徒然な日々に

その日の個人的出来事や、見たニュース、記事から思った事、感じた事を徒然と…
07月20日(木)

ダブスタゴキブリ男の醜悪な言い訳 

19日付けの産経ニュースの記事から

橋下徹氏が有田芳生参院議員に激怒 有田氏、蓮舫氏の二重国籍問題は「人権侵害」 橋下氏の出自暴露は「面白い」 「ダブルスタンダードだ」「有田、早く辞職しろ」
2017.7.19 20:32
 民進党の有田芳生(ありた・よしふ)参院議員(65)に日本維新の会の橋下徹法律顧問(48)=前大阪市長=がインターネット上などでかみついている。

 民進党の蓮舫代表(49)が自身の戸籍謄本の一部など関係書類を公開した件で、有田氏が蓮舫氏に公開を求めた人々を「差別だ」として非難したことを、橋下氏は自分の出自が週刊朝日に報じられた際には有田氏が「面白い」と言っていたと指摘し、「自分の嫌いな相手なら面白く、自分の所属する党の代表なら人権問題にするのか」として、有田氏の姿勢を「ダブルスタンダード」と激しく批判した。

 有田氏は14日、言論ニュースサイト「リテラ」に緊急寄稿。「複数の議員がツイッターで(蓮舫氏の)戸籍提出に賛同する意見を表明した」ことを「蓮舫代表に個人情報の開示を求めるのは、出自による差別を禁止している憲法第14条や人種差別撤廃条約の趣旨に反する差別そのものである」と指摘。

 さらに昭和50年に起きた「部落地名総鑑事件」を引き合いに、「(この)教訓から、企業が採用選考のとき、応募者に戸籍の提出や本籍地の確認を求めることが禁止されるようになった。蓮舫代表に戸籍の開示を求めることは、こうした人権擁護の歴史に真っ向から反するものだ」として、蓮舫氏に戸籍の開示を求めることと、部落差別を同質のものと指摘した。

 これに対し、橋下氏は19日に「プレジデントオンライン」(プレジデント社)に「有田芳生の人権派面は偽物だ!」と題して寄稿し、有田氏を「こいつだけはほんと許せないね」と罵倒。

 理由として、橋下氏の出自問題が週刊朝日に掲載された平成24年10月、有田氏が「これは面白い」とツイートし、橋下氏が猛反撃した際、「よく分からん言い訳」をしたと指摘。一方で蓮舫氏の戸籍開示について、人権を盾に開示を許すな、と主張したことを「典型的なダブルスタンダード」とかみついた。

 「有田は自分が嫌いな相手(僕)の出自が公になることは面白く、自分の所属する党の代表の、ちょっとした戸籍情報が開示されることはプライバシー侵害になり、人権問題にもなるから許されないと言うんだ」(原文ママ、橋下氏の寄稿から)とまで指摘した。

 それでも怒りが収まらないのか、自身のツイッターで「戸籍の開示は差別助長に繋がる!だって? 自称人権派は恥ずかしげもなくよく言うよな。俺は出自について散々報じられたけど、自称人権派は誰もその報道を批判しなかった。あの報道に比べれば蓮舫さんの戸籍開示なんてどうってことないこと」と投稿した。

 このツイートには、有田氏の24年10月の「佐野眞一『ハシシタ 救世主か衆愚の王か』(週刊朝日)がすこぶる面白い。(中略)橋下市長は朝日新聞の取材をさっそく拒否。佐野さんの戦術にまんまとはまってしまったのは、その性格を知らない無謀反応だ」などというツイートを添えて、「参議院議員有田芳生が僕の出自を面白がっている証拠。それが今、蓮舫さんの戸籍開示が差別に繋がるだって。有田、早く辞職しろ。自称人権派は有田を責めないのか?」と怒りのこもったツイートを立て続けに投稿した。

 週刊朝日の当該記事に橋下氏は「遺伝子で性格が決まるとする内容」だと激しく反発し、週刊朝日を発行する朝日新聞出版と佐野氏を提訴。27年2月、橋下氏の主張を認める形で和解が成立した。(WEB編集チーム)

 呆れ返るのはレイシスト有田ゴキフの言い訳ですね。

 「橋下さんと産経記事は何を面白いと書いたのかをあえて隠した文脈無視の言いがかり。」「「ザ・ワイド」に1回だけ出演して降板させられた腹いせではないかと思えてしまう。」

 言い訳にすらなっていない戯言を垂れ流し、挙句に相手を侮辱しての自己弁護…流石は人種差別法案を提出し、可決させた世紀のレイシストですよね。

 そも、差別記事を書いた佐野ってレイシストも掲載した朝日も結局自分達の行為が差別であったと認め、謝罪する事で和解したのが同事件(当事の朝日新聞出版社長は引責辞任している)であり、その問題となった記事を上記のように「すこぶる面白い」と嘲笑ったのがゴキフです。

 中略されている部分も、レイアウトも斬新だとか、取材コンビが最強だとか、記事そのもの以外の部分も付け足しで褒めているだけなので、掲載されていてもいなくても、文脈に影響なんてありませんので、誰がどう読んでも佐野の差別記事を評価しいている以外の結論にはなり得ません。

 ましてや差別に対して激怒し、取材拒否した事についても戦術にまんまとはまっただの、無謀反応だのと嘲笑っていた

 無論、自民党議員が戸籍謄本及びアメリカの国籍離脱証明書を公開した時も黙殺していた

 それが自分のところのペテン師の話になった途端、詐欺行為を重ねている事などを全て無視して、国民が政治家としてその見っとも無くおっ立てている襟を正せと声を挙げて求めるのは差別だ、ですからね。

 自らを二重国籍である、中国籍である、台湾籍であると、過去に繰り返し多重国籍者である事を宣言しているにも関わらず、国籍離脱をしていると嘘をついて選挙に出馬し、国会議員になり、責任も取らず未だのうのうとしているのが蓮舫って最低最悪のゲス婆です。

 この時点で既に国籍法と公職選挙法に反しているのは明らかですし、昨年末には告発した団体もあります。

 18日の会見にしても、呆れ返る詭弁の連発で、更に嘘に嘘を重ねただけでしたし、他ならぬ台湾人から蓮舫の出した台湾国籍喪失許可証は偽造では無いかと疑義が示されています。

 透かしが無い、押印が矢鱈と濃くて掠れも無い、写真が選挙ポスターのもので認められていない構図、失効していると言っていたパスポートで申請という有り得ない手続きなどが指摘されており、もしこの偽造が事実なら更に蓮舫は台湾まで巻き込んだ公文書偽造事件も起こした事になります。

 やらないと宣言した戸籍謄本の開示をした事以外、「適当な偽造資料や追加の虚言でお茶を濁そうとしている」という私の予想はマンマ大当たりと、ちっとも嬉しくない、政治家として以前に人として最低な会見でしたね。

 国民の代表であり、国民の範たる国会議員が虚偽の記載・発言を繰り返し、しかも複数の法律に違反し、更に公文書偽造まで疑惑が出ているのに、それを証明しなくてもいい、求めるのは差別だとか、本当に頭のデキが悪すぎますよねぇ、ゴキフらって。

 そういう輩の日本国籍は剥奪してもいいって、十数年前に辻本が言っていたってのもネットでは取り上げられているんですけど、その辻元も自分のところの外国人にはそれを求めない…いやはや、何処まで行っても自分達が正義であり法律だっていう独裁気質なんですよね…

 まぁ、伊達に日本国民をゴキブリ呼ばわりしながら、日本国民に対してのみ差別する法案を作ってゴキブリ呼ばわりはヘイトだなどとはしゃぐイカレ頭ではない、というところでしょうか?

 これでよく安倍総理や自民党を独裁だなんだと言えた物ですよ。
スポンサーサイト
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

folke

Author:folke
怠惰な社会人。
画像はウチのトイプードル(ウサ耳Ver)

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム


folkelowさんのランキング集計結果