徒然な日々に

その日の個人的出来事や、見たニュース、記事から思った事、感じた事を徒然と…
07月29日(金)

未だ緒に就くことさえ出来ないバカヒの戯言 

20日付けの朝日新聞デジタルの記事から

慰安婦財団 緒に就いたにすぎない
2016年7月29日(金)付
 戦時中、日本軍将兵たちの性の相手を強いられた元慰安婦らの支援にあたる韓国の財団がきのう、立ち上がった。

 昨年末の日韓両政府による合意を受けた設立で、元慰安婦らへの具体的な措置にあたる。

 政府同士が長年の懸案に終止符を打つべく合意したからといって、被害者らの負った傷がすぐに癒やされるはずもない。

 元慰安婦らが少しでも心穏やかな余生を送れるよう日韓双方が今後も不断の努力を続ける必要がある。問題解決への取り組みは緒に就いたにすぎない。

 元慰安婦らの考えは多様だ。彼女らの声に丁寧に耳を傾け、できることから着実に実行に移していくしかあるまい。

 財団幹部が元慰安婦ら一人ひとりを訪ねて意見を聞いて回ったところ、相当数が財団を支持する意向を示したという。

 その一方で、政治合意は日本の法的責任や国家賠償を明確に記していないとして、一部の元慰安婦や支援団体が反発し、白紙撤回を求めている。

 責任をめぐる問題は、四半世紀の間、両国が決着点を見いだせなかった原因の一つである。だが合意は日本軍の関与の下で起きた問題だとし、安倍首相が謝罪と反省の意を表明するなど政府としての責任を認めた。

 いま大切なのは、この合意を土台にして、元慰安婦の救済を具体的にどう進めていくかだろう。その目標に向かって、韓国の支援団体も財団の中で意見を述べて、ともに力を合わせてもらいたい。

 日本政府は来月初めの局長級会談などを経て、10億円を財団に送る方針だ。合意に基づく行動で、当然の判断といえる。

 自民党内には、ソウルの日本大使館前にある少女像の移転の確約を迫る声がある。だが固執すれば、合意の履行をむずかしくする。むしろ移転できるような環境の整備を急ぐべきだ。

 また、韓国では合意内容を安倍首相が公の場で語らないことも不信を招いている。

 首相はことし1月の国会で、合意の文言を繰り返して発言することは、「最終的、不可逆的に終わったことにならない」として、言及を拒んだ。これでは首相の真意に疑念が投げかけられるのもやむをえまい。

 後戻りしない最終的な解決のためには、合意にあるように、日韓両政府が協力して事業にあたる必要がある。

 互いに一方的な解釈を強調することなく、合意の精神を最大限尊重する。そのことが、問題解決への早道であることをいま一度、肝に銘じるべきである。

 本当に無責任で自分勝手な下種の群れですよね、バカヒって。

 ペテン師と共謀して在りもしない事実を捏造・流布する事で国際問題を引き起こした側であり、尚且つその捏造を認めた後だというにも関わらず、自らがどう責任をとっていくのかについて一切の言及が無く、それどころかそもそも責任があることさえ認めず全くの他人事として記事を書いているのですから、厚顔無恥もここまで来ると凄まじいですよ。

 挙句は「戦時中、日本軍将兵たちの性の相手を強いられた元慰安婦ら」「合意は日本軍の関与の下で起きた問題だとし、安倍首相が謝罪と反省の意を表明するなど政府としての責任を認めた」等とまるで強制連行だの性奴隷化だのが事実であると言わんがばかりの記述をまたも恥知らずにもやっている始末。

 例えば、5月にまた米国のダラスに行ってペテン映画の上映とペテンストーリーの開陳を行った李玉善という救い様の無いゴミ虫がいます。

 自称日本軍の性奴隷というこのゴミ虫、口を開く度に内容が別物へ変転する典型的な詐話師です。

 拉致されたと喚く時期は1942年で固定なのにも関わらず、その時の年齢が14~16歳と変動し、自らを拉致した相手も証言の度に別物になります

 例えば当初は朝鮮人男性2名が拉致したと述べていますが、後に朝鮮人と日本人の2人組になったり、また朝鮮人2人組に戻ったりし、特徴も見ず知らずから始まり、時に背が高くなったり、40過ぎで太りだしたり。

 抵抗したり、叫んだりしたこともあれば、抵抗できなかったと述べたり、口を塞がれて助けを求められなかったと述べたり。

 まさに支離滅裂ですが、驚く事に上記した5月の証言では何と、登場人物が日本巡査に捕らえられたと、これまでのストーリーを完全にぶっ壊すものになりました

 複数形で語っていない事から、単独犯、それも警察官が人攫いを白昼堂々と天下の往来でやってのけたという驚天動地のストーリーです。

 しかも、中国で慰安婦として働かされる前にあったはずの飛行場での強制労働ストーリーは何処かに消え去り、代わりにとでも言うのか、1日に40~50人もの相手をさせられた、と。

 仮に睡眠も食事も一切取らず、排泄も入浴もしないで延々と男の相手をするにしても、1人にかけられる時間は50人なら30分以下ですよ?

 色々な意味で常識的に在り得ないし、仮にやったとしても肉体的にも絶対に持つわけが無い。

 水分不足に過労、出血多量など、状況的に身体状態がどうなっているか容易に想像でき、確実に数日で死んでいますよ。

 例えば戦後の日本で米軍部隊に拉致された20代の女性は30人の米兵に集団レイプされた結果、3日後には仮死状態になって捨てられていたという記録があるのですから、それを大きく上回る数を僅か10代半ばの体も出来ていない、体力的にも成長しきっていない状況で相手にして生きていられるわけがありません。

 その後も自殺が相次いだが、死体はそのまま放置されたなどとも述べていますが、南朝鮮とほぼ同じ緯度の地域でそんな事をすれば辺り一体は腐乱死体だらけとなり、凄まじい悪臭が立ち込め、感染病が瞬く間に広まっています。

 とまぁ、結局のところどこをとっても嘘だらけなわけで、こんな連中を強いられた被害者だのとするのは同じくらい頭がイカレているバカヒみたいなクズでなければ無理な相談あり、そもそも整合性以前に一貫性すら持たせられない証言を事実として認めろとか言われたって、まともな人間には土台無理な話です。

 こんな馬鹿丸出しの戯言なんぞ、四半世紀かけようが数世紀かけようが要求されても飲める訳が無く、決着などするわけがありません。

 だからこそ日本は金を出してやる、後は捏造し、煽り立てたお前ら自身で解決しろと安倍政権はやったわけです。

 でもバカヒはそれすら理解出来ないし、逆に「韓国の支援団体も財団の中で意見を述べて、ともに力を合わせてもらいたい」などと見当違いの主張まで仕出す。

 連中にとっては事実関係などどうでもいいし、むしろこんな形での決着をされては困るんですよ。

 何せ存在意義も収入減もなくなるのですから。

 だから日本共産党のように頭の悪いバカガキを扇動して暴れまわる。

 先日の水曜集会には中高生を中心に1000ものバカガキらを参集させたそうですし、財団設立の会見場に乱入したのも学生でした。

 理事長を襲撃したのも21歳無職だそうで、何時の時代もバカなガキは丁度いい鉄砲玉に使われるものですが、そういった都合の悪いことは一切耳目に入れず、知らせないのがバカヒ流のジャーナリズム(笑)。

 日本がやるべきはもはや10億を渡す事だけであり、後は全て南朝鮮の中の問題でしかなく、全てそこで解決です。

 まぁもっとも、吉田の捏造を認めた後も言い訳を繰り返して国民に謝罪一つしないバカヒは未だ恥知らずにも「互いに一方的な解釈を強調することなく」なんて己の態度をを棚に上げてほざいている始末ですから、改善の余地なんぞ微塵もありませんが。
スポンサーサイト
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

folke

Author:folke
怠惰な社会人。
画像はウチのトイプードル(ウサ耳Ver)

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム


folkelowさんのランキング集計結果