徒然な日々に

その日の個人的出来事や、見たニュース、記事から思った事、感じた事を徒然と…
04月25日(金)

その無能どもの政府を生み、先日まで諸手を挙げて賛美してきたのはお前らだろうがと 

24日付けの中央日報の記事から

【噴水台】無能な善意の政府は願い下げだ
2014年04月24日13時53分
 解消されないわだかまりがある。今回のセウォル号沈没事故で、船長が先に逃げ、政府はうろたえ、メディアは「オーバー」だという、数多くの問題にもかかわらず、最も強く残っている疑問はこれだ。海洋警察救助隊は、どうして船内に入って中の遭難者を引き上げて救助しなかったのかということだ。

 傾いた船で、その高くなった入口に向かって素手で飛び上がることはできない。私たちはテレビ放送などを通じて「あの中に人々がたくさんいる」という声を聞いた。だから救助隊が聞こえなかったはずがない。ところが救助隊は沈没まで1時間余りの間、自力で上がってくる人々だけに、熱心に救助の手を差し出した。

 中継放送を見ていたから彼らがどれほど忙しかったのかは分かる。私たちは、善意については結果が誤っていても非難したり責任を追及したりしない伝統がある。「海洋警察が80人を救ったのなら、たくさん救ったのではないか」という海洋警察幹部の言葉も、善意を実践したのだから良いのではないかという弁解に聞こえた。

 ところで海洋警察救助隊は、善意の奉仕団体ではなく国民が命を預けた救助専門の公務員だ。今回の救助現場を見ると、救助専門家である彼らが現場の救助訓練さえやっていなかったり、装備さえ備えていなかったり、責任を回避したという疑いをかもし出している。人の命を扱う救助では、無能も回避も容認されてはいけない。救助現場に必要なことは、状況を掌握する有能さであり、善意や無益な勤勉さではない。救助は過程ではなく結果で話さなければならない。今回の現場では、過程は下手だったし結果はみじめなものだった。

 今回の事故を通じて私たちは、責任ある者の「善意だけの無能」がどれほど大きな害悪なのかを知った。国民の間で、政府に対する信頼が初めて一発で崩れたのは、安全行政部次官が事故後初めての会見で、初々しい顔つきでたどたどしく「確認してみます」ばかりを連発した瞬間だった。また教育部長官が犠牲者の生徒の葬儀室を訪れたのも、長官をきちんと迎えようとする随行員があらかじめ遺族のところへ走って行って「長官様が来られました」といったのも全て善意だったと考えている。しかしこれが悲嘆にくれた遺族たちをどれほど刺激する行為なのかには無知だった。「することがないながらも恩着せがましくする官僚」の見本として再び政府不信に油を注いだのは、善意はあったが民心に無知だったからだ。

 自分の職分に対する無知と無能は、いかなる場合でも罪だ。国民に必要なことは、優しい政府、優しい救助隊ではなく有能な政府、有能な救助隊だ。私の命を安心して預けることができるように。

 ヤン・ソンヒ論説委員

 他者は蹴落としてこそナンボってのがチョウセンヒトモドキでしょうに、己を犠牲にする覚悟で他者を助けろ何て中央日報も無理を言うものですよねぇ?

 それは人間様だからこそ出来ることであり、ゴブリン風情に出来るわけがないじゃないですか。

 極々少数の例外が事故の時にいたからって、それで自分達が人間と同じだと錯誤するなんて傲慢に過ぎます。

 現実は揃いも揃って無能揃いで右往左往し、責任が発生するや転嫁するか嘘を吐いて逃れようとするかしかしていないことからも、チョウセンヒトモドキと言う下等動物の本性は明白ですよねぇ?

 しかも、チョウセンヒトモドキって元々泳げませんしねぇ?

 海軍所属であっても全く泳げないのが1/5で、5分と泳げないのが2/5以上と、つまりモドキを水に落としたら3匹中2匹は5分後に溺死しているってことです。

 流水がダメとか吸血鬼みたいって思いましたけど、よく考えたら何かと言い掛かりを付けては日本人の血税に集る汚らわしい吸血動物でしたね、モドキって。

 日本人にしてみれば唖然とするような話、いや、真っ当な海軍を保有する国であれば何処でも唖然としますかね?

 とまぁ、海を専門にする軍隊でさえこの体たらくなんですから、海洋警察なんてのにしたってどの程度のものだって話ですし、そこに加えて元々の民族レベルが人とは比べられないほどに低俗なのがモドキってケダモノなんですから、それがわざわざ沈没する寸前の船内に入って救助をしようなんて思うわけが無い。

 おまけに記事にもあるように、「救助専門家である彼らが現場の救助訓練さえやっていなかったり、装備さえ備えていなかったり、責任を回避したという疑いをかもし出している」とまぁ、チョウセンヒトモドキらしい病理を見せており、見栄と己の懐を潤す算段しかせず、そのためなら他を幾ら犠牲にしてもよいと考える下等動物ならではです。

 因みに今回海軍による救助者はゼロだそうですし、沈没後の救助活動も海洋警察と民間ダイバーの名前のみで軍の専門家って一度も出ていません

 もっとも、その海洋警察と民間ダイバーの間でも暴言を言っただのなんだのと実にモドキらしいクダラぬ対立をしており、民間ダイバー多数が謝罪が行われるまで活動をしないと引き上げたとか何とか、バカ民族に相応しい愚行をしています

 挙句が民族そのものが愚劣である事を認めずに二代目ルーピーことバカ女に責任を転嫁し、支持率が体育館訪問後の急上昇から急降下に転じ、たった5日の間に15%も急落したと言うのですから…益々民族そのものが下等である事を知らしめたと判らないんでしょうねぇ…

 「有能な政府」が欲しいそうですけど、無能集団の中で一際異彩を放つ無能の寵児とも言うべき朴槿恵を選び、ドンドン悪くなる国内経済と国際評価を無視して素晴らしいと賛美し続けた結果が現状なのに、何をほざいているや?

 ま、永遠にこういう愚行を繰り返し続けるだけで何の進歩もしないのがチョウセンヒトモドキですけどね。
スポンサーサイト
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

folke

Author:folke
怠惰な社会人。
画像はウチのトイプードル(ウサ耳Ver)

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム


folkelowさんのランキング集計結果