徒然な日々に

その日の個人的出来事や、見たニュース、記事から思った事、感じた事を徒然と…
04月23日(日)

民珍党に責任や義務なんてものが理解できるとでも? 

22日付けの産経ニュースの記事から

ある民進議員はテロ準備罪が成立したら亡命を考えると訴えていた 国会議員の一番の責務は、国民の生命を守ることではなかったか 4月22日
2017.4.22 05:04
 第2次政権発足以降、安倍晋三首相が首相官邸で昼食をともにするなど、5度にわたり会談して世界情勢などについて意見交換している民間人がいる。大手シンクタンク、米戦略国際問題研究所(CSIS)の上級顧問、エドワード・ルトワック氏である。よほど馬が合うらしい。

 ▼戦略家として高名な同氏の新著、『戦争にチャンスを与えよ』(文春新書)は、北朝鮮論に1章を割いている。それによると北には2つの特異点があるといい、まずはこう指摘する。「一つは、リーダーのヘアスタイルがひどい、ということだ」。

 ▼これはユーモアだろうが、もう一つの特異点「軍事関連の技術力は侮れない」の方は深刻である。日本の選択肢としては「降伏」「先制攻撃」「抑止」「防衛」の4つを挙げるが、日本はどれも選択せず、「『まあ大丈夫だろう』という無責任な態度」を選んでいると手厳しい。

 ▼25日の朝鮮人民軍創建記念日に向け、東アジア情勢の緊張は高まっている。北が核実験や大陸間弾道ミサイル(ICBM)発射実験を強行すれば、米国が武力行使に踏み切る可能性は低くない。米国は、北のテロ支援国家再指定も検討している。

 ▼にもかかわらず、与野党が大騒ぎしているのは、森友学園問題に続いて今度は自民党議員の女性スキャンダルだ。また、ある民進党議員は、テロ等準備罪が成立したら本気で国外亡命を考えると訴えていた。国会議員の一番の責務は、国民の生命、財産を守ることではなかったか。

 ▼わが国の「平和ボケ」の病は膏肓(こうこう)に入り、世界の現実を認識できなくなっている。病の原因は、存在しない「平和を愛する諸国民の公正と信義」を説く憲法の欺瞞(ぎまん)にある。やはり、憲法改正は喫緊の課題だろう。

 まぁ、親父は草葉の陰で泣いているでしょうね、ここまで馬鹿な理由で離党届を息子が出したんですから。

 とは言え、所詮バカ一匹の愚劣な振る舞いであり、そんなものと日本を沈めると大言壮語してミサイル発射や核実験を繰り返すバカ孫とどちらが大事かなど、問うまでもない話です。

 でも、そうは言っても相手は民珍党とも最近では呼ばれる売国命の犯罪者集団

 そんな理屈や常識は通用しません。

 何せ、二重国籍であることに加え、在日外国人であると繰り返し自称し続けていた事さえ明らかになったクズババアを党首に平然と選ぶようなイカレた売国奴どもですから、連中がその伝でも使って国外逃亡を真っ先に図り、自分達の安全と財産だけ確保しようとしたとして、何を不思議に思う必要があるでしょう?

 まして、真っ先に国家機能の中枢である開催中の国会に弾道ミサイルが落される可能性なんて考慮さえした事はないのでしょう

 日本は意味すら理解出来ない政治屋どもが文民統制を偉そうに謳っているのですから、私が狙うなら、まずは市谷よりも会期中の国会を潰し、政治家の一掃ですね。

 自分達は政治資金収支報告書にキチンと目を通して印を押しているから汚職など有り得ない、秘書のやった事は政治家の責任だ等とほざいておきながら、ガソリンプリカによる政治資金不正がバレるや全てを辞めた秘書のせいとして刑事罰からも説明責任からも逃げておきながら、イカレた理屈を並べ立てて総理に罵声を浴びせる汚職婆ガソリーヌとか、自分の言葉にさえ責任をもてないゲスばかりなのですから、森永卓郎みたいなことをほざくゴミ虫がいたって驚く理由にはなりませんよ。

 まぁ、平和を愛する諸国民なんてのはそもそも軍事力を保持させない為に作られた駄文ですから、取っ払うべきってのには賛成ですが。

 それに、九条なんぞを崇拝するクズほど直感的な力にすぐ頼るもっとも平和とは程遠い粗暴者であるこのはこれまで数多くの事例が証明している通りですしねぇ?

 仲良くしようぜと言いながら中指立てて罵声を浴びせ、集団リンチを行い、自転車でデモに突っ込み、口論相手を隠し持ったナイフで滅多刺し…軽々に平和や友好を説く連中の何と胡散臭く野蛮極まりない事か。
スポンサーサイト
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

folke

Author:folke
怠惰な社会人。
画像はウチのトイプードル(ウサ耳Ver)

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム


folkelowさんのランキング集計結果