徒然な日々に

その日の個人的出来事や、見たニュース、記事から思った事、感じた事を徒然と…
09月16日(金)

差別&反日大好きバカヒの本音 

16日付けの朝日新聞デジタルの記事から

民進党 蓮舫氏のもとに結束を
2016年9月16日(金)付
 民進党の新代表に、蓮舫氏が大差で選ばれた。

 安倍首相「1強」のもと、衆参両院とも与党が圧倒的多数の議席を握るなか、野党第1党の民進党は崖っぷちにいる。

 そんな苦境だからこそ、次の衆院選に向けて、知名度の高い蓮舫氏を党の顔にと幅広い期待が集まったのだろう。

 過去の失敗から何を学び、どのような政権戦略を描くのか。新代表の真価が問われるのは、まさにこれからだ。

 民主党政権が失敗した要因の一つは、党内の足の引っ張り合いだった。「親小沢対反小沢」に代表される対立が党分裂に至り、国民の不信を招いた。

 今回の代表選では憲法改正、沖縄の基地問題などで3候補の主張には違いがあった。

 議論は活発に行い、党として決めた後は結束してことにあたる。新代表のもと、そんな政治文化を今度こそ育ててほしい。

 もっとも、結束だけでは国民の信頼は取り戻せない。

 代表選では「低所得者にも納税をお願いしたうえで、就学前教育の無償化や介護の充実に取り組む」(前原誠司氏)、「毎年5兆円の『こども国債』を発行し、子育て、こども施策の予算を倍増」(玉木雄一郎氏)など特色ある提案もあった。

 党内外の多様な意見を取り込み、説得力ある政策体系に練り上げていく。そんな柔軟さも新代表には求められる。

 次の衆院選に向け、自公連立に代わりうる政権づくりをどう構想するかも大きな課題だ。

 ただでさえ強大な安倍政権に対し、野党がバラバラでは相手にならない。野党の連携は政権へのチェック機能を強め、政権の受け皿をつくるために欠かせない。それを主導するのは野党第1党の責任だ。

 代表選出後、蓮舫氏は「ほかの野党と協力してきた経緯がある。大きく振り切っていこうという話ではない」と語った。

 参院選1人区で一定の成果を上げた共産党などとの選挙協力を、どこまで進めるのか。政権選択選挙となる衆院選では協力へのハードルは高くなるが、議論から逃げてはならない。

 一足飛びの信頼回復はない。26日召集の臨時国会では一歩一歩、実績を積み上げ、国会に緊張感を取り戻してほしい。

 代表選では、蓮舫氏の「二重国籍問題」が指摘された。

 蓮舫氏は台湾籍の放棄手続きをとり、謝罪したが、説明が変転したことで批判を受けた。こうした時にどう対処し、国民の理解を得るのかも党全体の課題である。

 「過去の失敗から何を学び、どのような政権戦略を描くのか。新代表の真価が問われるのは、まさにこれからだ」

 反政府言論テロ集団、バカヒの記者がキメ顔で書いている間抜け面が想像できる台詞ですよねぇ。

 民主もとい、民進なんてクズの群れに人間と同等の学習能力があるなら、そもそも蓮舫なんて下衆をトップに据えるわけがないんですけど、それを大差で、つまりは大多数の党員やサポーターらが選ぶ時点で連中に学習能力や知性なんてものが無いのは明々白々の事実じゃありませんか。

 もし連中に過去の失敗から何かを学べるような知能が僅かでもあるなら、今回立候補した中で最も最低最悪のペテン師を選ぶなんて、絶対にありえないことですもの。

 増税はしない、1人につき月2.6万円の子供手当てを出す、高速は無料化、公務員は人件費を削減するし天下りもさせない、赤字国債を抑制する、埋蔵金を出す等々、数限りない嘘を並べて衆愚を謀り政権の座を詐取したが、まぁ、どれ一つとして達成できなかったから次の選挙ではその衆愚どもからすら見放されて惨敗し、与党の椅子から転げ落ちたのを忘れ、ルーピーに匹敵するペテン師をトップに選んだわけですから、何も学んでいない以外、どう判断しろって言うのやら?

 そも、バカヒは連中が衆院選挙で負けて転落してから何年経っていると思っているのやら?

 今頃過去に学べだの、何時の話だと。

 何度負けても、何にも学んでいないからここまで凋落したのであり、だからこそ蓮舫のようなゴミ虫を選べるってだけ。

 大体、特色ある提案がどうのってのにしても、「低所得者にも納税をお願いしたうえで、就学前教育の無償化や介護の充実に取り組む」「毎年5兆円の『こども国債』を発行し、子育て、こども施策の予算を倍増」このどちらも、増税と借金増という無駄な国民負担の増加でしかなく、マスゴミの中でも最も高給取りのバカヒならさして気にする事もないのかもしれませんけど、大多数の一般国民には違います。

 結局、充実だナンだと金をばら撒き、財源が足りないから増税し、国民の生活そのものを落とさせることしかこのバカどもには出来ないって事ですが、バカヒの知能ではそれすら理解が出来ないようです。

 第一、同日の社説で一方では甘利の阿呆の説明に対して散々罵声を浴びせておきながら、説明を二転三転させ、更に過去の取材や報道において自らそれらの説明とも全く異なる事実を述べていたことについて無視を決め込むような卑劣な詐欺師については「指摘された」「批判を受けた」と、まるで外国の出来事のように無関心に事実を簡素に記しただけで、批判の一言どころか何時も与党にしているように「説明責任を果たせ」の一言さえ無いバカヒの露骨過ぎる差別主義。

 93年と10年の少なくとも過去2度に渡り、己が在日中国人であると宣言し、一方で嫌々日本国籍を取得したとも述べているような反日外国人の国籍偽装工作という問題の本質と、そんな反日外国人が日本の総理大臣を目指すと宣言していることの危険性を一切無視していることに、バカヒの本音が同じく反日であり、日本を害する事であるというのが実に良く分かりますね。
スポンサーサイト
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

folke

Author:folke
怠惰な社会人。
画像はウチのトイプードル(ウサ耳Ver)

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム


folkelowさんのランキング集計結果