徒然な日々に

その日の個人的出来事や、見たニュース、記事から思った事、感じた事を徒然と…
07月21日(月)

鶏にも劣る記憶力を遺憾なく発揮して全て自分に跳ね返らせるバカ民族 

18日付けの中央日報の記事から

殺傷用ミサイル開発へ…「平和三原則」破った安倍首相
2014年07月18日09時00分
 日本政府が戦闘機に搭載される殺傷用ミサイル技術を英国と共同で研究する。17日、安倍晋三首相が主宰した国家安全保障会議(NSC)関係閣僚会合でこのような方針を決めた。迎撃ミサイル「パトリオット2(PAC2)」搭載部品を米国に輸出することも決まった。

 日本政府は4月、事実上の武器輸出禁止政策だった従来の「武器輸出三原則」を撤廃し、一定の要件を満たせば輸出が可能な「防衛装備移転三原則」を発表した。17日の両決定は、新三原則に基づき日本政府が武器共同研究と部品輸出を決定した最初の事例だ。

 毎日新聞によると、英国との共同開発が決定した空対空ミサイル「ミーティア」は、英国がフランスなど欧州国と共同で開発している。米国が配備するミサイルより射程距離が長いが、命中率が落ちるのが弱点だ。このため英国など関係国は日本企業が保有する標的識別センサー技術に関心があるという。日本政府は将来、このミーティアを航空自衛隊の次世代主力戦闘機F35に搭載する計画だ。

 毎日新聞は「ミーティアは殺傷能力が高い兵器で、新三原則が明記している『平和国家としての歩みを引き続き堅持する』という理念から逸脱し、日本の技術移転が国際紛争を助長する危険性がある」と批判した。

 日本の「防衛装備移転三原則」は▼日本が締結中の条約や国際約束に違反する場合▼国連安保理決議に違反する場合▼紛争当事国への輸出--の3つの場合を除いて、武器輸出を原則的に認めている。しかしその内容の中には「平和国家としての基本理念、平和国家としての歩みを引き続き堅持する」という大前提に該当する文面が含まれている。殺傷用武器にまで手を伸ばすのは、新三原則の基本理念を損なわせるという懸念が日本国内から出る理由だ。

 このほか、米国への輸出が決定したPAC2搭載部品は、三菱重工業が米レイセオン社とライセンス契約を結んで生産する高性能センサーだ。米国はPAC2のカタール輸出を念頭に置いている。結局、日本の部品が米国を経てカタールにまで輸出されることになる。

 防衛産業の育成を通じて軍事武器大国化と経済成長という二兎をつかむというのが安倍首相の構想だ。安倍首相は5月、英国やフランスを歴訪して首脳会談を行う度に「防衛装備の共同開発を推進する」という合意を引き出した。

 6月中旬にパリで開催された世界最大規模の武器展示会「ユーロサトリ」には、日本政府の推奨を受けた日本企業13社が初めて参加した。また、1日の閣議決定で集団的自衛権の行使が容認された後、日本の防衛相は米国から“攻撃用”武器である上陸作戦用艦艇を導入する意思を明らかにした。武器の輸出と輸入を問わず大胆な動きを見せている。

 集団的自衛権に関する安倍首相の二重的な言動も非難の標的となっている。集団的自衛権の目標に関し、安倍首相は日本国内では「国民の生命を守るために」と主張しているが、外国(8日の豪州議会演説))に行くと「できる限り他国と(安保に関する)多くのことを一緒にするため」とし、軍事大国への意志を隠していない。

 ◆武器輸出三原則=1967年に佐藤栄作首相が共産圏諸国と国連が武器輸出を禁止した国、国際紛争当事国およびそのおそれがある国に対して武器輸出を禁止した原則。76年には「すべての地域および国への武器輸出を認めない」という談話を発表し、事実上、武器輸出を全面禁止した。

 チョウセンヒトモドキと言うケダモノが、鶏にも劣る記憶力にサルにも劣る知能という救いの様の無い下等動物であることをまざまざと見せ付ける記事ですね。

 「戦闘機に搭載される殺傷用ミサイル」と言うのは通称AAM(Air to Air Missile )と呼ばれる空対空ミサイルのことですが、その名の通り航空機から発射して航空機に命中させる事を目的としていますので、当れば落ちる、落ちれば死ぬという至極当たり前の事に過ぎず、殺傷兵器なんて大仰かつワザとらしい名前をつけることそのものがバカ丸出しなんですよねぇ?

 それとも、他国が何処も持っていない非殺傷型のAAMなんて奇異な兵器をチョウセンヒトモドキは持っているとでも言うのかと、問いたくなりますね

 それにPAC2に至っては純防御兵器であり、進入してきた敵機や敵ミサイルに対してしか使えないのですから、仮に日本がそれをカタールへ輸出したところで何の問題があるのやら?

 よもや今騒がれている露助の阿呆どもとその間抜けな子分達みたいに一目で形状の違いから判る民間機相手に対空ミサイルを発射して撃墜するなんて愚行がどうのとか、バカげた妄想でも垂れ流しているんでしょうかねぇ?

 だったらまずは闇の武器商人として他国に兵器をガンガン売って死傷者を現在進行形で出している自国の政府と軍を罵ったらどうだと。

 確か自分達は危険だからと禁止した催涙弾を売り捌いて外国でその被弾による死者を出し、少し前に問題になっていましたよねぇ?

 あぁ、それとも三菱製の高性能なPAC2やそれが輸出されるかもしれないカタールに嫉妬しているんでしょうか?

 何せ新品さえマトモに扱えず直ぐに駄目にする下等動物のくせに、大量の中古PAC2を買い漁って頭を抱えていましたものね。

 そしてこの記事で一番笑えるのがココ、「日本の防衛相は米国から“攻撃用”武器である上陸作戦用艦艇を導入する意思を明らかにした」って部分です。

 上陸用の艦艇はその存在自体が攻撃用の兵器なんだそうで。

 四方を海上に囲まれ、大小多数の島で構成される日本においては当然ながら兵員や装備の最も有効な輸送手段は海上輸送であり、それを最も迅速に出来るのが揚陸艇やそれを搭載できる大型の揚陸艦などであるってだけなんですが、サルよりも程度の低いヒトモドキには国家の事情や背景なんて高度な概念は理解が及ばないわけです。

 何せ航空機は速度では勝っても搭載量では圧倒的に劣るし、離発着の出来ない島なんて日本には腐るほどありますし、隠密性という点でも船に劣っています。

 そもそも日本の島って全部で6852もあるんです。

 殆どの地域が地続きで陸を移動できるヒトモドキには理解の及ばない世界なんでしょうが、自分達の芋海軍とさえ呼べぬ粗末な沿岸警備軍の中枢艦などと呼んでいる艦隊旗艦が何なのかも忘れているのは、余りに粗末過ぎる記憶力ですよねぇ?

 現状、日本が持っていない強襲揚陸艦であり、しかもチョウセンヒトモドキによる侵略の象徴である「独島」なんて名前まで付けて日本への侵略意志をこれでもかと示しているのを忘れているとか、この愚鈍愚劣なケダモノどもはどれだけ知能が低いのやら…

 空対空ミサイル、PAC2、そして強襲揚陸艦とどれも連中が言うところの攻撃的な殺傷兵器を揃えているくせに、己を棚に上げて日本人を罵倒するこの下等動物どもにはやはり話を理解するような知能は存在しないってことですね。

 ほーんと、何処まで行っても愚劣で哀れで滑稽で下等なケダモノ達ですね。
スポンサーサイト
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

folke

Author:folke
怠惰な社会人。
画像はウチのトイプードル(ウサ耳Ver)

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム


folkelowさんのランキング集計結果