徒然な日々に

その日の個人的出来事や、見たニュース、記事から思った事、感じた事を徒然と…
01月14日(木)

己の無知蒙昧を棚に上げ、揚げ足を取れたと思い込む間抜けな民主のピエロ 

12日付けの産経ニュースの記事から

パートは月収25万? 首相答弁に野党「ずれた感覚」
2016年1月12日17時51分
 12日の衆院予算委員会で、実質賃金をめぐる安倍晋三首相の答弁について、民主党の西村智奈美氏が「感覚がずれている人に雇用政策は取れない」と批判。首相とやり合う一幕があった。

 首相は8日の衆院予算委の答弁で、実質賃金が下がっているとの指摘に対し、「景気回復の過程でパートが増える。1人当たりが低く出ることになる」と説明。その後、例え話として「妻は働いていなかったが景気がよくなって働くことになり、私が50万で妻が25万なら75万円。2人で働くと平均は下がる」と述べた。

 西村氏は12日の予算委で「パートの現状がわかっているのか。25万円のパートがあったら教えて欲しい」と批判。これに対し、首相は「『パートで25万円』とは申し上げていない」「『パート』と言ったのはその前の説明だ」と反論したが、西村氏は「そういうふうに読み取れる。総収入30万円、手取り25万なら、時給は1900円だ。そういう仕事がどこにあるのか」と指摘した。

 政策をぶつけ合い、よりよい政治を実現する…国会とは本来その為の場であり、それを行うのが国会議員の仕事なんですけど、その地位に全く相応しくないサルが当選するとこういう下劣な揚げ足取りをして仕事をしたつもりになって税金を浪費するわけです。

 いやはや、やはり一定以上の学力と常識を持たねば政治家にはなれないし、国民も有権者になれない、そういうシステムに変えないとダメなんじゃないでしょうかねぇ?

 こんなサルが政治家だと我が物顔で存在している事自体、日本の民主主義が衆愚政治となっている証拠ですもの。

 第一パートの話は単なる例え話として出した数字でしかない事は、その時の国会答弁をキチンと見ていれば分かる事であり、それに噛み付く事自体、分別の無い単なる言い掛かりです。

 加えて、「25万円のパートがあったら教えて欲しい」なんてほざいている時点で、この間抜けこそが庶民の暮らしなるものをちっとも理解できていないのも良く分かります。

 最低賃金の額を見て、そこいらのスーパーのバイトだパートだの掲示されている時給額がそれとほぼ同額だという程度の認識しか出来ないのなら、時給1900円の仕事が何処にあるのかわからない、月収25万のパートが知りたいなんて馬鹿丸出しの発言にもなるでしょう。

 何せ、最も安い給与額が底辺の仕事=パートの仕事という勝手な価値観で決め付けて現実を見ていないのですから。

 でも、募集広告、特にネットの求人広告会社のHPで高額時給や日給を検索すれば、月収25万円を達成可能な仕事ってゴロゴロ転がっているんですよねぇ?

 単純な時給額だけで言えば夜の店のフロアレディなんてのだと3000円とかありますけど、何もそういうのを選ばなくても、例えば看護士の仕事などは医療や介護などで時給1,700円以上が首都圏ではあっちこっちに掲載されています

 時給1,700円の場合、147時間ほどで25万円に到達しますので、1日8時間なら18.5日程度で達成できますし、普通は残業がある程度するものなので、もう2~3日少なく到達することも可能であり、大体週4日程働けばよい計算になりますし、夜勤ともなれば夜勤手当で日給2万円オーバーが当たり前ですからねぇ…

 また、日数よりも時間の融通を優先するならば、介護のホームヘルパーなどが狙い目でしょう。

 こちらは国が行っている処遇改善や23区のような地域や事業所への特別加算などによって結構な時給の増額があり、また、身体介護や障害者介護の場合には更に時給が跳ね上がるので、時給2,000円以上なんてケースもあり、毎月の月収が30万を超える人も実際にいます

 医療・介護関係だと他にも機能訓練指導員とか療法士関係なども1,700円オーバーがザラですし、家庭教師なども高額として有名ですね。

 他にも英語等の語学系の資格所持が必須の仕事も高額が多いですし、コンパニオンやIT系も高額が多い仕事ですね。

 まぁ要するに、一般人がざっと挙げただけでも幾らでもその程度の時給や月収になる仕事なんてのは出てくるわけで、それが分からないなんてのは庶民のように職を探すという至極当たり前のことを、この戯けがした事の無い阿呆だってことに他ならないわけです。

 非正規雇用がどうだのと国会でやっている議員でありながら、それはどんな仕事があるのか、どれ位の給与の幅なのか、そういう基本すら理解できていないってことなのですから、如何に絵空事を妄想で並べ立てて現実無視の空論を吐いているだけなのかがよくわかります。

 しかもそれを日本で最も賃金の高い東京の、それも23区でやっていながら理解していないで、何処にあるんだだのと喚いているのですから…

 もっとも、このサルに人間と呼称して差し支えない程度の知能があったなら、そもそも総理が「私が50万」と述べている時点でこれが単なる例え話の、架空の数字でしかないなんてのは分かりますからねぇ?

 年収3000万円を超える職業の月収が50万円なんて有り得ないのですから。

 まぁ、そうはいってもかつて政権を詐取した際のマニフェストの収支が全く合っていなかったことを見ても分かるように、コイツら民主党の知能って算数の足し引きさえ満足に出来ないチョウセンヒトモドキと同等レベルですから、これを理解しろと言っても知能が足らず不可能なのでしょうね。
スポンサーサイト
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

folke

Author:folke
怠惰な社会人。
画像はウチのトイプードル(ウサ耳Ver)

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム


folkelowさんのランキング集計結果