徒然な日々に

その日の個人的出来事や、見たニュース、記事から思った事、感じた事を徒然と…
05月04日(月)

妄想を重ねて自己責任なことまで他人に押し付け…恥知らずは何処までも暴走する 

3日付けの産経ニュースの記事から

「すべて安倍のせい」と護憲派が横浜でスパーク 大江健三郎氏「米演説は露骨なウソ」 香山リカ氏「憲法使い切ってない…」
2015.5.3 20:30
 憲法記念日の3日、各地で改憲、護憲両派の集会が開かれた中、横浜市西区の臨港パークでは「平和といのちと人権を! 5・3憲法集会~戦争・原発・貧困・差別を許さない~」(実行委員会主催)が行われた。会場には作家の大江健三郎さんら護憲派の人々が3万人以上集まった(主催者発表)。それぞれが安倍晋三首相を「安倍」と呼び捨てで批判し、集団的自衛権反対を訴えた。

 司会を務めたのは、女優の木内みどりさん。「いろいろなグループの思いは同じではないかもしれないが、憲法を守りたいという気持ちは一緒です」とまくしたてた。

 作家の雨宮処凛さんは「この暑い中、熱中症で誰か倒れたら全部安倍のせい」と最初から“戦闘モード”。貧困問題と戦争の親和性を主張し、「戦場に行くのは貧しい人たち。(集団的自衛権行使で)命を使い捨てられるような人が国内からも生み出されるのではないか。経済や何かのために人の命が犠牲になる社会を止めたい」と訴えた。

 次いでスピーチした大江氏は、安倍首相が4月29日に米上下両院合同会議で行った演説に対し「あまりにも露骨な嘘。だが(日米両国で)はっきりとした拒否の言葉が述べられることはなく、それをどうひっくり返すかが大きな問題だ」と断じ、会場からは大きな拍手が起こった。安倍首相が夏までの安全保障関連法案の成立に決意を示したことにも「安倍は日本の国会で(そのことについて)はっきり述べて、われわれ日本人の賛同を得たことはない」と強調した。

 大江氏はさらに、この日配布されたパンフレットに書いてある「私たちは、『平和』と『いのちの尊厳』を基本に、日本国憲法を守り、生かします 集団的自営権の行使に反対し、戦争のためのすべての法制度に反対します」というメッセージを自身の考え方の根本にあると紹介。「自分がこれだけ大勢のみなさんの前で語るのはこれが最後」と語った。

 憲法学者の樋口陽一東大名誉教授は、盟友だった俳優、菅原文太さんの「政治には2つの役割がある。ひとつは国民を飢えさせないこと。もうひとつ、絶対に戦争をしないこと」という“遺言”を引き合いに出し、「今の政治は憲法が目指してきた方向と何から何まで正反対の方向に日本を引っ張ろうとしている。憲法を壊し、自由闊達な言論を貶め、彼ら政治勢力自身の先輩政治家が作り上げてきたはずの戦後史そのものをないがしろにしている」と糾弾した。

 作家の沢地久枝さんは「私は安倍晋三とその周りにいる政治家、それから軍需産業でもうける経済人たちに絶対反対。安倍という人はアメリカに行って、国会にもかけず、選挙民にもかけず、アメリカと約束をまた結んだ。あの人は平和とか命とか大事な言葉をあんなに汚くした。政治家としては珍しい。私たちは今、あの人を引きずり下ろしてやりたいと思う」と感情をあらわにし、「戦後70年間、日本は戦死者を1人も出していない。こんな国はないんです。この次の段階になったとき、戦後70年間戦死ゼロできた歴史が切り替えられた年が2015年だった、とならないようにがんばっていく」と結んだ。参加者からは「その通りだ」「アホ政権!」などの声が飛んだ。

 精神科医の香山リカさんも「私たちはこの憲法を変えるどころか、まだ使い切ってもいない。今の憲法さえ使いこなせていない政権に憲法を変える資格はない」と持論を展開した。

 集会には民主党の長妻昭代表代行、共産党の志位和夫委員長、社民党の吉田忠智党首ら野党幹部も登壇し、「戦争立法反対の一点で協働し、安倍政権のたくらみを必ず打ち破ろうではありませんか」(志位委員長)と共闘を呼びかけた。

 生活の党と山本太郎となかまたちの山本太郎共同代表も飛び入り参加。「政府の面を被った人間たちが根底から覆そうとしているこの憲法、何が何でも守りましょう」と叫んだ。

 作家って、本来文字と言う形で言葉を操るのが職業じゃないんですかねぇ?

 言語の軽々しさ、頭の悪さ、どちらをとってもこの間抜けなペテン師集団の何処に言葉を使う人間としての知能があると言うのやら?

 例えば記事で最初に出てくる雨宮とかって如何にも幼稚な名前の阿呆。

 ペンネームの稚拙さと痛々しさで既にその間抜けぶりがこれでもかと伺えますが、「この暑い中、熱中症で誰か倒れたら全部安倍のせい」とか、他人に理不尽で傲慢な憎しみを抱いたのを理由に外で勝手に集った挙句、熱中症対策もしないわ、それで倒れたら責任は他人だとかほざくわ、もう「バカは死んでも直らない」をこれでもかって位に地で示してくれますね。

 熱中症が怖いなら最初から冷房設備のある屋内に集るなり、天幕や送風機、水分補給用のタンクやペットボトルを用意するとか幾らでも簡単に防ぐことは出来るのにねぇ?

 あぁ、何時もの十倍増しの数のせいで入れる設備や熱中症用の道具が用意できなかったとかって言い訳ですかねぇ、無駄に金を持った暇人が群れておきながら。

 自分達の無能・蒙昧まで他人のせいだと吼えて喜べる低脳、下賤ぶりにブサヨの本質がよく現れていますし、「戦場に行くのは貧しい人たち」なんてのに至っては妄想爆発もいいところだし、自分達の主張との一貫性の無さを理解しない間抜けぶりといい、もう本当に頭がキマっちゃってるんだなぁとつくづく教えてくれますね。

 憲法改正で戦争が出来るようになる、徴兵制が復活すると言うのがこの間抜けなブサヨどものよくいう戯言なのは周知の通りですが、そうなった場合、どうして徴兵されるのが貧しい人達だけになる、或いは兵の中で戦場に行くのが貧しい人達だけになるというのか、まったくもって意味不明ですよねぇ?

 例えばジョン・F・ケネディが日本の駆逐艦『天霧』の体当たりを受けて乗っていたPTボートを撃沈されたのは有名な話ですが、他にもリンドン・B・ジョンソンや ジョージ・H・W・ブッシュなども前線に出た経験を持っていますが、ケネディとブッシュは言わずと知れた大資産家の家柄だし、ジョンソンも戦前時点で米国の下院議員になるほどの地位と資金力を持っていました。

 また、日本でもロサンゼルス五輪の馬術で金メダルを取ったバロン西こと、西竹一男爵の戦死は有名ですよね?

 歌手の上原敏、芸術家で紡績家の御曹司である平田佐貞、公爵家の三男で画家の岩倉具方や、プロ野球などのスポーツ選手達、作家や学者なども大勢おり、過去の戦争の実態を見れば貧乏だから戦場に行くなんてのは全く論拠の無い妄想であることは明白です。

 それともバカ過ぎて徴兵は貧乏人しかされないし、戦争が下っ端兵士達を前に出すだけで成り立っている、戦場に士官は行かないとでも思っているのでしょうかねぇ?

 大体金持ちなら戦場に行かないって言うのが本当なら、それこそお前らの大好きな朝日新聞や毎日新聞の記者ども、当時からの超高給取りには兵士として前線に出た奴なんて存在しないんじゃないのかよ、と。

 何せ当時の朝日なんて主任クラスで月給200円以上であり、雇っていた女中の給与が10円、陸軍の2等兵なら6円そこいらって比較するのも馬鹿げている、一般人の数倍、数十倍もの給与を貰っていた時代なんですからねぇ?

 で、その次に出てきたのは有名なペテンパフォーマーの大江。

 「私たちは、『平和』と『いのちの尊厳』を基本に、日本国憲法を守り、生かします 集団的自営権の行使に反対し、戦争のためのすべての法制度に反対します」と、憲法の内容と主張の時点で既に大いなる矛盾を抱えている事にも気付かず誇っているんですから、滑稽ですよねぇ、相変わらずこのバカって。

 日本国憲法は「日本国民は、恒久の平和を念願し、人間相互の関係を支配する崇高な理想を深く自覚するのであつて、平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して、われらの安全と生存を保持しようと決意した」と前文で謳っており、ただ念じるだけで他国が平和を愛してくれる、日本国民の安全と生存を保障してくれるだろうと勝手に決意と言う名の妄想をしているだけの駄文です。

 動物だろうが人間社会だろうが努力もせず祈るだけで食べ物になどありつけませんし、己の安全だって確保出来ないのは当然の事なのに、そんな当たり前の原理原則さえ米国に造らされた出来の悪い作文では無視されている。

 それどころか9条において「日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する」と、妄想に起居して国民の『いのちや尊厳』なんてものは何があっても守りませんと正反対の宣言をしている。

 そしてその証拠とばかりに、これまで幾度国土を蹂躙されて略取されようが、国民を拉致されようが、マトモに取り返す真似を丸っきりしてこなかった。

 「戦後70年間、日本は戦死者を1人も出していない。こんな国はないんです」などと沢地のクズが続いて喚いていますけど、何せ上記の通り、国が国民の生命と財産を他国に、他民族に委ね、責任を負っていないと国法である憲法で謳って国土を侵されようが国民が国内から拉致されようが指をくわえてみているだけなんですから、そりゃあ戦死者なんて出るわけがない。

 国民を助ける義務が無いと謳って、そして実際に見捨てて来たんですからそりゃ戦争なんて起こらなくて当然ですよねぇ?

 他国であれば絶対に有り得ない話、許されない事を日本国憲法というゴミを理由にやってきた日本の最大の恥部を誇るとか、人間性が完全に破綻していますよ。

 コイツらにとって拉致被害者らは切り捨てていい、存在自体無視して構わない存在なのでしょう。

 まさにブサヨらしい似非人道主義、似非平和主義、似非人命尊重であり、その実態は正反対のレイシズムと他者への憎悪で形成されている事をまざまざと見せ付けてくれる暴言ですね。

 それに、似非平和主義、や似非人命尊重を己らと一緒に吹聴し、それを誰よりも明白な辺野古の国外・最低でも県外移設という阿呆な約束の反故という形で踏み躙ったルーピー鳩山に、コイツらは安倍総理に投げかけるような侮蔑を一言だって投げたことはありませんよね?

 似非学者の出す菅原文太の遺言とやらにしても滑稽で、確かに飢えさせないというのに似たような表現はありますし、戦争も放棄すると書いてありますが、その結果、何処にも国として国民のいのちを守るとも書いておらず、実際に国が国民が攫われようが虐殺されようが平然としてきたのを恥と思わない、そんなイカレ頭を通常の思考と思えるほど腐りたくはないものですよねぇ?

 我々はこの鬼畜どもと違って人間なんですから。

 そうそう、頭のイカレたブサヨと言えば、最後に出てくるのは最近青山繁晴とそのファンを罵倒した挙句、ツイッターが乗っ取られたとか小学生にも喝破できる大嘘を付いて逃げ出した香山ですね。

 よく恥ずかしげも無く公衆の面前に出れるものだと、存在自体の恥晒しぶりに呆れ果てますよ。

 乗っ取られたのに、パスワードを書き換えられずちょっと書き込みをされただけで本人が登場できるし、書き込まれた内容は本来本人かそれに限りなく近しい身内で無ければ書けない内容だし、警察にも通報しないで閉鎖して終わりですとか、どれだけ間抜けな乗っ取り犯だよ、どれだけ犯罪者に優しい被害者だよと。

 まして憲法を使いこなすとか、意味不明であり、幼稚な己の精神と知能でも分析してろや間抜けが、と。

 その後出てくる政治家は、法も国民主権も無視して独裁をやった民主党政権の元大臣に、暴力革命だと武装蜂起をした過去を持つ偽装平和政党、日本テロリス党の志位、自分達がやる分には窃盗などの犯罪でも許されるという差別公然主張政党の吉田、そして嘘と妄想の申し子である山本某とか、ホント、ゴミはゴミ同士で群れるのが大好きみたいですね。

 というか、この犯罪者集団の中に元大臣クラスの幹部を出すってところで、民主党が過去のペテンと独裁を何も反省していないと言う事がハッキリわかりますし、ブサヨどもにとってたった7ヶ月そこいらに野党を無視して10本以上の法案を強行採決したり、選挙前に民主党候補に入れろと恫喝したりするようなコイツらが散々罵倒している独裁政治を実践した民主や武装闘争をやった過去を無いものにして平然としている共産党を招いて同調している時点で、主張の本音、正体がどういうものか明確に察せられますよね?

 結局、コイツらってどれだけ歳を重ねたところで物事の分別や善悪の判断が付かないクソガキのままなんですよ。

 自分の思う通りに周りが動かなければ納得しない、自分達は正義だから何をしても許される…余りの幼稚さと愚かさ故に気付きもしていませんけど、まさにコイツらこそが5・15や2・26を起こした青年将校らと同じ危険で傲慢な思想家なんですよね。

 自分達の振る舞いがどういうものなのかを省みる事も、相手が何を考えて行動しているのか理解しようとも話し合おうとも思わず、ただ己の傲慢を押し通す為に気炎を上げて蛮行に手を染める。

 だから違法テントの設営だとか、暴力行為だとかを公然とやってのけるし、加害の事実や犯罪の実態を隠蔽して常に自分達は正しい、被害者だとのたまい続けられる

 こんな社会不適合者どもには入り口も窓も檻で固められたコンクリートの部屋以外に相応しい場所などこの地球上の何処にもありはしませんね。
スポンサーサイト
ケネディの暗殺で副大統領から昇格し、ベトナム戦争
の泥沼化で引退しましたね。
日本とはどういう関わりがあったのでしょうか?
[ 2016/06/15 22:25 ] ムー [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

folke

Author:folke
怠惰な社会人。
画像はウチのトイプードル(ウサ耳Ver)

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム


folkelowさんのランキング集計結果