徒然な日々に

その日の個人的出来事や、見たニュース、記事から思った事、感じた事を徒然と…
05月03日(水)

バカヒ、捏造の歴史への自負 

3日付けの朝日新聞デジタルの記事から

憲法70年 この歴史への自負を失うまい
2017年5月3日05時00分
 1947年5月3日、『新しい憲法 明るい生活』と題する小冊子が発行された。政府肝煎りの憲法普及会が作り、2千万部を全国の家庭に配った。

 後の首相、芦田均による発刊の言葉が高らかだ。「古い日本は影をひそめて、新しい日本が誕生した」。本文は、新時代を生きる国民に「頭の切りかえ」を求めている。

 施行から70年。憲法は国民の間に定着したかに見える。それでは為政者の頭はしっかり切りかわったか。残念ながら、答えは否である。

 先月行われた施行記念式典で、安倍首相は70年の歩みへの「静かな誇り」を語った。憲法の「普遍的価値」を心に刻む、とも述べた。

 額面通りには受け取れない。首相自身の言葉の数々が、その本音を雄弁に語る。

 「今こそ、憲法改正を含め、戦後体制の鎖を断ち切らなければなりません」

 あるいはまた、自民党の選挙スローガン「日本を、取り戻す。」について、「これは戦後の歴史から、日本という国を日本国民の手に取り戻す戦いであります」。

 静かに誇るどころか、戦後の「新しい日本」を否定するような志向が浮かぶ。一時は沈静化したかに見えた「押しつけ憲法」論が、色濃く影を落とす。

 そのような安倍政権の下で、憲法は今、深く傷つけられている。かつてない危機にあると言わざるをえない。

 集団的自衛権は9条を変えない限り行使できない--。この長年堅持されてきた憲法解釈を覆した決定に、「立憲主義の破壊」との批判がやまないのは当然だろう。

 念入りに葬られたはずの教育勅語。その復権を黙認するかのような最近の動向も同様である。戦前の亡霊が、これだけの歳月をもってしても封じ込められていないことに暗然とする。

 安倍政権に欠けているのは、歴代内閣が営々と積み重ねてきた施政に対する謙虚さであり、さらに言えば、憲法そのものへの敬意ではないか。「憲法改正を国民に1回味わってもらう」という「お試し改憲」論に、憲法を粗略に扱う体質が極まっている。

 国民主権、人権尊重、平和主義という現憲法の基本原理が役割を果たしたからこそ、日本は平和と繁栄を達成できた。ともかくも自由な社会を築いてきた。その歴史に対する自負を失うべきではない。

 現憲法のどこに具体的で差し迫った不具合があるのか。改憲を語るなら、そこから地道に積み上げるのが本筋だ。

 目下の憲法の危機の根底には、戦後日本の歩みを否定する思想がある。特異な歴史観には到底同調できないし、それに基づく危険な改憲への道は阻まなければならない。

 『新しい憲法 明るい生活』は言う。「政府も、役人も、私たちによってかえることができる」。そして、「これからは政治の責任はすべて私たちみんながおう」とも。

 70年前の言葉が、今まさに新鮮に響く。

 GHQに支配され、言論の自由すら奪われている時代の操り人形の戯言が新鮮とか、相変わらずバカヒに時代考証とか、歴史認識って概念は無縁ですねぇ。

 はてさて、役人の変更権限って何の話でしょうかねぇ?

 我々国民にあるのは精々最高裁の裁判官を罷免するか否かを衆院選の際に一緒に投票出来るというだけの話で、一般的な役人に対しては何の権限もありませんよね?

 国会議員や地方議員が問題を起こした場合の罷免すら国民が直接出来ないことは、鈴木宗男とか、石嶺香織といった連中の事案を見れば分るとおりですし、民珍党を見れば分るように犯罪組織では悪事がバレてもろくに処分すらされないで、辻元やバ菅などのようにむしろほとぼりが冷めれば逆に出世するなんてケースがゴロゴロある。

 最高裁の裁判官にしたって、投票で信任するか否かを記すだけで、事前にどのような人物か、どのような案件を扱い、どのような判断を下したかという詳しい情報すら新聞などでも殆ど取り上げられず、大半の国民は知識の一切無いまま用紙を受け取る有様です。

 結果、この投票で罷免となった最高裁の裁判官など過去に一例も無く、民主主義的なことをやっているよという偽装的意味合い以上のものは何も無い、単なる準備や集計に掛かる時間と税金の無駄遣いでしかありません。

 まして、憲法に至っては制定過程で一般国民は何ら関与できず、結果、他国や武装組織などによって国土が侵されたり、国民に害を為されても国家がそれを阻止するために力を振るいませんと、他者による無法を許可する9条なんて明らかに国家として矛盾したものさえも盛り込まれる始末。

 実際、北方領土問題どころか、竹島への南朝鮮による侵略と周辺海域での漁民の虐殺と拉致、北朝鮮による工作員潜入と国民の拉致と言った本来軍隊を用いて奪還せねばならない案件すら放置されていますよね?

 自国の存立や国民の生命・財産保護を、「平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して、われらの安全と生存を保持しようと決意した」等と前文で謳っている時点で、これを起草した輩が完全に頭のイカレた異常者なのは明々白々ですし。

 そもそも諸国民が平和を愛しているだの、公正と正義をもっているだのなんて、第二次世界大戦の数年後の世界、しかも原爆や無差別爆撃で何十万者非戦闘員を平和だ民主主義だ国際法だと喚く米国によって殺された国でほざくなんぞ、イカレとしか表現できないぶっ飛んだ思考ですし、そんなもので国家や国民が守れるならこの星に奴隷制度や植民地なんてものが現出しているわけがないなんて、中学生にだって分る理屈ですよね?

 作られた時点で破綻している妄想羅列ノートとも言うべき日本国憲法。

 こんなものに謙虚になれだの、敬意を払えだのと喚き散らし、この悪法のせいで過去に大勢の人が虐殺や拉致をされ、未だ日本に帰ることも出来ない、故郷の地を踏む事も出来ないままでいるという事実から必死に目を背けるバカヒ。

 そも、国民の手で修正する事さえ出来ない憲法の謳う国民主権なんぞ、画餅と呼ぶのもおこがましい限りですし、環境権もプライバシー権も認めておらず、自衛隊の存在同様に現在は法解釈という誤魔化しで対応して凌いでいる様な役立たずの欠陥品が人権尊重をしているだなんて臍で茶が沸くってものですし、自衛隊の存在によって国民や国土などを守っている状況からも目を瞑って、拉致された国民の奪還すら否定する役立たずの9条を崇めての平和主義だの、本当にバカヒの書く内容って一片の真実すらないペラッペラなデマゴーグばっかりですよねぇ?

 「現憲法のどこに具体的で差し迫った不具合があるのか」なんて書いていますけど、軽く上記した事からでも分るように不備・欠陥だらけで役立たず、国民主権を謳いながら国民を蔑ろにし、国民の手にすら無いデキソコナイに、むしろどうすれば存在価値なんてものを見出せるのやら?

 むしろ、プライバシー権や自衛隊の扱いなどを見て分るように諸法令や解釈で補えるということは、日本国憲法なんてものは存在する必要が無いって事を間接的に証明しているとも言えます。

 実際、憲法が国家の存立に絶対必要不可欠かといえば、別にイギリスのように憲章や各種法を纏める形の不文でやっている国だってあるのだし、戦後の日本が平和だったことと憲法9条の関係性なんて、ブサヨのほざくデマとは裏腹に本当は何にもありません。

 だって、自国から工作員によって主権者が攫われたのに、戦争をしたくないから、平和を自称していたいから、被害に遭った主権者を切り捨てます、見捨てますなんて国民主権を謳う憲法としては有り得ない矛盾であり、例えるならばショバ代寄越せと人の稼いだ金を税金だの年金だのと言う名で搾取しておきながら、その凌ぎ口に押し入る賊をから逃げ、安全な遠方から罵りだけ挙げているのが今の日本であり、ヤクザにすら劣るこの醜態を続けさせている元凶が日本国憲法という史上最悪の欠陥品です。

 国民の命を、自由を守らないと宣言する犯罪的似非民主主義の解体…改憲する理由なんてそれだけでも十二分すぎますが、かつての自社への襲撃事件を未だキャンキャン騒ぐくせに、憲法の欠陥性が放置した自国民の拉致や虐殺には微塵も興味を示さないバカヒの似非ヒューマニズムには反吐しかでませんね。

 と言うか、憲法の70年なんぞの前にその倍以上になる自社の犯罪の歴史を清算するのが先だろう、と。

 性懲りもなく、先日はイジメで自殺した学生の母親の言葉だのと、母親に取材もせず捏造したインタビュー記事を掲載するという問題をまた起こしておきながら、捏造じゃないなどと呆れ果てる言い訳をして謝罪すら拒否することで、遺族の傷口に塩と泥を塗り込むが如き悪逆を働いているのですから、コイツらに人権や法、倫理について語る資格など一切ありません。

 何十年も同じ捏造報道を繰り返す卑劣で愚劣なペテン集団の分際で一端の人間気取りとか、本当にキモチワルイですね。
スポンサーサイト
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

folke

Author:folke
怠惰な社会人。
画像はウチのトイプードル(ウサ耳Ver)

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム


folkelowさんのランキング集計結果