徒然な日々に

その日の個人的出来事や、見たニュース、記事から思った事、感じた事を徒然と…
06月19日(月)

再交渉など不要につき、見つけ次第即拿捕で 

18日付けの産経ニュースの記事から

韓国、「EEZ内の漁業を再交渉して」 非公式に日本に打診 「違法操業への韓国の対策が不十分」日本は難色
2017.6.18 10:37
 日韓の漁業交渉が決裂し昨年7月以降、双方の排他的経済水域(EEZ)で操業ができなくなっている問題で、韓国が漁獲割り当てなどを決める「日韓漁業共同委員会」の交渉再開を非公式に打診していることが17日、分かった。決裂の原因になった韓国の違法操業への対策がいまだに不十分で、日本政府は交渉再開に難色を示している。

 日韓漁業協定では、漁船が移動する魚群を追って効率よく漁をするため相手国のEEZに入り込んで操業することを一定程度認めている。相手国のEEZでの漁期や漁獲枠については日韓漁業共同委員会で協議し、取り決めてきた。日本はサバ、韓国はタチウオ漁が主な対象だ。

 決裂前の平成27年1月から28年6月までの期間では、相手国のEEZでの漁獲量は、それぞれ6万8204トンが割り当てられた。日本の韓国側EEZでの漁獲量は割り当ての5・8%にとどまったが、韓国は操業ニーズが高く54・8%に上った。

 しかし、これとは別に韓国漁船が許可なく日本側EEZに入り込むなどの違法操業が頻発。日本の水産庁によると、28年の外国漁船への立ち入り検査件数86件のうち、67件が韓国漁船だった。拿(だ)捕(ほ)件数も6件中5件と韓国が最多となっている。漁獲量の不正記載も横行しており、減少している資源量の算出もできない状況にある。

 昨年6月の交渉では韓国政府は、対策が不十分にもかかわらず、日本側にタチウオの漁獲割当量を2倍以上増やすよう求め、交渉が決裂した。

 EEZでの操業禁止が長期化する中で、境界線付近で操業する韓国漁船も増えており、ルール作りが停滞することは水産資源の枯渇を招く恐れもある。日本政府は韓国に対し、交渉再開の前提となる違法操業への対応を求めていく方針だ。

前々回、「法もルールも守れない低脳下劣なケダモノとの漁業協定なんて、それこそ百害あって一利なしの典型」と書きましたが、ものの見事にその腐った性根を自ら証明してきましたね。

 立入検査件数についてのグラフが記事にはあるのですが、小さくて見辛いので数字を挙げます。

 平成28年は全体86件に対して、南朝鮮67件、中国14、ロシア2、台湾3件。

 昨年は南朝鮮への立入検査自体が少ない為、そこまで多いように思えないかもしれませんが…その前年は全体111件に対して南朝鮮が91件と、1.5倍近くありましたし、平成22~24年の3年間は100件を超えています

 また、拿捕件数も平成19~23年までは年10件を超えていました

 加えて取り決めにあるサバなんて、三陸沖が主な漁場である茨城を筆頭に太平洋側の方が主な水揚げ地ですので、日本側はそれまでと全く同じ条件で操業をしてもハッキリ言ってろくに旨味は無く、廃止したところで大きな影響は無い。

 記事にある平成27年は1位の茨城が14万3千トン以上の水揚げであるのに対して、あちらのEEZでの漁獲は割り当て比率で見ると4千トン弱なので、僅か2%そこいら

 日本全体で比較するまでも無いわけです。

 むしろ、比較的安価でありながら美味、そして釣りの人気魚種でもあるタチウオの保護の方が余程重要ではないでしょうか?

 ましてや中国による極めて悪質な違法操業に頭を悩ませている現在、このように愚劣且つ卑劣な南朝鮮の戯言なんぞに付き合う道理は何処にもありません。

 ハッキリと意味の無い協定は一切廃止し、EEZ内での南朝鮮による操業はコレを一切認めない、見つけ次第拿捕とすべきです。

 そもそも、自らの違法操業を棚に上げて黄海において中国の違法操業に悩まされているだの、拿捕に際して死傷者が出ただのと騒いでいるくせに、中国を罵ってばかりの阿呆どもなんぞに話が通じるわけが無いのは当然です。

 約束を、ルールを守らないのは当たり前、それどころかその状況で平然と責任転嫁したり要求を更に重ねる…これが愚かなケダモノどもの姿なんですからね。

 事実、新しく大統領になった北朝鮮の飼い犬は、早速約束破りの大暴走を始めているじゃありませんか。

 しないと言った犯罪者の取立てについて言を翻し、それも強権発動で外相にし、日本に対しても売春婦騒動で国家間の約定を違えて国民が納得していないからやり直しだと意味不明な事を喚いていますよね?

 かつて連中は、人権の問題だの尊厳の問題だのと、自ら売春婦になって散々金を貰っていた阿呆どもを被害者に仕立て上げて騒いできました。

 ですが、現在日本から払われた10億円を3/4以上の売春婦が受け取って合意に同意してしまったため、被害者がどうのというお決まりの定型文が使えなくなり、結果は当事者を放り投げて国民がどうのとどうでもいい第三者を理由にしだしたわけですし、再交渉だの何だのと騒ぐ一方で、じゃあ受け取った金やら受け入れたはずのお詫びやらについてどうするのかという事は一切言いません

 結局の所、南北なんぞ関係なく連中はそういう薄汚い乞食動物だって事であり、対等な交渉なんぞするだけ時間と金の無駄だってことですから、一方的に命じて、違反したら罰を与えるだけでいいんですよね。
スポンサーサイト
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

folke

Author:folke
怠惰な社会人。
画像はウチのトイプードル(ウサ耳Ver)

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム


folkelowさんのランキング集計結果