徒然な日々に

その日の個人的出来事や、見たニュース、記事から思った事、感じた事を徒然と…
09月21日(日)

本能だけで生きるヒトモドキ 

19日付けのMSN産経ニュースの記事から

またケチつけた韓国 “旭日旗バッジ”と大騒ぎ
2014.9.19 17:34
 【ソウル=名村隆寛】韓国で19日に開幕した仁川アジア大会を前に、男子ホッケー日本代表の選手が地元の女子高校生にプレゼントしたバッジに「旭日旗」が描かれていたとして、騒ぎになっている。

 ホッケー代表選手は16日に、仁川市内にある女子高校の屋内ホッケー練習場で、練習に励んでいた。韓国の聯合ニュースが同校などの話として伝えたところでは、同日5時半ごろ、練習を見学していた女子高生20人あまりに、選手らがバッジを記念品として渡した。

 ところが、バッジにあしらわれた旭日のデザインに、女子高生らは不快感を感じ、教師に事実を伝えた。学校側は、生徒らの歴史意識をほめ、大会組織委員会に18日、正式に問題提起したという。

 関係者によると、バッジは日本ホッケー協会のもので、他国の選手らとの交換用に持っていた。選手たちは練習を熱心に見守ってくれた高校生に、親切心からあくまでも友好のしるしとしてバッジを渡したようだが、思わぬ誤解を受けてしまったようだ。

 そりゃ日本代表選手が悪いですよねぇ。

 動物園でも書いてあるでしょうに、「動物にエサを与えないでください」とか「危険だから触らないでください」って。

 わざわざ朝鮮半島なんて名前の半島動物園に乗り込んだ挙句、物珍しさに近寄ってきた雌のチョウセンヒトモドキにモノを手渡しで与えるなんて真似自体極めて危険な行為なのに、しかも火病なんて人類の持たない奇病にDNAレベルで冒されている下等動物がココ最近まるで赤い布を見た牛の如く興奮して病状を著しく悪化させる旭光のデザインなんて渡したりすれば喚いて暴れてとなるのは当然です。

 連中が人類とは隔絶した異常性と下等さを持つヒトモドキであることをちゃんと理解していないのが悪い。

 サッカーの大会でサル真似をしたヒトモドキが喚くまで、旭日旗を見ても何かを感じるヒトモドキなどそもそも存在してさえいなかったのに、今では刷り込み妄想学習で10代の雌ガキでさえこの有様なのがヒトモドキなんですから。

 親切心だの友好だの、まるで対等な人間やペットにやるような友愛精神を下等動物相手に持つことそのものが極めて愚かな行為であると、この選手達も少しは理解できたんじゃないでしょうかねぇ?

 何せ旭日そのものどころかそういう風に見えるかもというレベルのデザインにさえも発狂しているのが昨今の南ヒトモドキの現状なのですから、所詮理性を持たず本能で反射動作をするだけの下等動物に過ぎないことを外見が人間に近しいなんてことで惑わされず、ちゃんと理解しておかなかったのが全ての元凶ですね。
スポンサーサイト
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

folke

Author:folke
怠惰な社会人。
画像はウチのトイプードル(ウサ耳Ver)

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム


folkelowさんのランキング集計結果