徒然な日々に

その日の個人的出来事や、見たニュース、記事から思った事、感じた事を徒然と…
10月23日(日)

国民の生命や安全になど全く興味が無い野党の本性 

22日付の産経ニュースの記事から

殉職自衛官追悼式、野党議員は1人だけ参列
2016.10.22 21:23
 防衛省は22日、平成28年度の自衛隊殉職隊員追悼式を行い、安倍晋三首相らが参列した。しかし、国会で安全保障関連法の施行に伴う自衛官のリスク増大を批判する野党議員の姿はほとんどなかった。

 追悼式では新たに31柱の名簿を慰霊碑に奉納。首相は「ご遺志を受け継ぎ、国民の命と平和を守り抜いていく」と追悼の辞を述べた。

 追悼式に出席した現職の国会議員は13人で元職は5人。このうち現職の野党議員は民進党の大野元裕参院議員だけ。民進党や共産党など野党は今国会で、南スーダン国連平和維持活動(PKO)に派遣される陸上自衛隊部隊をめぐり、安保関連法で認められた「駆け付け警護」任務などを負わせる政府方針を批判。民進党からは自衛官の安全を心配する質問も出た。

 防衛省は国会議員に関し、元首相と同省の元政務三役に追悼式の招待状を出している。また、自ら出席を申し出た場合、席に余裕があれば受け入れている。

 衆参両院事務局によると、今国会の予算委員会で自衛官のリスクに関する質問をしたのは民進、共産、社民各党の計8人。この中で出席したのは元防衛政務官の大野氏だけだった。

 まぁ、独裁者気取りの無能なクズである北澤や元々自衛には全く興味が無く、知識を得ようともしなかった一川や田中みたいな阿呆を大臣に据えるような民進に、自衛隊そのものを敵視して罵声を浴びせている共産や社民じゃねぇ?

 しかもその田中はつい先日、公職選挙法違反により5年間の公民権停止という始末ですし。

 因みに、民主党政権で最も防衛に対して興味の無かったルーピーに至っては、総理大臣でありながら官房長官を代理に送り込んで、参加すらしませんでした

 昭和32年の岸内閣以来、唯一総理大臣が参加しなかったという恥ずべき歴史をここでも造っていたのがルーピー率いる民主党であり、そんな連中が内部分裂後に再集結し、名前を変えて過去の隠蔽を図っているのが民進党なわけです。

 社民党は旧社会党時代から続く数多の悪事を働いてきた極潰し集団であり、阪神淡路大震災すらも大げさだと笑い飛ばして犠牲者を拡大させながら、責任を取らずに日本の功労者様だぞと勲章を受け取るようなクズを筆頭に抱いていた外道の群れですし、共産党なんぞはそもそもが半島の連中と結託した反日テロ組織に過ぎませんからねぇ?

 「現職の野党議員は民進党の大野元裕参院議員だけ」とありますが、そんなクズどもの群れの中からたったひとりとは言え、参加しているのがいるだけでむしろ驚くべきことじゃないでしょうかね?

 無論、安倍総理は今回を含めて任期中の過去4回、そして10年前の総理時代も含めた計5回全て出席しています。

 まぁ、この時点で日本の防衛や自衛隊員について大切に思っているのがどちらか、考えているのがどちらかなんてもう結論が出ていますよね。

 もっとも自衛隊の存在自体を否定している社民や共産がその生命を心配するような答弁を国会でしているって時点で単なるパフォーマンスでしかないのは解りきっていますけど、嘘をつくにしてもこうやって重要行事を無視し、素人に本性を簡単に看破されるレベルって、政治家としての能力が全く無いってことなんじゃないでしょうかねぇ?

 少なくとも質問をしたのに出席もしなかった7匹のクズについては大々的に名前を公表して本音は国民の生命や財産に微塵も興味が無いってことを自白させるべきですよねぇ?
スポンサーサイト
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

folke

Author:folke
怠惰な社会人。
画像はウチのトイプードル(ウサ耳Ver)

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム


folkelowさんのランキング集計結果