徒然な日々に

その日の個人的出来事や、見たニュース、記事から思った事、感じた事を徒然と…
03月16日(日)

名前と内容が全く一致しない…流石は宇宙一のバカ民族 

15日付けの朝鮮日報の記事から

東海呼称問題:古地図で確認、日本も「朝鮮海」表記

書芸博物館の「古地図で見る東海」展
2014/03/15 11:15
 1810年(文化7年)、江戸幕府天文方(天体運行や暦の研究機関・研究者)の高橋景保は、幕府の命を受けて『新訂万国全図』という世界地図を作った。韓国は半島の形で「朝鮮」と表記され、東海(日本海)は堂々と「朝鮮海」と書かれた。日本の東の海は「大日本海」と表記された。

 地理学者の箕作省吾が1845年(弘化2年)に作った『新製輿地全図』も同様だった。東海は「朝鮮海」、日本の東の海は「大日本海」と表記した。東海を「朝鮮海」と表記した日本の地図は、このほかにも『地球万国方図』(1853年・嘉永6年)などがある。

 東海が韓国の海であることを立証する古地図が一堂に会した。「芸術の殿堂」社(コ・ハクチャン社長)の書芸博物館が、慶煕大学の恵静博物館(金恵静〈キム・へジョン〉館長)、韓国教育部(省に相当)と共同で開催する特別展「世界の古地図で見る東海-東海と白頭山」。同特別展は今月22日から4月6日まで開かれる。

 特別展では、慶煕大学恵静博物館が所蔵する古地図の中から約70点を紹介する。東海を「朝鮮海」と表記した日本の古地図だけでなく「SEA OF COREA」「COREAN SEA」「MER DE COREE」など「韓国海」と表記した西洋の古地図も見ることができる。

 金恵静館長は「1800年以降、東海を『日本海』と表記する日本の地図が増え始めたことが分かる。古地図は政治であり、文化。冷たい国際世界がどのように変わっていくかを立証する実証遺物」と語った。

許允僖(ホ・ユンヒ)記者

 だったらグダグダ半島で姑息な真似を繰り返していないで、それら地図を持って国際司法の場に出て来いよ、コソ泥どもって話ですよねぇ、相変わらず。

 何でも逃げ回るだけでなく、今度は脱北者を集めて竹島へ行くだのイベントをするだのと幼稚な自己満をするそうで、本当に低俗下等な下衆どもですよねぇ?

 で、今回は江戸時代に作られた地図での海域名を廻る話なんですが、東海なる呼称の正当性を主張するのに、何故か全然違う朝鮮海の名称が書かれているものを持ち出してきたと、毎度ながら頭のイカレ具合を発揮しています。

 このバカザル民族が求めているのは半島の東にあるから東海、南は南海、西は西海という実に幼稚かつ短絡なネーミングでの統一です。

 しかし現実はバカで下等なチョウセンヒトモドキの妄想とは裏腹で、東にあるのは日本海、南にあるのは東シナ海、西にあるのは黄海なんですよね。

 まぁ、ソレは兎も角として問題の『新訂万国全図』『新製輿地全図』『地球万国方図』を見てみましょう。

 確かにドレも日本列島東側の八丈島との間もしくはその上に日本列島に沿う形で「大日本海」の文字があり、日本海のところに朝鮮海の文字があります。

 ですが、ここで決定的におかしい部分があるんですよね。

 大日本海の先により大きな文字で「大東洋」つまりは現在の太平洋東岸域を指す名(ハワイ以東の地域に同じ大きさで「北太平海」「南太平海」という名が記されている)があり、大日本海と言うのがあくまでも日本東側沿岸の名称を指した物に過ぎないことを示しているのです。

 では朝鮮海はどうかと言うと、『地球万国方図』以外の2枚では大日本海同様に半島の東岸に沿う形で書き込まれており、文字のサイズ的にも朝鮮東岸のみを意味する名称と言う事が判ります。

 何せ大日本海に限らず、インド洋もインドの南に大きく書いてある一方インドの東には榜葛刺海(ベンガラ海と読み、現在のベンガル湾を指す)、西には亜刺比亜海(アラビア海)とやはり一回り小さい字で書かれているんです。

 つまり、この2枚の地図から判るのは、当時の日本海に地域一体を指す大名称とでも呼ぶべきものの存在は不明だが、朝鮮の東沿岸域だけの名称はあったという事です。

 実際、これらよりも古い1600年代の地図にも日本海や北日本海の名称があるけど、朝鮮沿岸域には小さく「corea sea」つまりは「朝鮮海」(「高麗海」の方が正しい訳?)と記されたものが複数有り、それが踏襲されたに過ぎないと見るのが正しい判断でしょう。

 で、残りの『地球万国方図』ですが、これは日本海の全体を示す形で大きく「朝鮮海」と書かれており、朝鮮日報の主張する通り、日本海そのものを朝鮮海と記していたと言えるものなのですが…

 3枚を比較するまでも無く判るんですけど、この『地球万国方図』って子どもの落書き、それも小学校にも上がっていないレベルのって括弧書きしたくなる位に地図としての精度が低すぎるんですよねぇ…

 例えば鯨が縦に泳いでいるような樺太の形が、同地図では首長竜が内側に首を曲げたかのように先端がくるんと丸まっていたり、佐渡島が越後(新潟県)ではなく出羽(秋田県)の西岸に楕円の形であったり、四国と淡路島と本州が一体になって繋がっていたり…

 ま、ハッキリいって歴史的価値はあっても地図資料としての価値は無い出来損ないですね、これは。

 何せ自国の形さえも満足に把握していない人間の記したものなのですから、いい加減すぎます。

 とまぁ、3枚についてはこんな感じなのですが、「特別展では、慶煕大学恵静博物館が所蔵する古地図の中から約70点を紹介する。東海を「朝鮮海」と表記した日本の古地図だけでなく「SEA OF COREA」「COREAN SEA」「MER DE COREE」など「韓国海」と表記した西洋の古地図も見ることができる」と全体について記していながら、この記事を書いたバカやそれを確認した編集者や校正らはこの時点で何も疑問を抱かなかったのでしょうかねぇ?

 まぁ、民族レベルで低脳かつ愚劣が当たり前だから気付かなかったんでしょうねぇ…

 特別展の名称は「古地図で見る東海ですよ?

 記事の中にただの一度も日本の地図及び西洋の地図で「東海」と記されているものが存在しない、名称と内容が全く一致していない展示であり、日本人を始め外国人がこの記事を読んだらチョウセンヒトモドキは何を意味不明なことをやっているんだと感じますよねぇ?

 でも、感じず、理解も出来ないで逆に日本へ見当違いの罵りを上げて喜ぶんですから、いやはや、存在自体がこうも哀れなケダモノって地球上どころか宇宙全体を見ても存在しないでしょうね。

 因みに、『新訂万国全図』『新製輿地全図』については国立国会図書館のデジタルコレクションに保存されていますので、ネットで検索してもらえば閲覧は誰でも可能です。

 国立国会図書館「デジタルコレクション」
 http://dl.ndl.go.jp/
スポンサーサイト
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

folke

Author:folke
怠惰な社会人。
画像はウチのトイプードル(ウサ耳Ver)

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム


folkelowさんのランキング集計結果