徒然な日々に

その日の個人的出来事や、見たニュース、記事から思った事、感じた事を徒然と…
09月12日(土)

テロリストどもが遂にその暴虐な本性を剥き出しにし始めた 

6日付けのIWJ Independent Web Journalから

1万2千人が新宿歩行者天国に集結、伊勢丹から紀伊国屋まで抗議のプラカード--学生と学者が「安保法案」に反対の声
2015/09/06
 (前略)「安全保障関連法案に反対する学者の会」の呼びかけ人である学習院大学教授の佐藤学氏によれば、学生と学者の会が、7月31日に第一弾の共同行動を砂防会館(東京・千代田区)で開催した際は、参加者4000人だったとのこと。それから一ヶ月余りで、同法案に反対の声をあげる人々が、格段に増えていることに手応えを示した。

 その上で、「私たちはこの歩行者天国をハイジャックしました。この力で安倍から日本を取り戻しましょう」とステージから呼びかけ、一週間後に再度抗議集会を開催すると述べた。

 (中略)政界からは民主党代表代行の蓮舫氏、社民党党首の吉田忠智氏、元公明党副委員長の二見伸明氏、そして、日本共産党の志位和夫委員長がスピーチを行った。

 蓮舫氏は国会での審議を通して、この法案の欠陥が明らかになっているとして、「なんで自衛隊が地球の裏側まで行って、米軍の後方支援をして、核弾頭を運べるようにするんですか?劣化ウラン弾を運べるようにするんですか?クラスター爆弾を運べるようにするんですが?安倍総理は『常識的にそんなことするはずがない。そんなことわかるじゃないか』と言いました。しかし、常識外の行動をして、立憲主義を踏みにじった総理の言葉をいったい誰が信用するんでしょうか」と、安倍総理の姿勢を強く批判した。

 さらに続けて、「これらの法案が通ったら、自衛隊は防衛大臣が判断をすれば、地球のどこでも米軍の空母を、米軍のステルス戦闘機を、たったひとりの自衛官が守れるようになるという。撃たれたらどうするのか。魚雷が撃ち込まれたらどうするのか。現場の判断で撃ち返す、という。これを一般的には『戦争が始まること』というのではないのか。安倍総理は、『安全な場所でやるからだいじょうぶだ』と言う。世界のどこに、安全な場所だから武器や弾薬を守ってくださいという場所が、いったいどこにあるのでしょうか」と訴え、参加者から賛同の喝采を浴びた。

 ステージに登壇した学生の一人、国際基督教大学4年の栗栖由喜さんはスピーチの中で、多額の借金をしながら大学に通っていることを告白しながら、その意義を次のように語った。

 「貸与の奨学金を受けながら大学へ通っています。私は高校の時から奨学金を貸与しながら学校へ通っているのですが、何百万という借金をしながら何を学んでいるのか、安倍さんに教えてやります。それは抑圧者の権力に抗い、それと戦う知性です」

 また、憲法や国民の声を全く無視し、法案の成立を急ぐ安倍政権を厳しく批判した。

 「国家の安全保障の問題はとても複雑で、理論は崩壊し、未熟な議論のままで決定できるようなそんな単純なことじゃない。

 この世の全ての富を手に入れても、死んでしまった誰一人の命も私たちは生き返らせることができない。『私が責任を取る』ということがどんなに無責任で残忍なことであるのか、安倍さんはしっかりと認識すべきです」

 元公明党副委員長の二見伸明氏は、自らを「公明党が『平和の党』、『福祉の党』として一定の存在感を持っていた頃の副委員長」だと紹介し、「結論から言いますと、この安保法案はぶっつぶす以外にありません」と、同法案に反対する立場を示した。

 その上で、「もしこの中に公明党の党員がいたならば聞いてもらいたい。今こそ私情を捨てて、立ち上がって、公明党の議員一人一人の胸ぐらを掴んで、『目を覚ませ』、『正気にかえれ』と言ってもらいたい」と述べ、党員が自ら行動を起こすことの重要性を訴えた。

 ステージからスピーチを行った二見氏の目にも、参加者が掲げた創価学会の「三色旗」が目に入っていたはずである。二見氏の力強い言葉は、公明党内部に新しい変化を生むきっかけとなるだろうか。(IWJ・青木浩文)

 はい、読んで分かるようにバカのバカによるバカの為のバカ騒ぎです。

 別名、ペテン師集団による犯罪礼賛大会ってとこでしょうかね?

 まず出てきた名は佐藤学ですが、コイツは元日本共産党東大教育学部支部長というアカそのものであり、主張を見ても「歩行者天国をハイジャック」「この力で安倍から日本を取り戻しましょう」と、実にアカに相応しい暴力的かつ知性に乏しい愚劣さを知らしめています。

 ハイジャックとは乗り物を武力で乗っ取ることを意味しており、道路のようなものの制圧は単なる不法占拠でしかありません。

 まして9・11の発生から14年目を迎える日まで一週間を切ったこの時期に自分達の違法行為をハイジャックに例えて嬉々としていられる神経…異常極まりないものです。

 まぁ、むしろよど号や大韓航空機爆破などコイツらアカにしてみればハイジャックは栄光の歴史だから、敢えてこの時期にハイジャックなどと称したのかもしれませんが、それならそれで万死に値する非道ぶりであり、戦争反対だの人命がどうだのなんて、口にする資格は一切ありません。

 東大の教授だったなんていったところで所詮、知能やモラルのレベルなんてこの程度であり、もはやこの手のゴミ虫は生きていることそのものが恥と言えるでしょう。

 そして何よりも、「「歩行者天国」は、歩行者用道路として人と車を分離し、安心して楽しい散策やショッピングができるように設けられたもの」であって、そこでの路上ライブ、パフォーマンス、撮影会、デモは禁止行為です。

 これは警察庁のHPにもハッキリと明記されており、主催したSEALDsや似非学者どもはやはり、立憲主義や法治などクソ食らえだと思っている身勝手な犯罪者の群れでしかない事を如実に示しています。

 また、上記の通り禁止行為への参加者には民主の誇るペテンのバーゲンセール、蓮舫など国会議員も平然と参加しており、最低限のルールも守らない連中がどの面下げて憲法を守れなどとほざいているのかと、呆れ果てるまでの傲慢ぶりと蒙昧さに反吐が出ます。

 そして決定的に嗤ってしまうのが、前回のエントリーで記したように民主党のペテン師としてこれまた有名な有田が必死に擁護していた奥田が、またも文春での発言がウソであった事を自らの行動で示している事でしょう。

 このルール無視のハイジャック(失笑)スピーチ参加者にはまたも共産党の志位が参加しており、その紹介を奥田自らが嬉々としてやっているんです(爆笑

 嫌いじゃなかったのか、怖いって感情は何処行ったんだ、距離を置くどころかもう毎回一緒じゃねーかと、もう、連中がネットで流している映像を見て本当に爆笑しちゃいましたよ。

 だって奥田が物凄く嬉しそうに紹介し、マイクを恭しく渡した後もすっごく嬉しそうにニヤニヤしながら後ろを通り抜けて壇上から降りていってるんですもの。

 ペテン師の素質十二分すぎるでしょ、20代前半で息をするように、そう、まるでチョウセンヒトモドキの如くナチュラルにウソを撒き散らせるのだから。

 因みにこのペテン小僧、この集団スピーチの合間にも何時もの罵声タイムを入れて、音楽に載せながら「どうでもいいなら総理を辞めろ」と相変わらず、総理が言ってもいないウソを垂れ流しながらの話を捻じ曲げた脅迫コールをして遊んでいました

 それにしてもまぁ、類は友を呼ぶと言うだけあって、出てくる学生も香ばしいだけじゃなくて、知性に乏しい点まで一緒とか、生き様そのもので人を笑わせようという渾身のギャグのつもりなんでしょうかねぇ?

 「何百万という借金をしながら何を学んでいるのか、安倍さんに教えてやります。それは抑圧者の権力に抗い、それと戦う知性です」とかほざいている国際基督教大学4年の栗栖由喜とかってバカに至っては、大学で何をそんな無駄遣いをしているのかと。

 安倍総理が抑圧者であるかのような物言いをしていますが、本当にそうならこのバカ、とっくの昔に捕まって拷問なり処刑なりされているはずなんですがねぇ?

 お隣の中国や北朝鮮を見れば本物の抑圧者の権力がどういうものかなんて、わざわざ大学で学ぶまでもなく理解できる程度の話でしかなく、人様の金で学ばせてもらわねば分からぬ程度の知能なら、そんなもの通うだけ金の無駄です。

 ましてやペテンに言い掛かり、法もルールも無視して暴れることの一体何処が戦う知性だというのか?

 頭の狂った売国政治家や似非学者、ブサヨメディアらを味方につけて犯罪行為をしても捕まらないようにするのが戦う知性だとでも思っているんでしょうねぇ、こんな馬鹿げた主張で自己陶酔出来るなんて。

 そんな無駄なことに費やせる時間と労力があるなら、人様の金で大学に通うなんて恥知らずな真似をせず、それこそ真面目にバイトをして自分の金で胸を張って大学に通おうと思えないんですかねぇ…

 ま、そんな殊勝な心がけが出来るなら、最初からこんな恥知らずな真似をして、しかもそれを披瀝して自慢げに振舞うなんて出来るわけありませんか。

 そもそも決断一つで人命、時には国家の行く末さえ左右される事になるのが国会議員であり、そのトップたる国家元首の仕事なのに、その責任を負うと宣言するのが無責任とか、仕事内容そのものを全く持って理解していない証拠でしかありませんしねぇ?

 例えば、蓮舫という無責任な決断をして責任を一切取らなかったクズのいい例が一緒にスピーチしていたのに、そちらにはなーんにも批難も言わないのですから、ほーんとコイツらの主張って中身が空っぽな上に自分の好みで態度が豹変するのですから、お笑いでしかないですよねぇ?

 何時起きるかも分からないものに備えるのは無駄だと言って、国民の生命・財産を軽視し、スーパー堤防などの防災関連予算を仕分けして、直後に東に本題震災が起こり、津波などで大被害を被って民主の無責任さを受け入れるとどんな事態を招くのか、日本人として実体験しているというのに、蓮舫に噛み付かないとか、本気で命を大事になんて思っているのなら有り得ませんよね。

 因みにこの時、己の計画停電に対する大臣としての対応不備を問われて、「初めてのことなので」というジェノサイド村山と同じ言い訳を弄して逃げようとしており、常識外の態度を平然と取って責任は取らない蓮舫の無責任ぶりに大顰蹙が出ました。

 この時も記事の通り、「米軍の後方支援をして、核弾頭を運べるようにするんですか?劣化ウラン弾を運べるようにするんですか?クラスター爆弾を運べるようにするんですが?」とまぁ、法律上の出来る出来ないの論と、実際に出来る出来ないの実態を意図的に混同させて批判をしていますし、しかも取り合えず悪そうなものの名前を挙げておけばいいやという幼稚さが滲み出ていますよね?

 劣化ウラン弾は別に使用が禁止されている兵器でも何でもありませんし、クラスター爆弾にしても旧型の不発弾が多く出るものが禁止されただけで、むしろ自爆機能を持った最新型のものや子弾の数が少ないものは作成や使用が国際会議でも許可されていますから、核兵器と同列にすることは悪意ある意識誘導であり、ペテン師らしい詐欺的手法といえます。

 そして最後に出てきたのは元公明党副委員長の二見という輩ですが、記事の通り、「公明党の議員一人一人の胸ぐらを掴んで、『目を覚ませ』、『正気にかえれ』と言ってもらいたい」と、他人へ暴力犯罪を教唆しています。

 「胸倉を掴ん」だ時点で傷害罪は成立しますし、その状態で己の傲慢を暴言として相手に吐く行為は立派な脅迫罪です。

 頭の悪いバカガキども同士だけでの発言なら、知性も常識も欠落した愚劣なガキだからで注意喚起位で済む話かもしれません(無論誰もじっこうしていない段階での話であれば)が、大臣だったこともある元衆議院議員が障害や脅迫を他者へ唆して、民主主義だの国民の意思だのと言うのは、到底看過されるべき話ではありませんし、それを蓮舫や社民・共産のトップが公然と聞いていたのに反論も抑止もしなかったわけですから、民主・共産・社民の三つの政党はもはや欲望を満たすためならば公道の不法占拠どころか直接的な暴力行為さえ是認するに至ったと言えます

 これで、戦前から続く唯一の平和な政党とかほざいているんですから、共産党と志位のペテンぶりは酷すぎますね。

 そしてそんなペテン師とペテンを繰り返しながら結託するSEALDs…コイツらは、もはや法秩序の破壊者でしかなく、鎮圧すべき犯罪者集団でしかありません。
スポンサーサイト
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

folke

Author:folke
怠惰な社会人。
画像はウチのトイプードル(ウサ耳Ver)

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム


folkelowさんのランキング集計結果