徒然な日々に

その日の個人的出来事や、見たニュース、記事から思った事、感じた事を徒然と…
02月24日(火)

自己記憶改変に続き、幻視能力まで持つ南チョウセンヒトモドキ 

22日付けの中央日報の記事から

「独島からアシカが消えた理由」…韓国の教授がユーチューブに動画公開
2015年02月22日12時05分
 韓国誠信(ソンシン)女子大学の徐敬徳(ソ・ギョンドク)教授が独島(ドクト、日本名・竹島)からアシカが消えた理由を説明する動画を22日にユーチューブに公開した。16日に50秒のティーザー映像がユーチューブに公開され話題を集めたのに続き7分の本映像を公開したもの。

 徐教授が制作し俳優のチョ・ジェヒョンが出演するこの動画は、アシカが1900年代に日本の残忍な乱獲によって消えた事実を説明している。

 韓国メディアの報道によると、この映像は日本の領土主権対策企画調整室が最近独島のアシカを日本の子どもの友達として描写した動画を制作したことに対し抗議するために作られた。

 日本はきょう2月22日を「竹島の日」に指定し、独島の領有権を主張している。

 「アシカが1900年代に日本の残忍な乱獲によって消えた事実を説明」とか、本当にチョウセンヒトモドキって知能が極めて低劣なくせに日本人を貶める時だけは頭が回るようですね。

 と言うか、1900年代に日本の乱獲で消えていたというのが事実なら、竹島を武力で不法占拠した後に連中は消えたはずのアシカをどうやって繰り返し目撃していたんでしょうかねぇ?

 妄想を現実に摩り替えるなんて精神錯乱民族お得意の異常な振る舞いを繰り返している内に、遂には妄想を飛び越えて幻視まで出来るようになっていたんでしょうかねぇ(笑

 元々アシカ漁が行われており、数が少なかったのは事実ですが、産経の黒田勝弘記者のコラムに直接の原因は竹島を不法占拠していたチョウセンヒトモドキが銃撃で絶滅させたという研究家が山陰中央新報に寄稿した論評に書かれていると記していますし、WWFの1977年度報告書にはチョウセンヒトモドキ自身が警備隊の撤収がアシカの最上の保護策だと報告を挙げていたんだそうで、明らかに連中が不法占拠後もアシカが存在していた事と、それを絶滅させたのが南チョウセンヒトモドキ自身であると分かります。

 それを日本が残忍に乱獲したから絶滅したんだ、コレが事実だと、何時ものように捏造と罪のなすりつけを公然とやっているわけですから…

 ま、生来残虐で弱者をいたぶるのが何よりの好物であるチョウセンヒトモドキが銃器を持った状態で無抵抗のアシカなんて見かければそりゃあその後の展開は見るまでもなく想像できますし、武力による不法占拠を「歴史的、地理的、国際法的に明白なわが固有の領土」なんて大嘘を公然と言ってのける恥知らずのペテン民族ですから、虐殺で絶滅危惧種を滅ぼしたなんて事実は糊塗したい、だから日本の仕業にしてしまえとなりますよねぇ?

 いやはや、どんな進化の系統樹を辿ればここまでデキソコナイの失敗作が種として誕生し、淘汰されずに生存し続けられるのか、地球の神秘に唸らされますね。

 産経ニュース『ソウルからヨボセヨ アシカ絶滅の真相』
 http://www.sankei.com/column/news/
150221/clm1502210005-n1.html
スポンサーサイト
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

folke

Author:folke
怠惰な社会人。
画像はウチのトイプードル(ウサ耳Ver)

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム


folkelowさんのランキング集計結果