徒然な日々に

その日の個人的出来事や、見たニュース、記事から思った事、感じた事を徒然と…
02月20日(金)

イデオロギーが大事なだけで、問題の本質はどうでもいいバカヒ 

20日付けの朝日新聞デジタルの記事から

夫婦別姓-多様な家族認めるとき
2015年2月20日(金)付
 夫婦別姓を認めない民法の規定は、個人の尊厳や男女平等などの憲法の理念に沿うのか。最高裁が判断することになった。

 地裁、高裁で退けられた事実婚の夫婦ら5人の訴えが、最高裁で大法廷に回された。判決はまだ先だが、最高裁は、高裁の判断をそのまま追認するわけではない姿勢を示唆している。

 生き方や、家族の形が多様化するなか、例外なく夫婦の一方に姓を変えさせる民法は、もはや時代にそぐわず、柔軟さを欠いている。最高裁は現実をつぶさにみて、考えてほしい。

 結婚を機に同姓になりたいと思う夫婦もいれば、そうできない、望まない人たちもいる。

 仕事で使ってきた姓を変えるのは不便だし、それまでの実績、人脈が途絶えるリスクもある。姓を変えて、自分が自分でなくなってしまうと感じる人もいる。一人っ子同士の結婚が増え、どちらの姓とも決められない場合もあるだろう。

 近年、職場で旧姓を使い続けるケースは浸透してきたが、それでも、文書の署名や銀行口座を開くような肝心の場面で、戸籍上の姓を使わざるをえない現実は今もある。

 婚姻届を出さずに事実婚を選ぶ場合、法律婚にある税制上の優遇はあきらめるしかない。

 女性だけに離婚後6カ月間、再婚を禁じる民法の規定についても、最高裁大法廷が判断することになった。こうした人生や個人のアイデンティティーに直結する問題を放置してきた国会の責任は重い。

 法制審議会は19年も前に「結婚しても姓を変えない利益を保護する必要がある」として、別姓を選べる民法改正要綱案を答申した。法務省が法案を準備し、是正の道筋をつけた。

 実現していないのは保守系議員が「家族の崩壊を招く」などと反対してきたからだ。必要な人に選択肢を与える改正なのに、それを許さない一部議員の姿勢は頑迷というほかない。

 12年の政府の世論調査では、「夫婦は同姓にすべきだ」と「希望すれば旧姓を名乗れるよう法改正していい」が拮抗(きっこう)するが、年代別では20~50代で「別姓許容」が上回る。今後の社会を担う世代の意識を重んじていくべきだろう。

 結婚で姓を変える96%は妻の側で、負担は女性に集中する。「女性の活躍を阻むあらゆる課題に挑戦する」と安倍政権は宣言している。ならばまず、選択的別姓を阻んできた自民党の姿勢を顧み、改めるべきだ。最高裁から言われる前に、国会自らが実行すべき問題である。

 凄いですよねぇ?

 「最高裁は現実をつぶさにみて、考えてほしい」とか、社説で露骨に己の意に従えと司法へ圧力をかけてますよ。

 現実とやらをつぶさに見るのなら、高裁判決のまま、バカの訴えは棄却で何の問題も無いのにねぇ?

 結婚時に氏が変わった程度で個人の人格が否定されるだとか、単なる被害妄想を肥大化させたバカ丸出しの戯言ですもの。

 しかも、男女どちらでも変更可能なものを取り上げて、女性差別だとかほざくに至っては、それなら氏を強要したペーパー離婚とやらの元夫を訴えろよと爆笑してしまうお粗末さですしねぇ?

 結婚時に夫の氏へ変える女性が大多数なのは事実ですけど、国や役所がそうしろと強要しているわけではないのですから、それで国が女性差別をしているとか、どれだけ頭がイカレていれば行き着く結論なのやらと。

 そして、一番嗤えるのがバカヒが「必要な人に選択肢を与える改正なのに、それを許さない一部議員の姿勢は頑迷というほかない」とか「今後の社会を担う世代の意識を重んじていくべきだろう」とかほざいていることですね。

 お前らソレ、憲法改正でも同じ事言って見ろよ、と。

 でも実際にこれが憲法問題になると、途端に全く正反対の屁理屈を捏ね繰り回して反対論を喚き出すのですから、もう滑稽千万。

 憲法改正の是非を問う読売や毎日などのアンケートでは、近年賛成派が5~6割と過半数を超えており、反対派は僅か2~3割しかおりません。

 朝日系列でのアンケートですら賛成派は4割を超えているのに、反対派はやはり2割とかその程度でしかなく、9条を言い訳に反対をしているバカヒとは裏腹に大多数の日本人は国民の手が届かないところに置かれている正すべき欠陥品という認識なわけです。

 そして賛成派の多数は「日本国憲法というものが現実に即していない」と答えており(毎日や読売、NHKのアンケート結果より)、現実的な目線から欠陥品を役立つ正規品へ変えようとの考えに基いていましたが、一方の反対派の最大論は「9条を変えられてしまうから」というブサヨ丸出しの短絡思考で、現実など何も見ていない蒙昧さが明らかになっています。

 この手のアンケートで反対派が上回るのは、憲法そのものを議論の題材とするのではなく、9条や96条などに的を絞ったり、安倍政権の姿勢がどうだのとブサヨが意図的に反対派が上回るよう質問を操作した場合か、沖縄のように洗脳教育でバカ量産に成功している異常な土地柄の地域だけですね。

 現にバカヒも9条を言い訳にして「この60年をかけて培ってきた日本の「平和ブランド」を手放す損失は大きすぎる。日本ほどの経済力を持ちながら、軍事に厳しく一線を画す。このユニークさは国際社会にも知られ、重要なソフトパワーになっている。それを生かしてこそ、「国際公益の世話役」として日本への信頼を築くことができる」などとバカヒの名に相応しい戯言を並べ立てています。

 でも、9条って何度も記しているように国民の保護を否定しており、守るべき国民の生命・財産を放棄しているんですよね。

 証拠に、日本国憲法の前文にはこうあります。

 「平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して、われらの安全と生存を保持しようと決意した」

 他国やその国民を平和を愛し、公正と信義を持っていると妄信しているから国として守りませんよと、国民の許可無く勝手に宣言しているのですから、正直こんな狂った文章を作成したクズどもの頭を撃ち抜いてやりたいと思える、非常に不気味で気色の悪い主張です。

 そして、その結果はどうでしょう?

 南樺太だけでなく千島列島も全島をソ連に不法占拠され、未だに島ひとつとして取り返せないどころか、正義だ、正当な権利だとロシアにはほざかれていますし、北朝鮮には国内に工作員を送り込まれて国民を拉致されているのにその人々を満足に取り返すことも出来ず、韓国には竹島を武力占拠された上に漁民多数を虐殺されてたり拉致されて解放条件に国内で拘留している犯罪者の釈放をさせられ、未だ竹島を返還しないどころか日本が不法占拠した悪者呼ばわりされて島の名前や日本海の名称まで変えたとデマを流されて書き換えようとされていますし、台湾は尖閣諸島を自分のものだと主張し、中国に至っては台湾が自分達のものだから尖閣も自分達のものだと侵略の気配を露骨に見せて軍事挑発を連日繰り返している。

 微塵の根拠も無い一方的な盲信の結果がこの無様極まりない現実であり、ロシアと南北朝鮮からは国民を虐殺されたり拉致されたりしているのに殆ど何も出来ないままとなっているのに、それでも9条がとほざくのですから、バカヒらブサヨの姿勢こそ頑迷という以外の何物でもありませんし、自国民の命や尊厳すら自分達のイデオロギーの前では無価値というその考えには本当に反吐が出ますね。

 何せ9条のメリットとかって勝手に妄想する部分だけを見て平和ブランドとやらの信頼が大事だのとほざいているだけで、その犠牲となった、或いはなっている人や地域を無視しているのですから、拉致や虐殺をされた連中、狙われている地域の事など存在を無視しろ、騒がれたら形だけの抗議を相手に言って終わりにしろというのがバカヒの主張になるわけです。

 また、改正に関するアンケートではやはり30~40代の今、そしてこれからを支える世代が最も改正を強く望んでおり、今後の社会を担う世代の意識とやらをそんなに重視するならまずは己の頑迷な憲法改正に反対する姿勢を改めて見せろ、と。

 自分は別です、例外です、何をしても言ってもいいんですというこのジャーナリスト至上主義とでも言うべき下劣な貴族主義を掲げ続けるバカヒに、付ける薬はやはりないままのようですね。
スポンサーサイト
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

folke

Author:folke
怠惰な社会人。
画像はウチのトイプードル(ウサ耳Ver)

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム


folkelowさんのランキング集計結果