徒然な日々に

その日の個人的出来事や、見たニュース、記事から思った事、感じた事を徒然と…
06月28日(日)

諸悪の根源、ブサヨの打倒を 

26日付けのニコニコニュースの記事から

「諸悪の根源自民党」制服向上委員会の歌で「後援取り消し」の市民団体が抗議表明
2015/6/26(金)20:12
 女性アイドルグループ「制服向上委員会」が神奈川県大和市で開かれた市民団体主催のイベントで、自民党を批判する歌詞を歌ったことから、市はイベントに対する「後援」の取り消しを決めた。一方、市民団体は6月26日、ブログで「到底納得ができません」「大和市と大和市教育委員会には、お考え直して頂きたい」と抗議の意思を表明した。

 問題になっているのは、市民団体「憲法九条やまとの会」が6月13日に大和市で開いたイベント「若者と国家-自分で考える集団的自衛権」。このなかで、制服向上委員会は「自民党を倒しましょう」などというフレーズを歌ったのだという。

 これに対して、大和市は6月25日、「市の後援要項に違反している」として、いったん承認していた後援を事後的に取り消す方針を決めて、同団体事務局に口頭で説明した。

●「自民党を倒しましょう」「諸悪の根源自民党」

 大和市が後援取り消しの判断に至った理由はなんだろうか。同市の国際・男女参画課によると、やまとの会からイベントの後援名義の申請があったのは、今年2月6日のことだ。市はそれを審査したうえで、3月13日に承認した。

 6月13日のイベント当日は、元内閣官房副長官補で、安全保障政策の専門家である柳澤協二さんが講演した。そのあとに、憲法9条や脱原発など、社会的なテーマの曲を歌う制服向上委員会がステージに立った。その歌詞のなかに「自民党を倒しましょう」「諸悪の根源自民党」などのフレーズがあったという。

 イベントに来ていた大和市の担当者が翌週、「歌詞やトークに、特定の政党を誹謗中傷する内容があった」と市に報告。大和市は「後援要項に違反している」として、事後的に後援を取り消す方針を決めて、25日に「やまとの会」に対して説明。「来週にも正式に文書で送付する」という。

 一方、「やまとの会」は26日に公式ブログに「到底納得ができない」とする文章を掲載。「市の財政的支援はない」「政党党派が主催するとか、政党党派拡大のための集まりでない限り、後援すべきだ」として、取り消しの撤回を訴えている。
●なぜ「後援」が必要なのか?
 今回問題になっている「後援」とは、どんな意味があるのだろうか。

 大和市の国際・男女参画課の担当者は「たとえば、イベントのチラシに『後援 大和市』と表記できる」と説明した。ただ、「市が団体を全面的に応援しているという意味ではない」と

 一方で、「やまとの会」事務局の担当者は、弁護士ドットコムニュースの電話取材に、後援の重要性を強調した。「たとえば、自治会の掲示板などにチラシを貼ってもらうには、『後援』が必要なケースがある」「できるだけ多くの市民にイベントを知ってもらうために必要なものだ」と反論していた。

 そもそも、なぜ「やまとの会」は制服向上委員会をイベントに呼んだのだろうか。制服向上委員会といえば、これまでも憲法9条や脱原発をテーマにした曲を歌ってきた異色のアイドルグループだ。

 「やまとの会」事務局の担当者は「『制服向上委員会』を招くことが決まったのは、申請のあとだった」といい、「平和を訴えるイベントに若い人たちを呼びたかったから」と話した。イベントには市の担当者を含め300人ほどが集まり、若者の姿もあったという。

(弁護士ドットコムニュース)
 公務員や役場の政治的中立性の確保なんて、本来真っ当な教育を受けている日本人なら誰でも知っている常識中の常識です。

 ましてや今回は明確に自民党を面罵する行為を意図して繰り返したのですから、こんなものを市や教育委員会が是としてしまえば、その場合は地方公務員法第36条2項に違反となります

 因みにそれを理解もせず喚いているブサヨ団体である九条教の愚劣な信徒どもは、同36条3項の「3.何人も前二項に規定する政治的行為を行うよう職員に求め、職員をそそのかし、若しくはあおってはならず」に反する行為であり、やっぱり何処まで言っても似非平和主義を唱えるクズどもは犯罪者もしくはその予備軍に過ぎない害虫だということです。

 「市の財政的支援はない」「政党党派が主催するとか、政党党派拡大のための集まりでない限り、後援すべきだ」だとかほざいているみたいですけど、上記の通り単なる詐欺行為かつ違法行為なんですから、金の有無、主催が政党党派か否かなど、後援するしないには何の関係もありません

 そういう都合の悪い事実を記さないし、アイドルグループと騙る政治屋集団が事前確認において事実と異なる報告を上げていたことも隠蔽し、まるでテロ屋崩れのゴミどもに味方するような記事の書き方をしているのですから、本当に日本の弁護士って同類のクズの群れだと分かりますね。

 テロ屋崩れのゴミどもが、大和市保健福祉センターという公共施設に嘘の申請を上げて反政府活動に熱を上げたわけですから、そんなものの後援を地方自治体が認めないのは当然であり、それが理解出来ないで反発するその態度自体、連中の中にあるのは法治主義ではなくご都合主義だけなのが丸分かりです。

 かつて自衛隊施設で民間人が民主打倒という不規則発言を行ったことに対し、民主がやったのは自衛隊及び隊員を規定・規制するための自衛隊法の歪曲による悪用・濫用での言論弾圧でした。

 そして、それは自民党政権が復活して直ぐに廃止されましたが、こういうテロ屋崩れのゴミどもってそういう本物の人権侵害や言論弾圧がされている時には絶対に無視を決め込んで何も言わないんですよね。

 それでいて今回のケースが違法行為であるという事実さえ無視するわ、ネットなどでも信者どもが言論弾圧だのと全く持って検討ハズレの喚きを挙げるのだから、本当に低脳で下劣。

 例えばこのバカどもは、1万円の商品を購入すると言う契約締結後に相手側が商品価格を10万円に変えるなんて犯罪行為を行っても、契約を結んだのだからと、契約書の内容との相違を無視して10倍の金額で商品を買うのでしょうかねぇ?

 因みに間抜けな左巻きに洗脳されて良いように使われているクソガキどものツイッターにはこんな記述がされています。

 「制服向上委員会の高校生の想い。「大人になったら急に政治のことが分かるようになるの?」ならない。だからこそ世の中のことを知ろうと学び発信する。それに対し「何も知らないガキのくせに」「もっと勉強してから発言しろ」など残念な大人たちの攻撃。」

 偏ったモノの見方だけをしていれば、成人になろうが中年になろうが老人になろうが、政治の事なんて永劫に分かりませんし、分かっていないと己の無知蒙昧を認めながら、恥もせずそのまま偏った見方だけを意図して続けてそれを発信しているのですから、その無知蒙昧さや愚行に言及されるのは至極当然なのですが、高校生にして既に気持ちの悪い偏見で凝り固まっているから、「残念な大人たちの攻撃」と相手を罵倒し、己の醜悪で愚劣な態度から目を背けたまま悦に浸っている

 高校生にして既に頭がイカレきったブサヨとして完成してしまっているのですから…既に詰んだ人生なんて、哀れすぎますね。

 毎度思いますけど、ガキの内からここまで染まるのってやっぱり親や教師など周りの大人が相当酷い倒錯者揃いなんでしょうね。

 例えば、命が大事だから、自然環境が大事だからと喚くブサヨどもの中で、原発と同じ様に利便性よりも命が大事だからと車の廃止を訴えるような輩はいません

 ご存知の通り、環境汚染において自動車の存在は多大な貢献を続けていますし、日本だけでも自動車事故による死者数は年間4,000人を未だに上回っています。

 因みに戦後のピーク時には16,000人を超えており、平成に入ってからだけを見ても10万を軽く超えているため、被害規模は東日本大震災よりもずっと大きく、かつ拡大し続けているのですがね。

 戦争はダメだの許さんだのと喚く一方で、戦争並みに人が死にまくっている現実や環境汚染には興味も示さず、それどころかむしろ逆にそれを積極利用して主張の根幹と全く異なる姿での反日行脚をしているのですから、バカに付ける薬はありません。

 反政府活動に都合が良い道具があるからと飛びついて喚く阿呆と、その阿呆どもを己の勢力拡大の道具として利用している下衆、この二種類の混成物質こそがブサヨという汚物集団の実態です。
スポンサーサイト
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

folke

Author:folke
怠惰な社会人。
画像はウチのトイプードル(ウサ耳Ver)

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム


folkelowさんのランキング集計結果