徒然な日々に

その日の個人的出来事や、見たニュース、記事から思った事、感じた事を徒然と…
08月14日(金)

もはや威力業務妨害で訴えるべきブサヨの二枚舌な妨害工作 

13日付けの産経ニュースから

横浜市立中の陸自演習見学 中止求めファックス・チラシ…業務に支障、現場は困惑
2015.8.13 21:55
 静岡県御殿場市で今月実施される陸上自衛隊の富士総合火力演習の予行演習をめぐり、横浜市立中学校が希望生徒を対象に企画した見学会に反対し、中止を求める電話、ファクスなどが中学校に相次ぎ、業務に支障が出る事態となっている。市教委、学校側は「何ら問題はない」として見学会を実施する意向を変えていないが、「貴重な学習の機会」と捉えていただけに思わぬ要請に困惑を深めている。

 見学会を企画したのは、横浜市立中山中学校(同市緑区)。同中によると、見学会は8月23日の総合火力演習に先立って行われる予行演習(18日)を見学するもので、6月に1年生から希望者を募ったところ、10人の枠を上回る希望者があった。

 6月下旬に見学会実施が一部報道で伝えられて以後、市民団体が市教委に中止を申し入れたほか、同中には賛否両論の電話、ファクスなどが寄せられ、8月9日までの約1カ月半の間で約130件に上っているという。

 「日本を守る自衛隊が排除されるとなれば、生徒に間違った職業観を植え付ける」「戦争の真の怖さを感じる上で見学会は意義がある」といった肯定意見が寄せられる一方で、大半は「火力演習を見て生徒がかっこいいと思うようになるのではないか」「破壊と暴力を目の当たりにして子供たちの心に傷ができたらどうするのか」といった反対意見だという。

 抗議めいたものには「1時間を超える電話もある」(同中の小嶋貴之校長)といい、対応に追われる小嶋校長の通常業務にも支障が出る状況が続いている。

 同中は平成21、26年度にも実施実績があることや、見学会は希望者のみで保護者の同意を得た参加であるなどを理由に、「社会科の学習のきっかけとして不適当ではない」と判断し、実施を決めた。

 見学会に反対を訴えるグループは同中の最寄り駅でチラシを配ったり、集会を開くなどしているが、小嶋校長は「(実施の)方針は変わらない」としている。市教委指導企画課も同中の決定を支持した上で、「参加する生徒が悲しい思いをしないのが一番」と理解を求めている。

 ほーんと、ブサヨって元々の性根が腐りきった下劣な下等動物である上に、自分で喚いた戯言さえ三歩歩いただけで忘れる低能なんですから、総じてルーピーと呼ぶに相応しい間抜け揃いですね。

 今回のコレ、ポイントは自衛隊の演習について、応募者からの抽選であり、しかも保護者の同意を得ることが参加の最低条件となっていることです。

 でも、それすら無視して、「かっこいいと思うかもしれない」から駄目だの、「心に傷ができるはずだ」だのと愚にもつかぬ戯言で反対だと妨害工作を弄しているわけですから、よくもまぁ、これではだしのゲンに対する撤去運動なんて騒動が起きた際に表現の自由や教育の機会、知る権利などを奪う行為だのと反対活動を繰り広げられたものです。

 あの騒動時にも記しましたけど、はだしのゲンなんて、戦争というよりも末期の米軍による原爆投下で無差別虐殺の残虐さや各放射能による地獄絵図から話は始まり、家族が目の前で焼け死んだり、顔の火傷が原因での自殺、ヤクザなどの犯罪のオンパレード、レイプや売春、朝鮮人による横暴などなど、単なる火力演習とは比較にならぬほど明確かつ深く子供の心に傷と暗黒とも呼ぶべき穢れた情念を与えるものだというのにねぇ?

 あんなものを小学校にまで置いて誰にでも読めるようにするのはいいのに、自国を、自分達を守ってくれている防衛組織がどのようなものなのかということに自らの意思で触れるのは、それが火力演習という僅かな一面であったとしても許せませんとかって、もうねぇ?

 それに大型スクリーンは設置されていますけど、ハッキリ言って肉眼では現代兵器を使用している場面って直に見るとよくわからないんですよね。

 何せ戦車の主砲弾だろうが、機銃だろうがミサイルやロケットだろうが早すぎて音や発射光、煙などで撃ったのはわかっても、飛翔中の姿は目で殆ど追えず、気付いたら遠くの丘に命中の煙が上がっているって感じですから。

 他といえば、目の前で戦車が走り回ったり、空自の機体が空を飛んで行ったり、低高度へ降りてきたヘリから隊員がロープで降下したりし、締めに空挺団のパラシュート降下を眺めるといった具合で他国のソレのように人に見立てた何かを爆破したり銃撃でハチの巣にしたりというようなことさえないのですから、それを己の意思で参加しながら見たから、心に傷を負いましたなんて、有り得ない話です。

 また、カッコいいと思うかどうかも人次第ですし、仮に憧れを持ったからと言ってそれが何なのでしょうかねぇ?

 自衛隊だろうが消防だろうが警察だろうが、その道に入る人の多くは、最初に憧れなどをもったからこそ、それだけではないことを知っても誇りをもってその仕事についていられるんじゃないでしょうか?

 実際、そのカッコいい姿になるまでには過酷な訓練が必要ですし、いざ何かあれば命がけで危険から国民を守らなければならないのが自衛隊や消防、警察といった職業であり、東日本大震災の時など自衛隊員には家族の安否すらわからぬ中職務に邁進した人が大勢いたことや、凄惨な死体の収容を連日繰り返して心に深い傷を負った人も少なくなかったことは私も聞いていますが、米軍も含めて自衛隊や消防、警察などが懸命の活動をしたからこそ、あれ程の大惨事でも大勢の国民が救われたし、行方不明者の数も減らせたのではないんですかね?

 だというのに、自衛隊だけはそういう感想を抱いてはいけないというわけですから、もうこれは論拠も何もない幼稚な我が儘に基づいた明白な職業差別ですよ。

 あの震災で最大の派遣人員を出した組織について、国民が自らの意思でその活動の一端に触れることさえ許さないと妨害工作を繰り返し、業務妨害さえブサヨどもは行っているのですから。

 こんな連中が今、安倍政権を批判しながら子供の権利や将来を守れだの、若者の声を聴けだのと、一方で共産党と結託した街宣活動を各地でやって暴れまわっているのですから、本当に分別すらないケダモノどもですね。
スポンサーサイト
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

folke

Author:folke
怠惰な社会人。
画像はウチのトイプードル(ウサ耳Ver)

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム


folkelowさんのランキング集計結果