徒然な日々に

その日の個人的出来事や、見たニュース、記事から思った事、感じた事を徒然と…
08月30日(土)

更なる虚言を重ねるバカヒと、それを歓待するヒトモドキ 

29日付けの中央日報の記事から

朝日新聞「慰安婦強制動員、核心は変わらず」
2014年08月29日07時50分
 日本の朝日新聞が河野談話に代わる新しい談話発表を要求する保守・右翼勢力を相手に反撃に出た。

 朝日新聞は28日、「慰安婦問題、核心は変わらず」と題した記事で、今月初めの特集記事を通じて誤報を認めた吉田清治氏(死亡)の証言内容と河野談話は直接関係がないと主張した。

 同紙は当時の政府関係者の発言と各種根拠に基づき、慰安婦強制動員を主張した吉田証言が河野談話に影響を及ぼすことはなかったと明らかにした。「慰安婦強制動員が虚構と明らかになったため、河野談話を見直すべき」という自民党や産経・読売新聞などの主張に反論したのだ。

 1993年の談話作成に関与した日本政府の関係者は朝日新聞に対し、「内閣外政審議室の職員が吉田氏に複数回にわたって接触したが、つじつまが合わない部分があったため談話には採用しなかった」と明らかにした。それよりも日本軍・朝鮮総督府・慰安所関係者の証言と日本関係省庁・米国公文書館などで集めた大量の資料が河野談話の根拠になったということだ。したがって吉田証言を裏付けるほどの新しい証言の有無に関係なく、談話が無効化することにはならないという説明だ。

 菅義偉官房長官も27日の記者会見で、「強制連行を確認できなかったという認識に立って(93年に韓国側と)交渉したことが明らかになっている」とし、河野談話と吉田証言の関連性を否認した。

 朝日新聞は「自由を奪われて性行為を強いられ、暴力や爆撃におびえ、性病、不妊などの後遺症に苦しんだ」という被害女性らの証言も共に紹介した。

 しかし読売新聞は28日付の1面の[検証 朝日「慰安婦」報道]という記事で「強制連行という誤解のために日本が激しい非難を浴びている」とし「朝日新聞の報道が日本の名誉と尊厳を傷つけた」という主張を繰り返した。

 産経新聞もこの日の社説で、「事実を無視してつくられた虚構の談話を継承することは国民への背信」とし、当時の河野洋平官房長官の国会招致を実施すべきだと主張した。

  自民党政務調査会は26日、「国際的に広まった誤解を正すべき」として新たな談話発表を要求したが、菅義偉官房長官は河野談話の継承意思を明らかにした。

 要するに、政府の調査でも民間の調査でも地元メディアの調査でも、どれもがそんなものは事実でないと否定されたペテン師の捏造与太話をただ朝日一社だけが30年以上も事実だと海外に撒き散らしてきたわけです。

 まともに証言内容を確認していれば即座にバレる、その程度の薄っぺらな嘘を見抜けない…いや、都合が良いから事実にしようと反日材料に採用し続けた悪質なデマゴーグ製造機、それが日本の最低品質便所紙、朝日新聞の実態であると。

 この件で最も重要なのはただこの一点のみですよねぇ?

 因みに朝日の該当記事って、卑劣な事に英語版なんですよ。

 自分が誤報と言い訳をするものを30年以上も垂れ流してきたことを謝罪も訂正もせず、開き直る社説をぶちまけ続けた挙句、英語で海外に向けて更なる詭弁を垂れ流しだした、と。

 どこまでも度し難いクズですよね。

 しかも、何処までも他人を嘲るこの極潰しのゴミどもは呆れ果てることに、その記事中で「a government official who was involved at that time in the compilation of the statement acknowledged(その時、談話の編集に関係していた政府高官)」というお得意の存在さえいぶかしむべき謎の存在を呼び出して、河野談話に吉田証言は取り入れていないと言ったとかほざいて、だから河野談話は間違っていないと寝ぼけた戯言を述べているわけです。

 そして更に…

 「The basis for compiling the statement consisted of testimony provided by those with ties to the military, the Korea Government-General and management of the comfort stations, as well as a large volume of documents collected from various Japanese government ministries and agencies in addition to the U.S. National Archives and Records Administration and others.(談話をコンパイルする根拠は、軍、公衆便所の朝鮮政府一般および管理、さらに米国国立公文書館他に加えて様々な日本の中央省庁から集められた多くの資料に結束を備えたものによって提供される証言から成りました)」

 このような、もはや呆れ返るどころか、日本人ならバカヒの悪逆非道ぶりに殺意さえ覚えずにはいられないようなデマゴーグを英字で垂れ流しているのです。

 ご存知の通り、これに関する事実は半年前の2月に国会へ参考人招致された石原信雄元官房副長官が述べています

 「(聞き取り内容に対する)事実関係の裏付け調査は行われていない」「女性たちを強制的に(慰安婦に)従事させるという種の文書は発見できなかった」「米国の図書館まで行ったが、女性たちを強制的に集めたことを客観的に裏付けるデータは見つからなかった」

 政府が国を上げて海外にまで渡って調査をしたにも関わらず、ただの一つとして証拠は見つからなかった。

 そして、作成には約定を破った反日活動家の自称慰安婦が聞き取りの対象に含まれ、挙句の果てには談話発表前に南朝鮮と政府間で擦りあわせを行い、事実に反する内容を友好だのなんだのという愚にも付かぬ幻想の為に行ったと、とっくの昔に暴露されているのに、その正反対の虚偽をこうやって未だに垂れ流しているのがバカヒなんです。

 「自由を奪われて性行為を強いられ、暴力や爆撃におびえ、性病、不妊などの後遺症に苦しんだ」なんてのも実に怪しいというか愚かしいというか…

 何度も書くように、ヒトモドキが自由を奪われて犯されたなんて話で立証されたものは一つとして無いし、暴力沙汰は取り締まる人間がいる以上、組織的な犯罪ではないし、爆撃に至っては米軍の犯罪だし、性病はコンドーム(突撃一番)を使っていた状態である以上、防げなかったのは組織犯罪でも何でもない。

 むしろ定期検査や治療をやっていたわけですし。

 不妊にしたってコンドームを使っている以上、妊娠を意図した、或いはその可能性を承知の上での強姦が起因しているものとは全く話が違い、その後の処置の問題であって責任の所在が全く別ですよねぇ?

 必死に言い訳をして自らが30年以上も行い続けてきた国際犯罪を覆い隠そうとしていますが、そのために更なる罪を重ねるとか、つくづく救いようが無いクズです。

 何より、吉田証言というペテンが全く関係ないとなれば、どれだけ資料を探しても証拠は見つからず、証言は出鱈目なわけですから、もはや継承するしない以前の問題として河野談話を事実として認める理由が存在しないわけであり、嘘を政府として垂れ流したのですから、当人を国会に招致するのも、破棄して新しいものへ作り直すのも当然のことではありませんか。

 そのついでに、長年にわたる言論テロの罪で国際テロ組織としてバカヒを認定し、関係者一同の逮捕と組織としての解体をやるべきだと思いませんか?

 朝日新聞デジタル『Core of 'comfort women' issue remains unchanged』
 http://www.asahi.com/articles/
ASG8X4S2DG8XULPT005.html?iref=comtop_pickup_02

 MSN産経ニュース『「河野談話、(慰安婦聞き取り調査の)裏付けなし」石原元副長官が国会で証言』
 http://sankei.jp.msn.com/politics/news/
140220/plc14022018180021-n1.htm
スポンサーサイト
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

folke

Author:folke
怠惰な社会人。
画像はウチのトイプードル(ウサ耳Ver)

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム


folkelowさんのランキング集計結果