徒然な日々に

その日の個人的出来事や、見たニュース、記事から思った事、感じた事を徒然と…
04月10日(日)

逆差別・言論弾圧推進法案を推し進める自公の暴挙 

27日付けの中央日報の記事から

自公、ヘイトスピーチ法案提出 与野党修正協議へ
2016年4月8日23時57分
 自民、公明両党は8日、特定の民族や人種を標的にして差別をあおる「ヘイトスピーチ」をなくすための法案を参院に共同提出した。すでに独自案を提出している民進党など野党との修正協議に入り、今国会での成立をめざす。修正協議では、ヘイトスピーチの範囲や禁止規定を盛り込むかどうかが焦点になる。

 与党案ではヘイトスピーチについて、在日外国人や家族に対する「差別的意識を助長または誘発する目的で、地域社会から排除することを扇動する不当な差別的言動」と定義。差別解消のため、国や自治体の取り組みの必要性も盛り込んだ。

 一方、旧民主党など野党が昨年提出した法案では、「人種などを理由とする差別」全般を禁止するとした。内閣府に審議会を置き、ヘイトスピーチに対する調査や勧告の権限を与えることも規定した。

 バカどもの考えってのは本当にろくなものじゃありませんねぇ?

 ヘイトスピーチ法案だとかほざいていますけど、要は、特定の民族、人種のみを優遇し、その事実を指摘する事を弾圧する為の逆差別法案でしかないじゃねーか、と。

 こんなものを推進するゲスほど言論の自由だの、平等だのと常日頃は騒いでいるのですから、滑稽千万。

 そも、ヘイトスピーチとは日本語で言えば憎悪表現であり、そこには宗教や思想、障害の有無など実に広範なものが入ります。

 だというのに、自公のアホどもがミンスと協議入りさせようとしているのは、「在日外国人や家族に対する「差別的意識を助長または誘発する目的で、地域社会から排除することを扇動する不当な差別的言動」と定義」したものだけだというのですから、これってつまりはチョウセンヒトモドキら日本に巣食う害獣を擁護するためだけの日本人に対する差別法でしかないってことです。

 何せ、見て分かるように宗教や障害等の他に対するヘイトは適用外ですし、それどころか日本人に対する反日日本人や外国人によるヘイトすらも処罰対象外となるわけですから。

 第一、何を持って、誰がそれをヘイトと断じれるのかってことすら、曖昧なままであり、こんな出鱈目が罷り通るのを批判するどころか歓迎しているわけですから、法学者だのマスゴミだのってゴミどもの愚劣さと、本音の差別思想には反吐が出ますね。

 在特会としばき隊らによる衝突の映像などを見れば分かるように、罵りあいの内容はどちらも大差ありません。

 なのに、こんな差別法案が通れば、今後同じような衝突を連中がしたとしても、在特会側だけはヘイトだと規制・処罰され、しばき隊ら犯罪者集団は野放しになるわけです。

 差別はイカンとほざきながら、差別的に処罰対象を選別する…こんな馬鹿げた話があるでしょうか?

 「出自に関わる差別とヘイトスピーチは絶対悪であり、在特会が「在日特権」という虚構を経典とする教条的カルト集団であることは疑う余地がありません」

 これは、iRONNAで安宿緑という在日が書いた記事の一文です。

 三重の各地で10~10数年前まで在日南北朝鮮人だけが住民税を最大半額まで減免するという、在日特権を享受していた事実を、かつてソフトバンクで民潭の在日だけ通信費が割り引かれるという在日特権制度があったことを、こうも平然となかったことにするのが連中の卑劣で呆れる手口であり、このような虚偽の主張に基いて一方を「虚構を経典とする教条的カルト集団」とまでヘイトをやっても処罰されるのは在特会側だけで、このペテン師は今後も同様のペテンと差別が容認され続けるわけです。

 それに、在日南北朝鮮人という危険因子の国内や地域からの排除を俎上して、自己や地域、国家の安寧を願う事がどうして差別になるのか、そんな基本的な問題さえも似非人権主義で塗り潰しているわけですから、これこそ独裁的、反民主的法案ではありませんか。

 戦後から50年代にかけて、日本共産党と結託した朝鮮人は各地で大暴れを繰り返します。

 GHQの資料でさえ、4000人以上の日本人が殺害されるなどの被害にあっていたことを認めており、また、当事の新聞記事を見るだけでも各地で逮捕された同族を連れ出すために警察署を襲撃し、税の優遇措置や生活保護等を求めて役所を襲撃するという事件がいく度も繰り返されていることが分かります。

 有名な血のメーデーも日本共産党と朝鮮人による合同で起こした事件であり、その数ヵ月後の選挙であまりの悪逆非道ぶりに激怒した国民から総スカンを食らって共産党は全議席を喪失し、その後の方針転換へと至りますが、南朝鮮では李ラインの一方的な宣言に基いて大規模な漁民の虐殺と拉致を行い、釈放の代償として重犯罪を繰り返した朝鮮人の釈放を日本にさせて日本国内に極めて危険な犯罪者を多数蔓延らせ、更には日赤爆破テロを目論み、南北で日本国内からの拉致事件を引き起こし、日本への侵略戦争も南北で画策して核を日本へ落とす事を夢見て年端も行かぬものたちにその妄想を刷り込む…

 こんな危険なケダモノが、未だ50万超も日本には蔓延っているわけです。

 かつての日赤爆破テロ未遂時には、工作員が実行部隊として在日を使っていましたし、北による日本人拉致には朝鮮総連が協力していた。

 つまり、個人犯罪のみならず、南北朝鮮の組織意向に基いた国家規模の犯罪を行う実行部隊、工作員としての側面も持っているのが在日朝鮮人であり、その追放を求めることはおかしなことだの差別だのと見当違いの主張をするどころか、むしろ本来は国民の安全を守るべき国家が率先してやるべきことです。

 実際、戦後総理大臣となった吉田茂はGHQの司令官であるマッカーサーに対して、朝鮮人の追放許可を求めており、その理由として大半が密入国であることや日本の復興に貢献しないどころか共産主義者またはその賛同者であり、日本にとって害を為すばかりであることを挙げています。

 その証拠として、1945年8月15日以後、1948年五月末までに刑事犯として裁判に付された朝鮮人の数が9万1千を越えている事を伝えています。

 それが平気な顔をして無理矢理日本に連れて来られた被害者だのとほざいている上、特別永住権を得ているのですから…

 でも、今後このバカ法案が通った場合にはこういう事実さえも口にしたり文章としてしまったら、ヘイトスピーチを行ったと後ろ指を指され、処罰されることになるかもしれない

 何せヘイトスピーチであるか否かを判断する明確な根拠さえ存在しないのだから、幾らでも恣意的運用が可能であるし、そこにはどう考えてもマトモな思考をした人材をこんな法案を考えるバカな連中が据えるとは思えないのですから。

 例えば、民主の協力者であり、反安倍を掲げてヘイトスピーチを繰り返している山口みたいな法学者を名乗る良識を著しく欠いた違法行為常習者が選ばれるとか。

 自らの言動を棚に上げて偽善をなすというのが大好きな連中がそういう地位を得たら…間違いなく差別を掲げながら差別しそうに基いた言論弾圧が始まるでしょう。

 何せ自国の総理大臣に対して、「お前は人間じゃない」「ぶった斬ってやる」だのと公共の場で吼える異常者なのですから。

 法案提出の目的自体不純極まりないものであるだけに、その内容は出鱈目かつ差別的、仕組みや運用についても曖昧模糊といい加減という言葉を幾つも積み上げた結果のようなものを実行しようとしているのですから、野党のみならず自公も頭が狂っているとしか思えない暴挙ですよね。
スポンサーサイト
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

folke

Author:folke
怠惰な社会人。
画像はウチのトイプードル(ウサ耳Ver)

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム


folkelowさんのランキング集計結果