徒然な日々に

その日の個人的出来事や、見たニュース、記事から思った事、感じた事を徒然と…
04月27日(日)

愚か者ほど虚勢を張る 

26日付けのMSN産経ニュースの記事から

「訪中の事実」が成果 舛添知事「目的遂げることできた」
2014.4.26 21:22
 【北京=酒井潤】中国を訪問していた東京都の舛添要一知事は26日、3日間の日程を終え、帰国した。北京市の王安順市長との面会後、「大きな目的は遂げることができた」と初の“都市外交”の成果を強調したが、合意事項に目新しさは乏しい。それだけに、中国政府の思惑がちらつく中、都知事として18年ぶりの招待を受け、実現した訪問という事実こそ、最大の成果といえそうだ。

 舛添知事によると、王氏とは大気汚染対策などの分野で協力を加速することで一致。「方向は確定した。あとは事務方が具体的なものにする」と胸を張った。

 しかし、都と北京市は平成21年段階で、廃棄物処理や大気環境など4分野で技術交流・技術協力を行うことで合意。大気環境分野では昨年、北京市関係者が来日、協議した。その意味では、北京訪問以前から方向は定まっていた。

 訪中前、「おみやげは難しいだろう」と、ある都幹部は口にした。石原慎太郎元知事が米ワシントンで尖閣諸島購入構想を、猪瀬直樹前知事が米ニューヨークで都バスの24時間化試行を打ち上げたようなインパクトには欠けるだろうとの見立てだった。

 だが、「外交と安全保障は国の専管事項」としつつ、「北京と東京で先鞭(せんべん)をつけることが日中関係改善につながる」と語る舛添知事の狙いは日中関係そのものにありそうだ。

 北京では汪洋(おうよう)副首相や元国家主席の娘で中国人民対外友好協会の李小林会長らとも面会。舛添知事によると、尖閣諸島に絡む話題は出ず、「それぞれの立場をわきまえた大人の対応だった」と振り返った。都市外交というオブラートに包んだ舛添知事なりの外交。これを日中関係にどう波及させていくのか、今回の訪中でその端緒が開かれた。

 産経の表現もかなりオブラートに包んでますよねぇ?

 だって、とどのつまりは舛添って阿呆は都民の金を食い潰して北京に遊びに行った挙句、中国政府の思惑通り動いた単なる操り人形だったってことですもの。

 「「方向は確定した。あとは事務方が具体的なものにする」と胸を張った」とありますが、その次に書かれているようにそれらは全て先人達がとっくの昔に方向性を確定して調整を進めてきたものに過ぎず、わざわざトップがこのタイミングで乗り込んで再確認する必然性など微塵も無い、まさにどうでもいいことなわけですから。

 しかも国の専管事項とほざきながら、先鞭がどうだのと主導して方向性を望むように変えようとするとか、もはや支離滅裂の極みです。

 それも中国が反日活動に熱心になり、遂には約束を反故にして商船を制圧し、身代金を奪うなんて海賊の真似事をかましている最中に行っておきながら、それら中国の暴挙からはすべて目を背けたまま友好とかほざくなんて、丸っきり民主党系列の売国奴がやってきた行為そのものじゃありませんか。

 ま、外国人参政権なども画策している愚物ですから、中国様には媚をまだまだ売りたくて仕方ないのでしょうけど、幾ら都知事として実績が未だ何一つ無いからって民主党の如く中国詣でをしてそれが成果だとか、恥知らずにも程がありますね。

 大臣時代はもう少し考えて動ける人間だと思っていたのですが、こんな恥を晒しておいて胸を張っているようでは、器の程度が煤けて見えると言うものです。

 何というか、寂しい老人の虚勢って感じですが、それを都知事としてやられるのですから、堪ったものではありませんね。

 もう己の程度は十二分に理解できたでしょうから、そろそろ止めてくれませんかねぇ、政治家って肩書き自体を。
26日付けのMSN産経ニュースの記事から

安倍首相の靖国参拝批判 中国副首相、都知事と会談
2014.4.26 21:20
 【北京=酒井潤】中国・北京を訪問している東京都の舛添要一知事は26日、記者会見を開き、汪洋(おうよう)副首相が安倍晋三首相の靖国神社参拝を批判し、「日中の協力関係を阻害するような動きを日本の政治家は慎まなければいけない」と語ったことを明かした。

 舛添知事はこの日午前、中南海で汪氏と会談した。汪氏の発言に対し、知事は「機会があれば安倍首相に伝える」と応じた。24日に会談した中日友好協会会長の唐(とう)家●(かせん)元国務委員も安倍政権に厳しい評価を下していたという。

 一方、舛添知事の中国訪問について、汪氏は会談で「都知事就任後、初の訪問先に北京を選ばれたことは両国の友好を大変重視している表れ。中国側は高く称賛します」とあいさつ。会見で舛添知事は、汪氏から「今回の訪中は歴史的な意義を持つとの発言があった」と明らかにした。

●=王へんに旋

 都の金を無駄にしただけと最初に書きましたが、それよりも酷かったのが実情みたいですね。

 何の具体的成果一つ挙げられず、それどころか小泉政権時代より奥田ら経団連のクズどもがやってる中国詣ででのメッセンジャーボーイの役を同じく仰せつかってきましたとか、本当に知事なんて資格に値しない能無しですね、舛添は。

 まして中国にしてみれば経団連に加えて首都である東京のトップが軍門に下ったわけですから、そりゃあ連中の歴史にとっては大変意義のあることでしょうが、それを嬉々として紹介するなんて、どれだけ恥知らずなら出来ることやら?

 何せ石原慎太郎時代より明確に中国の侵略思考、帝国主義にノーを突きつけてきたのが東京都だというのに、汚沢並の尻の軽さで中国詣でをした挙句、メッセンジャーボーイとして中国様はこのように仰せであるとか、記者会見で伝達をしっかりしているのですから、もはや中国の犬と呼ばれても否定は出来る立場にありませんね。

 もしこのバカがマトモな政治感覚を持った人間であったなら、それこそ、日中の友好を本気で考えているのだったら商船三井にしたような真似を止めて謝罪しろ、チョウセンヒトモドキに肩入れしてテロリストを賛美するのを止めろ、位の事は言っていなければおかしいわけですが、ただただ、言われたことをそのまま伝えただけなんですから、きっとこの阿呆は全身ペンキで真っ赤に塗った上で胸に星を付けた犬コロに成り下がれて大喜びなのでしょう

 何と厚顔無恥なことか。

 しかし、先の都知事選でつくづく思いましたけど、東京都の有権者も本当にバカが多数なんですよねぇ…

 トップ当選したのがこんな救いようも無いクズですし、その次は原発原発喚くだけの能無しバカ二匹でしたから。

 何せかつての参院選でもトップ当選はあの無能の代名詞、蓮舫だった位ですから。

 参院選での得票171万票、つまりはそれだけの愚か者がいたってことですし、今回だって都知事選で上位の3バカの票数を鑑みればどれだけ人を見る目が無い、或いは考える知性の無い阿呆が東京にいるか判るでしょう。

 アレの無能ぶりは周知の通りですが、特に国民を驚嘆させたのは、東日本大震災において無能の限りを晒した挙句、はじめてのことだからと呆れ返る言い訳を披歴した時でしょう。

 こうやって毎回ロクでもない輩を政治家に仕立てて、そのツケを被っているのにちっとも学習しない連中って、一体何なんでしょうね?

 いずれにしても舛添の阿呆が最初からこの様では、残りの任期中もきっと都の選挙に外国人も投票できるようにしようとか、日本にとって害にしかならないロクでもない真似しかせず、この10年近くの建て直しを全て無駄にするだけなんじゃないでしょうかねぇ?
スポンサーサイト
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

folke

Author:folke
怠惰な社会人。
画像はウチのトイプードル(ウサ耳Ver)

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム


folkelowさんのランキング集計結果