徒然な日々に

その日の個人的出来事や、見たニュース、記事から思った事、感じた事を徒然と…
03月11日(土)

人としての資質すら持たないバカヒが人に問える事か 

10日付の産経ニュースの記事から

教育勅語肯定 稲田大臣の資質を問う
2017年3月10日(金)付
 稲田防衛相に閣僚としての資質があるのか。重大な疑義を抱かざるを得ない発言である。

 稲田氏は8日の参院予算委員会で、戦前の教育勅語について次のように語った。

 「日本が道義国家を目指すというその精神は今も取り戻すべきだと考えている」

 「教育勅語の精神である道義国家を目指すべきであること、そして親孝行だとか友達を大切にするとか、そういう核の部分は今も大切なものとして維持をしているところだ」

 天皇を頂点とする国家をめざし、軍国主義教育の根拠となったのが教育勅語だ。明治天皇直々の言葉として発布され、国民は「臣民」とされた。

 親孝行をし、夫婦仲良く。そんな徳目が並ぶが、その核心は「万一危急の大事が起こったならば、大儀に基づいて勇気をふるい一身を捧げて皇室国家の為(ため)につくせ」(戦前の文部省訳)という点にある。

 いざという時には天皇に命を捧げよ--。それこそが教育勅語の「核」にほかならない。

 稲田氏のいう「道義国家」が何なのかは分からない。ただ、教育勅語を「全体として」(稲田氏)肯定する発言は、国民主権、平和主義、基本的人権の尊重という憲法の理念と相いれない。

 教育勅語は終戦後の1948年、衆院で排除の、参院で失効確認の決議がされた。衆院決議は勅語の理念は「明らかに基本的人権を損ない、且(か)つ国際信義に対して疑点を残す」とした。

 当時から、「いいことも書いてある」などとする擁護論もあった。これに対し、決議案の趣旨説明に立った議員は「勅語という枠の中にある以上、勅語そのものがもつ根本原理を、我々は認めることができない」と言い切っている。

 当時の文相も「教育勅語は明治憲法を思想的背景としており、その基調において新憲法の精神に合致しないのは明らか」と本会議で答弁した。

 こうした議論を踏まえることなく、勅語を称揚する姿勢は閣僚にふさわしいとは思えない。

 まして稲田氏は自衛隊を指揮監督する立場の防衛相である。軍国主義の肯定につながる発言は国内外に疑念を招く。

 安倍政権では、教育勅語を擁護する発言が続く。2014年に当時の下村博文・文科相は、勅語が示す徳目について「至極まっとう。今でも十分通用する」などと語った。

 こうした主張は政権全体のものなのか。安倍首相は明確な説明をすべきだ。

 さすがバカヒ、論点のすり替えといい、その後の天皇に命を捧げろよと言っているから悪いだのと、もう本当にバカに付ける薬が存在しない事をまざまざと教えてくれますね、この売国新聞は。

 前日、毎日とともに朝鮮学校に対する態度と正反対の二枚舌を弄している卑劣さを産経に指摘されているというのに、恥じ入りもせずコレなんですから、コイツらの売国根性は死んでも直らないのでしょう。

 「高校生が使う歴史教科書には、「敬愛する金日成主席様」「敬愛する金正日将軍様」などの記述が409ページ中、353回も登場」し、「中学の教科書では「日帝は10代から20代の朝鮮女性たちを日本軍の『慰安婦』として侵略戦争に引き連れて性奴隷として虐待した」などと、事実に反する記述が載っている」洗脳機関を絶対に問題視せず、むしろ日本の税金を投じてこんな下劣なテロリストの培養を助けろと喚きながら、同じ口で教育勅語を教えるのは絶対に許さんと喚いているのですから、この下郎どもの性根の腐り具合には毎度ながら反吐が出ますよ、ホント。

 天皇制を否定したい、だけど力づくでやれば日本人が本気で怒るとジレンマに陥ったGHQが行ったのが天皇の人間宣言であり、交戦権の否定など国際法を無視した出鱈目な憲法の押し付けや教育勅語の廃止命令でした。

 朝日が書いているように国会で教育勅語を廃止させたのは1948年、つまりGHQによる占領支配の真っ只中であり、その代わりとして据えられたのが教育基本法ですから、大臣答弁の主眼が天皇制がどうのなんて、そんなところに無いのは発言を聞いてもハッキリしており、明らかに悪意を持って歪曲しているだけです。

 何より八犬伝で有名な「仁・義・礼・智・忠・信・孝・悌」等といった古代中国から伝わった所謂儒教の道徳観念が教育勅語では明確に謳われていますが、一方の教育基本法では国会で否定していた教育勅語を掻い摘んで、中途半端に表現したような曖昧で抽象的な物言いが多用されています

 教育勅語をかなり簡単に訳すと、「私の先祖は徳を大事にして国を造りました。日本は国民が忠義や孝行を重んじてきた立派な国で、教育の根幹もまたそこにあります。国民は親孝行をし、兄弟仲よく、夫婦は仲睦まじく、友と信じあい、慎みをもち、博愛精神で他人を助けなさい。学問や仕事に励んで徳や才能を磨き、公益や社会のため尽力し、憲法を尊重し、法律を守りなさい。いざと言う時には義勇で公の為身を奉じ、ずっと続く皇国を助けなさい。そうする事が忠義心厚い善良な国民であるだけでなく、良い国を造ってくれた祖先を称える事にもなります。この道は皇室の祖先が残した教訓であり、皆が遵守すべきであり、今後も変わらず、国外に施しても道に背きません。私は国民とともにこの教えを胸に記して守り、皆が徳を一緒に持っていくことを強く願っています。」というところでしょうか?

 ※皇運とは「皇室の運命」や「天皇の勢威」とWeblio等にはありますが、天皇や皇室と言う個の存在についてではなく、国家について論じている文章の為、皇室の運命=大日本帝国の運命と。所謂、戦前や戦中にバカヒが大好きだった「お国のため」とか「滅私奉公」というやつ。

 例えば教育基本法二条一項は「幅広い知識と教養を身に付け、真理を求める態度を養い、豊かな情操と道徳心を培うとともに、健やかな身体を養うこと」と、真理がどうだの、健やかな身体がこうだの付けたしがされて言い回しも替えられていますが、広範な知識や教養と道徳心を持つことといった、基本は教育勅語で謳っていたものと変わりませんし、二項以降も社会への貢献や他者への敬愛や協力と言った公的な精神を持つことや伝統や文化の尊重、国家と郷土への愛など、掻い摘んで書き換え、付け足したという感じでしかありません

 無論、人や社会の有り方が明確に変遷したなら兎も角、そうでない以上は公共心や道徳心を持つことを同じく記す事は悪い事ではなく、むしろ当たり前の話ですし、明治時代に明治天皇の言葉として記した(井上殻と元田永孚が文章の起案者)ものが教育勅語なのですから、100年以上前の、それも社会システム自体が異なる状況で創られたものが完璧に適するわけが無いのは当たり前の話ですが、そもそもそれを言うのなら国際常識から著しく逸脱した憲法9条というクソの役にも立たないどころか有害無益な駄文に固執し、目の前に迫った危機からも顔を背けているバカヒはこれまた二枚舌ですよねぇ?

 バカヒ等救い様の無い連中は9条を崇めていますが、竹島、北方領土、北による拉致事件、尖閣問題等々、どれ一つとしてこの駄文は解決に役立たなかったどころか、解決の邪魔をしているだけのまさに有害無益な戦後日本にとって最大の汚点です。

 何せバカヒは先日、人の話に耳を傾けず、己の狂った主張だけを繰り返して暴走する中国に批判の社説こそ書いているものの相変わらず手下の己さえ取り合ってももらえず、結局中国の軍拡と侵略を抑止する手段として話し合いなんてものが何の役にも立たない事を立証し続けているだけですし、中国以上の暴走を続ける北のバカ孫が、遂に在日米軍、つまり日本を弾道ミサイル攻撃の標的であると公言される始末。

 バカヒがブサヨの先頭に経って話し合いだ、譲歩だと無駄な時間稼ぎに協力し続けた結果がコレであり、中国にしても北にして話し合いという時間稼ぎの間にドンドン武力を拡大させ、増長するだけでしたし、ロシアも北方領土で軍拡をしていますよね?

 更に教育勅語は「国民主権、平和主義、基本的人権の尊重という憲法の理念と相いれない」などともほざいていますが、何処がどう相容れないのかの説明がないのが、バカヒ流デマゴーグのお約束です。

 大体、先にも書いたように主権者すら違う憲法下でのものなのですから、教育勅語の考えが国民主権でないのは至極当然であり、本来ソレは一々口にしなくても誰でもわかっている話に過ぎません。

 だって、現行憲法下で皇室が権力行使をするなんてのも有り得ないし、教育勅語にも天皇の命に従って戦えだの死ねだのとは書いていませんので、バカヒのようにただ喚いて兎に角罵声を浴びせたいなんて下等な発想でもない限りは、わざわざここで主権がどうのと騒ぎ立てる理由は他に何もありませんもの。

 平和主義にしても、戦後アメリカが作った憲法9条は武力の全面放棄、つまりは他国や武装組織に攻められ、目の前で敵によって親兄弟が殺されたり、妻や娘が犯される事態が起きても日本国は国民を助けません、ただ相手を非難するだけですと宣言する国家としての恥を晒すと宣言した世界に類を見ないゴミ文章であり、上記した通り、戦後日本における国際問題では解決を妨害する邪魔な要素でしかありませんでした。

 何よりも戦後70年以上経ってもこの駄文を真似する国が何処にも存在しない事から、日本の9条に基いた平和主義と言うものがそもそも狂った思想であることは明々白々ですし、だからこそ自衛隊は社会党政権だろうが民主党政権だろうが合憲であり、自衛行為は認められるなんてアホな解釈が罷り通し続けて誤魔化してきているわけです。

 では、平和主義を他国との共存と自衛権の行使という観点で見たらどうか?

 教育勅語は「義勇公ニ奉ジ、以テ天壌無窮ノ皇運ヲ扶翼スベシ」とあり、「己の義勇心で公の為に尽くしなさい、それが国の助けとなる」と述べているわけで、その後には孝行や和、信義、博愛、義勇といった概念は国外に施しても悖らないとも述べています。

 実際、この理念に基いて日本の敗戦後もインドネシアに残って再植民地化を目論んだオランダと戦い続けた日本兵達がおり、殉じた日本兵は現地の英雄墓地に埋葬されましたし、生き残った元日本兵は戦後の両国の橋渡しとして活躍し、自衛や他者への奉公、共存といった形で実っており、現実を見ずに戦前のものだから悪いというバカヒらブサヨ特有の狂った固定観念でただ罵声を浴びせているだけなのは明らかです。

 基本的人権にしてもまさか儒教思想は基本的人権無視だとかほざくつもりなんでしょうかねぇ?

 だったら是非とも儒教国を謳う南朝鮮に行って、お前らは基本的人権無視の人権侵害国家だって言ってやれって話ですよねぇ?

 それに、文中の何処にも基本的人権を否定する言葉なんて有りませんし、明治に憲法が制定された時点で法律の範囲内という制限はあるものの、基本的人権は認められていますので、バカヒによる根拠の無い言い掛かりに過ぎません

 実際、アメリカ大統領のケネディも、「国が自分に何をしてくれるかではなく、自分が国のために何が出来るかを考えましょう」と公的な思考を持ち、実践する事を国民に述べているのは有名な話ですが、まさかバカヒはこれも危険思想だの、基本的人権の無視だのと批判するのでしょうかねぇ?

 森友学園を罵り、それによって安倍政権にダメージを与えられれば何でもいいのでしょうけど、ホント、思想そのものが下劣だからやり口も薄汚く見っとも無いんですよねぇ、このゴミどもって。

 大臣らが言いたいのは、戦後の無闇矢鱈と個を強調した教育の結果、多くの問題を抱えたのであり、公共心を大事にする事をとくのは間違っていないという事でしょう。

 実際問題として、狂師らの暴走がどれだけ日本に害悪を齎してきたか、ブサヨがどれだけ事件を起こしてきたかをみても明らかですよね?

 デマを子供に教え込む日教組の犯罪教育はこれまで散々問題視されてきましたし、公共心を持たず、売り上げ増加のためだけにセンセーショナルなデマを垂れ流す事に躍起になった新聞社が起こしたKY事件とか、南京大虐殺騒動とか、従軍慰安婦問題とか、吉田調書事件とか、ねぇ?

 そういえば、最近は毎年ノーベル賞取る取る詐欺をやっている村上何とかってアホが、人気取りのために中国の公式発表さえ超えた40万の虐殺をしただのと書いて中国共産党に礼賛されていましたけど、これも公共心を捨て、我欲を満たす事だけを主眼に置いた結果と言えるんじゃないでしょうかね?

 何せ問題を引き起こした当のバカヒでさえ精々2~3万だろうと言っているご時勢に、最大40万、最低10万で書いているのですから、売り上げと人気取りが目的のクズ行為であるのは明白であり、日本の名誉毀損と国際関係悪化に一役買っているわけですから、公共心の欠落した薄汚い輩ならではの悪行です。

 因みにこのゴミ製造機バカヒですが、戦時中には軍歌を募集して創ったりもしており、その内の一節には「水漬く屍と潔く 散りて栄えある若ざくら 見よ空ゆかば雲に散る ああ壮烈の海の鷲 爆弾抱いて体当り 微塵に砕く敵の艦」なんてのがあります。

 特攻隊が編成されてもいない、昭和17年に、若者に空に散れ、海に死体となって浮かべ、そら爆弾抱いて体当たりだと、吐き気を催すほど繰り返し繰り返し、死ね死ね死んじまえと煽っています

 公共心のあり方を勝手に歪曲解釈して人の命を軽んじた悪行の数々を無かったものと勝手に封印し、そういう狂った思想を自分達が持っていたから教育勅語はそういうものでなければらないんだ、軍国主義教育だ、いざという時には天皇に命を捧げよと言っているだのと戯けた事をほざいているわけです。

 ソレを肯定して国民に刷り込み、煽り続けた本当の戦犯を自分達であるという事実を隠蔽する為に、バカヒは今日も罪を犯し続けるわけです。
スポンサーサイト
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

folke

Author:folke
怠惰な社会人。
画像はウチのトイプードル(ウサ耳Ver)

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム


folkelowさんのランキング集計結果