徒然な日々に

その日の個人的出来事や、見たニュース、記事から思った事、感じた事を徒然と…
03月20日(日)

バカヒ自身の押し付けの歴史を棚に上げる毎度のイカレっぷりに驚嘆 

19日付けの朝日新聞デジタルの記事から

教科書検定 押しつけは時代遅れだ
2016年3月19日(土)付
 教科書は、時の政権の言い分を教え込む道具ではない。

 来年春から高校で使う教科書の検定結果が発表された。

 文部科学省は、新しいルールを高校に初めて適用した。

 教科書編集の指針を変え、検定基準も政府見解があれば、それに基づいて記すよう改めた。自民党の意向に沿ったものだ。

 今回も、昨年の中学の検定と同じようなことが起きた。

 領土問題で、日本政府の立場を記すよう意見をつけた。戦後補償のコラムには、政府見解に基づいて書くよう指摘した。

 目立ったのは、自衛隊や憲法、原発など賛否の分かれる問題で、安倍政権の姿勢に沿う記述を求めたことだ。

 例えば「現代社会」で、積極的平和主義の記述がある。原本には「憲法解釈を変更し」「広範な地域で自衛隊の活動を認めようという考え方」とあった。

 ここに「誤解するおそれがある」と意見がついた。「主義」なので、もとになる目的を書くように、というのだ。

 その結果、自衛隊活動をめぐる憲法解釈の変更により、「国際社会の平和と安定および繁栄の確保に、積極的に寄与していこうとするもの」となった。

 政府の立場を知ることは悪いことではない。ただ、それを唯一の正解として扱うのは押しつけだろう。戦前の国定教科書に近づいていないか。

 国はそもそも教科書の影響力を大きく考えすぎている。

 子どもは教科書だけで学んでいるのではない。図書館で調べれば、反対の見方や違った視点の本を知ることができる。

 文科省は、次の学習指導要領の議論を進めている。

 高校で「歴史総合」「公共」(ともに仮称)などの科目をつくり、多面的、多角的に考える力を育てようというのだ。

 こうした科目では、政権の見方、考え方を相対化し、野党や市民、他国など様々な立場を伝える教科書が求められよう。

 いまのままの検定の姿勢で、果たして対応できるだろうか。

 現在の検定制度は、紙の教科書を前提にしている。

 だが、参考になるサイトのアドレスを書く教科書が増えてきた。検定でもその内容を確認しているが、ページの内容はどんどん変わる。国が中身を吟味し切れるものではない。

 教科書の一言一句に目くじらを立てる検定は、もはや時代遅れではないか。幅広い教材を認め、教師の指導の裁量を広げ、子どもが多角的に考える機会を増やす。検定も、その方向に踏み出してもらいたい。

 いやはや、自分が何を言っているのかさえ理解できないまま、単にオカミに反発する俺カッケーと、まるで反抗期真っ只中の親に反発したいだけの中坊よろしく、オツムの極めて悪い記事を誇らしげに書いているのですから、人間ここまで堕ちると余りの哀れさに涙を誘いますね。

 「教科書は、時の政権の言い分を教え込む道具ではない」のなら、当然、出版社や執筆者、そして日教組ら狂師の個人的な妄想や思想を教え込む為の道具でもありません

 事実関係が明白な領土問題で虚言を弄する敵国の主張を盛り込まねばならない理由など、国民の育成の場において何ら必要はありませんし、バカヒや野党らの如き同調する売国奴の主張なんぞ論外も甚だしい。

 妄想に起居し、位置さえ出鱈目な地図持ち出した上、更に改変までして自分のものだと嘯くチョウセンヒトモドキや古銭を投棄して過去に自国領土だった証拠だと捏造して侵略を行う中国、平和の為の戦争と嘯いた事さえ忘れて戦利だと千島や南樺太の不法占拠を正当化するロシアなど、何処にその主張を盛り込む必要があるのか?

 第一、「国はそもそも教科書の影響力を大きく考えすぎている」「子どもは教科書だけで学んでいるのではない」とほざくなら、バカヒの述べる通り、「図書館で調べれば、反対の見方や違った視点の本を知ることができる」のですから、わざわざ敵国やブサヨの与太話を教科書に盛り込む理由は何もありません

 焚書や隠匿がされたり、出版差し止めの上に著者が裁判にかけられるようなそれら独裁国家や思想統制国家と違って、日本では双方の主張が載っている本や相手側の本も普通にあって、好きに閲覧できるのですから。

 慰安婦関連なんて特に、70~80年代のブサヨ全盛時代に出されたデマ本さえ図書館には幾らでも溢れていますよ?

 ホント、バカヒって救い様が無いほど頭が悪いですよねぇ?

 積極的平和主義の話にしたって、自衛隊の活動はその主義を実践する為の手法でしかなく、手段が目的であるかのような記述は誤解をさせるための意図的歪曲でなければなんだと言うのか?

 ましてや憲法解釈の部分なんて、手段である自衛隊の活動に柔軟性を持たせる為の手段でしかないのですから…

 執筆者が余りにバカ過ぎて、政府見解を理解すら出来なかった結果です、とでもいうつもりでしょうかねぇ?

 ま、学び舎なんて現職や元だって狂師連中が書いたものですから、そうだと言われても納得はできますけどね(笑

 いずれにしてもかつて、つくる会が出来た際に散々内容に因縁をつけて罵詈雑言を浴びせていたバカヒが、「教科書の一言一句に目くじらを立てる検定は、もはや時代遅れではないか」とかほざいているのですから、滑稽でしかありません。

 例えば、多角的視野がどうのとほざいていますけど、つくる会の教科書について最初の時は日本神話関係の記述があるのが許せないと平然とした顔で正反対の事を喚いていました

 逆に4年後の時には沖縄戦やひめゆり部隊、集団自決に関する記述が無いのが許せないとほざいていますが、記載する義務なんて何もないのに、「こうでなければならない」と、バカヒの価値観を押し付けて社説で罵詈雑言を浴びせており、それでいて今度は押し付けは時代遅れだとかほざいているのですから、もう、ねぇ?

 マリアナでも地上戦と集団自決はあったし、敦化事件や真岡郵便電信局事件のようにソ連の侵略によって集団自決に追い込まれた民間人や女学生だっているのに、そちらには一切目を向けず知らぬ顔をしながら、何故沖縄に関してだけそんなに記述を盛り込まねばならないのか、説明すらないまま、これが多様性だとか多角的視野がどうだとかほざいているのですから、如何にイカレた思考の異常者集団なのか分かるでしょう。

 昨年、慰安婦に関する記述が削除された時も、数研の教科書を社説で罵倒していた事さえオツムの出来が悪すぎて覚えていないのでしょう。

 第四の権力等と僭称してきた連中が、検定やめろとほざく一方で、自らの検定行為は時代遅れでないんだと倒錯した意味不明の主張をやっているわけですから、つくづくバカの名に相応しい言論テロ組織ですよね。
スポンサーサイト
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

folke

Author:folke
怠惰な社会人。
画像はウチのトイプードル(ウサ耳Ver)

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム


folkelowさんのランキング集計結果