徒然な日々に

その日の個人的出来事や、見たニュース、記事から思った事、感じた事を徒然と…
07月17日(月)

違反者を特権者として扱えとのたまう阿呆ども 

14日付けの毎日新聞の記事から

<妊娠中退>子供のためにも卒業支援を…NPO世話人ら発信
2017/7/14(金)21:07/td>
 「高校生が妊娠したら即退学、でいいのか」。シングルマザー支援や貧困問題に取り組む関係者らから、そんな声が出始めている。妊娠した生徒の多くは自主退学の扱いで高校を去るが、国や自治体は実態を把握していない。専門家は「そのまま放り出されれば生活に行き詰まる可能性が高く、生まれる子にも貧困が連鎖する」と対応の改善を訴える。【黒田阿紗子】

 昨年春、NPOの立場で政策提言に取り組む「全国子どもの貧困イニシアチブ」の世話人3人は、議論するうち、日々の活動で同じ問題意識を持っていることに気付いた。

 「昔から妊娠した高校生は中退するのが当たり前になっているけれど、中卒と高卒では収入に差が出る。むしろ中退させないよう自立に向けて支えるべきでは?」と1人親を支援する「しんぐるまざあず・ふぉーらむ」の赤石千衣子理事長。子どもの学習支援に取り組む「キッズドア」の渡辺由美子理事長、保育事業などを手掛ける「フローレンス」の駒崎弘樹代表理事も賛同し、ブログなどで発信を始めた。

 妊娠を機に高校をやめ、パートナーとの新生活や子育てに夢を膨らませる生徒もいるが、現実は厳しい。夫婦が離婚する割合は10代後半が最も高く、シングルマザーになれば多くは生活に困窮する。改めて高卒の資格を取るにも、サポート校に通うのはお金がかかる。中卒でも働き口があった時代とは違い、生活保護に頼るか、性風俗業を選ばざるをえないケースも珍しくない。

 だが、高校側は通学の継続に抵抗感が強い。全国の産院でつくる「あんしん母と子の産婦人科連絡協議会」の鮫島かをる事務局長は、妊娠した生徒が担任教諭に「高校を続けたい」と相談したところ「他の生徒に悪影響が及ぶ。誰にも言わないでおいてあげるから自主退学しなさい」と言われたケースに直面した。「内緒で中絶すれば続けられ、産むと退学に追い込まれるのはおかしい」と憤る。

 「私、夢とかないんだよね。他に夢が見つけられてたら、子どもを産むのは今じゃなかった」。生活困窮者支援に取り組む一般社団法人「インクルージョンネットかながわ」の鈴木晶子代表理事は、女子高校生のこんな言葉が忘れられない。

 彼女は「大学に行くお金はないから、18歳で自立しなさい」と言われて育ち、中退後も親を頼れなかった。「貧困で選択肢を狭められ目標が持てないと『家庭』に憧れやすい。これが若年妊娠の背景にある」と鈴木さん。「生まれてくる子のために高校を卒業しよう、と思わせる支援が必要。国は実態を把握して服装や出席日数など配慮すべき例を示し、本人の退学の意思が強いなら、生活相談や資格取得の支援につなげるべきだ」と訴える。

 ◇自治体、実態調査なく「学ぶ権利を奪わないで」

 文部科学省によると2015年度の高校中退者は全体の1.4%の約4万9000人。「妊娠」は理由を調べる項目にないため、どの程度含まれるかは不明だ。人口動態統計では、16年に10代の母が産んだ子は1万1095人に上る。

 在学中に妊娠しても高校をやめなければならない規則はない。文科省は「学業継続の意思がある場合は、母体保護を優先して教育上必要な配慮を行う」との立場だが、15年には岩手の県立高が「妊娠は退学処分」との内規を設けていたことが発覚した。妊娠を「問題行動」と捉える風潮は学校現場で根強い。

 三重県内の高校の養護教諭(53)によると、保護者が「娘を好奇の目にさらしたくない」と退学を申し出ることもあるという。教諭は生徒に通信制などへの転学を勧めるが「妊娠したら学校を続けるべきでない、という社会の雰囲気がある」と指摘する。

 子どもの権利に詳しい山下敏雅弁護士(東京弁護士会)は「生徒や保護者には、退学を促されても断れるという認識が薄い。学習権は全ての子に等しく保障されていることを社会が理解すべきだ」と話す。

 なーんか、何処までも的外れで頓珍漢な事を書いているなぁと思ったら、安定の変態新聞でしたね。

 さっすが、未成年の学生による性交問題を捏造してまで世界中に流布する新聞社、それによる妊娠への感心もとってもお高いようで。

 特に頭の足りないバカガキが淫行を働いて自分の首を絞める結果になりましたというだけのどうでもいい、実にクダラナイ話になんで人様の税金を投じてやらなければならないのか、その根本的な理由がなーんにも書いていないってのが実に変態らしい。

 こんなものは人道でも人権でも何でもない、パチスロにのめりこんで借金作って破産するバカどもと同列の、相手にする価値さえない話なのにねぇ?

 だってそもそも、中学だろうが高校だろうが、不純異性交遊は禁止であり、逆にそれを認めている学校なんて何処にもありませんよ?

 そして、妊娠するには学校の禁止する不純異性交遊をした結果であり、その時点で停学なり、退学なり、処分を受けるのは違反者として当然にすぎません。

 それに妊娠後の身重の体でどうやって修学するのかって話ですよねぇ?

 つわりどころか、妊娠悪阻になって学校へ通う事も出来ないケースだってあるでしょうし、学校に来て保健室で休むようでは本来の病気や怪我で使用する必要がある生徒が使えないなんて事にもなるでしょう。

 体育の授業なんて特に自己都合で当然受けられなくなるわけですが、単位を落すのは当たり前と甘受できるのかって話です。

 実際、十代の半ばから後半に入る多感な時期の学生らに対して、法令や学校が禁止する性行為をして妊娠していますなんてのが混じっていれば、悪影響を与えないわけもないし、それ以前の問題として秩序を破り、乱す輩を学校が歓迎する道理なんて一切無いのは当たり前過ぎる話だと思うのですがねぇ…まぁ、自分達の主張を捻じ込む事しか考えないバカどもには法律やルール、道理なんて通じるわけもありませんけど。

 「生まれてくる子のために高校を卒業しよう、と思わせる支援が必要。国は実態を把握して服装や出席日数など配慮すべき例を示し、本人の退学の意思が強いなら、生活相談や資格取得の支援につなげるべきだ」

 ホント、何で国がそんな馬鹿げた行為に金と時間と労力を割かねばならないのか、最低限ソレ位は教えて欲しいものです。

 ルールを守れないし、それが自分にとって致命的な事態を招くと理解した上で好き勝手やっているんですから、責任も当然己が全うすべき話に過ぎませんし、違反者へ特例の優遇措置を設けねばならない特段の理由だって一体何処に存在するんだっての。

 何より呆れ果てるのが、このNPOってアホどもはルールを守れないクズを優遇しろ、特権者様にしろと喚くだけな事です。

 本心からコレが問題だと思っているのなら、むしろそういうクズが出てこない教育を学生らに徹底する方が余程重要だと思いませんか?

 避妊具程度、コンビニやドラッグストアで簡単に買えますし、学生で妊娠する事のリスクだってそういう阿呆どもと面談を繰り返してきたなら幾らでも学生に教える事が出来るはずなのに、未然に防ぐ努力は一切語らず、むしろそういうクズの量産を後押しするような事を国がしろなんてほざくんですから、本当に救いようが無い

 十代で自立して生計を立てられ、子育てもキチンと出来る…ハッキリ言ってそんな輩は殆どいませんよ。

 大抵は誰かしら、何がしかのサポートが必要になりますし、十代の遊びたい盛りに仕事と子育てで忙殺されるとなれば、そりゃあ離婚となるケースが多いのも当然です。

 「貧困で選択肢を狭められ目標が持てないと『家庭』に憧れやすい。これが若年妊娠の背景にある」なんてのも体のいい言い訳に過ぎません。

 金が無い中で努力や工面で成功した人間なんて幾らでもいますし、親が金も無いのに妊娠して生まれた結果が己だって事を理解も出来ず同じ事を繰り返して自分も子供も貧困に喘ぐとか、考える知能を持たないバカだから以外にどう評しろっていうのやら?

 本来学生ってのは、そういう人生や社会について色々吸収する為の期間であり、学校と言う入れ物の中で不特定多数の他人と関わっていく事によって自身と他人との違い、家庭の違い、できる事とできない事、向いているものと向かないもの、そういってものを学んでいく立場であり、就学しながらバイト等と通じて社会を学べるのも学生ならではです。

 なのに、自らその環境を放棄して淫行に耽り、身篭ってそれを台無しにするなんて、正直何のために生きているのかさえ、私には理解しかねます。

 何せ自分がした苦労を残りの人生でも続けようとするだけでなく、子供にも負わせようって話なわけですから。

 それこそ、相手がどこぞの金持ちのボンボンで将来の心配が何も無いし、キチンと責任を取ってくれると確証があるとかって言うなら別ですけどねぇ?
スポンサーサイト
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

folke

Author:folke
怠惰な社会人。
画像はウチのトイプードル(ウサ耳Ver)

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム


folkelowさんのランキング集計結果