徒然な日々に

その日の個人的出来事や、見たニュース、記事から思った事、感じた事を徒然と…
08月02日(火)

己の都合でロクデナシを候補者にした当然の結果 

2日付けの朝日新聞デジタルの記事から

都知事選 民意から遠い与野党
2016年8月2日(火)付
 小池百合子氏が勝利した東京都知事選には、参院選と同じ与野党激突の構図があった。

 与党の自民、公明両党が、元岩手県知事の増田寛也氏を推した。民進、共産など野党は、ジャーナリストの鳥越俊太郎氏を統一候補として担いだ。

 与野党相乗りの多い知事選には珍しい対決型だった。

 だが、勝った政党はない。

 どの党の推薦もなかった小池氏が300万近い票を集めた。自民党衆院議員ながら、党と距離を置いて立候補して得た票数は、与野党が立てた両候補者の合計にほぼ匹敵する。

 小池氏の知名度は高く、戦術や弁舌も巧みだった。しかし、それだけが与野党の敗因であるはずがない。大きな支持を得られなかったのは、政党の側に問題があったからだ。

 自民党は、擁立した知事が2代続けて任期途中で退場したことへの反省が欠けていた。

 参院選の東京での自公両党の獲得票を合わせれば勝てると踏んだのだろう。そんな思惑が、増田氏以外を応援したら除名を含む処分をするという党東京都連の方針ににじんでいた。

 安倍首相のもとで、上意下達の党運営が目立つ自民党らしい手法は、かえって有権者の反感を招いたはずだ。

 野党の統一候補は、小池氏の得票の半分にも届かなかった。野党共闘に勝機を見いだそうとするあまり、候補者選びが迷走したのが致命的だった。

 都知事選の経験をもつ弁護士ではなく、都政と無縁の候補者に決めたのは告示の2日前。わかりにくい候補一本化の過程は、知名度や「風」に頼る選挙しかできない実態を露呈した。

 とくに民進党が次の「首都の顔」を準備しておく野党の責務を怠っていたのは明らかだ。

 最大の首長選の都知事選で、政党が敗北することは過去にもしばしばあった。与野党相乗り候補が惨敗したり、自民党幹事長が引責辞任したりと、長く苦汁をなめてきた。

 そんな歴史をたどると、各党はいったい何を学んできたのだろうかという疑問が膨らむ。

 政党は「組織の論理」で立てた候補者を、組織の力で押し通そうとする過ちを繰り返してきたのではないか。謙虚に民意をくみ、その実現を図るという政党本来の姿からはほど遠い。

 各党とも、これまで以上に有権者と広く深く対話する必要がある。現場から多様な声をすくい上げて、政策や条例に仕立ててゆく。これは東京に限らず、全国で政党が果たすべき役割である。

 ま、事前の下馬評通りの結果でしたが、バカヒにすら呆れられる位、与野党のバカっぷりはどうしようもありませんでしたね。

 そもそも自民党は都知事選で90年代以降は惨敗続きでした。

 石原都政の途中、財政再建を終えて息子の絵がどうの、漫画・アニメ規制がどうのと石原が馬鹿を露骨にやりだした頃から支持へと移り、そのままその末期を支えた同類の猪瀬を次の知事として支持

 その猪瀬は医療法人からの収賄と見返りの便宜の疑惑を疑われるお粗末かつ無様な醜態を晒して辞任した挙句、公職選挙法違反で公民権停止。

 代わりとして次に自民が担ぎ挙げたのが、自民党を散々罵倒して出て行ったことに対し、除名処分という最も重い罰を与えたはずの舛添でした。

 当事、小泉進次郎や片山さつきといった自民の議員らから批判が出ていたにも関わらず、オオカミ呼ばわりしていたバカを祭り上げて知事にしてしまったわけです。

 口先だけで実行への道筋等何もないのが明白であったにも関わらず、都知事選に勝つことだけを目的にして選んだ結果は先日までの舛添の醜態が示すとおりです。

 よく、この無能な都税で海外旅行をしていただけの阿呆の実績として防災ハンドブックを挙げる声がありますけど、書籍、それも防災に関わるものなのに作成を全く関係のない電通にさせている時点で胡散臭い事この上ないし、加えて何の説明も無いままにある日ポストへぶち込まれていただけのモノなんぞ、一体どれだけの人が見たのか、今も保存しているのか、甚だ疑問です。

 因みに、ダンボール包みの中には冊子だけでなくハゲのサインと不気味な笑顔の写真入の挨拶文が付属しており、押し付けがましさと気持ち悪さを跳ね上げてくれていました。

 大抵の人は開けてめくったとしても、精々最後にある川口かいじのショートコミックを見てそのままどっかに放り投げるかゴミ箱に入れるかして終わりだったんじゃないでしょうかね?

 まぁ、ともあれ30年後に70%の確率で起きるかもしれない年直下型地震への個人レベルの備えに大枚を叩いた程度の話で、防災拠点の整備や案内板の設置、耐震化の促進に力を入れたわけでもなく、介護や保育に至っては何にもしていないまま、全く必要性の無い定員割れしている南朝鮮の在日学校造りに精を出すという真似をやっていたわけですから、批判だって浴びます。

 ここで誠実さなり真摯さなりを示していれば後の流れは決定的に違ったのでしょうが、むしろ独裁者としての顔をハッキリと都民に見せました。

 元々横暴で独善的な態度を議員、大臣としても度々見せて人としての器の小ささをちょくちょく覗かせていましたが、お役所や同じ議員に対しての態度のつもりでそれを国民に対してやればどうなるのか、その程度も分からなかった時点で、この馬鹿の進退は決したと言えるでしょう

 しかも中韓への媚売に、海外出張での石原・猪瀬をも上回る無駄遣いと敵意丸出しの正当化の詭弁。

 これでは味方の自民党都連だって顔を背けるのは当然であり、にも関わらず愚にも付かぬ言い訳を繰り返して一層自分で自分の首を絞めていき、学者だのと頭がいいアピールをしておきながら誰よりも見っとも無く、無様な辞任へと至りました。

 政治資金を巡る不正、更には能力の欠如、そして何より恥知らずで自省をしない傲慢さ…ここから何も学ばずに増田なんぞを出したわけですから、受かるわけが無い

 かつて知事として大借金を作ったことを議会で謝罪していたのに今では開き直りの言い訳を展開している上、元々サヨク思考で慰安婦関係でのバカ発言や外国人への参政権付与を求めるなど、本来なら自民よりも野党にこそ支持されるような輩を出し、やっぱり能力が欠如し、自省も出来ないわけですから、都民の支持なんぞ得られるわけが無い

 鳥越に至っては押した野党の支持者からですら殆ど票を貰えなかった始末。

 何せあの共産党支持者ですら7割に満たず、民進党でも5割に満たないどころか逆に小池の支持が4割近かった

 背景にあるのは選ぶまでの混乱も多少はあるでしょうが、何よりも選んだ候補者が最悪だった。

 増田を遥かに上回る馬鹿で、傲慢で、下劣な鳥越という下衆を選んだのだから、共闘したところで勝てるほどの票など集まるわけが無い。

 ジャーナリストとしての矜持のなさを批判されてニュースの職人などと自称していたことを無かった事にして、ジャーナリストだと宣言して立候補を表明した挙句、他の候補者について何も知らず、都政の問題も知事になろうというのに知らない

 東京でジャーナリストを何十年もやってきたのに。

 騒ぎ出したのが憲法がどうのと都知事に何の関係もない話題だけな上、ろくろく都民への訴えかけもしないで都知事になれると、何の根拠も無い自信を示すなど、相変わらずの異常さ、異様さが際立ちました。

 そもそも都道府県の数すら知らぬ小学生未満の知識しかない老害に都政なんて出来るわけがないのは明白であり、票を投じた者の大半は50歳以上という同レベルの老害ばかりですからね。

 ましてや元々妄想癖があり、根拠の無いペテンを繰り返す詐欺師として嫌悪する人間が多かったのに加え、女性への淫行疑惑での傲慢極まりない振る舞いをした挙句、自民党がやった小池への厚化粧という下等な罵声に相乗りし、更には「女性によし!」という自らの首を更に占める意味不明な行動まで始めて一層のドツボへ自ら嵌りに行く始末

 また、元々知事選に名乗り上げ続けてきた宇都宮に対する態度も最悪でした。

 本人がこれまでに明かした情報に寄れば、与党陣営などではなく、後から名乗りを上げた鳥越陣営から誹謗中傷を散々浴びせられたことから、分裂を嫌って立候補を取り下げたそうですし、協力要請の代償として淫行疑惑に対して自らが慰安婦騒動などで示し、国に対して求めてきた態度を全うするよう求めたが拒否されたことも明かしています。

 そしてそれが選挙協力を拒否した理由であったと。

 実際、慰安婦騒動に対してと己の淫行疑惑に対してで180度正反対の態度を取った鳥越というゴミに対し、本来サヨクは宇都宮と同じ態度で臨まねば整合性が取れないところですが、むしろ逆に何でそんなことを持ち出すんだ、期待したのが間違いだっただのと、鳥越に同調し、宇都宮を非難する態度を見せており、所詮は女性の人権など何とも思っていないペテン師集団であることを自らの浅はかな言動で暴露している始末

 しかもそれどころか、応援しなかった経緯を公表されたことに怒りだし、しばき隊らの極左テロリストどもは、今回の週刊誌報道を宇都宮の陰謀論だなどとまで唱えだすのですから、馬鹿なブサヨどもの呉越同舟ぶりがよくわかりますし、勝てる道理が何処にあるというのやら?

 むしろこんなざまで、コレまでで最高の130万票以上獲得できた事に驚きですよ、私としては。

 宇都宮はいつも100万行くか行かないか程度でしたからね。

 とは言え、20年以上前に時勢へ乗って慰安婦騒動の捏造へ躍起となった鳥越が、10数年前の淫行についてブーメランとなって自爆する様はある意味民進党及びその関係者に相応しい様式美だったと言えるでしょう。

 自らの言動がそのまま跳ね返り、挙句更なる醜態を晒してそれを致命傷にまで拡大させる…こんなの愚劣なブサヨでなければできやしませんものねぇ?

 それをやったハゲの後釜に鳥越を持ってきて選挙中にやってのけるのですから、ある意味(馬鹿としては)最も凄い政党だと言えるでしょうね、民進党は。

 まぁ、いずれにしても都民が政党政治の腐敗と醜態を嫌って最も無難なところに落ち着いたのが現状ってとこなんじゃないでしょうかねぇ?

 何にせよ今回の敗北から学べないようなら、自民党は次の衆院選でも大勝だなんて馬鹿な夢を見たまま、また痛い目を見るかもしれませんね。
スポンサーサイト
このコメントは管理者の承認待ちです
[ 2017/04/04 19:20 ] [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

folke

Author:folke
怠惰な社会人。
画像はウチのトイプードル(ウサ耳Ver)

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム


folkelowさんのランキング集計結果