徒然な日々に

その日の個人的出来事や、見たニュース、記事から思った事、感じた事を徒然と…
04月07日(月)

相も変わらず己を棚に上げた妄想狂の戯言 

4日付けの中央日報の記事から

【コラム】「暗殺の国」日本、安重根を犯罪者と言えるのか
2014年04月04日11時52分
 日本の右派が安重根(アン・ジュングン)義士を犯罪者として引き降ろす時に思い浮ぶ顔がある。山口二矢。1960年10月、演壇に飛び乗って、熱弁をふるっていた日本社会党の浅沼稲次郎・委員長をところかまわず突き刺して殺害した、あどけない顔をした右翼青年だ。この時、彼の中には「日本の共産主義化を夢見る社会主義者は許せない」と書かれたメッセージがあった。当時17歳。殺害シーンはテレビで生中継されて大き反響を呼んだ。山口はすぐに収監されたが21日後に首をつって自殺する。

 事件はここで終わらなかった。日本の極右派が彼を烈士に持ち上げて、機会あるごとに彼の亡霊を呼び出す理由だ。彼らは山口の忌日には毎年墓地に集まって追悼式を行う。2010年の50周忌には、事件が起きた日比谷公会堂で盛大な追悼式を行った。こんな山口と安義士を比べてみよう。

 まず安義士。祖国の強奪を防ぐために合法的にできることがあったのか。参政権もない状況で言論・社会運動などを通して日帝の野心を防ぐことは不可能だった。要人狙撃という極端な方法で朝鮮の悲劇を伝えることが唯一だった。

 一方、浅沼が殺害された時の日本社会党は執権勢力でもなかった。選挙など日本の共産化を防ぐための正常な方法も保障されていた。それでも山口は刀を持った。

 「抵抗権」というものがある。基本的人権が国家権力によって不当に踏みにじられるのにも、これを民主的方法で防止できなければ革命・民衆蜂起などすべての手段が容認されるという論理だ。抵抗権は国家間でも適用される。国を奪われることになった弱小国の国民が主権回復のために武力闘争するならばこれもまた正当化される。

 代表的事例が「ハイドリヒ暗殺事件」だ。第2次世界大戦の真っ最中だった1942年5月、ロンドンに移ったチェコ亡命政府はナチスの核心幹部ラインハルト・ハイドリヒボヘミア総督を暗殺することにする。そしてチェコ出身のレジスタンスをプラハへと侵入させる。彼らは出勤途中のハイドリヒを狙撃して殺害することに成功する。作戦を終わらせた隊員はプラハの教会に隠れる。しかしまもなくナチスにばれて激烈な戦闘の末に全員が自殺してしまう。戦史に久しく残るこの事件は伊藤博文狙撃とさまざまな面で似ている。

 だが、似た形はここまでだ。以後、完全に違った様相が展開した。終戦になると隊員が亡くなった聖ツィリル・メトデイ正教大聖堂は聖地となる。95年には彼らを賛える国立記念館まで入った。目を引くのはドイツ政府が抗議するどころか記念館建設に財政的支援を惜しまなかったという点だ。今でも多くのドイツ人が訪ねてきて過去の教訓を再確認している。一方、韓中が安重根記念館を作るやいなや日本の官房長官は「テロリスト記念館」と言って不快感を表わした。

 日本ほど政治テロが頻繁な国も珍しい。日本人が最も尊敬する近代化の旗手・坂本竜馬から暗殺された。幕府時代はもちろん20世紀以降も原敬、犬養毅ら現職首相2人をはじめ約20人の政治家・企業家・言論人らが襲撃を受けて命を失った。驚くべきことは大物政治家を暗殺しても5年、8年で釈放されるケースが一度や二度ではないという事実だ。侍の伝統のせいなのか、日本社会は政治的テロに寛大だという印象を消すことができない。

 それでも日本の極右派は安義士が犯罪者、山口は烈士だと主張する。

 問題は韓国政府がこうした極右派らと相当部分で情緒を共有する安倍政権を相手にしなければならないということだ。慰安婦問題を含む過去の歴史を直視しない安倍政権の腕をひねって「河野談話を継承する」というごり押し式の発言を引き出してみても何の意味があるのか。オバマ大統領の仲裁のもとで韓日米首脳会談をしてみても、わだかまりが消えることなどない。

 現在、安倍政権は隣国との関係を悪化させて経済的困難を自ら招いている。外交関係が悪くなっても経済は大丈夫だという「アジアンパラドックス」が崩れて久しい。昨年の日本の輸出は10.2%減って2年連続減少した。最大要因は対中輸出の縮小でこれもまた10.2%激減した。安倍政権に憤慨した中国人が日本製品をボイコットした結果だ。隣国といがみ合えば感情だけが傷つくのではない。副作用も侮れないことを日本人は痛感することになるだろう。このような状況が続けば、対外関係を改善しろとの世論があふれて安倍首相の態度が変わるか、でなければ政権が交代させられるしかない。だから安倍政権とは最初から共存するのは止めようという雰囲気が青瓦台(チョンワデ、大統領府)や外交部に少なくないようだ。

 ここは一つ、こうした消極的な身の振り方よりも積極的に対応するのはどうだろうか。冷笑的無視は韓日間の難題を解決する根本的な処方ではない。韓国政府は、安倍政権が河野談話を検証すると出ると、すぐに大きく憤慨する。しかし反対する代わりに最初から良心的な要人で構成された韓日中共同調査団のようなものを作って徹底的に検証するのも考えてみるに値する。

 専門家たちは慰安婦の強制動員を立証するほどの客観的資料が十分に蓄積されているという。だからこの際、隅々まで調査して今後無駄口をたたけないようにするのが良いのではないだろうか。

 ナム・ジョンホ国際専任記者

 いやはや、元々サルにも劣る知能しか持てない下等動物どもですが、最近頓にその劣化具合に拍車が掛かっていると思うのは私だけでしょうかね?

 因みにこのバカザルどもが今回比較に挙げている山口二矢ですが、そもそもコイツは事件を起こしたその場で自殺を図っており、警察に取り押さえられて失敗しているものの、その後記事にもあるようにシーツを使っての首吊り自殺をして死亡していますが、一方の併合を促進させた間抜けなモドキはと言えば、テロ後は執筆活動がどうだのと言い訳をして延命嘆願をする有様で、此処ら辺にも命に対する価値観や生き様の民族的な違いが出ていますね。

 「参政権もない状況で言論・社会運動などを通して日帝の野心を防ぐことは不可能だった」だそうですけど、そもそも王制で両班でなければ人に在らずだった朝鮮に参政権なんてものがどうやって芽生えるのやら?

 首都でさえ、ボロボロで汚れきった服装でゴミの寄せ集めに住み、糞尿は垂れ流しで街中が悪臭塗れが当たり前、頻繁に疫病が流行るなんて生活の蛮族に文化や思想なんてものがそもそもあるわきゃないのにねぇ?

 当時は半島全部併せてさえたった1000万匹で、現在は南半分だけで5000万匹ですから、どれだけ生活環境が悪かったかよく判りますね。

 因みに日本では1600年の江戸時代が始まる頃には最低でも1200万人、最大では2000万人以上であったと言われており、平野部の少なさに加えて台風や地震など自然環境の苛酷さも比較にならない上、100年もの戦国時代にあった中でも、如何にモドキとでは比較にならぬほど進んだ文化、社会を形成していたかわかるでしょう。

 話が逸れましたが、そんな蛮族にどうして合法的な手段がどうのなんて、マトモな人間の如き知性が手段として勘案できるんだってことです。

 元よりテロ民族にテロ以外の真っ当な方法なんてものを思いつく知性もその土壌も存在などしやしません

 極端思想・暴力主義の山口を引き合いに出し、さも正当な方法が一切無かったから仕方なくやったかのような低脳下劣な言い訳を弄していますが、だったら何故、それ以外のチョウセンヒトモドキテロリストどもも全てこのゴミ民族は英雄にしているんでしょうかねぇ?

 日本で普通選挙が実施される事になったのは1925年であり、中学の教科書で誰もが習うところですが、コレ、内地と俗に呼ばれた日本本土にいればチョウセンヒトモドキだろうが台湾人だろうが等しく権利を得ていた

 逆に、日本人であっても本土にいなければ選挙には参加できなかった。

 また、道知事の半数、郡守、面長のほぼ全てがモドキであり、官憲も8割がモドキと、日本の統治下では他国の植民地支配とは比較にならぬほど対等の扱いを受けていたわけで、連中のほざく「人類史上類を見ない苛烈な植民地支配」の支配下にあったはずの民族だの、だからテロは正当だのという主張は真っ赤な嘘に過ぎません。

 ましてや全ての罪をナチスに押し付けて清算としたいドイツと比較されてもって話ですし、ラインハルト・ハイドリヒと言えばSSの権力者としてユダヤ人を始めとした弾圧や虐殺の実行者ですからねぇ?

 記念館建設にしても報復の大粛清をやって村を潰したりしたことを思えば、むしろ汚名返上のために当然の動きでしょう。

 さてさて、それを比較に出すのなら、間抜けなテロリストの暗殺に対して日本はチョウセンヒトモドキの大粛清でもやってのけたのか教えろよって話ですよねぇ?

 無論答えはノーであり、日本国民の怒りをむしろ抑え、テロリストを処断しただけで事件の幕引きとしておりますし、そもそも伊藤博文はチョウセンヒトモドキに対して同情的な立場を示していた人物であり、弾圧も虐殺もやったわけではありません

 安重根という妄想偏執家の決起文を見ても判るように、伊藤博文という人物の実態を何も理解せず、民族特有の精神病で狂犬の如く噛み付いたのが実態に過ぎないのですから、過程、結果の何処を見ても評価する要素など1ミクロンさえ存在しませんし、そんなバカを英雄だと祭るゴミどもがいれば、人間が不快に感じるのは当然です。

 その上、国を僭称しているものの、実態はテロリストの寄り合い所に過ぎない南朝鮮が「日本ほど政治テロが頻繁な国も珍しい」とかほざいているんですからね。

 独立国を僭称した後でさえ、話し合いをせずに竹島侵略と漁民の虐殺、拉致を行ったのは、北への送還事業が許せないからとテロリストを送り込んで爆破及び暗殺を目論んだのは、政敵を拉致する為に日本へスパイ部隊を送り込んで実行したのは、一体どう説明をつけるのやら?

 まして坂本竜馬まで時代を遡らせてますけど、そもそも坂本竜馬は政府の役職なんて持ってないのにねぇ?

 そりゃまぁ、古代~近代の歴史=中国のペット、現代の歴史=独裁であったチョウセンヒトモドキには民主主義が貫かれ続けた日本が珍しく写るんでしょうけど、そんな戯言をほざかれてもねぇ?

 南朝鮮なんてテロリストの寄り合い所が国を僭称したところから始まり、初代大統領を自称した李承晩なんて不正選挙がバレて革命が起こり国外逃亡、二匹目の尹潽善はクーデターを起こされて失脚し、三匹目のクーデターで乗っ取った現大統領バカ女の父親である朴正煕は暗殺され、その次の崔圭夏はまたクーデターが起きて失脚し、それを起こした全斗煥、盧泰愚と続くも任期後にそれぞれ死刑や懲役が科せられる。

 その次の金泳三位ですね、特に何も無かったのは。

 金大中が暗殺未遂や拉致と自国によるテロを繰り返し受けてきたのは有名ですし、北への違法送金やノーベル平和賞受賞の為の裏工作など退任後に政治テロで諸々の悪事を暴露され、相手は米国へ亡命しています。

 そして無能大統領の異名を持つ盧武鉉は退任後に収賄容疑での捜査を受けて自殺し、李明博も後に不正疑惑で捜査を受けています。

 勿論現在のバカ女も身内が犯罪を起こして逮捕されており、スパイによる捏造事件などろくでもない騒動を国内だけで見ても退任後の流れが読めます。

 このように大統領がマトモな末路を辿らないのが当たり前という、他国に類を見ない超異常な連中が人の国を指して珍しいとかバカにしているのですから、滑稽千万だと思いません?

 それと金九って権力欲に取り付かれた下衆なテロリストが、爆弾テロを日本へ繰り返し、最後は自分がテロの標的になって殺されるというモドキらしい間抜けぶりを披歴している点も忘れてはいけませんね。

 で、「問題は韓国政府がこうした極右派らと相当部分で情緒を共有する安倍政権を相手にしなければならないということだ」とか、勝手に山口を評価する極々一部の連中と何の脈絡もない安倍政権を勝手な妄想で同一視しているわけですが、それを言うのなら安重根を始め、全てのチョウセンヒトモドキテロリストを英雄だと称えて記念館を作り、大統領を始めとした閣僚が自らそこに足を運んで大々的に称える発言を国外でまでするテロ民族を相手にしなければならない、日本の方が遥かに困った問題だと感じるだろって話ですよね?

 まぁ、サルにも劣る知能しかないから、バカどもは相変わらず自分の発現の矛盾に全く気付かないんですが。

 「現在、安倍政権は隣国との関係を悪化させて経済的困難を自ら招いている。外交関係が悪くなっても経済は大丈夫だという「アジアンパラドックス」が崩れて久しい。昨年の日本の輸出は10.2%減って2年連続減少した。最大要因は対中輸出の縮小でこれもまた10.2%激減した。安倍政権に憤慨した中国人が日本製品をボイコットした結果だ」

 こんな寝言もほざいていますけど、大嘘もいいところです。

 対中も対南朝鮮も関係悪化は民主党政権に起きていますし、昨年の輸出は69兆円超と、2012年比(63兆円超)で逆に10%程のアップです。

 ましてや2011,2012年の輸出減少は言うまでも無く東日本大震災によるものであり、むしろ輸出額だけで見れば昨年は2005年の好景気時代(65兆円)以上の額に戻っています

 対中輸出にしたって発展すれば自国で開発・生産ができるようになって輸入が減るのは何処の国であれ自明の理ですし、ましてや中国経済そのものが失速傾向に状況で、輸出額が維持できると思う方がイカレています

 それに加えて「隣国といがみ合えば感情だけが傷つくのではない。副作用も侮れないことを日本人は痛感することになるだろう」だそうですけど、南朝鮮のメディアが反日を続けながらも対日政策を見直せ、日本と会談をしろとバカ女に要求しているのはまさに、その副作用で南朝鮮自体が大ダメージを受けているからでしょうに、よくも自分のバカっぷりを棚に上げて居丈高な口がきけるものですね。

 特に観光産業の悲惨さは、頻繁に報じていますね。

 朝鮮半島が世界地図から消滅したところで日本が困るほどのものって丸っきりありませんが、その逆だとモドキは生き残れませんものねぇ、また何処かの国のペットにでもならない限り。

 敢えて言うなら日本にそのまま残っているモドキどもの処分位ですかね、困るのは。

 だと言うのに自分達の現実さえ無視し、最後の戯言は「専門家たちは慰安婦の強制動員を立証するほどの客観的資料が十分に蓄積されているという。だからこの際、隅々まで調査して今後無駄口をたたけないようにするのが良いのではないだろうか」です。

 もう、だったら国際司法の場でも出てきてみろ、真っ向から論をぶつけてみろって話ですよね?

 全ての問題で嘘を重ね、逃げ回るだけの姑息な畜生風情にそんなことを本当にやる度胸があるなら、ですけどね。

 あぁそれと、チョウセンヒトモドキが大好きな朝日新聞は山口が事件を起こした翌日の天声人語の締めの部分に、こう書いています。

 「ことに政治的テロは民主政治の根底を脅かす恐れがある。池田首相をはじめとする政府は単に浅沼氏を哀悼するだけでなく、心からなる怒りをもって、暴力の粛清に努めるべきである」

 とまぁ、政治的テロは許さんぞと述べているのであり、山口であろうが安物頭のバカであろうが日本においては右左無く、一部の異常者以外はテロリストの跋扈なんぞ認めないし、そんなものを認めたり野放しにするのは民主主義ではない、ましてや英雄扱いなど朝日にとっても言語道断の所業だってことです。

 財務省HP貿易統計『年別輸出入総額(確定値)』
 http://www.customs.go.jp/
toukei/suii/html/nenbet.htm
スポンサーサイト
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

folke

Author:folke
怠惰な社会人。
画像はウチのトイプードル(ウサ耳Ver)

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム


folkelowさんのランキング集計結果