徒然な日々に

その日の個人的出来事や、見たニュース、記事から思った事、感じた事を徒然と…
07月24日(金)

潰れて然るべき沖縄の二大アジビラ 

26日付けの琉球新報の記事から

百田氏発言をめぐる琉球新報・沖縄タイムス共同抗議声明
2015年6月26日 21:50
 百田尚樹氏の「沖縄の2つの新聞はつぶさないといけない」という発言は、政権の意に沿わない報道は許さないという”言論弾圧”の発想そのものであり、民主主義の根幹である表現の自由、報道の自由を否定する暴論にほかならない。 

 百田氏の発言は自由だが、政権与党である自民党の国会議員が党本部で開いた会合の席上であり、むしろ出席した議員側が沖縄の地元紙への批判を展開し、百田氏の発言を引き出している。その経緯も含め、看過できるものではない。

 さらに「(米軍普天間飛行場は)もともと田んぼの中にあった。基地の周りに行けば商売になるということで人が住みだした」とも述べた。戦前の宜野湾村役場は現在の滑走路近くにあり、琉球王国以来、地域の中心地だった。沖縄の基地問題をめぐる最たる誤解が自民党内で振りまかれたことは重大だ。その訂正も求めたい。

 戦後、沖縄の新聞は戦争に加担した新聞人の反省から出発した。戦争につながるような報道は二度としないという考えが、報道姿勢のベースにある。

 政府に批判的な報道は、権力監視の役割を担うメディアにとって当然であり、批判的な報道ができる社会こそが健全だと考える。にもかかわらず、批判的だからつぶすべきだ―という短絡的な発想は極めて危険であり、沖縄の2つの新聞に限らず、いずれ全国のマスコミに向けられる恐れのある危険きわまりないものだと思う。沖縄タイムス・琉球新報は、今後も言論の自由、表現の自由を弾圧するかのような動きには断固として反対する。
 琉球新報編集局長・潮平芳和
 沖縄タイムス編集局長・武富和彦

 なーんでブサヨって、こう自分達の言動というものを記憶する知能に欠けているんですかねぇ?

 百田氏は民間人であり、自民党の会合での発言だろうが何だろうが、単なる個人の見解に過ぎず、元より実際に実行力など皆無です。

 逆にそれを第三の権力を僭称するマスゴミがその力を利用して発言は許さないと、言論弾圧する方が遥かに問題です。

 また、その背景についても都合よく虚飾した話で事実関係を隠蔽しており、そのような詐欺行為を日夜繰り返すから批判を浴びるに過ぎません。

 「戦前の宜野湾村役場は現在の滑走路近くにあり、琉球王国以来、地域の中心地だった」と述べ、百田氏の発言を誤解を振りまいたと述べていますが、事実関係は当時の写真を見れば一目瞭然ですよね?

 戦時中まではそもそも周辺はサトウキビ畑であり、琉球王国以来の地域の中心などという話は滑稽千万なのが写真でハッキリわかります。

 戦後の普天間周辺にしても農地と僅かな民家があるに過ぎず、そこにまず普天間飛行場が造られ、年を追うごとに基地での仕事にありつこうとする人間、それらを相手に商売をする人間が住み着く形で発展を遂げており、航空写真を見ると1970年頃などはまだ周辺には畑の方が建造物よりも遥かに多かったのがわかります。

 また、人口推移で見ても戦前13万人程度に満たなかった宜野湾中部域の人口が現在では60万人程に膨れており、特に宜野湾市だけで見ると戦前1.2万人だったものが現在では約9万人と7倍以上に膨れ上がっていることからも基地で被害を被っている地域であり、移設を望み続けてきたというのがどれほど疑わしい主張なのかよくわかります

 次に「戦争につながるような報道は二度としないという考えが、報道姿勢のベースにある」と述べていますが、中国の侵略について報道せず隠蔽をして増長と更なる暴走を惹起させたり、ブサヨの犯罪行為に加担や支援をすることで内憂外患を招く行為が、戦争に繋がらないという論拠は何処からくるのか甚だ疑問ですし、極めて偏った思想を組織のあり方の中心に据えて公平性を無視するどころか犯罪にまで加担、擁護する行為を重ねながら自分達をメディアと述べるのは、もはやそれ自体がペテンの犯罪行為ですよね?

 その次の「政府に批判的な報道は、権力監視の役割を担うメディアにとって当然」というのも上記と同じく、本来客観性に基いた事実関係を報道するのがマスメディアの存在意義であることを自ら全否定するバカ丸出しの主張であり、報道の名を被ったただのブサヨによるアジビラであることを自ら認めた、これこそ暴言そのものです。

 正しい行為なら政府であれ、野党であれそれを称え、推奨したって何ら恥ずべきところなどありませんもの。

 ましてや、ルーピーの最低でも県外発言に感激して大騒ぎしながら民主党政権誕生のために狂奔し、そのルーピーが普天間回帰をしたら途端に掌を返して「万死に値する」と、仮にも自国の総理大臣へ「お前の行動は気に食わないから、死ね」とまで述べたのがこの琉球新報であり自分達は思い通りに行かなければ、総理大臣にだって小学生のような下卑た倫理に悖る発言をしてもいいけど、そんな自分達に同様の発言を民間人がするのは絶対に許さないとか、まさに頭のイカレ具合が滲み出ている主張ですね。

 実際、百田氏はあくまでもオフレコの場で冗談として言ったと主張しているし、政治的圧力でどうこうではなく、個人的な願望として述べただけとも主張しており、例えに「例えば好きじゃない人物に『死んでほしい』などと軽口を言うことは一般にあるはずだ」とも言っていますが、敢えて琉球新報の暴言に対して皮肉で例えたんでしょうかねぇ?

 何れにせよ、軽口であってもそう言う事を言うのは見逃せないと喚きたてるような内容を、過去に公然と社説で主張した己を棚に上げてコイツらは他人を許せんと喚いているわけですから、やっぱりそのオツムの悪さは人として致命的と言えるでしょう。

 大体、個人の発言を許さんと喚きながら「沖縄タイムス・琉球新報は、今後も言論の自由、表現の自由を弾圧するかのような動きには断固として反対する」とかほざいて締めているんですから、もう存在そのものがチープすぎますよねぇ?

 何よりも米軍基地への不法侵入でブサヨ活動家が逮捕された時も、目の前でその一部始終をカメラを構えて見ておきながら、ブサヨによる不法侵入の事実を隠蔽して国家権力による不法逮捕だと嘘を書き連ねて、職をとして個人が映像を公開してその卑劣なブサヨの振る舞いを暴けば、今度は黙秘で事実を県民の目から隠す真似をする連中が、言論の自由だの表現の自由だの報道のありようだのをどうこうするなど言語道断です。

 反権力を翳して言論テロをするようなペテン師どもを仮に国家が潰したとして、それの何が問題なんでしょうかねぇ?

 むしろ言論だの表現だのを盾にしているからと、犯罪者集団を放置している現状こそ大問題だと思いますよ。
スポンサーサイト
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

folke

Author:folke
怠惰な社会人。
画像はウチのトイプードル(ウサ耳Ver)

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム


folkelowさんのランキング集計結果