徒然な日々に

その日の個人的出来事や、見たニュース、記事から思った事、感じた事を徒然と…
01月15日(日)

どう転んでも日本にはプラスとなる 

12日付の中央日報の記事から

日本が謝罪を覆せないよう韓国が入れた「不可逆」が足かせに(2)
2017年01月12日08時52分
 ◆「反人道犯罪に終止符を打つのは無理」

 慰安婦問題の発端は第2次世界大戦後に独ナチスの戦犯を法廷に立たせたニュルンベルク国際軍事裁判、日本の戦犯を処罰するための極東国際軍事裁判(東京裁判)の違いのためだった。ニュルンベルクではA級犯罪(侵略戦争など)、B級犯罪(民間人虐待・殺害など)、C級犯罪(人種虐殺、奴隷化など反人道犯罪)をすべて適用した。しかし東京裁判はA・B級犯罪の容疑だけを問いただした。C級犯罪に該当する慰安婦問題は扱わず、加害者の処罰もなかった。

 慰安婦問題が反人道犯罪ということは国際社会も認めている。1996年の国連報告書(クマラスワミ報告書)で最初に慰安婦を「戦時性的奴隷」と規定し、日本政府に謝罪と賠償を勧告した後、国際社会の認識に変わりはない。

 こうした反人道犯罪を「最終的、不可逆的」に解決したと宣言すること自体に無理があると、専門家らは指摘する。趙世暎(チョ・セヨン)東西大教授(日本研究センター所長)は「過去の問題をどちらか一方の政府が終わらせるのは容易でない」とし「特に慰安婦問題のような反人道犯罪に終止符を打つというのは無理がある」と述べた。

 ◆「河野談話など明示するべき」

 世界的にも反人道犯罪に対する処断は現在進行形だ。ドイツはニュルンベルク裁判の精神を維持するための後続措置として反人道犯罪処断を国内の刑法で規定し、今でもナチスの戦犯を処罰している。95年のボスニア内戦当時にセルビア系の民兵隊がボスニア系のイスラム信徒など民間人8000人を虐殺したスレブレニツァ虐殺の場合も同じだ。ユーゴ戦犯裁判所は昨年12月、虐殺の責任者ラトコ・ムラディッチ(75)に終身刑を求刑した。

 日本のように一度の謝罪で終えようとするケースも珍しい。アレクサンダル・ブチッチ首相は2015年7月、スレブレニツァ虐殺20年の行事に出席し、群衆から石を投げられ追い出された。しかしブチッチ首相は4カ月後にまた追悼館を訪れ、追悼碑の前で頭を下げた。

 「最終的、不可逆的」という言葉に対しては外交部内でも遺憾を表す人が多い。外交部の関係者は「不可逆的という表現を入れるにしても日本政府が強制動員を最初に認めた『河野談話を継承する』ということを前提にするべきだった」と話した。

 下等動物がありもしない知恵を捻り出そうとした結果失敗したと喚いている無様な構図でしかありませんねぇ?

 挙句、記載は何時ものように嘘だらけだし、自分達に都合の良い妄想をダラダラ垂れ流しているだけなのですから、本当、この醜悪で下劣なケダモノどもを何で人類にカテゴライズしている連中がいるのか、甚だ不思議でなりませんよ。

 オラウータンやチンパンジーの方が遥かに学習能力は高いし、記憶能力もあるでしょうにねぇ?

 記事では最近お気に入りのドイツと日本の違いという比較対象にすら本来ならないものを並べ立てて反日を叫んでいますけど、林博史とかのブサヨといい、取り敢えずドイツを持ち出して都合のいい部分だけ摘まみだすって姑息な真似が何時まで通じると思っているのか、そしてバレた際に自分達の立場が一層悪くなると考えないのかと思うんですけど、知能が低すぎて己の言動による先の展望を鑑みるなんて発想自体、わからないんでしょうねぇ…

 まず、「C級犯罪に該当する慰安婦問題は扱わず、加害者の処罰もなかった」などとほざいていますが、C級自体は東京裁判でも裁かれており、もっとも有名なところでは陸軍の松井大将がそうです。

 C級として慰安婦が問題とならなかったのは、単に慰安婦制度が問題でもなんでもないから、それだけのことです。

 その証拠に、白馬事件のような例外的事例は連合国側は裁いて死刑や重禁固刑にしています

 一方で東京裁判で問題とならなかった理由は、そもそも売春が合法であり、日本の法制度上も実運用上も明確に戦争犯罪として認められるような瑕疵が無かったからであるのは、他ならぬ米軍が捕虜とした慰安婦らへの尋問で知っていたからに他なりません。

 何せ慰安所丸々ひとつを制圧して、徹底的に反日活動へ利用できないか調査したのに、解ったのは慰安婦の年齢が19歳が一名いるだけで後は全員20歳を超えており、親に身売りされたか自らの意思で慰安婦となっており、拉致のような事実がないという、彼らにとっては何の役にも立たない面白くも無い事実だったのですから。

 むしろそんな事実があったら蜂起しているとまで言われている始末ですしね。

 加えて日本軍には50万近い朝鮮兵が参加しており、そのような事実があったらそんなに募兵に応じるわけもないし、反乱も起こさず大人しくしているわけもない

 しかも帰国や結婚の自由があり、休日もあって軍人と町へショッピングに行ったり、プレゼントを貰い、敗戦後も従軍看護婦扱いにして一緒の復員船に載せて朝鮮へ帰してもらう等、奴隷どころかむしろ極めて友好的な関係であった事がわかっており、先のような例外以外で連合軍がこれを問題視するのは現実的に難しかったでしょう。

 むしろ米軍にとって見れば半島のプライドを傷付ける捏造になりかねず、下手をすれば解放軍アピールの為のデマが元で逆に半島全域を共産圏へ靡かせてしまうことにもなりかねないと判断した可能性は、あるかもしれません。

 日本共産党を見れば解るように、プロパガンダって使い方を間違えれば己の敵対者を増やすだけの諸刃の剣ですからね。

 実際、朝日と一緒に慰安婦問題を捏造した吉田清治の偽証に対して、その現場であったとされた済州島の済州新聞は聞き取り調査を行って事実無根の捏造であることを記し、金儲けの為に他者のプライドを踏み躙る振る舞いを罵っていますし、クリントン・ブッシュ政権下で米軍が行った8年にも及ぶ大規模調査でも、何ら奴隷化などという痕跡は見つけられず、それを狙った愚物が思い通りに行かなかったことに歯軋りしていましたっけ。

 そもそも、20万の拉致・奴隷化という時点で嘘なのは丸わかりですが、仮に連中のいうような年端もいかぬものを20万も拉致するなんて真似を実施するとどうなるか、単純にシミュレートしてみましょう。

 慰安婦の応募条件は17歳以上であること。

 つまり、連中が少女像などとほざく売春婦像のようなソレ未満を20万も捕まえるとどうなるか、です。

 仮に日本が開戦した1941年時点で17歳未満とすると、1941-17=1924で、1924年より後の生まれで、12~16歳の5年としてみましょう

 1924年時点で1762万、1929年時点で1878万、つまり116万の増加なので、性別の比率を半々とすれば58万が対象となりますので、実に1/3以上を拉致しなければ20万以上の最低値にすら届かないわけです。

 5年スパンで見てすら、これほどになるわけで、3・1独立運動なんてほざく大規模な反乱事件さえ起こした連中が、これだけ今でも反日に熱意を燃やす連中が、若いどころか幼いとさえ形容できそうな娘を1/3もの割合で日本人に拉致されて大人しく従い、戦後も40年近く気にも留めずに居続けるなんてあると思いますか?

 それも戦後在日は進駐軍を名乗って共産党と結託して横暴の限りを尽くし、南朝鮮は竹島を侵略した上に何千人もの猟師を拉致したり虐殺したり、北への送還事業が気に食わないから爆破と暗殺テロを起こしてやれと計画するような、これまた横暴の限りを尽くしていたケダモノどもだというのに。

 更に加えて言うのなら、当時は知事も役人も警官も大半が日本人ではなく、そもそもの日本人が半島には数%しかいないのですから、そんな真似をしたら最終的には軍隊を送り込んで鎮圧できるとしても、行政機能も麻痺し、警察すらも動かないどころか逆に日本に敵対する事になり、半島全域に広がる暴動へと至ることは確実であり、証拠の面だけでなく状況的にも有り得ないのは確実です。

 それに、クマラスワミ報告書は出鱈目ばかりの妄想でしかなく、間違いを突きつけられても当人が認めたくないからと逃げ回っているような偽書ですから、持ち出されたところで日本は屁でもないですし、河野談話が南朝鮮との合作で中身の無い嘘で作られていることは既に暴かれていますので、そんなものの履行を求めたって日本が同意するわけないのに、本当に救い様が無いバカですよねぇ?

 また、「日本のように一度の謝罪で終えようとするケースも珍しい」とかほざいてブチッチのケースを持ち出していますけど、記事にある一回の訪問しかブチッチはしていませんよねぇ?

 少なくとも日本は複数の官房長官や首相が談話や会見において謝罪の言葉を述べていますので、日本が一回だけだというのは明白な嘘ですし、他ならぬ河野談話を記事中に出しておきながら、合意での安倍総理の会見一回だけだなどとほざくのには呆れ果てますね。

 それと、2010年の国連人口統計による人口ピラミッド、南朝鮮を見ると80-84歳って大体40万位なんですよね。

 20万が慰安婦として拉致され、大半が死亡して還ってこなかったはずなのに、2010年の生存数が凡その誕生数の2/3に達するって余りにもおかしい数字だと思いませんか?

 だって、先程記したように連中の言い分に従えば当事の比率で1/3にもなる割合で拉致されており、その殆どが死んでいるはずなのですから、2010年時点で2/3が生存しているというのが事実なら、その歳までに病死や事故死、朝鮮戦争での戦死、北に在住している等の諸々が一切無いとでも言うのでない限り、数字の辻褄が合いません

 結局のところ、嘘に嘘を重ねているから、こうやって数字や資料を追うと、必ず証言や主張が破綻するんですよね。

 まぁなんにせよ、最近では大統領候補者が揃って10億円を返して合意破棄だの、再交渉だのとほざいているようで、日本にとっては大変好ましい展開になってきましたね。

 ブサヨの江川紹子なんかは、この状況に焦って早速日本政府バッシングを始めていますけど、こういうバカが焦って喚くほど、むしろ日本政府の思惑通りことが進んでいるのが良く分かりますね。

 記事内容は実にスカスカでくだらない、日本に譲歩しろとただ要求するだけの丸っきり的外れで頓珍漢な駄文だったので記載しませんが、現状、連中が求める再交渉であれ破棄であれ、再三日本が訴えてきたように南朝鮮は日本側がどれだけ誠実に対応しても約束を一切守らないし、何度でも話を蒸し返すという事実が国際的に完全に定着しますし、加えて際限なく金の無心と譲歩を要求し、一度も謝っていないだの、一度しか謝らないだのと嘘も繰り返し内容を変えて付いているという事が事実として広まる事になります

 全く信用が置けず、約束しても無意味な連中という評価が完全に定着してくれれば、日本にとってプラスとなるだけでなく、国際的な評価が最底辺まで落ちるということなので、経済的なダメージも極めて大きくなり、ただでさえ停滞している南朝鮮の外資頼み経済にとって致命的に響く事でしょう。

 また、特に民族特性としてケダモノどもは兎角嘘つきであるというのが定着するのは、日本にとって非常にプラスになります

 それはいずれ、白人達がこれまで嘘つき呼ばわりして罵倒していた加害者のはずの日本人は必死に否定している状況とこれだけ嘘つきな連中の言う証言について確認しようという自主的な流れが出来る可能性が生まれる可能性に至りますから。

 そうなれば、日本軍が持っていないジープやヘリを使ったという話や英語が出来ないのに連れて行かれたという明らかにおかしな話や、証言の度に内容が全く別物に変遷している事など、明らかにおかしいぞと気付く切欠となり、調べれば調べるほどどちらの主張が正しいのかが明らかになっていくのですから。

 もっともそれ以前の問題として、そもそも合意に至ったのは北朝鮮、そして中国の脅威に対して日米韓の連携を深めようというアメリカの思惑による仲介があったからであり、合意を踏み躙るのは日本への侮辱だけでなく、アメリカに対する侮辱でもあり、連中にしてみれば顔に泥を叩きつけられて黙りこくるなんて有り得ませんから、それこそ完全に見捨てるなんて話にもなるかもしれません。

 何せ地政学的に見れば半島に前進基地があるというのは重要な事ではありますけど、日本という地政学的にも経済的にも民族的にも遥かに有用な存在がその後ろにあるわけですから、仮に切り捨てたとしてもどうとでもなりますからね。

 弱卒で強者を前にすれば武器を捨てて逃げ、弱者には犯罪の限りを尽くす、挙句自前の兵器はどれも欠陥品なんて間抜けな軍隊もかつての朝鮮戦争時以上の足枷になるのが見えていますし。

 いやはや、馬鹿な南朝鮮のケダモノどもには是非とも北や中国も巻き込んで自滅への道を邁進して欲しいですね。
スポンサーサイト
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

folke

Author:folke
怠惰な社会人。
画像はウチのトイプードル(ウサ耳Ver)

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム


folkelowさんのランキング集計結果