徒然な日々に

その日の個人的出来事や、見たニュース、記事から思った事、感じた事を徒然と…
04月11日(土)

間抜けなヒトモドキがまたも自爆し、強制連行否定資料を掘り直す 

9日付けの中央日報の記事から

「慰安婦の連行に協力を」 日本軍発行の証明書を発見
2015年04月09日08時19分
 旧日本軍が慰安婦を連行したと明示した過去の日本の記録が発見された。安倍首相が慰安婦の強制動員を否認し、日本政府が中学校の教科書から慰安婦連行の絵を削除するよう指示した中で出てきた文書だ。

 金文吉(キム・ムンギル)韓日文化研究所長(70)は8日、「従軍慰安婦関係資料集成」と題した報告書の写本を公開した。日本の財団法人「女性のためのアジア平和国民基金」(以下、国民基金)が1997年に出版し、日本のある市立図書館が所蔵している報告書だ。

 600ページ分量の報告書の152ページには、中国と戦争をした日本軍塩田塩田兵団の林義秀部隊長が1940年6月27日、部隊傘下の慰安婦所の管理者に発行した証明書が出てくる。国民基金が報告書で「外務省と警察庁で確認した」とする証明書だ。証明書は「この人は当部隊付属の慰安婦所の経営者であり、今回慰安婦を連行して帰ってくる。慰安婦は当部隊に慰安をするために必要であるため、渡航に便宜を図り、問題がないようにするべき」という内容だ。

 金所長は「『連行』という言葉を日本軍が直接使ったという点で、慰安婦強制動員を否定する日本政府の主張に反論できる資料」と述べた。証明書には慰安婦の国籍が出ていない。金所長は「海を渡り中国に行くという内容からみて、韓国人である可能性が高い」と分析した。

 その間、日本は93年の河野談話をはじめ、いくつかの裁判の判決文で慰安婦動員の強制性を認めたが、日本軍が直接作成した文書で慰安婦を連行した事実が明らかになったのは初めて。

 ◆慰安婦を正しく知る教材を制作=女性家族部は8日、小中高校生と教師のための「日本軍慰安婦を正しく知る」教育教材を今月中旬に配布する計画だと発表した。生徒を対象にした慰安婦関連の初めての教育資料だ。女家部は昨年11月、教材の制作に着手した。教師からなる「韓日歴史交流会」の会員10人と教育部傘下の東北アジア歴史財団所属研究員5人が、生徒用の自習書(40ページ分量)や動画(35-45分)など5種類を準備した。教材は慰安婦被害者サイト(www.hermuseum.go.kr)と北東アジア歴史ネット(contents.nahf.or.kr)でダウンロードできるようにする。

 該当文章はアジア女性基金のデジタル資料館、文書庫の慰安婦関連歴史資料にPDFで置いてあります。

 581ページ中の178ページ目にある該当文章のPDFを見ると、旧字の上に文字が潰れていて判読不能になっている箇所がところどころありますが、要約すると「塩田兵団付属の慰安所経営者が慰安婦を連れて来るために台湾へ帰るので、どうしても必要なことなのでどうか便宜を図ってください」と思いっきり下手に出てお願いをしている(文末に「何分ノ便宜附與方取計相成度」とある)ものであり、確かに文中には「連行」の文字がありますが、それが本人の意思に反したものであるという証明は何処にもないのですから、これをもって「軍が強制連行した」証拠と置き換えるのは余りにもチープです。

 所詮漢字文化を捨てて醜音なんて幼稚な下等動物向けの文字に依存するようになったヒトモドキでは、前後の資料を読み解いたり、漢字の意味を理解したりなんて高尚過ぎて出来る訳がないでしょうけどねぇ?

 元々これは『⑧-2 渡支事由証明書等ノ取寄不能ト認メラルル対岸地域ヘノ渡航者ノ取扱ニ関スル件[高雄州知事](昭15・8・23)』という資料の中の1ページ部分だけなんですよね。

 内容はこれまた潰れた旧字とカタカナ、表現も昔のものなので非常に読み難いわ、読めないわな部分が少なくないのですがかなり大雑把に要約すると、「廣西省南寧付近で就業中の慰安所経営者(22歳)が今回酌婦を連れて行くため、兵団の部隊長や憲兵の分隊長の証明書を持ってきたけど、本年(昭和15年)5月13日に出された『支那渡航邦人ノ取扱手続ニ関スル件』によって定められた警察署の書類がなく、領事館での調査が出来ないから書類不足だけど、状況と理由が特別だから配慮してもいいと思うんだが、その辺総督府としてはどうなのよ?」とかって感じの話が書かれており、渡航を許可してもいいのか高雄州知事から台湾総督府の外事部長へ質問をしたのが当該資料なのです。

 まぁ、いずれにしてもこれを読んで強制連行だと喚きだし、挙句が「金所長は「海を渡り中国に行くという内容からみて、韓国人である可能性が高い」と分析した」とかほざきだすんですから、チョウセンヒトモドキの知能レベルが人間としては到底認められないド底辺すらも突き抜けたマントルバカとでも言うべき救いようの無い次元なのだけは確かでしょう。

 何せ「金文吉(キム・ムンギル)韓日文化研究所長(70)」とやらですら、こんなバカを公然と晒せて、それを確認もせず言うがままに記事にするのがヒトモドキの程度なんですから。

 上記したようにそもそもがこの話題って高雄州知事からの渡航者に関する質問状であり、同PDFの180ページ目にもハッキリ書いてあるんですよ、「一、渡航先 台湾、高雄」って(笑

 何時から台湾はチョウセンヒトモドキの巣窟に様変わりしたのやら(爆

 因みに、「ニ、目的 慰安婦招致の為」と書かれていますし、182ページ目からの呼寄証明願には職業に「酌婦」と書かれ、氏名のみならず本籍や住所も記載がされて(全て墨で塗り潰されている)、最後に「欽州憲兵分隊長足立茂一」と証明者の名が入っているんです。

 酌婦とは「酒場・料理屋や宴会などの席で、酒の酌をする女」の意味で、それを装った売春婦を指す事もあるので、この場合の慰安が何処までのものになるのかはこの資料だけでは不明ですが、ハッキリしているのは兵団の林部隊長、憲兵の足立分隊長が身分を証明した慰安所経営者の民間人が、雇用した身元のハッキリしている台湾在住の女性6名を、中国廣西省南寧付近にある慰安所で働かせる予定であるってことです。

 しかも、「三、期限 自(?)昭和十五年六月二十七日至昭和十五年九月二十六日」とあり、『呼寄証明願』の発効、承認日が昭和十五年六月二十八日で、州知事から外事部長への問い合わせが昭和十五年八月二十三日であることを鑑みると、渡航準備の段階で既に雇用契約は当人との間で住所や本籍の確認まで全てが済んでおり、後は中国の慰安所へ連れて行くだけとなっているのがわかります。

 また、高雄州知事が警察の手続きを踏んでいないことだけを気にかけて総督府へ質問をしていることから、既に経営者だけでなく酌婦らの住所及び本籍についての確認まで終わっていることも判り、これが正統な雇用契約に基いた合法行為であることは明白です。

 大体、何処の世界に性奴隷目的で拉致した相手の本籍や住所を調べて記す組織があるって話であり、しかも警察の書類が無いけど大丈夫かなんて問い合わせを州知事から総督府へしていますとか…もう爆笑しすぎて腹が捻じ切れそうですよ。

 もっとも間抜けな日本のブサヨの中にも「連行」の文字に喜び勇んで飛び付き、前後の資料や文章を確認もせずに強制力のある「連行」なんて言葉が使われているから「強制連行」だ、犯罪の証明だとかって早速騒いでいるバカもいるみたいですけど(失笑

 関連資料全体を読めば、高雄州知事からの質問状においても「今回酌婦連行ノ目的ヲ以テ」「本名等二名及連行スベキ酌婦六名ノ渡航証明書」などと、ここで使われている「連行」の意味が単に経営者(雇用主)が被雇用者を連れて行くという意味で使用されていることがハッキリと読み取れるのに。

 この資料から読み取れるのは、中国の慰安所に台湾在住の女性が経営者他1名に連れられて酌婦として赴任する際、軍や憲兵が経営者の身元保証をしたということと、就業する女性についても身元確認及び法規則の運用上の適否が州知事や総督府でされていたということであり、それはつまり、軍や政府・自治体が悪徳業者の取り締まりとそれによる違法な人身売買、詐欺等を阻止しようと協力・連携をしているという、チョウセンヒトモドキやブサヨが求め続ける「軍や警察、政府などによる強制連行」という幻想とは全く正反対の事実を証明しているわけです。

 かつての朝日・吉見コンビによる発見(笑)と同様に、証拠だと喚いて正反対の強制連行がされていなかった事実を自ら世に広めているのですから、つくづくチョウセンヒトモドキとブサヨって間抜けなケダモノですよねぇ?

 デジタル記念館『慰安婦関連歴史資料』
 http://www.awf.or.jp/6/document.html
スポンサーサイト
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

folke

Author:folke
怠惰な社会人。
画像はウチのトイプードル(ウサ耳Ver)

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム


folkelowさんのランキング集計結果