徒然な日々に

その日の個人的出来事や、見たニュース、記事から思った事、感じた事を徒然と…
02月17日(火)

本気か強がりか、どっちにしても愚か過ぎて理解不能 

17日付けの中央日報の記事から

韓国、外貨準備高は十分… 「日本と通貨協定なくても問題なし」
2015年02月17日08時04分
 14年間続いた韓日通貨スワップ協定が終了した。

 韓国銀行(韓銀)と企画財政部は16日、「韓国と日本の中央銀行間で締結した通貨スワップ契約は予定通り23日に満了する」と公式発表した。日本銀行(日銀)と日本財務省もこの日、同じ内容の声明を出した。

 韓日通貨スワップはチェンマイ・イニシアティブ(CMI)協約の下で締結した契約。通貨危機が発生する場合、韓国が100億ドル相当の韓国ウォンを渡し、日本から100億ドルを受ける形だ。逆に日本が通貨危機に直面すれば、韓国が100億ドルに相当する日本円を受けた後、保有する100億ドルを渡す。韓国ウォンと日本円を直接交換する両国間の通貨スワップ協定は2013年7月にすでに終了した状態だ。

 韓国政府は余裕のある反応だ。企画財政部国際金融政策局のミン・ギョンソル課長は「両国間の経済状況などを見ると(通貨スワップ契約を)延長しなくても大きな問題はないとみて終了することになった」と説明した。政府内では経済的な意味より政治的な意味が強いという見方が多い。2012年に日本政府が独島(ドクト、日本名・竹島))イシューを取り出して韓国への圧力カードとして使ったのが通貨スワップだった。外為事情に敏感な韓国の弱みを突くという計算だった。これは誤算に終わる雰囲気だ。韓国の外貨準備高が増えているからだ。外為事情を左右する3大要因▼通貨スワップ▼外貨準備高▼経常収支--ともに韓国は問題がない状況だ。

 韓国は日本を除いた5カ国と多様な通貨で構成されたスワップ契約を結んでいる。中国560億ドル、インドネシア100億ドル、アラブ首長国連邦(UAE)54億ドルなど、締結当時のドル換算規模が1290億ドルにのぼる。ホン・スンジェ国際局長は「今回終了する韓日通貨スワップを除いても1190億ドル相当のスワップ契約分が残っている。十分な水準だと判断する」と説明した。

 国の経済の大きさを勘案した外貨準備高や経常収支の規模で、韓国はむしろ日本よりも有利な状況だ。韓国の外貨準備高は2008年以降増え続け、昨年末には過去最高の3636億ドルとなった。一方、日本の外貨準備高は昨年27億ドル以上も減少した。

 経常収支の流れでも韓国と日本の状況は明確に異なる。外貨準備高が必要な時に使えるように貯めておいた「積立金」であるなら、通貨スワップは緊急な状況で引き出して使う「マイナス通帳」、経常収支は毎月入ってくる「月給」といえる。韓国は2013年に続いて昨年も国内総生産(GDP)に対して6%以上の経常黒字を出した。しかし日本は昨年4-6月期、7-9月期連続で経常赤字を出した。韓国政府が「韓日通貨スワップを延長しなくても関係ない」と自信を表す背景だ。韓銀のソ・ジョンミン国際金融協力チーム長は「韓国の経常収支、外貨準備高状況に対する市場の評価を今回の協定終了判断を下す過程で参考にした」と述べた。

 批判的な視線も存在する。ヒョン・ソク資本市場研究院研究委員は「通貨スワップは危機を迎えた時に活用する臨時方便だ。韓国政府は90年代末のアジア金融危機、2008年のグローバル金融危機をきっかけに、先進国はもちろん新興国との通貨スワップを拡大してきたが、経済的な論理よりも政治的な問題で延長または中断が決定されることが繰り返されている」と指摘した。また「韓国ウォンは通貨戦争で活用できる実弾で地位を築けていない状況であり、政府の政策も消極的だ。国際決済通貨として韓国ウォンの地位向上という根本的な解決法と努力なしには、通貨危機に直面した時、先進国に急いで通貨スワップを要請する状況を繰り返すことになる公算が大きい」と述べた。

 何故、最後に批判的な視線としてこんな話が出てくるのかというと、一番最後のところに書いてあるように通貨危機に直面した際、頼りになるのは経済力に余裕があって自力で乗り越えられて他者の支援まで行えるのが先進国だからであり、その中でも規模、信用性の両面において圧倒的だったのが日本でした。

 記事中では外貨準備高を増やしたから、むしろ日本より有利だのと阿呆な戯言をほざいていますが、何せ日本の外貨準備高は、ざっと4倍近い1兆2600億ドル以上という文字通り桁違いの規模なのですし、その他の外貨資産も500億ドル以上ありますから、韓国如き矮小な国とでは基礎体力が文字通り大人と子どもほども違います。

 また、26年度末の額からその翌月である27年1には5億ドル以上の増加をしており、27億ドルの減少とかほざかれてもねぇ?

 そりゃあ千円しか持っていない人間にとっては50円、100円の増減も唸らねばならないでしょうけど、それを1万円持っている人間に同じ様に当て嵌めて、どうだとドヤ顔されても滑稽でしかありませんね。

 日本が過去最大時に700億ドルという巨額を韓国相手のスワップで結べていたのも、これだけの資本力の差が背景にあればこそなのです。

 ましてや円は国際通貨であり、そのままでは紙くずに過ぎないウォンとでは貨幣の価値そのものが別次元です。

 日本とのスワップがなくなっても1190億ドルものスワップが他国とで残っているなんてのもほざいていますが、中国を含む複数国寄せ集めてもその規模なのですから、日本単独で700億ドルという背景が如何に巨大だったかよく分かるでしょう。

 ましてや日本とのスワップは名目上相互のものになっていても日本が融通をしてもらわねばならなくなる状況などまず有り得ない為に実質一方的な支援と言えるものでしたので、あるだけで投資家の韓国に対する信用度も全く異なっていましたし、先にも書いたように国際通貨として通用する円ならば、ドルと交換しても十二分に役立ちます。

 一方、現在の締結国と言えば、中国以外はUAEやオーストラリアという中所得規模国、そしてインドネシアとマレーシアという発展途上国であり、特に後者2国はかつてのアジア経済危機のような状況になればむしろ韓国側が融通をせねばならないことになりかねませんし、中国も経済の先行きは宜しくない。

 何より経済が財閥系企業による輸出一本槍で、その財閥系企業も近年状況が宜しくない状況で国内はデフレが続いているのですから…どの口で問題が無いなんてほざいているのやら?

 ついでに言えば日本の赤字は輸入費の増大が原因の大きな割合を占めていますから、復興が進みつつある現状、原発の再稼動などが進んでそちらが下がれば自然と回復していきます。

 まぁ、私個人としてはむしろあの下等動物達には盛大に自爆して最貧国に戻ってくれた方が色々な意味で助かるので、よくぞ終了してくれたと拍手喝采なんですけどね。
スポンサーサイト
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

folke

Author:folke
怠惰な社会人。
画像はウチのトイプードル(ウサ耳Ver)

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム


folkelowさんのランキング集計結果