徒然な日々に

その日の個人的出来事や、見たニュース、記事から思った事、感じた事を徒然と…
02月13日(月)

中国様の子分が感じる日米会談成功への危機感 

12日付の朝日新聞デジタルの記事から

日米首脳会談 「蜜月」演出が覆う危うさ
2017年2月12日(日)付
 ここまで世界に注目された日米首脳会談は、おそらく例がないだろう。安倍首相がトランプ大統領と会談した。

 型破りな発言が続くトランプ氏と、経済や安全保障政策をめぐり一定の合意が得られた。そのことは、日本にとって安心材料とは言えるだろう。

 だが一方で、トランプ氏の登場はいまなお、世界を不安と混乱に陥れている。

 グローバルな課題について、多国間の協調によって利害を調整する手法を嫌い、二国間のディール(取引)に持ち込もうとする。その余波で、米国が体現してきた自由や民主主義などの普遍的な価値と、その上に立つ国際秩序が揺らぎつつある。

 両首脳が個人的な信頼関係をうたい、両国の「蜜月」を演出しても、それが国際社会の秩序の維持につながらなければ、意味は乏しい。

 ■移民・難民は内政か

 「米国第一」を掲げて保護主義と二国間の交渉へと走る超大国を、多国間の枠組みに戻るよう説得できるか。日米首脳会談を見守る世界の関心は、その点にあったはずだ。

 しかし、安倍首相が国際協調の重要性をトランプ氏に全力で説いた形跡はうかがえない。

 経済分野では、麻生副総理兼財務相とペンス副大統領をトップとする経済対話の枠組みを新設することになった。

 首相は「アジア太平洋地域に自由かつルールに基づいた公正なマーケットを日米両国のリーダーシップで作り上げていく」と語り、日米対話を基礎に世界経済に貢献する意欲を示した。

 だが、日米両国だけで世界の成長と繁栄を達成できるわけではない。ますます複雑・多様化する貿易と投資の実態に合わせ、多くの国と地域を巻き込みながらヒト、モノ、カネの自由な移動を促すことが不可欠だ。

 その牽引(けんいん)役として期待されていたのが、環太平洋経済連携協定(TPP)だった。

 TPPからの離脱を決めたトランプ氏に対し、首相は翻意を迫ったのか。TPPが持つ経済的・戦略的な意義については説明したようだが、共同声明には「米国がTPPから離脱した点に留意する」と明記され、離脱にお墨付きを与えた形になった。

 トランプ氏が大統領令で打ち出した難民や中東・アフリカ7カ国の国民の入国禁止についても、首相は会談では触れず、記者会見で「入国管理はその国の内政問題なのでコメントは控えたい」と語るのみだった。

 欧州の主要国が相次いで懸念の声をあげ、移民に頼る大手企業が悲鳴を上げる。特定宗教を狙い撃ちにするような入国制限は、テロ対策としての効果が疑わしいばかりか、分断と憎悪を招き逆効果になりかねない。

 地球温暖化や貧困、感染症への対策など、世界が力を合わせるべき課題は目白押しだ。それらに背を向けかねないトランプ氏を説得するのは、日本の役割だろう。

 ■多角的な外交こそ

 だが、首脳会談で首相が力を注いだのは、尖閣諸島の防衛などに米国が関与するとの言質を取り付けることだった。

 その視線の先には、東シナ海や南シナ海で強引な海洋進出を続ける中国がある。

 だとしても、視界不良の世界にあって、旧来型の対米一辺倒の外交は危うい。

 共同声明は「日本は同盟における、より大きな役割及び責任を果たす」と明記したが、それは何を意味するのか。きちんと説明されていない。

 安全保障関連法の運用が始まり、防衛費の拡大傾向も続くなか、自民党などでは米国の要求に便乗するかのような「防衛費増額論」も広がる。

 だが「日米同盟の強化」だけが地域の安定を築く道なのか。

 日本としてより主体的に、中国や韓国、豪州、東南アジア諸国などとの多角的・多層的な関係を深めていくべきだ。そのことは日米基軸と矛盾しない。

 もう一つ、今回の会談が示したのは、日本の相変わらずの姿勢とは裏腹に、トランプ氏が中国との関係を重視し、アジア外交を複眼で見ていることだ。

 ■「国際益」をめざせ

 トランプ氏が中国の習近平(シーチンピン)国家主席と電話で協議したのは、日米首脳会談の直前のこと。中国と台湾がともに中国に属するという「一つの中国」政策を尊重する姿勢を初めて伝えた。

 トランプ氏の脳裏には中国との取引も選択肢にあると見るべきだ。「日米蜜月」が中国を抑止し、日本を守るという発想だけでは、もはや通用しない。

 共同声明は、日米同盟を「アジア太平洋地域における平和、繁栄及び自由の礎」だとうたった。ならばトランプ氏との関係も、旧来型の「日米蜜月」を超える必要がある。

 適切な距離を保ちつつ、国際社会全体の利益、「国際益」のために言うべきことは言う。そんな関係をめざすべきだ。

 トランプが罵り合って電話会談を失敗に終わらせたのはつい最近ですよねぇ?

 で、人権派を気取りたいという愚劣な己の欲望に基いて移民を無分別に受け入れ、テロや殺人、強姦事件等移民による犯罪を多発させ、EUの結束まで壊したドイツのメルケルって阿呆みたいに、罵る声明を出すだけでまともに会えもしていないのもいます。

 昨年のクリスマス前にあった種とベルリンで起きたテロでは60人以上の死傷者を出していますし、難民援助をしていた政府要人の娘が難民に惨殺されるなんて事件も起きており、利益が殆ど無いのに財政負担と治安の悪化だけは大きくなる移民・難民政策を続けた結果、ドイツでは反イスラムを掲げる政党が躍進するとともに、メルケルの支持率も最近は落ちてきているそうです。

 では、安倍総理はどうかと言えば、小泉政権以来の安定した長期政権を確立し、今も高い支持率を維持していますし、就任前にも会いに行っている、ゴルフと言う共通の趣味もある、おまけに朝日新聞=ニューヨークタイムズという共通の敵もいると来るわけですから、政治・外交・軍事どの方面でも知識も経験も無いトランプにしてみれば、各国が自分を非難する中でしっかり話を聞いてくれるし共通の趣味や敵もいる安倍総理は最も頼りになる友人に思えたのでしょう。

 何せ会って早々、あのトランプからハグをする位なんですから、その信頼の高さが伺えます。

 前任のオバマって阿呆はルーズヴェルトの如く特アの戯言を鵜呑みにして散々日本を侮蔑した態度を取り続けたため、その認識の是正と関係改善だけで日本は1年以上も時間を浪費させられましたし。

 初手から相手の胸襟を開かせ、尖閣の防衛を明言したことといい、間違いなく今回の首脳会談は大成功だったと言えます。

 バカヒや民進党の間抜けどもはメルケルみたいなバカをやれとほざいていますが、イギリスのタイムス紙のインタビューでメルケルの移民政策について「壊滅的な過ち」と評したトランプと、入国禁止の大統領令を批判したメルケルとではマトモな関係の構築など早々出来るとは誰にも思えませんよね?

 暴走するトラックのような男ですから、外からやいのやいのと言ったところで聞く耳など持つわけがありませんし、無線機で罵声を送ったところで無線を切ってしまうのがオチでしょう。

 でも、助手席に友人として乗っていたらどうでしょう?

 信頼する友人がナビゲートしてくれるのを無碍にする、まったく無視するという人ってそうはいませんよね?

 実際、安倍総理はトランプについて、しっかり話を聞いてくれる人物だと語っており、最初は取り付く島もなかったオバマの方が余程難儀する相手だったと言えるでしょう。

 広島や真珠湾は安倍首相に助けられて改心し、話を聞くようになった結果だったのですから、トランプだって今後変わっていく可能性はあるでしょう。

 無論、行く先を決めるのはドライバーのトランプなので、安倍総理に出来るのは、走り易い道や通行禁止の道を教えるナビゲートになりますが、先述したようにそのためにはまず、それを受け入れてもらえるだけの信頼関係構築が重要です。

 それが無ければ、自分の走った事のある道や長年のカンを優先してしまうでしょう。

 ましてやそういう政策はダメだ、改めろ、撤回しろと頭ごなしに要求してはトランプのように商人としての成功という実績を持ち、大番狂わせを演じて大統領に就任したプライドの高い老人が相手でなくても失敗するのは目に見えています。

 何より、TPPにしても入国禁止の大統領令にしても、一度宣言したり実行したりしているものを、どうやって第三者が豹変するかのように改めさせるというのか?

 バカヒも民進党も一方的に総理を詰る材料としているだけで、トランプに意を翻してもらうためにどうすればいいのかを何も書いて(述べて)いません。

 ま、そんな都合の良い方法があるわけ無いから当然ですが。

 第一、先述したように移民や難民、そしてイスラム教徒による凶悪事件やテロは現実問題として存在しているのに、無分別な移民受け入れを拒絶して国内でのテロ被害もまだない日本が、どういう根拠で他国にそんなリスクを受け入れろなんて言えるというのか?

 しかも「地球温暖化や貧困、感染症への対策など、世界が力を合わせるべき課題は目白押しだ。それらに背を向けかねないトランプ氏を説得するのは、日本の役割だろう」とまで言っておきながら、一国の首脳とさえ公然と喧嘩して電話を叩き切るようなトランプとの、首脳としての初会談で為すべきことを違えた無茶苦茶な要求もないものです。

 説得が日本の役割なら、まずは信頼関係の構築が第一なのは言うまでも無く、初手から自分の考えを押し付けろ、改めさせろというのはもはや単なる言い掛かりでしかありません

 むしろ、オバマの時のように信頼を得る為に費やす無駄な時間がいらないわけですから、日本を参考にしてトランプが自ら考えを軟化させたり、或いは撤回するよう一層の信頼関係を構築すべきです。

 大統領になってしまった以上、最低でも4年間は余程の事が無い限り変わりませんし。

 まぁ、多角的な外交がどうのと、相変わらず本音はご主人様の中国や南朝鮮に媚を売る事ですと見事に暴露しているバカヒに言ったところで無駄な話ではありますけどね。
スポンサーサイト
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

folke

Author:folke
怠惰な社会人。
画像はウチのトイプードル(ウサ耳Ver)

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム


folkelowさんのランキング集計結果