徒然な日々に

その日の個人的出来事や、見たニュース、記事から思った事、感じた事を徒然と…
01月25日(月)

「オール沖縄(笑)」の崩壊 

24日付けの産経ニュースの記事から

宜野湾市長選、普天間飛行場の移設促進派の現職が再選確実
2016.1.24 21:10
 米軍普天間飛行場を抱える沖縄県宜野湾市の市長選が24日、投開票され、無所属で現職の佐喜真淳氏(51)=自民、公明推薦=が無所属で新人の元県職員、志村恵一郎氏(63)を破り、再選を果たすことが確実となった。

 普天間飛行場の名護市辺野古移設に対する姿勢が争点となった選挙は、安倍晋三政権の支援を受け辺野古移設を否定しない佐喜真氏と、移設に反対で同県の翁長雄志知事に支援された志村氏との一騎打ちの構図だった。投票率は68・72%だった。

 オール沖縄(笑)

 翁長・伊波の反日コンビの戯言はこれでものの見事に粉砕されましたね。

 まぁ、ゲート前での無法なテロ活動に「常に参加する辺野古区民は2人だけ」というのですから、結果は分かりきっていましたが。

 そこに住む人間を味方に付けるというのは統治の基本ですが、その地元住民の生活を助けるどころか道路の封鎖等でむしろ妨害してオール沖縄だのと意味不明の戯言を並べて暴れまわっているわけですから、むしろ人心が離れるのは当然です。

 ましてや移設に際しては十二分な補償や援助も政府から約束されている一方、反対派に味方したところで待っているのは無法活動で荒れた地元と、ペテンの税金泥棒と蔑まれ、二度と政府や国民から信頼されない日陰者としての未来だけですからねぇ?

 接戦だと繰り返したところで、余所の人間を大量に招きいれて自分達の暮らしを妨害するのを是とし、更に出来もしない3年以内の無条件普天間閉鎖、国外追放なんて誇大妄想を並べ立てていれば、そりゃあ信用など普通はしないでしょう。

 また、今回翁長・伊波の反日コンビ及び民主や共産等の反日ブサヨ陣営に支えられて出馬・落選した志村恵一郎は、告示前から名前入りの幟を持って練り歩く、告示後も戸別訪問を平然と行うなど、公職選挙法をガン無視した犯罪行為を陣営及び自身で繰り返していたことが明らかになっており、特に戸別訪問の件では志村・翁長に対する告発状が警察に提出されているそうです。

 といっても沖縄県警であり、県知事が翁長である以上、受理せずそのまま握り潰す可能性は高いと思いますが。

 何にせよこれで、オール沖縄だのってペテンが崩壊したわけですし、他ならぬ移設先が反対派を否定したわけですから、ゲート前やボートでの妨害活動には何ら説得力がなくなったことと、地元の民意を無視しているのは翁長こそであるって事が明らかになりましたね。
スポンサーサイト
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

folke

Author:folke
怠惰な社会人。
画像はウチのトイプードル(ウサ耳Ver)

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム


folkelowさんのランキング集計結果