徒然な日々に

その日の個人的出来事や、見たニュース、記事から思った事、感じた事を徒然と…
06月15日(日)

5年もかかって漸くわかるような事実なのか? 

14日付けのMSN産経ニュースの記事から

「何も決められない大統領」 イラク混迷、高まるオバマ批判
2014.6.14 20:06
 【ワシントン=青木伸行】緊迫するイラク情勢をめぐるオバマ米大統領の対応の遅さと曖昧さに、米国内で批判が高まっており、11月の中間選挙をにらみ野党・共和党は攻撃を強めている。

 大統領は13日、ホワイトハウスで、地上部隊を派遣しないこと以外、具体策を何ら示さず、決定まで「数日を要する」と言い残し、ヘリコプターで遊説先のノースダコタ州へ向かった。

 共和党のベイナー下院議長は「下院と国防総省は、イラクの情勢悪化をホワイトハウスに警告してきた。だが、何もせず、イスラム過激組織が首都バグダッドへと迫っているときに、大統領は昼寝をしている」と痛烈に批判した。

 マケオン下院議員(共和党)は大統領の言葉をとらえ「ホワイトハウスには、何も決められずに、『あらゆる選択肢を検討している』と言う歴史がある」と皮肉った。

 マケイン上院議員(同)に至っては、「大統領は国家安全保障チームを一新すべきだ」とし、ライス大統領補佐官(国家安全保障問題担当)や、デンプシー統合参謀本部議長らの辞任を要求。過激派組織の脅威増大は「イラクから米軍が撤退した代償であり、大統領はアフガニスタンでも同じ破滅的な過ちを犯そうとしている」と非難した。

 一方、ウォールストリート・ジャーナル紙は「(大統領就任から)5年以上がたち、われわれはこの大統領に指導力、戦略的な望みを期待すべきではないということを知るようになった」と批判している。

 いやはやもう、何を今更って感じですね。

 基本は優柔不断だし、部下の統制は全く取れないし、珍しく即断即決をしたり、自らの言葉で喋れば呆れ返る様な言動しかしない典型的なロクデナシなのは就任当初からですよねぇ?

 特に対日政策の愚劣さは目を覆いたくなる酷さ

 見るからに異常者とわかるルーピーにあっさり騙された挙句、その後はそれを理由に日本との関係自体悪いまま放置するし、明確な侵略欲を出して時代遅れの覇権主義を掲げる中国に媚を売るわ、下等な南朝鮮にまで過剰なリップサービスをして日本人の不興を買うわ、日本によってテロ行為でICPO指名手配中の犯罪者が国内に潜伏しているのを放置するどころかそれを支援する一族の人間を駐日大使として派遣した挙句に日本人を殺人者呼ばわりしても咎の一つも無いわ…

 無論他の点も似たようなもので、ロシアや中国、北朝鮮やイランなど旧共産圏の連中がどれだけ暴れても気にも留めないか、精々が口先で囀るだけで本気でどうこうしようという気概さえない。

 むしろ軍縮を極度に推し進めて連中の跳梁跋扈を後押ししている始末ですし。

 現在の東南アジアに対する中国の侵略政策に対してだって日本が海保の船舶提供や指導などでフィリピンやベトナムなど被害を被っている地域の国々に協力をしているのに対し、アメリカは口先だけでなーんにも効果のあるような行動は行っていない

 こんなのがノーベル平和賞受賞の大統領だと言うのですから、実にチープで軽々しい賞だってことも同時に判りますよねぇ?

 その肝心の核軍縮だって北朝鮮や中国が増産し続けている事には批判さえろくに出てこないし。

 「われわれはこの大統領に指導力、戦略的な望みを期待すべきではないということを知るようにな」るのに5年もかかるなんて、アメリカ人は土地が広大な分悠長も過ぎるんですかねぇ?

 私は最初っから不適格であり、マケイン氏の方が適任だと指摘していましたけどね。
スポンサーサイト
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

folke

Author:folke
怠惰な社会人。
画像はウチのトイプードル(ウサ耳Ver)

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム


folkelowさんのランキング集計結果