徒然な日々に

その日の個人的出来事や、見たニュース、記事から思った事、感じた事を徒然と…
06月11日(水)

異常な潔癖症はむしろ有害なだけにしかならない 

10日付けの朝日新聞デジタルの記事から

児童ポルノ-法改正を根絶のてこに
2014年6月10日(火)付
 抵抗できない子どもを食い物にする性的虐待を、根絶するはずみにしたい。

 子どもを被写体にしたポルノを所持するだけでも犯罪となる。児童ポルノ禁止法が、そう改正される見通しになった。

 この法ができたのは15年前だが、これまで処罰の対象は、子どものポルノの製造や販売などだった。自分で見る目的で所持することも違法とするかどうかは、先送りされていた。

 児童ポルノは見過ごしてはならない犯罪である。社会が許容する余地をなくすためにも、今回の改正は支持できる。

 日本はかねて、世界に出回る児童ポルノの主生産地として国際的に批判されてきた。

 99年に法が施行された後も、被害はやまないどころか増えている。警察庁によると、昨年までの10年で製造・流通などでの送致件数は約8倍、特定された被害者数は約9倍になった。

 もはや、作り手や売り手だけでなく、買い手も処罰することで、需要そのものを断ち切るしかない。日本を除く主要7カ国(G7)は、すでに所持を犯罪としている。

 仮に子どもに性的な関心があっても、心の内にとどまる限り法が入り込む余地はない。

 しかし、児童ポルノの製造過程には、子どもへの強姦(ごうかん)、強制わいせつなど性的虐待があり、児童ポルノはその記録だ。

 虐待された被害に加え、だれかが所有すれば、被害者の屈辱は半永久的に続いてしまう。

 悩ましいのは、児童ポルノの定義にあいまいさが残ることだ。とくに「性欲を興奮・刺激するもの」という規定は今後の論点の一つとなろう。

 ふつうの人が性的興奮を感じなくても、性犯罪があったことを疑わせる写真や画像もある。小児性愛が背景にある犯罪を防ぐには、性欲を指標とするより性的虐待の記録となるものこそ規制すべきだとの指摘もある。

 法がどこまで実効的にはたらくか。規制の範囲が適切かどうか。捜査当局は運用のなかで不断に検証していくべきだ。

 国会の議論では、児童ポルノと重なる漫画・アニメ・CGなども規制すべきか調査研究をする付則を入れることも検討されていた。表現の規制につながる問題であり、最終的に見送られたのは妥当だ。

 まずは被害者をなくす観点から取り組むべきだろう。

 親や近親者から被害を受けるケースもある。警察や児童相談所などが連携して子どもを守るとともに、被害にあった子を長期的に見守る態勢も必要だ。

 何というか、頭の悪い偽善者が結託してバカなことをやって一層被害拡大に勤めているだけですよねぇ、相変わらず。

 以前から何度も指摘していますけど、力を入れる方向性が全然逆だろうと。

 そんなに児童ポルノが憎いなら、なんで製造や販売をしている連中を厳罰に処するって方向は一切検討しないんだ、と。

 ま、実際には親とか顔見知りが犯人であるケースが多いことなどから、バカの代名詞でもあるアグネス・チャンなどクズどもが意図的にそこへの言及を避けているからでしょうけどね。

 だから漫画やらアニメやらがどうのと、本来の被害撲滅や被害者救済とは何の関係も無い事に熱を入れ、本腰であるそれらには見向きもしないわけです。

 極端な話、児童買春や強姦などへ実際に手を出した人間、児童ポルノを製造・販売した人間に対する処罰を現状の10倍程度重い罰にした方が遥かに本来の目的に沿った効果を得られます。

 販売利権より罰の方が遥かに重くなればハイリスクローリターンなのですから、危険を冒してまで作って販売する輩は確実に減りますもの。

 例えば1枚5000円でその手のDVDを売り、1000枚売り上げた場合の利益は500万円ですが、罰金が今の10倍である1000万円になったら、その程度の売り上げでは大損になるし、だからといって販路を広げようとすればそれだけ逮捕の確率も高まるし、経費も掛かるのでやる旨みがなくなるわけです。

 ましてやこんな杜撰でいい加減な内容では権力側による濫用の可能性だけでなく、逆にやる方は単純にアングラ化を一層深めることにも現状では繋がるだけですから、問題はむしろ根深くなるだけでしょうね。

 また、笑えるのがAKBなど児童を使ったポルノと呼べるグラビアや映像類などを意図的に廃していることで、水着どころか下着まで18歳未満の者に着せ、平然と披歴していながら誰一人製造犯として捕まっていないんですから、これで処罰がどうの、強化がこうのとか、臍で茶が沸かせますね。

 それとこれも散々言っていることですけど、強権的に全てを封殺すると必ず反動がより酷くなって起きるということを何でこの手のバカどもは理解する知能が無いのかと。

 バカヒなんて模範的偽善者らしく「児童ポルノの製造過程には、子どもへの強姦(ごうかん)、強制わいせつなど性的虐待があり、児童ポルノはその記録だ」なんてほざいていますけど、法の中身を見ればその文言以外のものもお上がそうと判断すれば含めて簡単に処罰対象と出来る、逮捕できるいい加減なものとなっているし、年齢にしても曖昧なままで結婚可能年齢を女性は16歳にしているのに16歳や17歳は児童ポルノとなっているので、それこそ17歳の妻の裸写真などを携帯で撮って所持していたら夫でも児童ポルノ製造・所持の犯罪者になるのが今回の法律なんですから、バカじゃないのと。

 件数自体の増加をさも深刻に騙っている点もお笑いで、この10年を振り返ってみれば携帯の発達によって誰でも簡単かつ何処でも映像など記録が作れるようになっているのですし、自取りによるものなどもあることを鑑みればそれらの件数が増えているのは当たり前であり、むしろ見るべきは被害者数の変動なのですが、そちらは都合が悪いからやっぱりバカヒは掲載していないようで。

 何よりもG7が寄生しているからどうとかって主張に至ってはマジで書いているなら豆腐の角に頭をぶつけて死んだ方がいいぞと。

 何せそのG7の中で、日本より性犯罪発生率が低い国ってただの1カ国も存在しないのですから。

 特にこの手の法規制で厳しいことで有名なのがカナダですが、強姦発生件数なんて世界第5位という、あのレイプ大国アメリカ(第9位)にさえダブルスコア以上の差で圧勝するレイプ超大国です。

 因みにイギリスやフランスなども日本の大体10倍、ドイツでも5倍以上であり、当然ながら児童ポルノ関係のサイト閲覧数などでもそれらG7の各国はとても高い数値を出しています。

 無節操かつ無闇矢鱈と趣味嗜好について締め付ければアングラ化と暴走を引き起こすだけなのはアメリカの禁酒法でも明らかですし、上記立派な事をやっていると見当違いの振る舞いに自惚れているG7のバカっぷりも示しているのに、それに追随するのが素晴らしいことだと盛って、実際の犯罪を起こしている者達は野放し

 こういう偽善者こそ犯罪を助長し、悪化させ続ける諸悪の根源じゃないんですかねぇ?

 これで抑圧された連中による児童強姦とか未成年者への痴漢が増えたとなった時、こんな事に盛ってきたクズどもはどう責任をとるのやら?

 ま、取らずに頬被りして逃げるか、もっと規制を強めろと見当違いのわめきを上げるかなんでしょうけど。
スポンサーサイト
日ソ共同宣言を締結した旧ソ連のブルガーニン首相の誕生日とのことです。
鳩山一郎首相との会談で日ソの国交正常化が実現した一方、歯舞と色丹の両島を平和条約締結後に
引き渡すとしながらなされていませんが、今後実現するでしょうか?
[ 2014/06/14 19:59 ] 名無しさん [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

folke

Author:folke
怠惰な社会人。
画像はウチのトイプードル(ウサ耳Ver)

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム


folkelowさんのランキング集計結果