徒然な日々に

その日の個人的出来事や、見たニュース、記事から思った事、感じた事を徒然と…
08月15日(土)

思い通りにいかず、遂に火病を発症したバカヒ改めチョーニチシンブン 

15日付けの朝日新聞デジタルから

戦後70年の安倍談話-何のために出したのか
2015年8月15日(土)付
 いったい何のための、誰のための談話なのか。

 安倍首相の談話は、戦後70年の歴史総括として、極めて不十分な内容だった。

 侵略や植民地支配。反省とおわび。安倍談話には確かに、国際的にも注目されたいくつかのキーワードは盛り込まれた。

 しかし、日本が侵略し、植民地支配をしたという主語はぼかされた。反省やおわびは歴代内閣が表明したとして間接的に触れられた。

 この談話は出す必要がなかった。いや、出すべきではなかった。改めて強くそう思う。

■「村山」以前に後退

 談話全体を通じて感じられるのは、自らや支持者の歴史観と、事実の重みとの折り合いに苦心した妥協の産物であるということだ。

 日本政府の歴史認識として定着してきた戦後50年の村山談話の最大の特徴は、かつての日本の行為を侵略だと認め、その反省とアジアの諸国民へのおわびを、率直に語ったことだ。

 一方、安倍談話で侵略に言及したのは次のくだりだ。

 「事変、侵略、戦争。いかなる武力の威嚇や行使も、国際紛争を解決する手段としては、もう二度と用いてはならない」

 それ自体、もちろん間違いではない。しかし、首相自身が引き継ぐという村山談話の内容から明らかに後退している。

 日本の大陸への侵略については、首相の私的懇談会も報告書に明記していた。侵略とは言わなくても「侵略的事実を否定できない」などと認めてきた村山談話以前の自民党首相の表現からも後退している。

 おわびについても同様だ。

 首相は「私たちの子や孫に、謝罪を続ける宿命を背負わせてはなりません」と述べた。

 確かに、国民の中にはいつまでわび続ければよいのかという感情がある。他方、中国や韓国が謝罪を求め続けることにもわけがある。

 政府として反省や謝罪を示しても、閣僚らがそれを疑わせる発言を繰り返す。靖国神社に首相らが参拝する。信頼を損ねる原因を日本から作ってきた。

■目を疑う迷走ぶり

 謝罪を続けたくないなら、国際社会から偏った歴史認識をもっていると疑われている安倍氏がここで潔く謝罪し、国民とアジア諸国民との間に横たわる負の連鎖を断ち切る――。こんな決断はできなかったのか。

 それにしても、談話発表に至る過程で見せつけられたのは、目を疑うような政権の二転三転ぶりだった。

 安倍氏は首相に再登板した直後から「21世紀にふさわしい未来志向の談話を発表したい」と表明。村山談話の歴史認識を塗り替える狙いを示唆してきた。

 そんな首相の姿勢に中国や韓国だけでなく、米国も懸念を深め、首相はいったんは閣議決定せずに個人的談話の色彩を強めることに傾く。

 それでは公式な政府見解にならないと反発した首相側近や、公明党からも異論が出て、再び閣議決定する方針に。節目の談話の扱いに全くふさわしくない悲惨な迷走ぶりである。

 この間、国内のみならず欧米の学者も過ちの「偏見なき清算」を呼びかけた。世論調査でも過半数が「侵略」などを盛り込むべきだとの民意を示した。

 そもそも閣議決定をしようがしまいが、首相の談話が「個人的な談話」で済むはずがない。日本国民の総意を踏まえた歴史認識だと国際社会で受け取られることは避けられない。

 それを私物化しようとした迷走の果てに、侵略の責任も、おわびの意思もあいまいな談話を出す体たらくである。

■政治の本末転倒

 国会での数の力を背景に強引に押し通そうとしても、多くの国民と国際社会が共有している当たり前の歴史認識を覆す無理が通るはずがない。

 首相は未来志向を強調してきたが、現在と未来をより良く生きるためには過去のけじめは欠かせない。その意味で、解決が迫られているのに、いまだ残された問題はまだまだある。

 最たるものは靖国神社と戦没者追悼の問題である。安倍首相が13年末以来参拝していないため外交的な摩擦は落ち着いているが、首相が再び参拝すれば、たちまち再燃する。それなのに、この問題に何らかの解決策を見いだそうという政治の動きは極めて乏しい。

 慰安婦問題は解決に向けた政治的合意が得られず、国交がない北朝鮮による拉致問題も進展しない。ロシアとの北方領土問題も暗礁に乗り上げている。

 出す必要のない談話に労力を費やしたあげく、戦争の惨禍を体験した日本国民や近隣諸国民が高齢化するなかで解決が急がれる問題は足踏みが続く。

 いったい何のための、誰のための政治なのか。本末転倒も極まれりである。

 その責めは、首相自身が負わねばならない。

 お望み通りに4つのキーワードを入れてもらったのに、大嫌いな怨敵安倍がルーピーの如く無様に謝罪する姿を見せなかったのが気に食わないと、バカヒが火病を起こして狂いましたねぇ(爆笑

 「談話全体を通じて感じられるのは、自らや支持者の歴史観と、事実の重みとの折り合いに苦心した妥協の産物であるということだ」とのことですけど、それって丁度一年前に吉田調書と慰安婦捏造報道を認めた時のバカヒのことじゃありませんか。

 都合よく一部だけ認めます、取り消しますと真正面からなど誤りもせずに言い訳三昧を繰り返したのは、まさに「自らや支持者の歴史観と、事実の重みとの折り合いに苦心した妥協の産物」でしたよねぇ?

 一方で批判記事の掲載を拒否したり、文字を黒く塗り潰すなど言論弾圧を繰り返し、慰安婦関連記事の捏造は取り消しすら拒否して開き直るなど、主張が右から左へ方向転換していること以外まるで戦前の朝日新聞を読んでいるかのような内容になっているのですから、謝罪前より後退したのはむしろ朝日こそですよねぇ?

 そもそも、その後の社長による謝罪会見だって謝罪したのは読者に対してだけであり、謀って扇動した朝鮮や中国を筆頭にした諸外国に対しても、国家民族そのものが名誉棄損を受けた日本人に対しても一切誤っていません。

 「確かに、国民の中にはいつまでわび続ければよいのかという感情がある。他方、中国や韓国が謝罪を求め続けることにもわけがある。政府として反省や謝罪を示しても、閣僚らがそれを疑わせる発言を繰り返す。靖国神社に首相らが参拝する。信頼を損ねる原因を日本から作ってきた」

 自らは平然と30~40年前の話を捏造までして持ち出した事を棚に上げ、あまつさえ20年前、30年前のことで死んでいるのもいるからと捏造について処罰さえせず、国民の怒りと一切向き合いもしなかったバカヒが中韓の場合だけ謝罪を求め続けることへの理解を示すとか、もうネタでなければ何なのやら?

 「政府として反省や謝罪を示しても、閣僚らがそれを疑わせる発言を繰り返す。靖国神社に首相らが参拝する。信頼を損ねる原因を日本から作ってきた」というのもお笑いで、慰安婦がひどい目にあってきたのは真実だ、日本が謝罪しなければ、賠償しなければならないと反省などまるっきりしていない姿を捏造の公表直後から公然と繰り返し、植村が各所で訴訟だの捏造じゃないだのとバカげた発言を繰り返すことも放置しておきながら何を言っているのやらと。

 「国民とアジア諸国民との間に横たわる負の連鎖」とやらについて、アジア諸国民って何処の誰でしょうかねぇ?

 捏造によるご注進記事で連鎖するように負を生み出すのは朝日の仕事であり、慰安婦然り、毒ガス然り、南京大虐殺然りで、現在の歴史問題などという騒動の根を見れば、みーんなバカヒの捏造に行き着くのですから、連鎖を断ち切るならばバカヒ及びその所属者や元所属者ら捏造の関係者を纏めて打ち首にでもすればいいだけの話ですよねぇ?

 ましてや自身の考えや言葉を述べようとすれば独裁だのと散々罵倒を浴びせて他人の話を聞けだのとのたまい、それをして談話に取り入れるようにしたら今度は迷走呼ばわり…もうただただ罵詈雑言を浴びせたいだけだから主張に一貫性が全くありませんね。

 「国会での数の力を背景に強引に押し通そうとしても、多くの国民と国際社会が共有している当たり前の歴史認識を覆す無理が通るはずがない」という主張についてはもはや何を言っているのか全く意味不明であり、談話発表に国会の数の力なんてものが何の関連性もないのは今回に限らず過去のそれをすべて確認しなおしても明らかですし、談話後の会見でも首相は以下のように述べています。

 「その報告書の中にもある通り、中には侵略と評価される行為もあったと思う。だからこそ談話においては、『事変、侵略、戦争』という言葉を挙げながら、『いかなる武力の威嚇や行使も国際紛争を解決する手段としては、もう二度用いてはならないことを先の大戦への深い悔悟の念とともに誓った』と表現した。先の大戦における日本の行いが『侵略』という言葉の定義に当てはまればダメだが、当てはまらなければ許されるというものではない。かつて日本は世界の大勢を見失い、外交的、経済的に行き詰まりを力の行使によって打開し、あるいはその勢力を拡大しようとした」

 日本には日本の事情があったわけですが、バカヒのように言い訳として持ち出すのではなく敢てそれには触れずに武力行使とそれによる勢力拡大を日本がしたと述べており、だからこそ二度とそれをしないと「深い悔悟の念とともに誓った」と述べている以上、歴史認識の覆しがどうのなんて主張は朝日が実際には何も談話を聞いていないことの証明でしかありません。

 バカヒが続けて記している、「最たるものは靖国神社と戦没者追悼の問題である」という主張にしたって、バカヒがご注進記事を書き、更に中国に進言して煽り立てるまでの数年間、中国は総理大臣による靖国参拝を問題視したことなどただの一度としてなく、朝日という言論テロ組織が存在する限り負の連鎖は未来永劫無くならないのは決定的です。

 「慰安婦問題は解決に向けた政治的合意が得られず、国交がない北朝鮮による拉致問題も進展しない。ロシアとの北方領土問題も暗礁に乗り上げている。出す必要のない談話に労力を費やしたあげく、戦争の惨禍を体験した日本国民や近隣諸国民が高齢化するなかで解決が急がれる問題は足踏みが続く」

 この言い掛かりにしても呆れ果てるもので、既に謝罪も金も受け取っているのにしていない、貰っていないと喚く南朝鮮、調査をしますと約束しながらそれを何年も経って未だに履行しない北朝鮮、正当性の一切ない不法占拠を正当化することに躍起となり話し合いに応じもしないロシア…

 普通の国であればこれらは戦争による解決へと至っていてもおかしくない問題ですが、日本はそれを放棄している以上、粘り強く訴えていく以外方法はありませんし、だからこそこれまで歴代政権の中で解決できた者なんていないんです。

 なのにそれを安倍総理に対してだけ、まるで彼が悪いかのような言い掛かりをつけるのはあまりに醜悪すぎます

 大体、バカヒがどの面下げてこんな戯言をほざくのやら?

 慰安婦騒動ではそもそもの捏造や歪曲、誇張が南朝鮮及びそれを支援するバカヒらブサヨによって繰り返されており、根本的な事実関係が歪められている以上、そこを正すことが出来なければ解決も何もあったものじゃありません

 何せ間違った、捏造した事実を基にしている上に謝れだの賠償しろだのと、何度しても終わることなく繰り返しの要求をされている状況であり、しかもバカヒらも間違いを認めながらも訂正はしないしさせないという態度なのですから、解決の糸口など永劫に見つかるわけがなく、問題の発起のみならず複雑化と解決の妨害を図っている根源が何をほざくのかと。

 植村の捏造について謝罪すらしていないし、させてもいない輩が煽りまくって消しようのない大火事にさせておきながら解決だけを他人に求めて罵倒を浴びせているのですから、本当に恥って言葉を知らない連中です。

 拉致問題は小泉による訪朝で事実関係が世界に知られるまでそもそも興味すら示さず、疑惑報道を他社が報じている時も無視を決め込んでいましたし、それどころかコメ支援などでの金王朝の延命工作を推進して事実の発覚を遅らせ、更には99年8月31日の社説で日本人拉致疑惑を障害だと、社会党と同じ罵声を浴びせ、拉致発覚後も詫びて態度を改めるどころか平気な顔をして拉致より人道支援だ、国交正常化だと喚いてました

 何せ、天声人語では「北東アジアの安定という政治目標の前に拉致問題はかすんでしまう」とまでのたまったのですから、そんなバカヒが首相の批判材料に持ち出して解決が急がれる問題とかほざくのは、もはや人道や人権に対する冒涜行為でしかありません。

 北方領土ではなく竹島についてでしたが、バカヒはかつて平和のため、友好のために相手にあげちまえと暴言を吐いた挙句、批判を浴びるやあれは冗談だと、暴言に心より怒りを覚えた国民を嘲った過去を持っていますし、何よりもそんなに言うのならば戦前はコミンテルンのスパイを飼って政府を操るのに協力し、戦後も親中派と派閥争いをして親中派役員を追い出すほどの熱心なロシア人大好きな組織として名案の一つも掲示して見せろ、コネを使って交渉のテーブルへ奴らを引っ張り出して見せろって話ですよねぇ?

 で、意味不明な喚きを並べ立てた最後に「いったい何のための、誰のための政治なのか。本末転倒も極まれりである」と捨て台詞を吐いていますけど、少なくともバカヒら反日ブサヨども社会の、いや、世界の塵屑のためでないことだけは確かですよねぇ?

 因みに読売の社説では「「積極的平和主義」を掲げ、世界の平和と繁栄に貢献することが欠かせない。こうした日本の姿勢は、欧米や東南アジアの諸国から幅広く支持されている」と、バカヒの戯言とは正反対に安倍首相の政治スタンスが支持されていると記していますし、二代目ルーピーこと南朝鮮のバカ首長朴槿恵も今回の談話について「日本の歴代内閣の立場が今後も揺るぎないものであると、国際社会に明らかにしたことを注目する」談話を出したこととその内容を幾らか評価する発言をしており、一人狂って喚くバカヒは早速梯子を南から外された格好になりました。

 いやはや、これで中国まで似たようなことを報道官が言い出したら、一人火病を発症したバカヒは何処へ迷走していくのやら?
スポンサーサイト
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

folke

Author:folke
怠惰な社会人。
画像はウチのトイプードル(ウサ耳Ver)

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム


folkelowさんのランキング集計結果