戦争もあって朝鮮系の不法入国が増加の一途を辿っており、また、日本共産党に加わった4桁の朝鮮のケダモノ達が日本各地で暴力犯罪等凶悪事件を繰り返し、竹島を南朝鮮が略奪した挙句、日本人漁民を人質にして殺人等重犯罪を犯して収監されている同族の釈放を解放条件とするテロ行為も行っており、外国人、特に朝鮮のケダモノどもが日本の安全と発展にとって極めて有害であると証明されていた時代です。

 証拠に1949年時点で吉田茂が台湾人とは異なり、朝鮮のケダモノどもは有害無益で日本の邪魔にしかならないから、費用は日本が全額払うので全て送還させてくれとマッカーサーに頼み込んでいますからね。

 就職にしたって、外国人故の言語能力の不足とか、読み書きが十全に出来ないなど、そもそも希望した職務と能力が合っていないのが原因って可能性だって十二分にあるでしょうに、断られたというだけで十把一絡げに差別とか、思考が愚昧すぎです。

 例えば、コンビニやファーストフードの店員じゃあるまいし、営業や販売をさせるのにわざわざ日本語に不自由な人間を企業が雇うと思いますか?

 本当にそう思っているなら朝日は募集要項で日本語が出来ない外国人でもOK、宗教の祈りの時間も場所も何も全て希望するまま配慮しますとでも、今後の要項で必ず記して見せろって話ですよね?

 郷に入らば郷に従えという言葉が日本には昔からあります。

 その地毎の文化や習俗、歴史や風習があるのに、自分達の都合だけ主張して馴染もうとしないものを受け入れるのは軋轢の元にしかならないわけで、法に触れるようなモノや公序良俗に反するモノだというのなら兎も角、多様性だの多文化だのとクダラヌ戯言に何故先住民族であり国民である日本人側が一方的に譲歩せねばならないのやら?

 特に朝鮮のケダモノなんぞ70年も前ですら有害無益と看做される存在であり、今尚生活保護の不正受給や犯罪行為を多数引き起こし続ける危険な特定外来種に対でしかないのに、問題視したり懸念を示すだけで「シャベチュダー」ですもの。

 それにしても、普段は自国の総理大臣を思想が異なるからという理由で罵り、同類どもがぶったぎってやるだのと害意を示そうが、ヒットラーに準えて人権や人格を汚す犯罪行為のプラカードや写真を掲げても平気な顔をして差別や人権侵害から顔を背けるくせに、こういう時は人権の守り手みたいな顔をしてバカの一つ覚えを喚きだすんですから、本当にキモチワルイ生き物ですよね、ブサヨどもって。
07月20日(木)

ダブスタゴキブリ男の醜悪な言い訳 

19日付けの産経ニュースの記事から

橋下徹氏が有田芳生参院議員に激怒 有田氏、蓮舫氏の二重国籍問題は「人権侵害」 橋下氏の出自暴露は「面白い」 「ダブルスタンダードだ」「有田、早く辞職しろ」
2017.7.19 20:32
 民進党の有田芳生(ありた・よしふ)参院議員(65)に日本維新の会の橋下徹法律顧問(48)=前大阪市長=がインターネット上などでかみついている。

 民進党の蓮舫代表(49)が自身の戸籍謄本の一部など関係書類を公開した件で、有田氏が蓮舫氏に公開を求めた人々を「差別だ」として非難したことを、橋下氏は自分の出自が週刊朝日に報じられた際には有田氏が「面白い」と言っていたと指摘し、「自分の嫌いな相手なら面白く、自分の所属する党の代表なら人権問題にするのか」として、有田氏の姿勢を「ダブルスタンダード」と激しく批判した。

 有田氏は14日、言論ニュースサイト「リテラ」に緊急寄稿。「複数の議員がツイッターで(蓮舫氏の)戸籍提出に賛同する意見を表明した」ことを「蓮舫代表に個人情報の開示を求めるのは、出自による差別を禁止している憲法第14条や人種差別撤廃条約の趣旨に反する差別そのものである」と指摘。

 さらに昭和50年に起きた「部落地名総鑑事件」を引き合いに、「(この)教訓から、企業が採用選考のとき、応募者に戸籍の提出や本籍地の確認を求めることが禁止されるようになった。蓮舫代表に戸籍の開示を求めることは、こうした人権擁護の歴史に真っ向から反するものだ」として、蓮舫氏に戸籍の開示を求めることと、部落差別を同質のものと指摘した。

 これに対し、橋下氏は19日に「プレジデントオンライン」(プレジデント社)に「有田芳生の人権派面は偽物だ!」と題して寄稿し、有田氏を「こいつだけはほんと許せないね」と罵倒。

 理由として、橋下氏の出自問題が週刊朝日に掲載された平成24年10月、有田氏が「これは面白い」とツイートし、橋下氏が猛反撃した際、「よく分からん言い訳」をしたと指摘。一方で蓮舫氏の戸籍開示について、人権を盾に開示を許すな、と主張したことを「典型的なダブルスタンダード」とかみついた。

 「有田は自分が嫌いな相手(僕)の出自が公になることは面白く、自分の所属する党の代表の、ちょっとした戸籍情報が開示されることはプライバシー侵害になり、人権問題にもなるから許されないと言うんだ」(原文ママ、橋下氏の寄稿から)とまで指摘した。

 それでも怒りが収まらないのか、自身のツイッターで「戸籍の開示は差別助長に繋がる!だって? 自称人権派は恥ずかしげもなくよく言うよな。俺は出自について散々報じられたけど、自称人権派は誰もその報道を批判しなかった。あの報道に比べれば蓮舫さんの戸籍開示なんてどうってことないこと」と投稿した。

 このツイートには、有田氏の24年10月の「佐野眞一『ハシシタ 救世主か衆愚の王か』(週刊朝日)がすこぶる面白い。(中略)橋下市長は朝日新聞の取材をさっそく拒否。佐野さんの戦術にまんまとはまってしまったのは、その性格を知らない無謀反応だ」などというツイートを添えて、「参議院議員有田芳生が僕の出自を面白がっている証拠。それが今、蓮舫さんの戸籍開示が差別に繋がるだって。有田、早く辞職しろ。自称人権派は有田を責めないのか?」と怒りのこもったツイートを立て続けに投稿した。

 週刊朝日の当該記事に橋下氏は「遺伝子で性格が決まるとする内容」だと激しく反発し、週刊朝日を発行する朝日新聞出版と佐野氏を提訴。27年2月、橋下氏の主張を認める形で和解が成立した。(WEB編集チーム)

 呆れ返るのはレイシスト有田ゴキフの言い訳ですね。

 「橋下さんと産経記事は何を面白いと書いたのかをあえて隠した文脈無視の言いがかり。」「「ザ・ワイド」に1回だけ出演して降板させられた腹いせではないかと思えてしまう。」

 言い訳にすらなっていない戯言を垂れ流し、挙句に相手を侮辱しての自己弁護…流石は人種差別法案を提出し、可決させた世紀のレイシストですよね。

 そも、差別記事を書いた佐野ってレイシストも掲載した朝日も結局自分達の行為が差別であったと認め、謝罪する事で和解したのが同事件(当事の朝日新聞出版社長は引責辞任している)であり、その問題となった記事を上記のように「すこぶる面白い」と嘲笑ったのがゴキフです。

 中略されている部分も、レイアウトも斬新だとか、取材コンビが最強だとか、記事そのもの以外の部分も付け足しで褒めているだけなので、掲載されていてもいなくても、文脈に影響なんてありませんので、誰がどう読んでも佐野の差別記事を評価しいている以外の結論にはなり得ません。

 ましてや差別に対して激怒し、取材拒否した事についても戦術にまんまとはまっただの、無謀反応だのと嘲笑っていた

 無論、自民党議員が戸籍謄本及びアメリカの国籍離脱証明書を公開した時も黙殺していた

 それが自分のところのペテン師の話になった途端、詐欺行為を重ねている事などを全て無視して、国民が政治家としてその見っとも無くおっ立てている襟を正せと声を挙げて求めるのは差別だ、ですからね。

 自らを二重国籍である、中国籍である、台湾籍であると、過去に繰り返し多重国籍者である事を宣言しているにも関わらず、国籍離脱をしていると嘘をついて選挙に出馬し、国会議員になり、責任も取らず未だのうのうとしているのが蓮舫って最低最悪のゲス婆です。

 この時点で既に国籍法と公職選挙法に反しているのは明らかですし、昨年末には告発した団体もあります。

 18日の会見にしても、呆れ返る詭弁の連発で、更に嘘に嘘を重ねただけでしたし、他ならぬ台湾人から蓮舫の出した台湾国籍喪失許可証は偽造では無いかと疑義が示されています。

 透かしが無い、押印が矢鱈と濃くて掠れも無い、写真が選挙ポスターのもので認められていない構図、失効していると言っていたパスポートで申請という有り得ない手続きなどが指摘されており、もしこの偽造が事実なら更に蓮舫は台湾まで巻き込んだ公文書偽造事件も起こした事になります。

 やらないと宣言した戸籍謄本の開示をした事以外、「適当な偽造資料や追加の虚言でお茶を濁そうとしている」という私の予想はマンマ大当たりと、ちっとも嬉しくない、政治家として以前に人として最低な会見でしたね。

 国民の代表であり、国民の範たる国会議員が虚偽の記載・発言を繰り返し、しかも複数の法律に違反し、更に公文書偽造まで疑惑が出ているのに、それを証明しなくてもいい、求めるのは差別だとか、本当に頭のデキが悪すぎますよねぇ、ゴキフらって。

 そういう輩の日本国籍は剥奪してもいいって、十数年前に辻本が言っていたってのもネットでは取り上げられているんですけど、その辻元も自分のところの外国人にはそれを求めない…いやはや、何処まで行っても自分達が正義であり法律だっていう独裁気質なんですよね…

 まぁ、伊達に日本国民をゴキブリ呼ばわりしながら、日本国民に対してのみ差別する法案を作ってゴキブリ呼ばわりはヘイトだなどとはしゃぐイカレ頭ではない、というところでしょうか?

 これでよく安倍総理や自民党を独裁だなんだと言えた物ですよ。
プロフィール

folke

Author:folke
怠惰な社会人。
画像はウチのトイプードル(ウサ耳Ver)

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム


folkelowさんのランキング集計結果