徒然な日々に

その日の個人的出来事や、見たニュース、記事から思った事、感じた事を徒然と…
04月10日(金)

特アのアジビラが教科書を広報誌呼ばわりする滑稽さ 

9日付けの産経ニュースの記事から

朝日よ「教科書は日教組の機関紙であってはならない」とも書け
2015.4.9 05:00
 朝日新聞の7日付社説「教科書はだれのものか」を一読、「よく言うよ」とあきれた。社説の書き出しはこうである。

 「教科書は、国の広報誌であってはならない」

 朝日は、来春から使用される中学校教科書の新検定基準で、近現代史に関して通説的見解がない事項の記述にはその旨を明記することや、政府見解を尊重する記述が求められるようになったことがお気に召さないらしい。

 これまで教科書は、現場の教員が主に務める「調査員」が実質的に採択の方向性を決めてきた。そのため、教科書記述は声の大きな日教組教員らが好む左がかった内容となりがちだった。

 だが、朝日はそうした教科書採択の実態、問題点には目をつむり、決して「教科書は、日教組の機関紙であってはならない」とは書かなかったではないか。

 また、朝日は竹島(島根県隠岐の島町)や尖閣諸島(沖縄県石垣市)などの記述で、政府見解が反映されたのも納得できなかったようだ。社説では、「相手国の主張や根拠まで扱った本はほとんどない」「これでは、なぜ争っているか生徒にはわからない」などと批判している。

 とはいえ、相手国の主張を取り入れるとはどういうことか。広島県教組と韓国の全国教職員労組大邱支部が共同執筆した日韓共通歴史教材(平成25年3月刊行)は、例えば慰安婦問題についてこう書いている。

 「日本軍は朝鮮の女性たちを日本軍『慰安婦』として戦場に連れていき、性奴隷としての生活を強要しました」「その対象となったのはほとんどが十代の若い女性たちで、中には11歳の少女もいました」

 朝日は、こんな事実無根の話でも、相手国の主張ならば教科書に載せるべきだというのだろうか。教科書は日本の将来を担う子供たちのものであり、日教組や韓国のものではない。

 朝日は相変わらずだなと思っていたら、同日の民主党の細野豪志政調会長の記者会見にさらにあきれ返った。細野氏は自ら今回の教科書検定について切り出し、こう述べたのだ。

 「教科書が政府広報のようになるのであれば、非常に大きな違和感を覚える」

 どこかの新聞の社説で読んだようなセリフである。細野氏は「教科書記述の内容がかなり狭まったという印象を受ける」とも指摘したが、記者側からの「具体的にどの部分か」という当たり前の質問には答えられず、こう繰り返した。

 「報道などを通じて接している情報に限定されるので、個別のことについて申し上げる状況ではない」

 「それは教科書をしっかり全部読んだ上で言うべき話だろうから、報道で私が把握している情報の中で申し上げることじゃない」

 だとすると細野氏は、一体何を根拠に「政府広報」だの「記述の内容が狭まった」というのだろう。細野氏はその一方で、教科書に領土に関する記述が増えた点については、次のように逆に評価してみせた。

 「日本がしっかり正当性を主張することは非常に重要だ。国民的な理解は必須だ。これまでの教育で、きちんと教えてこなかったことは問題だと思っている」

 それならば、新検定基準を何のためにことさら批判したのか。まさか当日朝に読んだ新聞の論調に引きずられ、安倍政権批判の材料になると安易に飛びついたなどということはないだろうが。(政治部編集委員)

 そりゃまぁ、「声の大きな日教組教員ら」教職者というゴミクズ連中こそが戦後サヨクであるバカヒにとって最大のお客様ですもの、それを批判するような記事なんてイデオロギー的にも商売的にも載せられるわけがありません(笑

 教職員とバカヒの結託・洗脳工作は戦前からずっと続くものであり、満州事変以降ともに軍を、国民を扇動して従わぬ者は非国民だと罵倒しながら戦争への道をひた走らせた極右思想から、戦争に負けた途端、言動を180度引っくり返してブサヨへと転向して現在に至るわけですから、実に80年以上もの長きに渡ってペテン街道を自転車の両輪のようにセットでひた走ってきたのですから。

 相手国の主張を載せろというのもお笑いモノで、昨夏まで事実関係の確認というマスメディアにとって基本にして最も重要な仕事をせず、相手が主張しているからということだけを論拠にして一方的な慰安婦騒動のデマを繰り返し掲載した挙句、30年以上も放置して散々非難罵倒を浴びたバカヒがどの面下げてほざくんだと。

 阿比留氏の記事にもあるように、チョウセンヒトモドキの主張なんてのはデマが当たり前なのですから、そんなものを載せたって混乱の元にしかなりませんし、学習における役には一切立ちません。

 何せ南朝鮮だけを見ても偽証罪発生率は日本の660倍を軽く超えており、例えば日本で1日1件の発生ならば、南朝鮮では2~3分に1件は発生しているという常軌を逸した状況が連中の平常なのですから、そんなペテン動物のデマを取り上げて教育上、一体何の役に立つと言うのか?

 また、独島記念館の改竄された地図などからもわかるように、連中にとって歴史とはコリエイトするものであって、事実を率直に見つめるものではありませんので、話し合いによる和解など永劫に不可能ですし、両論併記を求めるならば異論を一切認めず罵倒を繰り返すだけの野卑なヒトモドキにも同じ台詞を吐いてみろって話ですよねぇ?

 ましてやつい先日は沖縄の下卑た狒々爺を援護する為にデマ社説をぶちまけて、防衛局側の主張を全て無視するか否定しながら沖縄県側の出鱈目な行動を擁護し続け、いじめだなんだと喚く、極めて一方的な偏った社説を掲載しておきながらそんな台詞を1週間もせずに吐くのですから、ほーんと、鶏並みかそれ以下の記憶力しかないんでしょうね、バカヒって。

 少なくとも、かつて吉見義明の発見だと言って、軍が騙されて慰安婦にされる女性がいるから悪徳業者の取締りを強化して欲しいと朝鮮総督府に依頼をしたって話の書かれた記事を一面に掲載したのが他ならぬバカヒなんですから、「日本軍は朝鮮の女性たちを日本軍『慰安婦』として戦場に連れていき、性奴隷としての生活を強要しました」なんて下劣なチョウセンヒトモドキのデマが教科書への掲載に相応しくないものであるなんてのは、本来誰よりも理解していなければならないことなのにねぇ?

 元々は部数拡大や生存第一で、蝙蝠の如く立ち位置を左から右に、そしてまた左にと変えていたのに、長らくその位置に留まり続けた上に敗戦のような劇薬も無い為に内部が完全に左で染まりきってしまい、今ではそれに囚われすぎてもはや時代の流れに乗る事さえ忘れてしまったのでしょうけど、滑稽ですよねぇ…

 細野?

 あんなチンパン坊やに何かを期待するのがそもそも大きな間違いですよ。

 知能レベルなんてそれこそ、バカヒにすら満たないペテン政党の幹部なんですから。

 間違いなくバカヒら政府批判をしたいだけのアジビラを目にしたか、その話題を小耳に挟んだ程度でこれは政府批判に使えると吐いただけで、中身がどうなのかなんて見るどころか考えてすらいやしないんですから、そんなチンパンジーいや、チンパンジーにすら劣る脊髄反射で生きている阿呆なんぞ、存在価値そのものを認めてやる必要がないでしょう。

 事実、「それは教科書をしっかり全部読んだ上で言うべき話だろうから、報道で私が把握している情報の中で申し上げることじゃない」と発言している事から、報道で見聞しただけで、そもそも政府の広報と教科書の何処がどうリンクしているというのかどころか、中に何が書かれているのかさえ把握しないままに口を開いていた間抜けですと自白しているのですから。

 自分から「狭まったという印象」なんて中身について言及しておきながら、具体的な説明も出来ず、挙句に読んでもいませんと恥じ入りもせずに平然とほざくのですから、これが脊髄反射で生きる下等動物でなければ何だと言うのか?

 「近現代史に関して通説的見解がない事項の記述にはその旨を明記することや、政府見解を尊重する記述が求められるようになったこと」というのが新しい部分ですけど、これって本来何処の国の教科書でも当たり前の話ですよね?

 歴史教科書と言うのは事実を記して、歴史上の事実関係を自国の子供に教育するためのものなんですから、曖昧や事実性の乏しい噂や主張、執筆者らの個人的見解をまるで真実であるかのように記載する方が本来は異常です。

 まして日本は資料に即した事実を第一にしており、それまで通説として罷り通ってきたものであっても新しい発見によりそれが揺らげば変更や更新は常にされてきました。

 邪馬台国の位置や鎌倉幕府の成立年代、足利尊氏の肖像画などはいい例で、候補が複数あるとか、実は年代はもっと前でしたとか、別人でしたとか、今の世代、その親の世代、親の親の世代で教わった内容が異なるものって、実は結構あります。

 なのに、それを特ア絡みだと認めないだの、狭めただのと喚くのは実にトンチキな話ですよ。
スポンサーサイト
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

folke

Author:folke
怠惰な社会人。
画像はウチのトイプードル(ウサ耳Ver)

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム


folkelowさんのランキング集計結果