徒然な日々に

その日の個人的出来事や、見たニュース、記事から思った事、感じた事を徒然と…
05月15日(木)

中道を装いながら本音では必死に庇おうとして支離滅裂になるバカヒ 

14日付けの朝日新聞デジタルの記事から

美味しんぼ-「是非」争うより学ぼう
2014年5月14日(水)付
 週刊ビッグコミックスピリッツ(小学館)で30年以上連載されている「美味(おい)しんぼ」が、波紋を広げている。

 福島第一原発事故をテーマにした最近の2回分で、主人公が鼻血を出し放射線被曝(ひばく)と結びつけられたり、「福島を広域に除染して人が住めるようにするなんて、できないと思う」との見解が述べられたりしている。

 実在の人物を絡めて表現されており、福島県や双葉町などが事実と異なるとして抗議や意見を表明した。

 私たちは社説で、低線量被曝の影響を軽視しないよう指摘する一方、できるだけ科学的な根拠や実測値、具体的な対策とともに議論すべきだとの立場をとってきた。漫画での描き方には疑問が残る。

 ただ、低線量被曝には未解明の部分が多い。今回のような健康被害に関する主張は事故後あちこちで見られてきた。それが広く関心を集める背景には、巨大な被害を招いた原発政策への怒りも反映していよう。

 ひとつの作品を取り上げて過剰に反応したり、大学の学長が教職員の言動を制限するような発言をしたりすることには、賛成できない。

 忘れてならないのは、福島の人こそ事故被害に苦しみ、無理解に怒り、不安と闘いながら日々暮らしていることだ。

 私たち一人ひとりが、「うそだ」「本当だ」と振り回されるのではなく、巷(ちまた)にあふれる情報から自分自身で納得できるものを選びとる力を養っていくことが大切だろう。

 福島県内ではこの3年で、十分とは言えないまでも外部被曝や内部被曝を検査する体制が整いつつあるが、受診率は高いとはいえない。現地で活動を続ける医者たちは「心配なら検査しよう」と呼びかけている。

 数値をどう見たらいいか、どうしたら無駄な被曝を避けられるか、勉強会や相談会、研修も開かれている。食べ物や水の検査も継続的に実施されてきており、健康への影響と関連づけられるほどに実際のデータも積み上がってきた。

 こうした経験知は人々が不安の根源に向き合い、どう対処すればいいかを考える手がかりになる。これらを福島から全国へと共有していきたい。

 小学館は19日発売の次号とホームページで、これまでの反響や複数の専門家の意見を特集するという。

 影響力の大きい人気漫画だけに、全国の読者に考える素材を提供し、議論を深める場になることを期待する。

 如何にもバカヒらしい、庇いたいけど庇えないから論点を摩り替えて援護しようという卑劣で姑息振りが伺えます。

 例え漫画であったとしても、取材結果に基いた真実を書いたと、ノンフィクションである事を作者自身が明言し、しかも実在の人物を使って放射能被害が真であると断言しているのですから、その虚言をばら撒いたことについて腹を切らねばならないのは当然ですし、こういうペテン師が実しやかに垂れ流す嘘が溢れる中でどうやってこうも専門的話題について科学的知識の無い一般人が真実だけを取捨選択できると言うのか?

 「巷(ちまた)にあふれる情報から自分自身で納得できるものを選びとる力を養っていくことが大切だろう」というのなら、それを個々人が出来るとする論拠を示せって話です。

 例えば、原発事故直後には放射線の濃度が高いと国民を謀る為に反原発派の山本バカ太郎などクズのブサヨどもはわざわざガイガーカウンターを水溜りの上で計って不正に数値を報じるなど、卑劣で姑息な真似をしていました。

 知識のある人々がその不自然な写真などから事実を見抜いて連中の詐欺を糾弾した為にあっという間にその手の工作は廃れましたが、一般人にはそもそも何故水溜りの方が計測値が大きくなるのかって部分からして判らず、著名人が言っているのだから、わざわざ現地で計測しているのだから嘘を言うわけが無いと考え信じてしまったものだっているわけですが、そういう人間は選び取る力が無いから悪いで片付けるつもりなんですかねぇ、バカヒは。

 まして一つの作品なんてわざと問題を矮小化させようとしていますが、最初にバカヒ自身が書いているように30年以上連載され、コミックでは100巻を超える程の長期連載作品であり、過去にはアニメ化やドラマ化もしている誰もが知っている作品のひとつであり、その影響力は言わば全国紙が嘘を垂れ流したのと同じようなものです。

 例えばバカヒだって過去には捏造報道を幾度も繰り返しており、その都度謝罪や訂正をしていますよねぇ?

 まぁ、バカヒの場合言い訳をしてどちらもせず逃げ続けているような事例も腐るほどある、下種な組織ですが、ソレは兎も角、珊瑚への落書きであるKY事件などを見てもわかるように嘘を吐いたことやその過程で犯した罪は謝罪し、償わねばなりません。

 ですが、このバカ作者は国や地方自治体を始めとした側がキチンと調査して報告している資料も検査結果も全てを無視して存在自体怪しい主婦団体のアンケート結果がどうだのと平然とデマを垂れ流し続けています

 そもそも大阪市が受け入れた瓦礫は福島のものですらなく、線量だって未検出になるような代物なんですから、それで8割もの人間が被爆症状を訴えていると言うのが事実なら、それは確実に集団催眠か集団ヒステリーのどちらかです。

 おまけに大阪市が地元の医師会などに確認したらそんな事実はないと断言されたそうですから、完全にフィクションですよね?

 被爆で鼻血が出ると言うのも短期間で非常に高い線量を浴びて初めて起きる症状であり、ちょっと取材した程度で鼻血が出る程だと言うのなら地元民はとっくに白血球の減少で倒れているとか、放射線技師や原発作業員、宇宙飛行士らが何とも無いのにそれより低い線量被爆で起きる訳が無いと言うのもこの問題でよく言われることです。

 でも、疑問がどうのと一応の言い訳を並べただけでそういう明確に否定される材料は一切都合が悪いから今日も記さない、朝日流報道の自由。

 しかも「ひとつの作品を取り上げて過剰に反応」するなと言いながら、締めの台詞は「影響力の大きい人気漫画だけに、全国の読者に考える素材を提供し、議論を深める場になることを期待する」ですから、もう目的と手段がごっちゃになって何を書いているのかバカヒ記者程度の知能ではパンクして判らなくなっているようですね。

 過剰に反応しない、つまりは単なる漫画の与太話で片付けろ、取り上げて騒ぐなと言っていたはずが、最後には議論を深める場になって欲しいと、話題の中心になれって言い出しているのですから…どっちだよと。

 何時ものことながら、本当にバカによる、バカのための似非メディアですよね、バカヒって。
スポンサーサイト
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

folke

Author:folke
怠惰な社会人。
画像はウチのトイプードル(ウサ耳Ver)

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム


folkelowさんのランキング集計結果