徒然な日々に

その日の個人的出来事や、見たニュース、記事から思った事、感じた事を徒然と…
09月24日(木)

阿呆独自の出鱈目解釈で言い掛かりに利用される積極的平和主義 

24日付けの朝日新聞デジタルの記事から

「難民受け入れは積極的平和主義の一部」 緒方貞子氏
2015年9月24日08時13分
 緒方貞子・元国連難民高等弁務官は朝日新聞の取材に応じ、「難民の受け入れくらいは積極性を見いださなければ、積極的平和主義というものがあるとは思えない」と話し、難民受け入れに慎重な日本政府の姿勢を改めるべきだと訴えた。

日本の難民認定、5千人中11人 条約を厳格解釈し審査
難民 世界と私たち
 日本では昨年、5千人が難民申請をしたが、昨年以前に申請されたものを含めて、昨年1年間に認定したのは11人だった。

 1991年から00年まで国連難民高等弁務官事務所(UNH-CR)のトップとして世界の難民問題に対処した緒方氏は「当時から日本に難民を受け入れてもらうのに苦労した。変わっていないのは情けない話だ」と指摘。「難民の受け入れは積極的平和主義の一部だ。開発援助も、底辺に届くようなものをどれだけやるかだ」と話した。

 シリアなどからの難民については欧州だけでなく米国なども受け入れを表明している。これまで日本で難民申請をした約60人のシリア人のうち、日本政府が難民と認定したのが3人にとどまっていることについて「シリア情勢に対する日本の無知ではないか」と批判した。「日本を目指して逃げてくる人は少ない」としながらも、日本に着いた人びとについては、難民としての保護を検討すべきだとの考えを示した。(大島隆、今村優莉)

■島国根性でやっていけるのか

 --日本の難民受け入れをどう考えていますか。

 「物足りない、の一言です。特に人道的なこういう事件(シリアなどからの大量難民)が起こったときに『まだか』という感じですよね。日本は、非常に安全管理がやかましいから。リスクなしに良いことなんてできませんよ」

 「簡単に言えば、難民受け入れがものすごく厳しいですよ。私が(難民高等弁務官だったのが)2000年までで、今、15年でしょう。変わっていないみたいですよ、残念ながら」

 本当このバカ、元国連難民高等弁務官なのかって思ってしまいますよねぇ、毎度ながら頭が悪すぎて。

 難民を受け入れるという難事を「受け入れくらい」などと軽薄な表現をしている時点でもう、どうしようもないまでに馬鹿すぎますし、日本政府の掲げる積極的平和主義と難民の受け入れを悪意を持って混同・曲解して事実のようにデマを吹聴していますが、丸っきり関係ありません。

 「我が国の安全 及びアジア太平洋地域の平和と安定を実現しつつ、国際社会の平和と安定及び繁栄の確保にこれまで以上に積極的に寄与していく」という国家安全保障の基本理念として日本政府は積極的平和主義を掲げているのであり、この緒方のように無知蒙昧な自称難民を全て受け入れますという阿呆な政策がどういう事態を招くかは、現在のドイツやオバマの阿呆によるアメリカの状況を見れば一目瞭然でしょう。

 ましてやバカヒはこれ見よがしに島国根性などと日本を嘲る表現を持ち出していますが、何故何の縁も所縁も無いシリアの難民を何千人も日本が受け入れねばならないのか、国家予算を食い潰し、治安を悪化させる要因を抱え込むことの何処が積極的平和主義だというのか?

 難民ともなれば自称被害者ですから、衣食住をまかなってもらうのが当たり前なんて発想の者もおり、わざわざ教育プログラムだなんだとやっても税金を浪費するだけに終わるケースだって珍しくない。

 第一、日本の場合はそれらの違いだけでなく言語や居住地の問題もある。

 世界でも最も難関な言語である日本語は漢字・片仮名・平仮名という3つの文字を操る必要があり、英単語なども交えて話す独特の言語を理解するのは非常に困難が伴います。

 例えば英語ならアルファベットは大文字小文字を足してもたったの52文字ですが、日本語なら平仮名だけでそれ以上(あ行~ら行で43文字で、わ・を・ん、旧字のゐ・ゑ、小文字のあ行とや行の合計56文字)あり、同じだけ片仮名があり、漢字に至っては小学校レベルの習得だけで1006字となり、中学ではそれ以上の1130字、つまり義務教育終了レベルの段階で我々日本人は数字や英語以外に自国語として2250字を覚えているわけです。

 無論ここに数多の同音異義語や慣用表現などが加わるのですから、海外の人間が一から学ぶには難解極まりないですし、人口密度が高く物価も高い日本にわざわざ居住する必要性もありません。

 国別で見た場合、日本はこれだけ山河に囲われた居住可能地が少ない国なのにも関わらず、人口密度で21番目という順位であり、先進国の中ではトップクラス、特にG8ではぶっちぎりの1位です。

 先にあげたドイツなどですら35位で、人口密度は日本の2/3程度なのですから、日本がどれだけ狭いか分かるでしょう。

 そこに人種や文化、宗教や習俗どころかそもそもの言語も分からず、自らの力で金を稼ぐ能力も無いのを年間5000人も受け入れる?

 バカもここまでくると本当に救い様がありませんねぇ…

 自国内の難民とも言える生活保護対象者すら増えすぎて難儀している状況で、1000兆円以上の借金を抱え込んだ国が、わざわざ更なる爆弾を抱えることの一体何処が平和だというのか?

 むしろ難民の受け入れなんてのはやくざ等の悪徳ブローカーや犯罪者集団の跋扈に繋がりかねませんし、難民自身が犯罪に走るケースも珍しくないのですから、自国の平和を破壊する行為になりかねません。

 最も簡単な産業である違法売春の増加にも繋がりますしねぇ?

 「リスクなしに良いことなんてできませんよ」と、緒方の阿呆自身認めている通り、平和にとって害でしかないものを積極的平和主義だと意味不明な矛盾・出鱈目論を翳して押し付けるバカどもこそ、そんなに難民を保護したいのならどこぞの富豪よろしく海外の無人島でも買ってそこで自腹で養ってやればいいだけなのに、国を罵倒しても自分では何もする気がないんですから、卑劣ですよね。

 記事中でもブサヨが認めるようにキチンと条件を満たしていれば難民と認定はしているのですから、それで十二分なのであり、それに納得がいかないのならそれはもはやブサヨの感情の問題でしかないのだから、個人の私財だけで完結するべき問題でしかありません。
スポンサーサイト
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

folke

Author:folke
怠惰な社会人。
画像はウチのトイプードル(ウサ耳Ver)

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム


folkelowさんのランキング集計結果