徒然な日々に

その日の個人的出来事や、見たニュース、記事から思った事、感じた事を徒然と…
08月23日(日)

軍拡をやっている張本人が、解決していくと宣言する滑稽さ 

23日付けの朝鮮日報から

【寄稿】誠意のない安倍談話に韓国はどう対応すべきか
2015/08/23 06:05
 安倍晋三首相が14日に発表した戦後70年談話は、予想した通り誠意を感じられないものだった。過去の過ちを反省する単語ひとつひとつを選び出すため「有識者会議」という協議体を構成し、数カ月にわたりみみっちく悩んでいた過程こそが、誠意のなさを示している。「侵略」「植民地支配」といった表現も、安倍首相本人の思いが感じられないあいまいなものだった。談話の行間を読むとすれば、安倍首相は北朝鮮の核兵器・ミサイル開発や中国の脅威で北東アジアの安全保障情勢が悪化しているため、軍事大国を目指すと言っているのだ。過去に対する反省は安倍首相の関心事でなくなって久しい。

 安倍氏が第1次安倍内閣で首相を務めていた2007年1月9日は、次官級機関だった防衛庁が閣僚級の防衛省に移行した日だった。黒い礼服を着た安倍首相が壇上に立って自衛隊を観閲し、軍事大国になるための独自予算を確保できる時代を開いたのだ。自衛隊の観閲が終わり、黒いリムジンが到着すると、中曽根康弘元首相が祝辞を述べるため杖をついて降りてきた。師匠と弟子のような関係の二人はすでに胸に秘めた目標、すなわち軍事大国になることと侵略の歴史を消し去る教科書改訂作業を完了させた。日本の後の世代が過去に対する反省のない教科書で勉強することになり、侵略の歴史を直視してほしいという被害国の願いはついえた。

 ならば、光復(日本による植民地支配からの解放)70年を迎えた韓国は未来の70年を見据えてどういう行動を取るべきだろうか。第一に、日本の侵略の歴史を分からせるための新たなアプローチが必要だ。戦争を経験していない日本の世代が羞恥心を持つことなく日本の過ちを知ることのできるよう、知恵を絞るべきだ。先ごろ日本で行われた世論調査で「日本はもう謝罪する必要はない」という回答が70%に達するほど、日本人は過去に対する謝罪に嫌気が差していることを無視してはならない。

 第二に、日本国内の民主勢力との連帯を強化すべきだ。韓国は、隣国である日本を冷静に国益の観点から見つめ、日本の良い面を認める余裕を持つことが求められる。日本は1945年の敗戦後、米国が強制的に植えつけた民主主義を70年もの間、維持してきた国だ。日本が戦争をできるようにする安保法案を安倍首相が無理やり衆院を通過させると、内閣支持率が30%台に下落したが、そこには日本国民の民主主義の声が息づいていることを忘れてはならない。

 そして第三に、韓国が主体となり、北東アジアの平和と繁栄の実現を呼び掛けていくべきだ。中国は東シナ海と南シナ海における海上の交通路を掌握するため、海軍・空軍力の増強に天文学的な軍事費をつぎ込んでいる。日本もこれに対抗し、過去最高規模の防衛費を投じて最先端の軍艦であるイージス艦や潜水艦の建造に注力している。日本の「国の借金」が1000兆円を超えているにもかかわらず、軍事予算は毎年増え続けている。安倍首相の談話を歴史問題の観点からではなく、北東アジア全体の安保情勢の変化という観点で捉えてこそ、韓国が進むべき未来が見えてくる。韓国は、悪化する北東アジアの安保情勢と軍備競争の荒波を自らが解決していくという新たな意志を持たねばならない。

金慶敏(キム・ギョンミン)漢陽大教授(政治外交学科)

 誠意、誠意、誠意。

 流石はならず者国家の輩であり、日本でも戦後ヤクザさえ脅威を抱くほどに暴れまわった種族そのものがマフィアであるヒトモドキは、他人に対してだけ誠意を求めるのが相も変わらず大好きみたいですねぇ。

 先日の世界遺産登録時の一件を見ても、チョウセンヒトモドキという劣等種に人間のような誠意や常識、良識なんてものが存在しないのは明々白々の事実であり、そんな連中が求めるたわごとなど、一笑に付すものでしかありません。

 おまけに、「談話の行間を読むとすれば、安倍首相は北朝鮮の核兵器・ミサイル開発や中国の脅威で北東アジアの安全保障情勢が悪化しているため、軍事大国を目指すと言っているのだ」と、勝手に内容を捻じ曲げて捏造した妄想に耽って他人に罵詈雑言を浴びせて悦に浸るというチョウセンヒトモドキらしい気色の悪さも見せていますし、本当になんでこんな気持ちの悪いケダモノが地球には存在するのやら?

 「日本もこれに対抗し、過去最高規模の防衛費を投じて最先端の軍艦であるイージス艦や潜水艦の建造に注力している。日本の「国の借金」が1000兆円を超えているにもかかわらず、軍事予算は毎年増え続けている」

 このように、最後の行間でも日本へトンチキな罵声を浴びせていますが、当然ながら大学教授なんて肩書きがあったところで中身はサルにも劣る知能と鶏にも劣る記憶力のチョウセンヒトモドキ、実態の把握やその暴言がそのまま自分たちに跳ね返ってくる状況であることになど、知恵が回っていないのですから、どこまでもその生態は滑稽の一言に尽きます。

 例えば自衛隊の防衛予算の使途はと言えば、新たに開発した対潜哨戒機P-1(20機)の購入で3504億、対戦ヘリSH-60K(2機)の購入で138億、早期警戒機E-2D(1機)の購入で156億、無人偵察機グローバルホークのシステムの一部の購入で154億、及び既存機の改修や延命等にも数百億が投じられており、哨戒用航空機関係だけで4300億近い額が投じられています

 因みに記事で触れられているイージス艦と潜水艦についてはどちらも1隻の建造費(イージスシステム2隻分含む)が計上されていますが、合計しても2323億円と、その哨戒用航空機に投じる額の半分程度でしかありません。

 また、BMD対策などにも力を入れており、先のイージス艦の建造だけでなく、あたご型2席の改修や迎撃ミサイルの共同開発、PAC-3の整備等で2449億円を計上しています。

 他にも災害やテロ対策にも力を入れており、意味の無い攻撃兵器ばかりを無駄に買い漁る南朝鮮式浪費予算とでは根底から話が違うんですよねぇ?

 あー、因みに女性隊員のための施設整備に6億、妊婦用の制服整備に400万円、女性自衛官の為の外部カウンセラーの招聘で600万円など、隊員の扱いも常に向上するよう努めているのが現在の自衛隊であり、銃乱射だなんだとバカ騒ぎに至る南朝鮮のお笑い軍隊とは金の使い方が根本から違います。

 また、P-1の購入においては長期契約による一括調達の導入がなされており、417億円の節減見込みが公表されており、賄賂で魚群探知機をソナーだと艦艇に積み込む汚職軍隊とは正反対ですよねぇ?

 無論コレだけではなく、他にも維持・整備方式の見直しで336億円、装備品の纏め買いで350億円、民生品の使用・仕様の見直しで423億円と、合計1526億円も削減見込みと、実にイージス艦1隻分に近い節約を行っており、無闇矢鱈に高いものや新しいものをありがたがって買おうとして予算が無いだの、性能が需要に見合わないだのと喚く間抜けな南朝鮮とは全く在り方が異なります。

 ついでに言えば、南朝鮮の軍事費は中国同様に毎年大幅な増額を続けています。

 その証拠に、多少の増減があったところでGDP費1%のままの日本に対し、南朝鮮は2.5%をもはや上回るのが当たり前の状態が続いており、金額そのものも10年で倍以上と大きく膨れ上がっています

 無論、購入されるのは自国の現状など全く無視した攻撃兵器ばかりであり、それを使って周辺国への恫喝行為を繰り返しているのですから、実相を理解していたらとてもじゃないですが恥ずかしくて日本を軍事大国だの、軍拡をしているだのと罵倒できるわけがありません。

 日本のイージス艦は侵略兵器である南朝鮮のソレとは異なって防衛が目的なので、巡航ミサイルなど積んでいませんし、ミサイルセルが多いから自分達の方が強いなんて頭の悪い理論を作り出して自慢もしません

 無論ソレは潜水艦にしても同じです。

 つまりは幾ら日本がイージス艦や潜水艦を量産したところで、それは自衛能力を高めているに過ぎず、これに脅威を感じるのは日本への侵略意図を持った国だけなのであり、つまり南朝鮮とはそういう国なわけです。

 まして、先述した通り、ずっと大幅な軍拡を続けて侵略用の兵器を買い漁ってきた自分たちを棚に上げて、「悪化する北東アジアの安保情勢と軍備競争の荒波」などとほざくわけですから、道理も論理も通じない無法者でしかなく、そんな危険なケダモノは殲滅するか半島に永遠に閉じ込めておくかしか、やはりないようですね。
スポンサーサイト
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

folke

Author:folke
怠惰な社会人。
画像はウチのトイプードル(ウサ耳Ver)

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム


folkelowさんのランキング集計結果