徒然な日々に

その日の個人的出来事や、見たニュース、記事から思った事、感じた事を徒然と…
02月16日(火)

もはや常にブーメランを頭に刺さないと生きて行けないのだろう… 

15日付けの産経ニュースの記事から

安倍首相、電波停止「民主党政権で同じ答弁」
2016.2.15 17:43
 安倍晋三首相は15日の衆院予算委員会で、放送局が政治的な公平性を欠く放送法違反を繰り返した場合、電波法に基づき電波停止を命じる可能性に触れた高市早苗(たかいち・さなえ)総務相の発言について、「民主党政権で同じ答弁をしている」と述べ、野党の批判に反論した。民主党の山尾志桜里氏の質問に答えた。

 菅直人内閣時代の平成22年11月、平岡秀夫総務副大臣(当時)は参院総務委員会で、「放送事業者が番組準則に違反した場合には、総務相は業務停止命令、運用停止命令を行うことができる」と答弁した。

 これを踏まえ、首相は「同じ答弁なのに、高市氏が答弁したからといって、おかしいというのは間違っている」と述べた。

 安倍晋三首相は15日の衆院予算委員会で、放送局が政治的な公平性を欠く放送法違反を繰り返した場合、電波法に基づき電波停止を命じる可能性に触れた高市早苗(たかいち・さなえ)総務相の発言について、「民主党政権で同じ答弁をしている」と述べ、野党の批判に反論した。民主党の山尾志桜里氏の質問に答えた。

 菅直人内閣時代の平成22年11月、平岡秀夫総務副大臣(当時)は参院総務委員会で、「放送事業者が番組準則に違反した場合には、総務相は業務停止命令、運用停止命令を行うことができる」と答弁した。

 これを踏まえ、首相は「同じ答弁なのに、高市氏が答弁したからといって、おかしいというのは間違っている」と述べた。

 因縁をつけることが仕事で、国会運営上答弁を繰り返す必要性や法令、過去の内閣による答弁と照らし合わせてどうなのかというような事は鑑みさえしないバカ集団、ブサヨの筆頭民主。

 何の問題もない事を問題だと意味不明に喚きたて続け、結果、今回もまた自分達が言っていた事だと暴露されて見事にブーメランを己の頭に突き刺した、と。

 本当に救い様が微塵さえない鶏頭の群れですよねぇ、このゴミ虫集団って。

 で、その当事の菅内閣とはどんなだと言えば、首相のバ菅自らが政権運営を独裁だと宣言して子分どもに好き勝手悪事を働かせていた時代です。

 例えば、官房長官になった仙谷は読売の許可を得た合法的な取材を盗撮だと、犯罪行為呼ばわりしておきながら、己の悪行について結局最後まで謝罪しませんでしたし、外国人なら犯罪者でも擁護する売国異常者思考者千葉景子を法務大臣に据え、選挙で国民に拒絶され落選した後も留任させる、松崎哲久のように立場を利用して恫喝、脅迫、暴行が行われるなど、宣言通りな民主による独裁政治をやっています。

 南朝鮮へ国家財産を勝手に譲渡したり、尖閣での中国による侵略行為に膝を屈した上に、海保職員を追放して上司にまで監督責任を負わせながら自らのお仲間である大臣は別格だと一切罰を与えないなんて真似もしましたし、自衛隊員を律する自衛隊法を濫用して一般国民の言論を弾圧したのもこの政権下での出来事です。

 まさに民主三馬鹿政権の中でも最も極左思考が強まり、独裁政治を欲しい侭に行っていた時代になされた発言ということです。

 それでいて、そのような独裁政治を否定した自民党政権下で同じ発言があったら、マスゴミを萎縮させるだの、圧力だのとほざいているわけですから、呆れ果てますよねぇ?

 因みに民主の腐乱脳、フランケン岡田はこの指摘に対して、自分達のは副大臣だからいいんだ、大臣が行った自民はダメなんだという趣旨の、全く持って意味不明の言い訳を展開しており、毎度の事なのに戻ってきて頭に刺さったブーメランにパニックを起こしているさまがハッキリわかります。

 ホント、政治家としての資質とか以前に人間として生きている価値そのものがない、他人の邪魔をして害する事しか出来ないクズどもですよねぇ、コイツらって。
スポンサーサイト
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

folke

Author:folke
怠惰な社会人。
画像はウチのトイプードル(ウサ耳Ver)

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム


folkelowさんのランキング集計結果