徒然な日々に

その日の個人的出来事や、見たニュース、記事から思った事、感じた事を徒然と…
10月12日(日)

適材適所ではなく、まずイデオロギーありきがサヨクですから 

11日付けの産経ニュースの記事から

一部から疑問視された自衛隊派遣 救助・捜索に役立つ装備と機能 大型ヘリ・ガス探知・装甲車…
2014.10.11 17:09更新
 噴火によって多くの犠牲者を出した御嶽山(おんたけさん)では、11日も長野県警、消防、自衛隊が行方不明者の救助・捜索活動を続けた。

 今回の救助・捜索活動をめぐっては、派遣された自衛隊やその装備について、一部から疑問の声が投げかけられた。警察、消防にはない能力を有する自衛隊の何がいけないというのだろうか。

 「なぜ、御嶽山に自衛隊派遣なんだろ…。人が必要なら、むしろ警視庁や富山県警の機動隊や山岳警備隊の応援派遣をした方がよさそうな気もするが…」

 噴火当日の27日、ジャーナリストの江川紹子さんが自身のツイッターでこうつぶやき、ネット上で批判を浴びた。

 江川さんは2日後に「自衛隊を災害で派遣することに反対しているわけではありません」とつぶやき、前出のつぶやきを削除した。江川さんの真意を聞こうと9日に取材依頼したが、11日時点で返答はなかった。

 御嶽山周辺で待機する陸上自衛隊の89式装甲戦闘車は人員を輸送する能力をもつが、機関砲を備えている外見にこだわって派遣を疑問視する報道が見られる。

 陸自トップの岩田清文陸上幕僚長は9日の記者会見で、江川さんのツイッターをめぐる騒動について「初耳で承知しておりません。コメントのしようがありません」と困惑の表情を見せただけだったが、ある陸自幹部は「なんでそんなことを…」と絶句した。

 御嶽山で活動する陸自と航空自衛隊は、11日時点で人員約330人、車両約90両、航空機16機の規模で働いている。

 陸自の多用途ヘリコプターUH60は9月28日、標高3千メートルの厳しい条件下で23人を救助。CH47大型ヘリコプターも多くの人員や資機材を山頂近くまで送り届けている。

 陸自はNBC(核・生物・化学)テロ対処能力を持つ中央特殊武器防護隊も派遣している。広範囲にわたって火山性有毒ガスの濃度を計測できる「化学剤監視装置」を用いて、自衛隊だけでなく警察、消防の救助・捜索活動を支援している。火山灰に埋もれた手がかりを探すのに使われている地雷探知機も、自衛隊ならではの装備だ。

 一部で疑問視されている89式装甲戦闘車に関しても、陸自幹部は「普通の車両では、降り積もった火山灰を巻き込んで前へ進めない場合がある。キャタピラーで動く装甲戦闘車なら、火山灰の上でも動ける」と説明する。

 もし、さらなる噴火があっても、噴石の直撃にも耐えられるし、機密性が高いため火山性有毒ガスからの緊急避難の場所としても使える。

 内閣府が平成24年に行った「自衛隊・防衛問題に関する世論調査」によると、「自衛隊が今後力を入れていく面」(複数回答)として「災害派遣」と答えた人はトップの76・3%だった。阪神大震災や東日本大震災での活躍で、自衛隊の役割には広範な国民の理解があるとはいえ、江川さんのツイッター騒動は、自衛隊への理解がなお十全ではないことを物語っている。(杉本康士)

 異動先部署の仕事が忙しく、月末頃から月の半ば頃までは中々更新が出来ず、滞る事が今後も常態化しそうです…

 記事の内容に入りますが、まぁ、元々あの左巻きどもの巣窟であるTBSのサンデーモーニングに毎週出て一緒に反自衛隊で盛り上がっていたような輩ですしねぇ?

 能力的に警察や消防の上位組織と位置付けられるのが、自衛隊であるなんて絶対に認めたくないのでしょうね。

 災害に限らず、有事に投入できる人員数やその質は勿論、装備や訓練量、経験等、どれをとっても警察や消防では自衛隊に及びません。

 例えば急患が発生した場合、当然ながら第一報は消防や警察への救急要請になります。

 しかしその場所が離島や気流の乱れる山間部の村落、暗夜などの場合、彼らでは対処できないことが往々にしてあり、そうなると今度は知事へ連絡が行き、そこから出動要請が自衛隊に来る。

 つまりは消防や警察が対処できないと匙を投げるような難事に対処しなければならないのが自衛隊ですから、そのためには装備の面でも人材の面でも警察や消防を量と質の双方で上回っていなければならない

 「警視庁や富山県警の機動隊や山岳警備隊の応援派遣」で対処しろなどとほざくのは、この基本にして大原則の部分さえ知らないジャーナリスト(笑)故の蒙昧さってことです。

 そもそも、同じ装甲車でも精々が暴徒対策レベルで十分な警察と、戦争や大規模災害対策が必要な自衛隊で同じであるわけがありませんし、月明かりも無い暗夜の離島の急病人とか、吹雪で荒れる山間部で遭難者を救助する自衛隊のヘリが警察や消防のヘリと同じかそれ未満のレベルのわけがない事位、自衛隊のこれまでの活動を知っていれば言うまでも無く理解出来ることです。

 故に、己の無知蒙昧さを棚に上げて自衛隊なんか必要ないと叫ぶ程度の輩は、ジャーナリスト(笑)で十二分だと。

 実際、記事でもチラッと名前が出てくる自衛隊の特殊武器防護隊などは毎年消防学校で講演をして知識の向上と連携の強化に勤めるなどしていますし、先の東日本大震災の時を振り返っても自衛隊が人員規模でも活躍内容でも警察や消防以上であったことを疑う人間はいないでしょう。

 大勢の隊員が己の家族の安否もわからぬまま国民の救助に連日身を投じ、凄惨な遺体の収容を繰り返してトラウマを負いながらも職務を続けていたことを知らぬ日本人がいるでしょうか?

 その時の原発事故でも、近づけぬ消防に代わって原子炉上空から被爆覚悟で放水作業を行ったのは自衛隊でしたよね?

 テレビのコメンテーターまで勤めて散々報道に携わってきたジャーナリストのはずが、こうも無様な見識レベルなんですから、そりゃまあ朝日を筆頭にする反日目的の低俗で愚劣な報道が跋扈するのも当然ですよね。

 ましてや朝日やNHKみたいに詐欺契約を働いても、捏造報道をしても一切刑事罰が与えられないのですから、腐敗は深化する一方で改善など見込めないわけです。

 もっともこのジャーナリスト(笑)の場合は余りに頓珍漢な発言を繰り返した挙句、あまりのバカっぷりを全方位から糾弾されて謝罪と撤回に至ったわけですが、それでも真意は別だったんだーなんて、朝日みたいな言い訳をして恥の上塗りを忘れないんですから、サヨクって本当に救い様がないですよね。

 そもそも自衛隊の装甲車がダメだと言うのなら、それより劣る装備しか持たない警察や消防に何が出来るんだという話になるのに、ただ只管自衛隊を罵倒して自分は正しいんだと誰にも同意してもらえない独り善がりな戯言を並べ立てているのですから、その時点で程度は察せますけど。
スポンサーサイト
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

folke

Author:folke
怠惰な社会人。
画像はウチのトイプードル(ウサ耳Ver)

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム


folkelowさんのランキング集計結果