徒然な日々に

その日の個人的出来事や、見たニュース、記事から思った事、感じた事を徒然と…
09月08日(火)

事実隠蔽と捏造がお家芸のバカヒ、凋落する理由さえ理解せず 

6日付けの朝日新聞デジタルから

原発事故と食-対韓紛争で見えること
2015年9月6日(日)付
 東京電力福島第一原発の事故後、韓国が実施した日本産水産物の輸入規制の是非が、世界貿易機関(WTO)の場で争われる見通しになった。

 韓国は原発事故後、青森-千葉の太平洋岸など8県で水揚げされた水産物の一部の輸入を禁止し、2013年秋からは同地域の全ての水産物に対象を広げるなど、規制を強化した。

 これに対して日本政府は「科学的な根拠がない」と反論。韓国側の調査に協力しつつ撤回を求めてきたが、対立は解けず、WTOに第三国の有識者らからなる紛争処理小委員会の設置を申し立てた。

 日本産の食品については十数カ国・地域が、全てまたは一部の輸入を止めているが、韓国に関しては規制強化へと動いた点を特に問題視したようだ。

 貿易自由化交渉の停滞でWTOは「機能不全」とも見られがちだが、紛争処理機関としての役割は果たしている。日本も積極的に活用しており、ここ数年でも中国のレアアース輸出制限、ウクライナの自動車緊急輸入制限措置などを訴え、一定の成果をあげている。

 韓国とは歴史・領土問題を巡ってぎくしゃくした関係が続くが、貿易など経済問題は切り離して対応するべきだ。WTOでの判断を仰ぎつつも、早期決着へ話し合いを重ねてほしい。

 原発事故現場を抱える福島県の沿岸では、事故から4年半になる今も一部魚種の出荷が制限され、その他についても「試験操業」にとどまる。原発被災地とその周辺の農林水産物は放射能検査をし、基準を下回ったものだけを出荷する仕組みが整っているが、消費者は敬遠しがちだ。水産物の場合は、小規模な漁と販売で消費者の反応を探る状況が続いている。

 韓国政府が行った規制強化は、福島第一原発からの汚染水漏れを受けてのことだった。国民の放射能汚染への懸念が強く、消費者の混乱などを防ぐ狙いがあったという。

 規制の範囲や手段に問題があるとしても、食品については「安全」が必ずしも「安心」につながらない悩ましさは、日韓両国で変わらない。

 福島第一原発では汚染水漏れがたびたび生じ、漁業者が抗議する事態が繰り返されている。そのたびに消費者の信頼が遠のいていることを、忘れてはなるまい。

 汚染水を漏らさない。二度と原発事故を起こさない。そうして安全・安心の原点に返るしかないことを、韓国との紛争を機に改めて肝に銘じたい。

 はい、読んで分かるように、日本が悪い、原発が悪いと喚いているだけで中身がデマと都合の悪い事実は隠蔽という姑息な、本当は朝日の頭が一番悪いことを自ら証明しているだけの、何時もの便所紙記事(トイレットクオリティペーパー)です。

 ロシアにしても、台湾にしても規制は緩和の方向で動いており、その中で頑なに拒絶をして科学的な検証や論理的な話し合いを拒絶する南朝鮮のバカどもに対してWTOを動かすことは、国として至極当然の振る舞いに過ぎません

 ましてや朝日はまたお得意の都合の悪い事実は報道しない自由を行使して事実関係の隠蔽を図っていますが、南朝鮮が規制強化をしたのは「福島第一原発からの汚染水漏れを受けてのこと」ではありません

 そういう言い訳を弄していたのは事実ですが、放射能漏れから何ヶ月も経っての話であり、しかも栃木や群馬など海に面していない県、それも今まで水産物の輸入実績すらない県を対象に含めており、どうみてもこの措置には主張との整合性が取れていないものでした

 海への汚染水漏れがしたところで内陸の県にはそもそも影響なんてありませんし、ましてや過去に輸入の実績がない以上、対象に含めなくても何の関係性もないのに敢えてやっているのですから。

 では何故こんなものをわざわざ2013年9月6日という半端な時期に出鱈目な地域選定で行ったのかと言えば、僅か2日後に夏季五輪の最終選考があり、東京がエントリーしていたからです。

 先の世界遺産騒動を見ても分かるように、外務大臣が交わした約束さえも平然と反故にして反日活動で日本を貶める事、嵌める事に歓喜する狭隘で矮小な民族性故、日本に利となるものは全て妨害せねば気が済まない幼稚で下等なケダモノだから、やったわけです。

 少なくとも五輪妨害の意図を勘案されたくなければ、半月前なり半月後なり少し時期をずらすだけでも良かったのであり、わざわざ情勢の急変も無い状況でピンポイントに直前での発表をして関係ありませんなどという言い訳は通じません

 ましてや「国民の放射能汚染への懸念が強く、消費者の混乱などを防ぐ狙いがあった」からといって先に記したように海に面していない全く関係ない県まで含める、それも過去に水産物の輸入実績すらない県を含める理由など一切なく、東京近郊一帯が危険だと喧伝して妨害する意図がなければこうも露骨な時期にこうも広範な地域を対象にする理由がありません。

 何せ上記矛盾は当時から日本では指摘されているのに、未だそこさえ改めようとしないのですから、二代目ルーピーによる単なる反日活動の一環と看做されても文句など言える立場ではありません。

 バカヒが必死に汚染水漏れをアピールして福島が、福島がとバカヒが喚いているのも、栃木や群馬という都合の悪い事実から読者の目を意図的に放すのが目的であり、南朝鮮の措置に全くの正当性が無い事をその幼稚な思考誘導記事で逆に暴露していると言えます。

 だって読んでいて分かるように私が書いた時期や地域という問題について一切触れず、南朝鮮の主張が妥当なものであると必死に塗り固めるための偽装工作をしているだけで、禁止措置をしている国々も緩和へと動き始めていることさえ記していないのですから。

 それにしてもまぁ、「汚染水を漏らさない。二度と原発事故を起こさない。そうして安全・安心の原点に返るしかないことを、韓国との紛争を機に改めて肝に銘じたい」などと偉そうに語っていますけど、だったら威張る前にまずは自社の捏造体質、偽証癖などを正し、誠実・公正というマスメディアの原点に返る努力くらいしたらどうなんでしょうかねぇ?

 あぁ、バカヒの場合は元より捏造や偽証体質で、それらの記事による扇動が当たり前だったから、原点に立ち返るもなにも最初から誠実だった事も公正だったこともないんでしたっけね。

 「国民の中にはまだ特攻精神に徹しきっていないものがあるのではないか」

 何といっても戦時中にはこんな事を社説で書いて、勝つ為には特攻による民族絶滅だと女子供にまで死ね、それが常識だと強要していた己の過去を隠し、今では何故もっと早く戦争をやめられなかったのかなどと政府や軍を批判しつつ、一方で平和主義を抱えて暴動を起こすテロ屋どもを賛美するなんて真似を、恥じらい一つ感じずやれるのが朝日新聞ですからねぇ?
掲載元記載ミス、ご指摘をいただいて修正しました。
スポンサーサイト
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2015/09/08 08:42 ] [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

folke

Author:folke
怠惰な社会人。
画像はウチのトイプードル(ウサ耳Ver)

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム


folkelowさんのランキング集計結果