徒然な日々に

その日の個人的出来事や、見たニュース、記事から思った事、感じた事を徒然と…
10月29日(土)

今年も嫌がらせに終始したブサヨの卑劣さ 

25日付の産経ニュースの記事から

「子供たちを被曝させるのか」「おまえは殺人者」 福島・国道6号清掃のボランティア活動、主催団体に今年も誹謗中傷80件
2016.10.25 18:12
 「子供たちを被曝(ひばく)させるのか」「おまえは殺人者だ」-。福島県沿岸部を通る国道6号で今月15日に行われた一斉清掃活動をめぐり、主催団体の関係者を誹謗(ひぼう)中傷するような電話やファクスなどが約80件寄せられた。当日は地元の高校生も参加したが、過度に放射線被曝の危険性を指摘する団体などから、通学する高校にも苦情や抗議があった。「故郷をきれいにしたい」との思いで汗を流した生徒たちも胸を痛めている。

 国道6号は、東京電力福島第1原発が立地する福島県の沿岸部を南北に貫き、地元では「6国(ろっこく)」の愛称で親しまれている。

 清掃活動は「みんなでやっぺ!! きれいな6国」と題し、平成19年から毎年秋に実施されてきた。だが、東日本大震災と原発事故が発生したため、22年から中断していた。

 震災後、国道6号沿いのごみの多さに見かねた地元の高校生たちが、「きれいな6国」の主催団体の1つであるNPO法人「ハッピーロードネット」の西本由美子理事長(63)に開催を要望。昨年10月、5年ぶりに再開した。

 今年は、新地、相馬、南相馬、浪江、富岡、楢葉、広野、いわきの8市町間の9カ所計約50キロで清掃を実施。自らの意思で活動への参加を決め、保護者の承諾を得た県沿岸部の高校生90人以上を含む地元住民や復興事業に携わる作業員など総勢約1500人が集まった。

 福島第1原発に比較的近い浪江、富岡、楢葉の3町を通る区間の清掃は大人に限定。主催者側が事前に放射線量を測定した上で、高校生はそれ以外の一般の居住地域を通る場所のごみを拾った。

 浪江町出身で、現在はいわき市に住む高校3年の男子生徒(18)は昨年に続いて参加した。「誰かが(清掃を)やろうと思うことが大事だと思う。思い出に残るように頑張って拾いました」と笑顔を見せた。

 この活動には昨年も、主催団体に対して中止を求める声明や「美談にすり替えた子供への虐待」や「若者を殺す行為」「狂気の沙汰だ」といった誹謗中傷のほか、危害を加えることをほのめかす電話やファクス、メールなどが約1千件寄せられていた。

 関係者によると、今年は生徒が通う高校にも活動に参加させないよう求める声が届いたといい、当初は参加の意思を示していたものの、当日になって参加を取りやめる生徒もいた。

 だが、この日、高校生の一部が実際にごみ拾いをした広野町の国道6号沿いの空間放射線量(地上1メートル)は、原子力規制委員会の測定で1時間当たり0.105~0.108マイクロシーベルト。国際放射線防護委員会(ICRP)が1時間当たりの被曝限度とし、国が除染の基準値としている0.23マイクロシーベルトの半分以下の値だった。主催者によると、1時間半足らずの活動で、被曝線量はほぼゼロだったという。

 「いろんな人がいるので…」。浪江町出身の高校3年の女子生徒(18)は、過度に放射線被曝を恐れる声が上がっていることについて、そう受け止めた。だが、「実際に(福島に)来てもらえれば分かるのに。悲しいです」と声を落とした。清掃を終えると、「町がきれいになって気持ちよかった。私にとっては故郷への恩返しなんです。いつか生まれ育った浪江も掃除できたらうれしい」と話した。

 楢葉町出身の高校1年の女子生徒(16)は今回初めて活動に加わった。2歳上の兄が参加していたのを見て、自分も力になりたいと思った。「やってみると楽しかった。これからも参加したい」と声を弾ませた。

 ハッピーロードネットの西本理事長は「『自分たちの町をきれいにしたい』という高校生たちの自主性を尊重したい。彼らは生まれ育った故郷に帰りたくても帰れないんです。そんな子供たちの思いを否定するようなことはしてほしくない」と語った。(野田佑介)

 反原発活動なんて頭の悪い活動に従事するのは、デマを吹聴したりするしか芸の無いクズどもと相場が決まっていますからねぇ。

 しかもバックにいるのは共産党とか社民党みたいなブサヨってのが大体のお約束なんで、正体がバレない方法でならば幾らでも差別的なことや侮辱的なことなどは当たり前、犯罪行為さえ恒常的にやっているテロリストでしかありませんので、むしろ実力行使に出ないだけゴミの中ではマシな方とさえ言えるでしょう。

 まぁ、ダイオキシンを出す産廃の塊からダイオキシンは出さない産廃の塊に変わった程度の差ですが。

 そしてこれまたお約束なのですが、山本某など有名人が出て側溝の上でガイガーカウンターを使用するなどの卑劣な方法で最初必死に数字を弄り回して福島が危険域だとアピールしていたブサヨどもは、もはや嘘が見破られ通じなくなったからと電話やファックスを利用した匿名で、単なる嫌がらせを繰り返す一層下卑た振る舞いに転じたわけです。

 何せ記事にもあるように事前に計測をして問題ないことを確認した上で、更に学生らは離れた地域しか担当させないという配慮をしているわけですから、バカどもの主張は全く通用しません。

 というか、本当にそう思っているなら顔を出して公の場で訴えるなり、裁判の一つでも起こせって話ですが、どっちにしても単なる下衆の言い掛かりで誰にも相手にされないのは明白ですから、己の欲望を満たすためのチンケな嫌がらせに終始するだけなわけですね。

 馬鹿で救い様の無いクズの癖にそういうサル知恵だけは回りますからねぇ、ブサヨって。

 大体、自分たちで参加を希望した学生に、居住地域のゴミ拾いをさせたら虐待だの殺人だのって主張が成り立つと思えるその頭の出来からして、高等教育どころか初等教育さえマトモに終了しているのか怪しく思いません?

 そこに住んでいる人は当然ながら安全だから住んでいるわけで、むしろこういったブサヨどもの主張って地元民へのヘイトスピーチですよね。

 毎度ながら、自分達は欲望を満たすためにどんなヘイトスピーチをしてもいいってこのクズどもの発想には反吐が出ますし、反ヘイトスピーチ法なんてくだらないゴミ法を造ってまともな人間の言論のみを弾圧する与野党問わぬ政治屋どものイカレっぷりにも頭にきますね。

 本当にヘイトスピーチがイカンなんて思っているなら、差別的な内容の法を今すぐ内容を公正なものに改正し、沖縄や福島などを始め、日本全国で跋扈するブサヨどもを片っ端から逮捕して見せろって思いますよ。

 先日の大阪機動隊員による土人発言でブサヨの暴力や暴言の実態が公になったことからわかるように、ブサヨのヘイトは差別レベルではなく、脅迫や恫喝、暴行で逮捕できるレベルのものが当たり前であり、法治国家としてあのようなバカどもを野放しにしていることは非常に恥ずべきことですから。

 器物損壊や不法侵入などの組織的破壊活動、虚言による名誉毀損、暴行や脅迫等々、あのイカレた共産党の手先である馬鹿者集団SEALsを見ても解るように若い頃から犯罪に手を染めて、他者を害する事に快感を覚えた連中はもはや麻薬中毒者と一緒であり、改心など望めやしません

 そうそう、そういえば共産党をバックにしたこのテロリスト予備軍か大暴れしていた頃、その事を若者が自分達の意思を表明しだしたとかなんとか言って、マスゴミとブサヨは大声で褒め称えていましたよねぇ?

 バカヒとかNHKとかTBS、毎日といったブサヨの巣窟であるマスゴミなんて特に。

 なのに、こうやって自分達の思惑と正反対のことを若者がする時は一切無視するし、ブサヨどもなんてこうやって嫌がらせの妨害活動さえやるんですから、若者の自主性がどうだの、18歳選挙で投票権を得るのは素晴らしいだの、散々ほざいてきた寝言を都合でコロコロと態度をひっくり返して本当に一貫性がありませんね。

 ま、大喜びしていたSEALsのバカどもにしても、選挙で応援すればするほどマトモな若者達からは嫌われて選挙結果は大敗、特に10代や20代の若者が総スカン状態でついには解散して逃げ出しちゃいましたっけ。

 ともあれ、政府が、国がブサヨどもを野放しにしている現状、そのツケはこうやって現場の警官や一般人が全部背負わされているのであり、少しは真面目に仕事をしろと安倍政権と自民党の役立たずどもには言いたいですね。
スポンサーサイト
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

folke

Author:folke
怠惰な社会人。
画像はウチのトイプードル(ウサ耳Ver)

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム


folkelowさんのランキング集計結果