徒然な日々に

その日の個人的出来事や、見たニュース、記事から思った事、感じた事を徒然と…
05月09日(金)

果たしてこんなものを国策とする意味があるのか? 

8日付けのMSN産経ニュースの記事から

ソフトバンク子会社が佐賀でメガソーラー運転開始
2014.5.8 19:04
 ソフトバンクの子会社、SBエナジー(東京都)は8日、佐賀県嬉野市に建設した大規模太陽光発電所(メガソーラー)の運転開始を記念する式典を開いた。出力は約2千キロワットで、年間の予想発電量は約594世帯分。運転は1日から始まっている。

 式典で、SBエナジーの藤井宏明副社長は「エネルギーを身近に感じ、考えるきっかけになるような施設にしたい」とあいさつ。嬉野市の谷口太一郎市長は「地域の活性化につながってほしい」と期待した。

 ソフトバンクによると、約3・2ヘクタールの敷地に約8千枚の太陽光パネルを設置した。電力はすべて九州電力に販売する。SBエナジーのメガソーラーは九州では長崎市に次いで2カ所目、全国では11カ所目。

 帰化したところでペテン民族はペテン民族のままな社長の方針でSBが進めるメガソーラー(笑)のお話です。

 ド田舎に村程度が賄えるかどうかのという小規模の発電設備でメガとか、正直名前に偽りありだなとこの時点で失笑を禁じえない矮小さですが、まぁ所詮太陽光発電なんて発電方法の中でも極めて効率の悪いものじゃ仕方ないのでしょう。

 高々600世帯弱を賄うのに3.2ヘクタールも使うとかやっぱり非効率ですし、何よりカラスが石を落とした程度で30万円が飛ぶ(太陽光パネル1セット当りの近年価格が大体30万円程度)わけですし、用地を確保しようとしたらこういう大都市から離れた辺鄙な場所になる上それでも発電量が少なすぎるので役立たずもいいところなんですよね。

 九州電力に全量売るみたいですけど、その間の接続費用やロスの量はどれ位になるのやら?

 発電効率なんて僅か12%と、辛うじて10%を超えている程度ですし、出力割る枚数で算出すると1枚当りたった、0.25kwですから、1世帯分を賄うのに14枚程も必要となるので420万円も掛かるわけです。

 因みに原発なら旧式でも1基で100万kw程度ですから、たった1基で30万世帯弱を賄えます

 こうして比較すると太陽光がどれだけ非効率的な発電システムであるか判るでしょう。

 そりゃあ国策として国の金をばら撒きでもしなければやってられませんよね。

 因みに中部電力の試算では原発1基に必要な面積はナゴヤドーム33個、一般家庭の太陽光である場合で同規模の発電量を得ようとするとナゴヤドーム1390個分、190万軒が必要なんだそうです。

 2011年に東京電力が造った浮島太陽光発電所はSBが今回造ったものの3.5倍である7000kwで一般家庭2100軒分だそうですが、その年間分の発電量を100万kwの原発なら僅か7時間半程で生み出せるそうです。

 正直こんなものに税金を投じ続けるなど、無駄遣いの最たるものとしか思えないんですがねぇ?

 女川原発のようにシステムさえしっかりしていれば大型地震や津波にも対処できるわけですから、国の監督により徹底した管理体制と安全性確保をした原発の方が無駄なものに税金を吸い取られ続けるより余程いいと思いますよ。

 何よりペテン師や悪徳業者が跋扈し、我々の金で肥え太るような太陽光発電の現状を野放しにするのは到底承服できませんからね。

 中部電力『太陽光・風力と原子力の比較』
 http://www.chuden.co.jp/
energy/ene_energy/
newene/ene_data/dat_hikaku/

 日経新聞『数字が語るメガソーラーの「不都合な現実」』
 http://www.nikkei.com/article/
DGXNASDD190MZ_Q2A420C1000000/
スポンサーサイト
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

folke

Author:folke
怠惰な社会人。
画像はウチのトイプードル(ウサ耳Ver)

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム


folkelowさんのランキング集計結果