徒然な日々に

その日の個人的出来事や、見たニュース、記事から思った事、感じた事を徒然と…
02月27日(木)

中韓の尖兵、民主の小西 

27日付けのMSN産経ニュースの記事から

憲法解釈変更は「ナチスの手口」 民主・小西氏の指摘に自民が猛反発
2014年02月27日16時52分
 民主党の小西洋之氏が参院憲法審査会で憲法解釈変更によって集団的自衛権の行使容認を目指す安倍晋三首相を「ナチス」に例えて批判し、審議が紛糾したことが27日、分かった。

 小西氏は26日に開かれた審査会で「憲法9条をどう頑張ってみても解釈変更の余地すらない。(解釈変更は)憲法規範の存立に関わる問題だ。ワイマール憲法があっても世界史に例のない人権弾圧、蹂躙を繰り広げたナチスの手口そのものだ」と批判した。

 これに対し自民党の赤池誠章氏は「ヒトラーと結びつけて首相を批判することは取り消していただきたい」と反発したが、小西氏は「首相とヒトラーを同一視する趣旨の発言は一切していない」と発言撤回を拒否。小坂憲次会長(自民)が「個別の応酬もある程度の枠の中でお願いしたい」と議論を引き取った。

 小西氏は昨年3月の参院予算委員会で、首相に憲法の条文に関する細かい質問を繰り返し、首相から「クイズのような質問は生産的ではない」とたしなめられた過去がある。

 何かを反省し、学ぶ事のないバカの集う場所、それが民主党ですからねぇ?

 更に民主と言えば、チョウセンヒトモドキと中国の手先としても有名ですね。

 政権詐取後行われた汚沢による中国大朝貢団や国の財物を国民に断りも無く寄贈したバ菅など、悪事は数あります。

 そんなクズどもだけに、現在中韓が必死になって世界中で展開している「日本=ナチス」キャンペーンには手先として是が非でも参加したいって事なのでしょう。

 この小西なるクズの無茶苦茶なこじ付けにその余りに滑稽すぎる必死さが滲み出ていますね。

 記事を読んでみれば判るように、ワイマール憲法が役に立たなかったのを無理矢理の憲法解釈をしたからであるかのようにこじつけていますが、ナチスの手口と言うのは実はまったく別物で、『全権委任法』と言う呼んで字の如くの法律を制定した事でワイマール憲法そのものを完全に死文化したのですから、解釈などという阿呆な真似をする必要はそもそもありません。

 何せ、法文中で憲法に勝る優位性を与え、立法権などをナチスが完全掌握することを認めているわけですから、自民党が考えている法解釈がどうのって話とは丸っきり別物なのがわかりますよね?

 大体、法解釈をすることがナチスの手口だと言うのなら、政府与党時代にそれを散々やって無理矢理、天皇陛下に中国の周近平との会談を行わせたり、「どう頑張ってみても解釈変更の余地すらない」自衛隊法を無理矢理捻じ曲げて民間人の言論の自由を束縛するなどしていた民主党こそ、ナチスの振る舞いそのものをしていた悪逆非道の組織じゃありませんか。

 まぁ、典型的なバカだから数年前の自分達の悪行なんてもう綺麗サッパリ忘れているんでしょうけどねぇ?

 ほーんと、民主って進歩の無いブーメランバカが何時までも雁首揃えていますね。

 自民党の赤池議員がヒトラーと安倍首相を同一視するなって叱ったのも、恐らく上記したようなワイマール憲法が死文化した流れを理解していたからなのでしょう。

 何せ全権委任法では法令認証権を首相だったヒトラーが得ることになっており、自分で作って自分で認証するというまさに法を完全に支配した状態になったからこそ、「世界史に例のない人権弾圧、蹂躙を繰り広げた」りできたわけですから。

 いやはや、偉そうに過去の経歴をブログで誇っていますけど、こんな初歩の初歩も知らず、ただ中韓の手先として自国の政府をナチス呼ばわりとか、恥知らずどもは救いようがありませんね。
スポンサーサイト
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

folke

Author:folke
怠惰な社会人。
画像はウチのトイプードル(ウサ耳Ver)

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム


folkelowさんのランキング集計結果