徒然な日々に

その日の個人的出来事や、見たニュース、記事から思った事、感じた事を徒然と…
06月11日(土)

反日変態新聞はデマと妄想で今日も出来ています 

10日付けの毎日jpの記事から

朝鮮人捕虜
米の尋問調書発見…日本支配の過酷さ記録
2016年6月10日 07時00分(最終更新 6月10日 08時54分)
米国立公文書館で
 太平洋戦争終盤期に日本軍と行動を共にし、米軍に捕らえられた民間の朝鮮人捕虜が、戦時動員に基づく慰安婦や強制労働の被害について米軍の尋問に答えた調書が、米国立公文書館で発見された。朝鮮人慰安婦について「志願か親による身売り」との認識を示す一方、日本への労務動員については「連合国の捕虜より待遇が悪い」などと述べていた。朝鮮の人々が感じた日本の植民地支配の過酷さを包括的に伝える内容で、論議を呼びそうだ。

「慰安婦は身売りと認識」
 尋問調書は、慰安婦問題に取り組むアジア女性基金が資料委員会を作り、1997年に米国で真相究明の調査をした際、捕虜の回答を発見した。回答はその後所在不明になったが、今年それが見つかり、資料委員会の委員だった浅野豊美・早稲田大教授(日本政治外交史)と毎日新聞が3月、さらに米軍の質問と関連の資料を発見した。

 米軍は、朝鮮人捕虜約100人を尋問した後、3人を選び、米カリフォルニアにある秘密尋問センターに移送して、45年4月11日に改めて30項目の詳細な尋問を行ったと見られる。

 調書は3人の捕虜と米軍の尋問者の名前を明記し、3人分の回答を一つにまとめている。「反日感情は約100人ともほぼ同じ」としながら、「(米国から見ると)日和見主義者が多い中、3人はまじめで信頼できる」と評している。

 慰安婦については、日本軍の募集を知っているか、この制度に対する朝鮮人の態度はどんなものか、それで生じた騒乱や衝突を知っているか、が質問された。3人は「太平洋で目撃した朝鮮人慰安婦は、志願したか親に売られた者だった。(軍による)直接的な徴集があれば暴挙とみなされ、老若を問わず朝鮮人は蜂起するだろう」と答えた。

 労務動員に関連しては、日本本土に送るのはどんな手続きか、徴用されたのか志願だったのか、家族と手紙のやりとりをできたか、が尋ねられた。3人は「朝鮮人は炭鉱、鉄鉱山の労働や飛行場の建設に従事し、常に鉱山の最も深く熱い場所で最悪の仕事を要求された。通信は許されたが、手紙は全て検閲を受けた」と語った。

 米軍の捕虜尋問は日本人が多く、朝鮮人だけの調書は珍しい。慰安婦を対象にした尋問には、米軍の心理作戦班によるビルマ(現ミャンマー)で捕らえた朝鮮人慰安婦の報告書がある。今回の調書はその延長線上で、米軍の朝鮮占領をにらみ日本の植民統治に対する朝鮮人の反抗心を探ろうとしたものと考えられる。【岸俊光】

民族・女性差別の深刻さ浮き彫り…解説
 朝鮮人捕虜の尋問は日本の植民地支配の実態に迫る貴重な証言と言える。米軍は日本の責任を追及しようと慰安婦や強制労働の被害に注目したと見られる。

 米軍の尋問は、捕虜には戦争の行方が分からない時点に、圧力の少ない自由な空間で行われた価値のあるものだ。証言は朝鮮社会の底辺の認識をよく伝える。

 捕虜たちは、拷問を含む強制労働の過酷さを語り、その待遇は連合国の捕虜より劣ると言い表した。

 朝鮮人慰安婦の募集については、軍の露骨な強制があれば朝鮮の人々の怒りを呼ぶだろうと述べた。

 慰安婦問題を巡り、日本政府が国連の委員会などで「強制連行を確認できる資料はない」などと強調する立場と一見似た捉え方とも受け取れる。しかし、調書全体を読めば、強制連行があったか否かを論じるだけでは被害の本質に迫れないことが理解できる。

 これまでの元慰安婦の証言からは、慰安婦にされるとは知らずに、「金もうけができる」と言われて徴集された就業詐欺が多かったことが判明している。

 社会の女性差別がそこに絡み、見逃せない要因となったのが植民地支配された朝鮮の貧困だった。戦時体制下の生活は次第に厳しくなり、就業詐欺を容易にした。

 朝鮮人に対する民族差別や人権侵害は、日本統治の深刻な問題だったのだ。

 慰安婦問題の解決を目指した昨年末の日韓合意は、過去を受け継ぎ、歴史研究を深めていく視点を欠いていた。

 韓国政府は、合意に基づく財団の設立を急いでいる。植民地の問題に向き合い、認識の溝を埋めなければならない。【岸俊光】

 朝鮮の切り崩しによる日本への間接的な攻撃での国力低下と戦力の分断。

 コレ自体は似たような事を日本も日露戦争時にロシアへ仕掛けていますね。

 それプラスで戦後の半島統治への情報収集も目的だったのでしょうが、「日和見主義者が多い中」と、反日感情はあるものの、大多数は日本の統治を受け入れていた。

 何故か?

 「太平洋で目撃した朝鮮人慰安婦は、志願したか親に売られた者だった。(軍による)直接的な徴集があれば暴挙とみなされ、老若を問わず朝鮮人は蜂起するだろう」「朝鮮人は炭鉱、鉄鉱山の労働や飛行場の建設に従事し、常に鉱山の最も深く熱い場所で最悪の仕事を要求された。通信は許されたが、手紙は全て検閲を受けた」

 この差別されていたという丸っきり論拠の足りない思考による作文しか出来ない低脳記者には理解できなかったようですが、この証言だけを見ても簡単に分かりますよね?

 こういった頭の悪いブサヨや現在の半島のゲスどもの偽証と異なり、米軍が100人の中から峻別した最も証言の信用できる者達ですら、反日感情を持って米軍へ証言をしているのにも関わらず、慰安婦に拉致被害者など知らぬと述べ、ましてや無理矢理の徴収などあれば軍相手でも武装蜂起するとまで断言しているように、モノや奴隷と看做すような真似を日本がしていなかった事がハッキリ分かります。

 実際には官憲や公務員にはなれるし、軍人なら努力すれば将軍位まで行けるし、道知事にだってなれる…これが欧米より過酷な植民地支配の実態だとかいっても失笑しか出ないですもの。

 何処の世界にこれを上回る温さの植民地支配を認める白人国家が存在するのかと。

 また、徴用で過酷な場所での仕事というのはまぁ、ある意味当然ですよね。

 何せ若い日本人男性は片っ端から徴兵されて、最前線です。

 44年には遂に学生さえも徴兵している始末であり、となれば、戦争で最も消費する資源ある炭鉱や鉄鉱山、そして当事の戦争で最も重要であった航空基地の建設に従事させる労働者、それもつれてきて即仕事が出来るような単純労働というのは朝鮮人が主となります。

 何せ日本人では大学生は前線送り、それ以下の学生は女学生さえもが工場で兵器造り、残っているのは老人や専門職の者達ばかりという状況ですから、単純かつ力の要る仕事となればねぇ?

 豊川海軍工廠空襲とか、熱田空襲とか、勤労奉仕が原因で亡くなった女学生も大勢いますが、まぁ、この岸俊光って阿呆のような連中にはじゃあ当時の日本がどういう状況で日本人がどうであったかという事にさえ考え至る知能が無いために、一方の偏った話だけを用いて単純に差別だと喚き散らし、批判する自分はいい奴だと見せたがっているだけなのですから、滑稽ですよ、ホント。

 もっとも、記事の後に解説だとか記して、「米軍の尋問は、捕虜には戦争の行方が分からない時点に、圧力の少ない自由な空間で行われた価値のあるものだ」などと大嘘を述べたりしているのですから、まぁ、ブサヨらしくデマと盲目かつ自縄自縛状態のようですけど。

 別記事の質問と回答を編纂したものを見ると、既にこの捕虜達はカイロ宣言について知っており、朝鮮がやがて独立するという話を聞いていたわけですし、しかもそもそも捕虜になったのがサイパンやテニアンです。

 日本が守勢に回って追い詰められた時期の、それも絶対国防圏崩壊を直に体験した身で、おまけにこの調書が作成されたのは米本土移送後の45年4月ですから、戦争の行方が分からない時期とか、状況を知らないなんて、絶対に有り得ない話ですよね?

 また、そちらの記事には賃金が地元民や日本人の半分から数分の一で1日3円50銭の固定給だったとあります。

 ではこれを根拠に差別なのかとなると、実際には衣食住が提供される環境と全て自前の環境という差を考慮しての金額じゃないのかという疑問が普通は出てきます。

 二等兵の給与が6円50銭と非常に安かったのは知っている人もいると思いますが、衣食住を全て込みでという前提条件での月給でしたからね、あれは。

 因みに今回の日給と兵士の月給の差が大きいのは、インフレで物価が大きく変動した44年頃に捕虜となったためと思います。

 それに強制労働だのと書いていますけど、今の日本だって労働は義務と憲法で記していますし、当時もちゃんと法律で定められた日本国民の義務としての徴用でしかないのに、それを強制だなんだとおどろおどろしい言葉をわざとつけて印象操作をするブサヨの姑息さ、何とかならないものですかねぇ?

 そも奴隷扱いであったのなら給与など必要ないし、通信なんて絶対にさせやしませんし、検閲は日本人も含めて誰もが受けていたのですから、日本人が皆ノーパスであったという証拠でも挙げなければそれを論拠に差別などとは言えません。

 まして、「慰安婦にされるとは知らずに、「金もうけができる」と言われて徴集された就業詐欺が多かったことが判明している。社会の女性差別がそこに絡み、見逃せない要因となったのが植民地支配された朝鮮の貧困だった」なんてこれまたバカ丸出しのことを書いていますけど、この岸ってバカが隠蔽したQ&A部分に実に面白い事が書いてあるんですよね。

 「太平洋で目撃した全ての朝鮮人慰安婦は、志願者か、親に身売りされた者だった。これは朝鮮の考え方にかなうものであり、もしも日本人による直接的な女性の徴集があれば甚だ許しがたい暴挙とみなされ、老人であれ、若者であれ、誰もそれを黙って見過ごすことはないだろう。男たちは、たとえどんな結果が待っていようとも怒り狂って蜂起し、日本人を殺すだろう」

 とまぁ、植民地支配がどうのと歪曲をして反日意識を岸ってカスは剥き出しにしていますけど、実際には志願や親による身売りで売春婦となるのは本来の朝鮮的な考え方としておかしなものでも何でもないし、そもそもその手の詐欺で逮捕されるのって朝鮮女衒、つまりは同胞による犯罪であって、それを日本のせいとするのは余りにも破綻した超理論でしかない。

 軍はむしろそれら詐欺行為の取り締まり強化を朝鮮総督府に要請していたし、実際に逮捕記事が紙面を飾っていることも証拠として残っているのだから、ソレを理由に日本の差別がどうのなど、片腹痛いとしか言い様が無い。

 例えば有名な喚き婆である李容洙の証言など実にそれに適合しており、友人一家に誑かされて自ら母親にばれぬ様家を抜け出した挙句、靴とワンピースを男から与えられて自ら喜んで着いて行った結果であり、悪いのは全て同胞と己という笑い話にすらならぬ滑稽さですが、それを日本が悪いと日々話を改変して喚き散らしています。

 大体、戦時中の貧困は日本だって同じ状況であり、食料すらマトモに手に入らなくなって芋の蔓さえ食べるようになっていた状況で、更にはマリアナ陥落後の本土空襲本格化ですから、むしろまだ若者がある程度残っていて、空襲も無い朝鮮半島の方が状況的にはマシと言えますが、それを逆に日本による差別だ人権侵害だと喚くのですから、この岸ってバカは…

 連合国の捕虜より過酷という証言にしたって、対日戦力として取り込もうとしている米国が炭鉱労働者よりも過酷な状況にそんな連中を置くわけが無いし、日本と違って食料も資材も幾らでもあるんですから、比較したらそう証言するのは当たり前ですよねぇ?

 マトモに米すら入手できなくなってきた日本と、コンビーフの缶詰が当たり前に兵士へ供給される米国…しかも体格で勝る白人が自分達のサイズで作る宿舎やベッド等々、そして必要資源獲得の為の労働と対日戦力化を目的とした捕虜待遇…比較する事がそもそもおかしいでしょ。

 連合国による日本兵に対する虐殺や虐待、拷問の話なんて、幾らでもありますけど、連中は日本兵とは隔離していなければならないのですから、そんな実態を知るわけもないですし、わざわざ教えることも有り得ないのだから。

 何よりも戦時中の追い詰められた日本の状況という時代背景を一切無視して、過酷な支配だのなんだのって、反日のためならもはや形振り構わなすぎだろ、変態新聞
スポンサーサイト
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

folke

Author:folke
怠惰な社会人。
画像はウチのトイプードル(ウサ耳Ver)

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム


folkelowさんのランキング集計結果