徒然な日々に

その日の個人的出来事や、見たニュース、記事から思った事、感じた事を徒然と…
11月30日(月)

子ども手当は合法的買収じゃないのかと 

28日付けの時事ドットコムの記事から

給付金は「合法的買収」=枝野民主幹事長
(2015/11/28-18:10)
 民主党の枝野幸男幹事長は28日、さいたま市で講演し、安倍政権が「1億総活躍社会」実現に向け、低所得高齢者に3万円程度の臨時給付金を支給する方針を打ち出したことについて、来年夏の参院選と絡め「投票日近くに配られるそうだ。こういうのを合法的買収と言う」と批判した。枝野氏は「まさに選挙目当てのばらまき以外の何物でもない」とも断じた。

 本当、この枝野ってシーモンキーには記憶能力が欠落しているんでしょうねぇ。

 でもなきゃ、毎度口を開く度に間抜けな寝言を述べてはブーメランバカだと冷笑されることに対して恥じ入りも反省もせず、延々とバカを曝すなんて真似を繰り返せるわけがありませんもの。

 来夏の参院選に絡めて「投票日近くに配られるそうだ。こういうのを合法的買収と言う」「まさに選挙目当てのばらまき以外の何物でもない」とかほざいたんだそうですけど、このミジンコ並みの下等動物に記憶って能力があったら、まさしく自分達はかつて選挙目当てに合法的買収をしたクズですと自白したも同然だと理解しているはずですものねぇ?

 かつて民主が「国民との約束」と謳って垂れ流した妄想、マニフェスト。

 このデマの大風呂敷の中に、約束を勝手に書き換えて無理矢理実施しておきながら、それでも僅か1年で実施困難となって廃止とした「子ども手当て」という天下の悪法がありました。

 民主が最近喚くところの欠陥だらけ、矛盾だらけなのにろくな審議時間も取らず、野党の言い分を無視して数の暴力によって短期間で無理矢理強硬可決をしたまさに独裁政治の最たるものです。

 まさにばら撒きによる選挙勝利を目的としてマニフェストの一つとして掲げていた為、当初より子供が日本にいもしない外国人にも支給するだの、自民より多い額にすることだけを念頭に2万6千円という財源を考えもしない高額にするだの、所得や人数の制限をかけないだのと、欠陥だらけでした。

 そして案の定、外国人支給額が1年で10億円以上となった上、500人以上の子供と養子縁組をしているから総額8000万以上にもなる手当を寄越せと喚きだすチョウセンヒトモドキが出てきましたし、高額な上に制限もかけないせいで財源が確保できないから半額にしますとか思いっきり約束破りをかます始末でした。

 しかも衆院選で頭の悪い衆愚を騙し込むのに利用しただけでなく、民主党政権誕生(2009年9月)から半年で無理矢理可決(2010年3月に衆参で連中のいう強行採決をした)させたのは、6月に支給を開始することで翌7月にある参議院選挙でも勝って議席を増やそうという魂胆からでした。

 そう、紛れも無く投票日近くに配る事で合法的買収をすることを目的とした、選挙目的のばら撒きそのものだったわけです。

 少なくとも枝野自身、支給前月に外国人を支給対象に含めたことを「率直に言って対応を間違っていた。従来の児童手当の仕組みに軽々に乗り、問題意識が薄かった」と述べて間違いだったと公演で認めており、他者の意見を無視して己の欲望を満たすためにいい加減なものをいい加減なまま強硬可決したと認めたわけです。

 ソレに対する反省も謝罪もないまま、ばら撒きだの合法的買収だのとほざくんですから、つくづく度し難い愚劣さです。

 何時になったら民主の間抜けどもはサル程度の記憶能力を持てるように進化出来るんでしょうかねぇ…
スポンサーサイト
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

folke

Author:folke
怠惰な社会人。
画像はウチのトイプードル(ウサ耳Ver)

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム


folkelowさんのランキング集計結果