徒然な日々に

その日の個人的出来事や、見たニュース、記事から思った事、感じた事を徒然と…
04月18日(土)

違法行為もマスゴミならば免罪されると強弁するバカヒのトンデモ論理 

17日付けの朝日新聞デジタルの記事から

自民党と放送-「介入」は許されない
2015年4月17日(金)付
 番組に確かに問題はあった。だからといって、権力が安易に「介入」と受け取られる行為に踏み込むことは許されない。

 自民党がきょうNHKとテレビ朝日の幹部を呼び、個別の番組内容について事情を聴く。

 クローズアップ現代で「やらせ」が指摘されている問題と、報道ステーションのコメンテーターが「官邸のみなさんにはものすごいバッシングを受けてきた」と語った問題である。

 それぞれ批判されても仕方がない、残念な番組内容だ。

 ただ、NHKも、テレ朝も、番組などでおわびした。NHKは調査委員会を設けて中間報告を発表し、最終報告に向けて作業を続けている。

 放送法4条は、放送事業者に「報道は事実をまげないですること」を求めている。誤りがあれば、放送事業者が自ら正すのは当然の責任である。

 一方で、放送法3条は「番組は、法律に定める権限に基づく場合でなければ、何人からも干渉され、又は規律されることがない」と定めている。

 放送は、政府による免許事業だ。許認可権をもつ政権の権限の使い方によっては、報道への圧力になり、報道を萎縮させかねない。

 「放送の不偏不党、真実及び自律を保障する」ことで、「表現の自由」を確保し、「健全な民主主義の発達に資する」。

 放送法1条がうたう、放送法の目的である。

 放送が時の権力の一方的な宣伝に利用され、悲惨な戦争に加担させられていった--。先の大戦の反省と教訓に学び、権力から独立した放送を実現するために、放送法は生まれた。

 憲法が保障し、民主主義の土台を支える「表現の自由」を守る観点からも、政権には、その言動に慎重な配慮と自制が求められる。

 それなのに、このところの自民党の振る舞いは見識を欠くと言わざるを得ない。

 自民党は、昨年の衆院選に際してNHKと民放キー局に「公平中立」を求める「お願い」の文書を送った。報ステに対しては、アベノミクスを取り上げた報道を問題視し「公平中立」を要請する文書も出していた。

 TBSのニュース23に出演した安倍首相が、テレビ局が「街の声」を「選んでいる」などと発言したこともあった。

 そうした動きが重なるなかでの、今回の事情聴取である。

 あの手この手で放送に対する政治的な「介入」を強めようとする。そう見られても仕方がない行為は、厳に慎むべきだ。

 やっぱりバカヒって裏で民主と繋がっているんだろうと匂わせるには、余りにも十二分すぎるまでに差別的な社説ですよねぇ?

 タイトルの時点で既に「自民党と放送」と自民党だけを罵倒の標的にしており、安住だの細野だのといった民主党の軽薄蒙昧なバカ坊ちゃん達と丸っきり同様の主張をしているんですけど、その民主党なんて自民党と違って今のNHK会長就任段階から散々罵倒を繰り返して放送内容に影響を与えるだの偏らせるだのと喚き、「政治的な「介入」」とやらをやってきていますし、「NHK幹部が出席した部門会議で複数回にわたり「やらせ」疑惑を追及している」し、「平成27年度NHK予算が成立した後の今月15日にもNHK幹部を呼んで「やらせ」疑惑について聞き取りを行っていた」しで、金曜日にやる予定だった自民党よりも先に、それも頻々と複数回に渡ってバカヒが罵るところの「政治的な「介入」」をしてきているのに、バカヒの標的は自民党だけ、です。

 そもそもバカヒ自身が「放送法4条は、放送事業者に「報道は事実をまげないですること」を求めている。誤りがあれば、放送事業者が自ら正すのは当然の責任である」と書いているように、今回NHKもテロ朝も自らの報道が事実を曲げたものであったと認めたから謝罪に至ったわけです。

 つまり、違法行為があった、と。

 その上、バカヒは「放送は、政府による免許事業だ」とも書いているのに、監督者である政府が違法行為を行った犯罪者に事情聴取するのは介入だ、謝っているんだからそれだけで終わりにしないとはケシカラン!と信じられないバカ発言をしているわけですよ。

 例えば、居眠り運転で事故を大事故を起こして被害を出したトラックの運送ドライバーがいたとして、それを謝罪一つで無罪放免にする警察官が世界の何処かいるでしょうか?

 例えば、事実無根のデマを書かれて名誉を著しく傷つけられた政治家や役人がいても、相手がジャーナリストを名乗れば、報道の自由を盾に訴える事すら圧力になるからケシカランなんて論理が罷り通るとでも思っているのでしょうか?

 NHKのは完全に創作話であり、それを事実と装わせるためにニセの登場人物まで用意した完全なデマを事実として報道してきましたし、テロ朝にしても録音があるとまで番組内で喚いて政府の圧力と妨害で自分は辞めさせられると騒ぎながら記者会見でも結局その証拠は掲示せず、嫌味な官僚そのままの礼儀知らずな態度を見せて独り相撲をしていた阿呆の戯言ですからねぇ?

 元々は民主党政権時代に連中から睨まれて放逐された元官僚ですが、自民党バッシングが大好きだった事からテロ朝などのブサヨに重宝されてきたのですが、春の番組改変期に合わせて交代させられるのが気に食わないと、最後の出演時に番組をぶち壊しての独演会をやり、そのことについてテロ朝は謝罪をするとともに発言内容を全面否定したわけですから、公共の電波でやったこととして謝罪だけで済ませていいことなのか、大いに疑問を感じるものです。

 第一、今のテレビ局で放送法を厳密に遵守しているところなんて、ただの一社でもあるというのでしょうか?

 自社のお抱え記者やお抱え学者、思想・イデオロギーが自社と同じ人間だけを起用した報道番組をつくり、特定勢力に有利・不利となるよう変更報道を行い、アンケート結果を捻じ曲げたりグラフの割合や発言内容、趣旨を悪意を持って改変したりと、公正だの公平だの事実関係だのなんてみな蹴っ飛ばして踏み躙りながら好き勝手にやるのがテレビ局じゃありませんか。

 実際、テロ朝のアベノミクスに関する報道で利点やプラス効果についての特集が組まれたことなんてありませんが、逆は幾らでもあるし、コメンテーターらに自民党よりどころか偏った批判をしない中立派さえ起用されることはありません。

 特に報道ステーションと古舘はかつて週刊文春のアンケートで嫌われ第一位を揃って取ったこともある極端なまでの偏向似非報道番組であり、その姿勢はニュースステーション時代の久米と何ら変わっていません。

 実際、きちんとした手順を踏んで報道を行っていれば絶対にありえないような誤報を毎年幾つも行っており、その内政治家や政党絡みのもので自民党以外という話を聞いた事がありません

 ニュース23にしても問題の報道内容は「公平中立」などと著しくかけ離れて偏った編集がされていたと感じた事を視聴者もネットで主張しており、実際にアンケート結果とかけ離れた否定的主張だけを延々流したのですから、公正さを求められたとしても反論できる立場にありません。

 無論、編集前の映像全てを公開して批判しかありませんでしたので、とでも言うのなら話は別ですが、まず割合的にそんなことはありえない位の確率でしょうからね。

 このように幾度も報道テロの被害に遭っている被害者が、公正な対応をして欲しいと「お願い」することを圧力と置き換えるバカヒの傲慢さと卑劣さ、これこそむしろ「報道の自由」「表現の自由」を履き違えた行為そのものであり、報道関係者自らが野放しにする事の危険性と自制心欠落による規制の必要性を世に知らしめる振る舞いではありませんか。

 こんなの、強姦魔に対して性交渉は本人の自由だといって野放しにするのと何ら変わらないんですから。

 バカヒらマスゴミこそ、「あの手この手で」歪曲報道をして国民への洗脳を行い、「政治的な「介入」を強めようとする。そう見られても仕方がない行為は、厳に慎むべきだ」」と思いますがねぇ?

 まぁもっとも、捏造の大家にして、常にデマを書いてきたバカヒに事実を書けとか公正・公平な報道をしろなんて本来当たり前の事を求めるのは、ペンギンに空を飛べと言うよりも遥かに難しいことでしょうけど。

 産経ニュース『細野氏「報道の自由萎縮」 自民のNHKなど聴取を批判 民主は聴取済みだが…』
 http://www.sankei.com/politics/news/150417/plt1504170022-n1.html

 同『民主・安住氏、NHK聴取の自民を批判「口出すべきでない」 民主は聴取済みなのに…』
 http://www.sankei.com/politics/news/150415/plt1504150018-n1.html
スポンサーサイト
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

folke

Author:folke
怠惰な社会人。
画像はウチのトイプードル(ウサ耳Ver)

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム


folkelowさんのランキング集計結果