徒然な日々に

その日の個人的出来事や、見たニュース、記事から思った事、感じた事を徒然と…
09月28日(月)

低劣なモドキは主張の基本すら抑えず、妄想をただ重ねて喚く 

27日付けの朝鮮日報の記事から

【寄稿】韓国が日本を無視しても構わない理由

南柾旭教授の明朗笑説
日本人が乱発する「スミマセン」は美徳ではなく病気
韓国より低劣な文化だった日本の「場違いな振る舞い」
日本は韓国の文化水準を見抜けなかった点にこそ謝罪を
2015/09/27 05:08
 全世界で日本を堂々と無視する国は韓国しかないという。客観的な指標だけを見れば「実にばかげたことをしている」と言われても仕方がないだろう。ところが日本という国は、多少無視しても構わない。日本は最初から「帝国」になれるような国ではなかったのだ。そんな国がリーダーになろうとじだんだを踏んだために、東南アジアの多くの国々が迷惑を被ったのが20世紀半ばまでの東アジアの歴史だった。

 ある国が帝国になるためには、次の条件をクリアしなければならない。軍事力、経済力、文化力の三つだ。軍事力と経済力は、一人で努力して準備すればいい。しかし文化力は違う。周辺の国々がその国の文化をうらやましく思い、心からその国の一部になりたいと願ったときにこそ初めて帝国は誕生する。アテネがそうだったし、ローマがそうだったし、現在の米国がそうである。

 それでは、日本は東南アジアの多くの国々がうらやましがるほどの国だったのか。実は少しの間そうだった。開花期の韓国の知識人たちは、西洋文明で彩られた日本をモデルとして考えた。しかし、それは本当に短い間だった。当時の日本をじっくりと観察してみたところで、これこそ文化だと認めるに値するものが存在しなかった。さらには、日本は自分たちよりも植民地の水準の方が高いということを見抜けなかった。周辺の先進文化を抹殺するために、ありとあらゆることを行った。

 善なる循環が成立するためには、帝国が周辺の国々を包容しなければならない。しかし、日本はそうしなかった。自分たちは一等国民で、自分たちが占領した国々は二等国民と見なした。差別がなく、誰でも能力さえあれば最高の位置に上り詰めることができる国こそが帝国だ。

 ローマは、すぐ隣の山岳民族であるサムニウムと40年間にわたって戦争を行った。戦争で勝利した後、ローマはサムニウムを侮辱する代わりに市民権を与えた。終戦から20年後にオタリウス・クラススという人物が執政官に就任する。オタリウスはローマの貴族ではなく、サムニウムの農家の出身だ。開放と革新が帝国の基本条件というわけだ。

 日本は韓国を35年間にもわたって支配した。ローマのやり方に当てはめれば、その期間に能力のある韓国人が首相に就くべきだっただろう。モンゴルのチンギスハンは、育ての父に裏切られ、わずか19人の支持者と共に必死の脱出を図った。やがてバルジュナ湖で一息ついたチンギスハンは、湖の泥水をすすって、かの有名な「バルジュナ湖の誓い」を交わす。忠誠を尽くして信義を守るといった趣旨の誓いで、三国志の「桃園の誓い」に次ぐ中国最高のイベントだ。

 この19人のうちモンゴル人は一人しかいなかったし、残りは他の氏族の出身だった(その一人のモンゴル人でさえチンギスハンの実の弟だ)。氏族を重視するモンゴルの伝統からすれば、考えられないことだった。生まれ持った先天的な条件を問題視しないこと、これこそがモンゴル帝国が世界を制覇した真の原動力だった。一方の日本はどうだったのかについては、言及する必要もないだろう。

 ある人々は、日本人から学ぶこととして他人に対する思いやりと迷惑を掛けまいとする気配りを挙げる。自分の息子がテロ集団に人質として捕まって命が危ないというときに「物議を醸して申し訳ない」とひたすらこびる老母の姿は、そのように見えなくもない。しかし、これは美徳ではなく単なる病気だ。強要された近代化の結果だ。

 日本は共同体の利益を優先する近代化の道を進んだことで、その間に自由な「個人」はなくなってしまった。そのため「私」よりも「私たち」をより優先させ、ともすると「スミマセン」を乱発するのだ。褒められたものではない。よって、日本が周辺国に対して過去の歴史について言及するなら、文章の始まりはこうあるべきだろう。「スミマセン。空気も読めずに場違いな振る舞いをしてしまいました」

南柾旭(ナム・ジョングク)崇実大学文芸創作学科兼任教授

 侮辱ニダと喚いて国家が日本人記者を不当拘束し、幼稚極まりない言い掛かりで帰国すら妨害した挙句、無理筋の論理とすら呼べない愚劣な主張で無理矢理有罪にしようとしている野蛮で下等なケダモノが、日本文化を低劣とか…お寒い限りですねぇ。

 まず、偉そうにほざきながら具体的に何が劣っているのか、逆に周辺国とやらが何処で、そこの何が日本より優れていたのかが一切記載されておらず、主張を裏付ける根拠が絶無という時点で、書いたサルの程度が極めて低劣である事と、掲載する朝鮮日報が単なる低劣な反日アジビラでしかない事を自ら証明していますね。

 「差別がなく、誰でも能力さえあれば最高の位置に上り詰めることができる国こそが帝国だ」

 もう、この阿呆極まりない妄想が爆笑ものですね。

 サムニウム戦争の20年後と言う事は紀元前270年位ということであり、その時代のローマって共和制で執政官を2名、毎年選出しており、その内の1名は必ず平民から選出せねばならない決まりでした。

 これは貴族階級と平民との間での対立が極めて深刻化していたことなどから行われた改革の結果であり、また、もう一人の執政官に拒否権があることや元老院が存在している上に、ただの名も無い平民からいきなりなるようなことは認められていないことなど、十二分に熟慮された上でのシステムです。

 これを当時帝政民主主義国家であった日本の立場を考慮すらせずに比較すると言う時点で、文化や政治に対して極めて無知なのがバレバレです。

 もっとも、日本では日本国籍保有者でかつ、一定以上の年齢と税金納付を行ってさえいる国内居留者には参政権を与えており、実際に朴春琴は土木作業員から日本の衆議院議員になっており、朝鮮人と台湾人にも選挙権だけでなく被選挙権も日本では認められていました

 一方、朝鮮半島に居住していれば国籍保有の日本人であっても選挙権は行使できない状況(実際、朴春琴は議員の任期中に半島居住の朝鮮人と日本人への選挙権付与などを請願している)となっており、これは併合といっても朝鮮総督府を置いての実質的な別国家枠として朝鮮を扱っていたためでした。

 ですが、この結果、朝鮮では知事の半数以上を朝鮮人が占め、警察や役人に至ってはその実に8割を朝鮮人が担うという状況になっていたのは以前国会でも証明されたとおりであり、「自分たちが占領した国々は二等国民と見な」すような露骨かつ陰湿な差別や見下しを国家単位で日本が何時までもやっていたのなら、そもそもこんな事は絶対に有り得えない。

 また朴以外にも朝鮮貴族として貴族院議員になった朴泳孝などもいます。

 東亜日報の初代社長であり、朝鮮総督府中枢院顧問なども務めており、少なくとも当時アジア・アフリカ地域を支配していた白人国家の中で支配国、地域の民族に対して同様の地位や身分、待遇を与えていた国家は私の知る限りでは存在しません。

 それにそこまで見下していたのなら、何で各地に学校を自腹で造ってそんな連中の言葉である醜音を教えてやったのでしょうかねぇ?

 そしてそのハングルを用いた選挙での投票を何故認めていたのでしょうかねぇ?

 チンギスハンの話にしたって、単に皆が皆、敵方についてしまって味方がそれしかいなかったと言うだけの事です。

 ましてや優秀な者を引き立てるなんてのも珍しくも何とも無い話で、信長だってただの農民だった秀吉を重用していますし、三国志でも曹操とか劉備などは才あるものは身分や出自などに拘らずに重用しており、そんなのは当人の器の問題でしかありません。

 それと、バルジュナ湖の誓いが桃園の誓いに次ぐ中国最高のイベントだそうですけど、今じゃチンギスハンのドキュメント番組を見たと言う理由で中国当局に拘束されて国外退去処分にされるんですがねぇ?

 因みに政治や国内の治安だけでなく、軍でも能力に応じた地位と立場をちゃんと与えられており、最終的に僅か35年の間で中将6、少将3の9名も将軍が誕生していますし、李應俊のように後に韓国軍設立で主導的立場を担い、初代陸軍参謀、中将位にまで上り詰めた者もいます。

 ただまぁ、李應俊は反共有功者報国勲章統一章なんてものを与えられていたにも関わらず、死後20年以上も経ってから親日認定されてものの見事に評価や扱いを今では正反対にされてしまっています

 そうそう、最後の方で「これは美徳ではなく単なる病気だ。強要された近代化の結果だ」なんて阿呆な言葉も吐いていますけど、そもそもチョウセンヒトモドキという汚らわしく知能の足りないケダモノには、相手を慮るなんて考え自体存在しませんし、歴史なんてものは捏造するものだって発想だからこんな戯言が言えるのでしょうね。

 日本の場合1400年近くも昔には既に憲法で「和を以って尊しと為す」と始まるように、他人の意見に耳を傾けることや独善や傲慢に陥らないよう戒めており、全体を見ると互いを思いやるとともに己の都合ではなく公共の理念で動けばよりよい結果に国を導けると述べています。

 科学技術をはじめとした文明的な文化面だけでなく、民族の精神熟成度という文化面でも日本人が古代より類稀なまでに優れていたことのこれが証拠であり、サルにも劣る匹夫の戯言が如何に的外れかをよく現しています。

 この精神性は震災時にも我欲に任せて暴れるのではなく、他者を慮り、規則を守る姿に出ており、ご存知の通り世界中から凄いと絶賛されており、褒められたものではないなんて嘲るチョウセンヒトモドキのさもしさこそが異常でしかないのは明々白々ですね。

 実際、セウォル号の沈没騒動を見ても分かるように個を優先し、その為なら何をしてもよいという浅ましく下品な朝鮮文化は事故を惨劇にまで昇華して他国から同情よりも呆れと侮蔑を浴びることになりますし、自分のことしか考えない傲慢で愚劣な態度もまた、世界中から嫌われる理由として大いに貢献しています。

 大体日本の振る舞いが場違いだったというのなら、日本に与えられた全てを捨て去り、水車や染料すら満足に作れず、糞尿溢れる泥道とトイレという概念すらないボロボロの茅葺小屋に住む生活に戻ってから言って見ろという話ですよねぇ?

 大規模なインフラ整備や学校、病院等の開設による識字率の上昇や平均寿命・出生率の増加、食生活の改善などなど、どれもこれも日本がしてやったからこそ、今の南チョウセンヒトモドキが生活できる環境があるのに、何とも恥知らずなことです。

 あぁそれと、無視して構わないというのなら、さっさと本気でやれっての。

 ただでさえ財閥企業が傾いて、為替操作もうまくいかないと二進も三進もいかなくなって日本へ擦り寄ってきている状況ですから、早速ソレを止めて自滅への道をひた走るのをこの上なく待っていますよ。
スポンサーサイト
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

folke

Author:folke
怠惰な社会人。
画像はウチのトイプードル(ウサ耳Ver)

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム


folkelowさんのランキング集計結果